トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

24時間テレビ


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会
 【芸能】徳光和夫が「24時間テレビ」で失言か 銀座ホステスの生態を勝手に決めつけ


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/25(水) 05:41:13.51 ID:CAP_USER9.net

8/25(水) 5:15配信
東スポWeb

悪気はないが…

 フリーアナウンサー・徳光和夫(80)の〝キワドどい発言〟が議論を呼んでいる。サポーターを務めた日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。」の中で、銀座のホステスについて語ったくだりが「女性に対する決めつけだ」と物議を醸しているのだ。

 ネットがザワついた徳光発言は主に2か所。1つは、東京五輪レスリング女子50キロ級で金メダルに輝いた須崎優衣選手が出演し、10年後の自分へ向けて書いた手紙を読み上げたシーンでのひと言だ。

 須崎が読み上げた手紙には「次のオリンピック、またその次のオリンピックも金メダルを獲得することができたのは、周りの方々への感謝の思いと最高の恩返しをしたいという思いがあったからだと思います」などと書かれていた。

 これを聞いた徳光は「彼女のレスリングは素晴らしい。32歳でも十分に第一線で戦っていらっしゃるんじゃないかなと思います」と絶賛。ここまでは良かったが、続けて「結婚されてお子さんが誕生したら、ぜひあなたのレスリング、あなたの生き方を教えてあげてください!」と明るく語りかけた。

 須崎選手は「ありがとうございます」と感謝したものの、一部ネットユーザーの間では「なんか嫌な感じ」「結婚、出産が当たり前という価値観なのかな」と疑問の声が上がった。

 もう1つはコロナ禍の中、東京・銀座でホステスとして働くひとり親を特集した時のこと。

 総合司会・羽鳥慎一から感想について問われた徳光は「夜の街というのは、子供たちに少しでも豊かな思いをさせたいという気持ちで働く方がいる」としたうえで「かなりの数がそうだと思う」と勝手に断定した。

 これにもSNS上で「ホステス=シングルマザーではない」「イメージで決めつけすぎ」「ひとり親のことを何もフォローしていない」などと批判の声が相次いだ。

 テレビ関係者は「本人に悪気は一切ありませんが、それが逆に厄介。このご時世で何がアウトかわかっていないのかもしれません」と指摘する。

 似たようなケースで言えば、東京五輪の前組織委員会会長・森喜朗氏(84)が2月にJOC臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。大炎上し、職を辞することになった。

 直近では野球評論家の張本勲氏(81)が、今月8日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、東京五輪ボクシング女子金メダリストの入江聖奈に「女性でも殴り合い好きな人がいるんだ」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね」と言い放ち、謝罪に追い込まれた。

 同関係者は「徳光さん、森さん、張本さんに共通するのは全員が傘寿(80歳)オーバーであること。この世代の多くは昔の価値観から抜け出せずにいます」と話す。

 他方で、元プロレスラーでタレントの北斗晶(54)は17日、TOKYO MX「5時に夢中!」で張本氏に言及。「よくよく考えてよ、81歳のじいさんだぜ。こういうことを言う人はいっぱいいるから。目くじら立てて言う必要もないかなと思うけどね」と解釈してみせた。

 今さら〝矯正〟は難しいのかもしれない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/fb60cc5c5f5bcd24ff4c0652a031e8398f80c040



【芸能】24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 07:44:10.44

8/24(火) 5:15
東スポWeb

24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声
くりぃむしちゅー・上田は「孤軍奮闘」を見せたが…
 日本テレビ系恒例のチャリティー番組「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」(21~22日)の世帯平均視聴率が23日に発表され、関東地区で12・0%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。昨年の15・5%から3・5ポイント下落した。

 今年は昨年以上に新型コロナウイルスが感染拡大し、13都府県に緊急事態宣言が出される中、ジャニーズの人気グループ「King&Prince」が初めてメインパーソナリティーを務めたが、キンプリファンを除くとネット上には「感動の押し売りに飽きた」「ただの24時間ジャニーズテレビ」といった批判的な声があふれた。

 コロナ禍のためワクチン接種2回を徹底するなど万全の体制での放送だったが、コロナ感染を意識してか全体的におとなしめ。一方、場を盛り上げようと「くりぃむしちゅー」の上田晋也(51)が1人奮闘する場面もあった。

「東京五輪のメダリストらを集めたバラエティー企画では、一部で上田さんが『ごちゃごちゃうるさい!』、『上田は放送事故!』などと批判されていました。ただ、実際はバラエティー慣れしていないキンプリが積極的にトークに絡めないのを察して、上田さんが1人でボケ、ツッコミ、司会の3役をこなして盛り上げていた感じ」(芸能関係者)

 上田はフリーの有働由美子アナとの真剣白刃取り対決で不意を突き、有働アナの大絶叫を引き出すなど、東京五輪直前にコロナに感染して五輪関連番組をすべて降板したツケを払うかのような大奮闘を見せたが、番組の視聴率を押し上げることはできなかった。

 前出の芸能関係者は「毎年のようにマンネリと言われているが、そろそろ本気で考える時では?」と、テコ入れの必要性を訴えた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c19450d02b2de72bb6230373c2bdc31aa93a6a48


日テレ「24時間テレビ」キンプリが感染したら放送中止!危機


NO.9766938 2021/08/20 17:38
日テレ「24時間テレビ」キンプリが感染したら放送中止!危機
日テレ「24時間テレビ」キンプリが感染したら放送中止!危機
「本当にこの二日間を乗り切れるのか? 危機感しかありませんよ。もしも出演者もしくは演者と接する主要スタッフがコロナに感染し、クラスターが発生した場合、判明した時点で番組が途中であっても、放送中止することになると思います。1日目だけの放送になることがありえます。スポーツ中継と同様に収録していたBプログラムに移行する緊急編成案に変更するんです」(日テレ関係者)

新型コロナウィルスの感染拡大が広まるなか、日本テレビは今年も『24時間テレビ~想い~世界は、きっと変わる。~』(8月21日・22日OA)を無観客にて東京・両国国技館から生放送(一部、VTR)する。

『24時間テレビ』番組幹部らに科せられているのは、コロナ感染の絶対阻止だ。例年、多くの芸能人が出演するが、なかでも番組の核となるメインパーソナリティーを務めるジャニーズの人気グループ「King & Prince」(平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太)メンバーへの感染は“絶対にありえないこと”として厳命されているという。

日テレサイドがここまで気を遣う理由は『24時間テレビ』とジャニーズ事務所との切っても切れない蜜月関係にある。

「ここ約20年間、『24時間テレビ』の高視聴率の牽引役はジャニーズだと言っても過言ではありません。三顧の礼をもって折衝を重ね、今年はジャニーズイチ押しのKing & Princeをメインに据えることができた。また、系列の読売テレビは関西ジャニーズJr.の『Aぇ! group』をスペシャル・サポーターにキャスティングしました。『24時間テ..
【日時】2021年08月20日 15:32
【ソース】FRIDAY




 【芸能】「24時間テレビ」控える日テレが永野芽郁のコロナ感染に絶句したワケ 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/19(木) 07:12:13.22

8/19(木) 5:15配信
東スポWeb

感染は仕方ないが…

 昨年に引き続き、日本テレビ系「24時間テレビ」(21~22日)を放送することに賛否両論が巻き起こっている。特に感染爆発している今年は「賛」より「否」の声が強く、それは日テレも重々承知している。そこで今年は、自ら厳しいハードルを課したというのだが…。

 今年の「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」は、無観客の東京・両国国技館から生放送される。とはいえ多くの出演者、スタッフが集まることになり、3密は避けられない。現在は日本全国で感染者が爆増し、テレビ局でも多くの感染者が出ている。

「特に今年は日テレに対する批判が高まっています。昨年も批判されましたが、今年は明らかにそれ以上。東京だけではなく複数の都道府県が緊急事態宣言下であること、新型コロナ感染者の数は減るどころか増える一方なのに、多くの人を集める24時間テレビをやる必要があるのか、ということです」(日テレ関係者)

 もちろん日テレも世論は受け止めている。万が一にも24時間テレビを舞台にクラスターを発生させまいと、考えうる限りの準備を整えて臨む。

「日テレでは先月からワクチンの職域接種を行っているが、24時間テレビに関わる多くのスタッフが、当日までに2回の接種を終える。基本的に、独自に発行する接種済み証明書を提示しないと会場に出入りできない。生放送や事前の撮影では、出演者、全てのスタッフにPCR検査か抗原検査を義務付ける」と制作会社関係者。

 特に会場の国技館に出入りするスタッフは、毎日抗原検査を受けねばならない。ほかにも消毒の徹底や救急体制を整備している。莫大な金額をかけてでも、日テレは絶対に24時間テレビを成功させたいのだ。

 ここまでやっても、いつどこで誰が感染するのか分からないのが、新型コロナウイルスの怖いところ。24時間テレビでも「絶対にクラスターが発生しない」とは決して言えない。

「万が一、複数のコロナ感染者が国技館から出たら、それこそ猛バッシングを浴びることは確実。そうなれば来年以降、24時間テレビの放送はかなり難しくなる。それは日テレ上層部も分かっており、『クラスター発生=番組終了』という不退転の決意で本番に臨むというのです」(前出日テレ関係者)

 日テレは、昨年も批判のなかで24時間テレビの放送に踏み切り、コロナ感染者を1人も出さなかった。この時の経験をもとに独自の感染対策マニュアルを作り、バージョンアップして局内で共有しているという。

 それだけ感染対策には自信を持っているのだが、ここにきて不安な点も出てきた。

「日テレで放送中のドラマ『ハコヅメ』に主演している永野芽郁が先月末、コロナに感染した。現場の共演者やスタッフが次々と濃厚接触者となり、撮影もストップした。この現場でも日テレ独自のマニュアルを使って感染防止対策をしていただけに、局内のショックは大きい」(別の日テレ関係者)

 来年も無事に24時間テレビは放送されるか――。全ては今年にかかっている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/6d1c1f29351d89ff4134e3c5e2b0fc62bc4873b5



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/17(火) 08:07:54.12

8/17(火) 6:15
東スポWeb

キンプリ平野紫耀がもらい事故? 篠原涼子との共演ドラマが「黒歴史」危機
篠原涼子
「King&Prince」平野紫耀(24)が主演する「24時間テレビ」(21~22日、日本テレビ系)内のドラマ「生徒が人生をやり直せる学校」は、自身の〝黒歴史〟となるかもしれない。

 実話を元にした同ドラマは「無気力生徒の吹きだまり」と呼ばれた高校が舞台。さまざまな問題に奮闘する先生と生徒の物語で、平野は熱血教師を演じる。

「キンプリもツアーの準備などで忙しい最中だったでしょうが、それでも平野くんは笑顔で撮影に臨んでいたそうです」とはある制作会社関係者。

 共演するのが、先日俳優の市村正親と離婚し、その直後、韓流グループ「SUPERNOVA」のグァンスとの熱愛を報じられた篠原涼子だ。しかもドラマのキーパーソンという立ち位置。

「離婚の経緯は詳しく語られていませんが、子供の親権が市村さんにあって、直後に熱愛ですから、世間は少なくとも子供よりも男を取った、不倫疑惑という見方すらしている。チャリティー番組でそういう女優を起用するってどうなのという声は多い」(芸能関係者)

 しかも番組宣伝として出演した情報番組「スッキリ」で、篠原は「うちの息子がすごく平野さんのことが大好きで。本当に昔からのファン」と発言。

「親権を持っていない子供の話をするのはどうなのと冷ややかな目で見られていますし、話を振られた平野もかわいそう。大女優の先輩から、子供が自分のことを好きと言われれば笑顔で返すしかないですし、どう対応していいのやらという感じでしょう」(前同)

 とはいえ、ドラマの放送は21日の夜9時ごろ。今さらキャストを変えられる段階ではない。

 前出の関係者は「ドラマが始まれば、ネット上では篠原の離婚熱愛ネタや、子供の話もぶり返すだろうといわれています。平野としては、思い出したくないドラマの一つになるかもしれません」

 平野にとってはまさかの〝もらい事故〟と言えそうだ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc24280dcdaf60ce251a0c5667910febda526459


(出典 newsimg.oricon.co.jp)



(出典 contents.oricon.co.jp)



(出典 www.cyzo.com)



(出典 takiro-pj.com)



(出典 wp2019.jp)



(出典 newsimg.oricon.co.jp)


このページのトップヘ