トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

4代目相棒


(出典 contents.oricon.co.jp)
【ドラマ】『相棒』難航する反町の後任選び 仲間由紀恵か、向井理か、「町田啓太説」も 


1 湛然 ★ :2022/03/25(金) 05:23:30.19

『相棒』難航する反町の後任選び 仲間由紀恵か、向井理か、「町田啓太説」も
2022年3月24日 19時15分 NEWSポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/0b25f21eedc0a1b06a23e74570fe98a322010874


 過去最長7年もの間、水谷豊(69才)の「4代目相棒」を務め、相棒としての歴代最多出演を果たした反町隆史(48才)が3月23日放送の『相棒Season20』(テレビ朝日系)を最後に、ドラマから卒業した。反町の卒業にドラマファンは悲しみの声を上げる一方、早くも後任者が誰になるのかが注目されている。テレビ朝日関係者が声をひそめて言う。

「人選は難航しているようです。その理由は2つある。1つは水谷さんが70才を区切りに『相棒』を卒業するのではないかということ。その年齢になるのが今年7月です。

 2つめはテレ朝が若者向けの番組制作にシフトしたこと。長寿番組である『科捜研の女』などが放送された『木曜ミステリー』の枠を秋までに終わらせるなど改革を進めており、『相棒』もその波には逆らえないのではないかと囁かれています」


 次の相棒は水谷の「ラストバディ」になる可能性があり、2人の相性や物語との整合性、最後にふさわしい名前かどうかなどハードルが上がっているという。実際、テレビ朝日の早河洋会長は2月の会見でこう話している。

「新しい相棒を探すというのは慎重かつ、丁寧にやらなければいけないと思っています。水谷さんの意見も尊重していきたい。もう少し時間をいただけたら」

 その発言が憶測を呼んだのか相棒探しの報道は過熱。福士蒼汰(28才)や松坂桃李(33才)、中村倫也(35才)、田中圭(37才)、松田龍平(38才)、森田剛(43才)、稲垣吾郎(48才)ら実力者の名前が報じられた。

「知名度や演技力はもちろんですが、大事なのは長期撮影のスケジュールを確保できること。『相棒』は例年10月から翌年3月まで放送されるため、撮影期間はだいたい8月から7か月間にも及びます」(番組関係者)

 条件はそれだけではない。芸能関係者が言う。

「結婚していることも大事かもしれません。水谷さんは反町さんと相棒を組んでから家族ぐるみのつきあいをしてきました。撮影が長期間に及ぶため、役同様にプライベートでも相棒になれるかが重要になりそうです」

 そこで有力視されたのが、向井理(40才)だという。

「水谷さんの奥さんの伊藤蘭さん(67才)が向井さんと舞台『悼む人』(2012年)で共演した際、“こんな息子がいたらうれしい”と口にしていました。水谷さんは奥さんを信頼しているので、高評価なはずです。向井さんの奥さんは女優の国仲涼子さん(42才)ですから、芸能界のつきあいも上手でしょう」(前出・芸能関係者)

 しかし、向井には懸念点がある。

「向井さんは9月末まで舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』の予定が入っており、時間的に厳しいかもしれません」(前出・番組関係者)

“ラストパートナー”として、初の女性相棒が誕生する可能性もあるという。

「長年、相棒役を噂されている仲間由紀恵さん(42才)です。内閣情報官としてすでにドラマに出演し、現場の雰囲気もわかっています。仲間さんも結婚しており、家族ぐるみのつきあいも可能です」(前出・芸能関係者)

「いやいや、私はこの人が最有力だ」と力説するのは、ある芸能リポーターだ。

「町田啓太さん(31才)です。町田さんは、今年6月に公開される、水谷さんが監督を務めた映画『太陽とボレロ』に出演します。その際、水谷さんは町田さんを“若手の中でも勢いがあり、感性のすばらしさに注目していました”“センスが作品の中で光っている”と絶賛していました。町田さんなら、若返りを図りたいテレ朝の思惑とも一致するはずです」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


20210826-00000003-sanspo-000-1-view
【ドラマ】水谷&反町“最長”相棒へ!10月節目の「season20」スタート


俳優、水谷豊(69)主演のテレビ朝日系人気シリーズ最新作「相棒 season20」(水曜後9・0)が10月からスタートすることが25日、分かった。シリーズ20作目を迎え、水谷演じる天才警部・杉下右京とタッグを組むのは、今作で7年目となる4代目相棒の反町隆史(47)が続投。歴代最高の124話にわたり相棒を務めた初代の俳優、寺脇康文(59)の記録に並ぶまであと6話となった反町は、節目のシーズンで単独トップを狙う。 ■初代・寺脇康文に並ぶまであと6話 2000年6月に水谷主演の単発ドラマとして産声を上げた「相棒」。02年に連ドラ&シリーズ化され、卓越した推理力と独特の感性で国民的人気者となった右京が、記念の20作目に到達する。 10月にスタートする最新作「season20」の相棒役は、15年の「-14」から4代目相棒に就任した冠城亘役の反町が続投。水谷とは7年目のコンビとなり、今作で“新たな伝説”に挑む。 前回の「-19」まで、反町が亘役を務めた話数は118話(出演しなかった回や劇場版は除く)で、00年の番組開始から08年の「-7」まで8年にわたり水谷の相棒を歴代最長で務めた初代・寺脇の最高記録124話(同)に並ぶまであと6話となった。 ■コンビ7年目…反町「もっと何かできる」 「相棒」は10月から翌年3月まで2クールの放送が恒例で、順調にいけば今年中に記録更新となるが、寺脇は「-7」の途中である第9話で“卒業”。今作の初回スペシャルでもIT長者の殺害事件で捜査中の亘が逮捕されるなど、物語の急展開などで予断を許さない状況だ。 亘を演じて7年目に突入する反町は「season14のときと全く変わっていません。どこかお茶目で人間味があって…」と初心のまま。右京とのコンビについて「2人の関係性が味になり、よい空気感が生まれているのではないかな」と照れつつ、「水谷さんも同じだと思いますが、ここで終わりではない、もっと何かできるのではという思いです」とさらなる進化を約束した。 ■水谷は全幅信頼「よい時間が増えてきた」 一方、水谷も「これまでお互いに意識して何かを変えようとしたことはなかったと思いますが、いろいろな意味でよい時間が増えてきた」と反町に絶大な信頼を寄せる。 2人のコンビネーションが支える「相棒」は、単発ドラマも含めた過去366話の平均世帯視聴率は16・0%と安定した人気で、最高視聴率は11年の「-9」第16話の23・7%。こちらも“記録更新”が期待されるが、水谷は「今年は20作目という節目。『よくこれだけやってきたな』と、ふと思うこともありますが、基本的にはいつもと同じでありたいと考えています」と右京らしく平常心をアピールした。 ■石坂浩二、杉本哲太らおなじみメンバーも 今回もおなじみの共演陣が集結。権力復活を狙う警察庁長官官房付の甲斐役を石坂浩二(80)、右京を認めながらも疎む警視庁副総監の衣笠役を杉本哲太(56)、亘の元上司で警視庁広報課長、社役を仲間由紀恵(41)が熱演。さらに捜査一課の両エース、伊丹と芹沢をそれぞれ川原和久(59)と山中崇史(50)が演じる。「-19」から新加入した小料理屋の女将、小出役の森口瑤子(55)、捜査一課の新人刑事、出雲役の篠原ゆき子(40)も引き続き出演する。
サンスポ
水谷&反町“最長”相棒へ!10月節目の「season20」スタート(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

このページのトップヘ