トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

SNS上


【テレビ】『ミヤネ屋』の勢いが止まらない! “統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転 平均視聴率が3ポイントも上昇


1 jinjin ★ :2022/08/07(日) 13:52:35.21ID:CAP_USER9
『ミヤネ屋』の勢いが止まらない!“統一教会”批判報道で『ゴゴスマ』に逆転


民放各局が視聴率争いを繰り広げている、平日昼の情報番組に〝異変〟が起きている。
ここ数年、視聴率低迷が続いていた宮根誠司が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)が大躍進しているのだ。

同番組は2018年から9年連続で平日昼の同時間帯平均視聴率1位を獲得してきたが、最近はフリーアナウンサーの石井亮次が司会を務める『ゴゴスマ ~GOGO!Smile!~』(TBS系)が大人気となっており、後塵を拝してきた。


人当たりの良いキャラクターの石井に対して、関西弁でクセの強い宮根が視聴者に敬遠される傾向にあったのも理由とされている。
しかし今になってなぜ、『ミヤネ屋』が再び台頭してきたのだろうか。


「ズバリ、〝旧統一教会問題〟ですよ。安倍晋三元首相のテロ事件を受けて以降、各局はこぞって山上徹也容疑者の生い立ちや事件に至る動機を放送しましたが、山上容疑者が『(安倍氏の)政治信条に対する恨みではない』と供述し、実態が明らかになったことで風向きが変わりました。その後、母親が旧統一教会にのめり込み、多額のお布施をしていたことが分かると、一気に世間の注目を集め、各局がこぞって取り上げるようになったんです。中でも『ミヤネ屋』は、全国霊感商法対策弁護士連絡会の紀藤正樹弁護士や、ジャーナリストの有田芳生氏を招聘し、教会に対して、かなり綿密な取材をかけています。これが視聴者の注目を集め、一気に視聴率がアップしたのです」(テレビ業界関係者)


連日の独自解説に視聴率も向上

8月1日の放送では2時間放送枠のうち、なんと1時間25分を使って政治と教団の関係を事細かに解説。
また、2日には、11年半、旧統一教会の信者として活動していたという金沢大学・仲正昌樹教授が生出演し、当時の霊感商法などについて語り、視聴者の注目を集めていた。
さらに3日は、またもや1時間20分を使って大特集するという徹底ぶりだ。
 

そのおかげもあってか、『ミヤネ屋』の視聴率は6月に比べて平均で3ポイントも上昇。
ライバルの『ゴゴスマ』を抜き去ることに成功している。


またSNS上には「#ミヤネ屋頑張れ」のハッシュタグと共に、

《ゴゴスマよりミヤネ屋を選ぶ日が来るとは…》
《私も初めてミヤネさんの番組、本気で観ていますよ。今までは、時間の無駄使いだと思っていました。頑張れミヤネ屋さん》
《ミヤネ屋とゴゴスマの差がどんどん広がってるな。もうゴゴスマに勝ち目ないんじゃない?》
《旧統一教会の報道は、ミヤネ屋さんが1番の真摯です。朝の情報番組も忖度が見られますが、ミヤネ屋さんは違う。頑張ってこの問題の本質を国民に知らしめて下さい》
《ミヤネ屋で旧統一教会の被害相談が増えて来ていることについて「報道した意義があった」と言っていたが、これこそ報道人が目指すべき言葉ではないのか》


といった多くのエールが番組に送られている。


数字になると分かれば、トコトン追いかけるのが情報番組の習性だ。
NHKやテレビ朝日など、旧統一教会についてダンマリを決め込む番組も多い中、視聴者の知りたい情報を届ける『ミヤネ屋』こそ、正しい報道姿勢と言えるだろう。


https://myjitsu.jp/archives/370892

これ、何て呼ぶ? 「下駄箱」と答えたあなた、平成後期生まれには通じないかも


NO.10024380 2021/11/29 14:14
これ、何て呼ぶ? 「下駄箱」と答えたあなた、平成後期生まれには通じないかも
これ、何て呼ぶ? 「下駄箱」と答えたあなた、平成後期生まれには通じないかも
「下駄箱?」「靴箱?」

時代による言葉の移り変わりがSNS上で大きな注目を集めている。

きっかけになったのはシーサー株式会社にお勤めのyoorアドバイザー、IT系ミズキさん(@Mi_Zu_Ki_H)の

「昭和生まれ〜平成中期生まれの皆さん、聞いて下さい。
『下駄箱』という言葉を平成後期生まれのうちの子は知りませんでした。
今は『靴箱』との事。
『下駄箱』だと、ハンガーの事を『えもんかけ』と言うおばあちゃんと同じような扱いになるかもしれません。※老婆心ではありますが念のため呟きました」


という投稿。

昭和生まれ〜平成中期生まれの皆さん、聞いて下さい。
「下駄箱」という言葉を平成後期生まれのうちの子は知りませんでした。
今は「靴箱」との事。
「下駄箱」だと、ハンガーの事を「えもんかけ」と言うおばあちゃんと同じような扱いになるかもしれません。※老婆心ではありますが念のため呟きました

— IT系ミズキ🎄ヘッダー画像↑のサービスの中の人 (@Mi_Zu_Ki_H) November 19, 2021
たしかにもはや下駄を履いてるひとはほとんどいないのだから、下足入れを「靴箱」と呼ぶようになるのは自然な流れなのかもしれない。IT系ミズキさんの投稿に対し、SNSユーザー達からは

「うちの長女に『幼稚園の下駄箱に入れて』って言っても通じなかったのはこれでしたか!
確認したら園長先生は幼稚園の靴箱を『げたばこ』と呼ぶけど他の先生方は『くつばこ』と言ってるらしいです…」


【日時】2021年11月29日
【ソース】まいどなニュース
【関連掲示板】




(出典 www.tvlife.jp)


藤田ニコルの“誤表記”を謝罪 「二」と「ニ」の違いに反響相次ぐ (コフレドールtweet) 


1 少考さん ★ :2021/11/28(日) 13:50:46.72 ID:CAP_USER9.net

コフレドール、藤田ニコルの“誤表記”を謝罪 「二」と「ニ」の違いに反響相次ぐ「気づいた人、すごすぎ」 | ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2215519/full/

2021-11-28 11:48

コフレドールの公式ツイッターが28日までに更新され「誤植のお詫びと訂正」として、藤田ニコルの「ニ」の部分を漢数字「二」と表記していたことを謝罪した。SNS上では「どうやって気づいたんだ?」「わからない」などといった反響が相次いでいる。

公式ツイッターでは「11月22日に投稿させていただきました内容におきまして、「藤田ニコル」さんのお名前表記に誤りがございました。誠に申し訳ございません。深くお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます」と謝罪。「誤:二(漢数字)、正:ニ(カナ)」と伝えている。

https://twitter.com/coffret_dor_jp/status/1463787242715901958
(deleted an unsolicited ad)


魚民、料理への虫混入で謝罪 保健所立ち入り「白菜の洗浄不備」原因か 東京



NO.9997137 2021/11/17 21:22
魚民、料理への虫混入で謝罪 保健所立ち入り「白菜の洗浄不備」原因か 東京
魚民、料理への虫混入で謝罪 保健所立ち入り「白菜の洗浄不備」原因か 東京
魚民赤羽店を訪れた客が11月15日夜「料理に虫が入っていた」とSNS上で訴えていた件で、店舗を運営するモンテローザが事実を認め、謝罪しました。

同社はメディア向けの説明で11月16日に管轄保健所による立ち入りの検査があったと報告。調理場内の衛生状態に指摘はなく「(白菜の)洗浄不備が原因ではないかとの見解があった」と原因を説明しています。


SNS上では鍋料理やイカ料理に無数の小さな虫が付着した写真が投稿され、広く拡散。被害に遭った客からは、退店時に「他の客の料理も確認したほうが良い」と伝えようとしたところ、言葉を遮りながら早く帰るように促すような対応をされたとの証言や、会計時に割引額の確認のため終電間際に30分ほど待たされたといった証言もあり、ネット上で店側への批判が加熱。Googleの店舗紹介ページに大量の低評価が付けられるなど、炎上状態となっていました。

モンテローザは問題が発覚した経緯について、被害に遭った客から直接「お客様相談窓口」宛てにメールを受けたことで初めて知ったと明かしており、本来店舗側から速やかに報告をするルールも徹底されていなかったと説明。

今後は飲食をした客の健康状態を第一に考えて対応し、「二度とこのようなことが起こらないよう、今一度衛生管理や従業員の対応等について始動を実施し、再発防止に努めてまいります」としています。

【日時】2021年11月17日 11:44
【ソース】ねとらぼ




(出典 www.nippon.com)
【体操】村上茉愛がSNS中傷被害を告白 団体後の投稿に「嫌なコメント」 3分間涙の訴え 「そういう人達に思い知ったかと…」


1 鉄チーズ烏 ★ :2021/07/29(木) 23:27:39.55

7/29(木) 23:04 デイリースポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f77041250ea0e025b128ac7f4fa7fd36c0ffc93c

 「東京五輪・体操女子個人総合・決勝」(29日、有明体操競技場)

 女子個人総合決勝が行われ、日本女子のエース、村上茉愛(24)=日体ク=は4種目合計56・032点で5位入賞を果たした。日本勢としては、1960年ローマ大会、64年東京大会で6位の池田敬子さんを上回る最高順位となった。

【写真】感情が揺さぶられたか、顔をゆがませる

 2019年に腰を痛め、そして東京五輪の1年延期。体操日本女子のエース村上は国際舞台が遠のく中、疑心暗鬼になりながら、がむしゃらに練習場で汗を流してきた。ただ、コロナ禍により、五輪を巡る空気は変わった。開催に反対する世論が強まる中、夢舞台を目指しているアスリートに対しての風当たりは強くなった。今大会でも試合後に様々な形でSNS上に中傷コメントが書き込まれ、波紋を呼んでいる。

 団体戦後、村上は自身のSNSに報告を投稿したが、そこにも中傷のコメントがついたことを告白した。「私もありました。言っていいのかわからないですけど。そういうのが嫌でSNSをやってなかったんですけど…。でもコロナになって色んな人が色んなことを言うのを躊躇する世の中になって、アスリートが発言するというのはすごく難しいなって。もう消去しましたけど、そういう嫌なコメントをみてしまって…。すごく残念でした」。そこからは涙が止まらなかった。

 1年間、自身の中で葛藤もあった。「言いたいことを言ってきたけど、でも本心は言えていないというのがこの1年すごく多かった」。そんな中でも必死に前を向く、たどり着いた夢舞台でも、言葉の牙がアスリートに向かっている。

 「五輪を反対している人がいるのももちろん知っている。だけど、どうしても見たくなくても嫌な気持ちになってしまう、勝手に入ってきてしまう。それがすごく残念で悲しかった。コロナになってそういう賛成と反対の意見が分かれるようになってから。でもそういう人を見返したいと思って、この1年頑張ってきた。そういう人達に思い知ったかと思ってもらいたいです。すいません、最後に泣いてしまって」。3分間、涙とともに訴え続けた。


このページのトップヘ