トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

24年ぶり

6 枚のスライドの 1 枚目: Chara30周年記念ライブにサプライズ登場しCharaになりきった木梨憲武 Photo by 岩澤高雄
CHARA(Charaとも表記。ちゃら、1968年1月13日 - )は、日本のミュージシャン、女優、音楽プロデューサー。本名非公開。 埼玉県川口市出身。ユニバーサルミュージック所属。

Chara、木梨憲武乱入に腰抜かす 24年ぶり「やさしい気持ち」ものまね披露

 歌手のCharaが20日、東京・LINE CUBE SHIBUYAでデビュー30周年記念ライブ『Chara's Time Machine:30th Anniversary Live』を有観客および生配信で開催し、2時間半以上にわたって22曲を披露。アンコールでは、24年ぶりにCharaになりきった木梨憲武が登場するサプライズでステージに華を添えた。

 前半はシルバーのラメがあしらわれたブーツとオーガンジーをぜいたくにあしらった純白のドレスで登場。「タイムマシーン」やYEN TOWN BAND名義でリリースした「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」などを披露。後半はショッキングピンクの衣装に着替え、アップテンポなナンバーを次々に歌って会場を盛り上げた。

 アンコールでヒット曲「あたしなんで抱きしめたいんだろう?」を披露し、「やさしい気持ち」のイントロが流れる。すると、センター上段ステージにCharaの衣装をまとった、とんねるずの木梨憲武がサプライズで登場した。Chara本人も聞かされていないサプライズだったことから、ステージ下手にいたCharaはその場で倒れ込み、文字どおり腰を抜かすほど驚いた。

 木梨はかつて、『とんねるずのみなさんのおかげでした』で「やさしい気持ち」のモノマネをしていた経緯があり、ファンにはすっかり知られた存在。Charaに扮するのは24年ぶりだという。木梨から「30周年おめでとう!」に声かけられたものの、驚きすぎて声が出ないChara。懐かしのモノマネを披露した木梨は「僕も音楽やってるから、今度一緒に音楽で遊んでよ!」と言い残してステージを後にした。

 終演後には木梨が自身のインスタグラムにCharaとのツーショットを投稿。「30周年オメデトー!! 私も24年ぶりにCHARAになりました」とデビュー30周年を祝福し「#今度ダブルCHARA楽曲で遊んでね!」とメッセージを送った。

 このライブの模様は、9月26日午後11時59分までアーカイブ配信が行われている。

Chara に対する画像結果


Chara、木梨憲武乱入に腰抜かす 24年ぶり「やさしい気持ち」ものまね披露 (msn.com)

【朗報】今夜8時9分から南東の空で「スーパームーン&皆既月食」日本で観測できるのは24年ぶり

1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2021/05/26(水) 18:03:17.676

今夜(26日)は、スーパームーンで皆既月食。
皆既月食は、太陽と地球と月が一直線に並び、満月が地球の影にすっぽり覆われる現象です。
皆既月食の間の月は、見えなくなるのではなく、太陽光の中の赤い光が地球の大気で屈折して月を照らすため、赤みを帯びた神秘的な満月が見られます。さらに今回は、月が地球に最も近づいて大きく見える「スーパームーン」の月食となるため、見ごたえがありそうです。
全国的に皆既月食が見られるのは、2018年7月以来、3年ぶり。
日本でスーパームーンの皆既月食を見られるのは1997年9月以来、24年ぶりです。

皆既月食の時間は、3年前と24年前は未明~明け方だったため、今回は午後8時過ぎと、観察しやすい時間帯となっています。

(出典 imgur.com)

●部分食の始まり 18時44分ごろ
●皆既食の始まり 20時09分ごろ
●皆既食の終わり 20時28分ごろ
●部分食の終わり 21時52分ごろ
月が欠けはじめるのは、18時44分ごろ。
東京や仙台などでは部分食を最初から見ることができますが、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では一部が欠けた状態で月が現れる「月出帯食」となります。
月が地球の影にすっぽり入り込む皆既月食は20時9分ごろ~20時28分ごろまでの約19分間。
赤銅色の神秘的な満月が見られます。皆既食が終了すると月は次第に明るさを増し、21時52分ごろには部分食も終了。

明るい満月が南東の空に輝きます。

(出典 imgur.com)

南東の空で見ることができます。
ただ、今回は南東の低い空に月が出るため、高い建物が少ない見通しの良い場所で観察するのがお勧めです。
肉眼で楽しめますが、双眼鏡や望遠鏡があると、月を拡大して観察できるので、より楽しむことができます。
https://tenki.jp/forecaster/r_fukutomi/2021/05/26/12597.html


このページのトップヘ