トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

1980年代


(出典 i.rubese.net)
松田聖子の作品はメジャー、中森明菜はほとんどがマイナー、決定的な違いは楽曲 二人はまったく逆の作品で競い合っていた


1 牛丼 ★ :2021/09/18(土) 20:13:45.35

松田聖子と中森明菜。当初はともに“ポスト百恵”として注目されたが、気がつくと1980年代を代表するアイドルとして人気を二分していた。

 当時、CBS・ソニー(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)で南沙織や郷ひろみ、山口百恵、キャンディーズなどアイドルを育て上げ、日本を代表する音楽プロデューサーとして知られた酒井政利氏(7月16日没)は生前、女性週刊誌の取材に「2人はまったく違うタイプのアイドルのように見えるかもしれませんが」と前置きした上で、「私が見る限りにおいて聖子と明菜というのは根幹では共通していました。それはアイドルとしての虚像をデビュー時に作り上げたことでした。ただ比較されるほど聖子は“幸せ”の、一方の明菜は“孤独”の虚像となっていったのです。しかしそれを徹底したからこそ、アイドルとして成功したのだと思いますね」と語っていた。

 さらに「ともにトップを維持できたのは事務所やレコード会社に守られていたからですが、売れたのは『私がすごかったからよ』と勘違いしてしまった部分もあったように思いますね」

 明菜の所属レコード会社だったワーナー・パイオニア(現ワーナーミュージック・ジャパン)の邦楽宣伝課で明菜の担当プロモーターだった田中良明(現在は「沢里裕二」として作家活動)は振り返る。

 「僕が明菜を担当することになったのは、まだデビューして1年もたっていませんでしたが、正直いって社内ではすでに近寄り難い存在になっていました。今でこそ『明菜』なんて呼び捨てにしていますが、当時は、それこそ『明菜様』といった感じでしたよ」

 一方で、明菜が「完璧主義者」で「自分の描く『理想像』に邁進(まいしん)していました」という。

 「デビュー前から制作を担当していた島田雄三さんのシングルの配球は、それなりに新機軸だったと今でも思います。コンセプトもしっかりしていましたし、売りのツボはしっかり押さえていましたよ。ところが明菜は…。目に見えて島田さんとの関係が悪くなり始めたのは『十戒(1984)』あたりからでした。『飾りじゃないのよ涙は』の頃には、もう会話もないほど関係がこじれていました。とにかく島田さんが提案する、いわゆる『ツッパリ路線』が根本的に嫌で、プロモーターだった僕ですら、(明菜から)何度も聞かされていたほどです」

 実際、田中の前にデビュー前から1年間、ワーナーで明菜のプロモーターを担当していた富岡信夫(現モモアンドグレープス代表取締役)も「バラードとツッパリを交互に出すシングル戦略はコンセプトとしてよかったと思いますが、ツッパリ路線にこだわるのは僕も疑問を持っていました」と明*。

 聖子と明菜の違いについては、「聖子の場合は、どこかでアイドルを演じているように思っていました。でも明菜は基本的に路線を作らず、彼女の素材、魅力を生*ことを考えてきました。その違いだったのではないでしょうか」とも。

 聖子と明菜では作品も違っていた。明菜とも親交のあった音楽関係者はいう。

 「これは決定的な違いですが、聖子の作品はメジャー、つまり長調で始まりますが、明菜はほとんどがマイナーです。つまりまったく逆の作品で競い合ってきたのです。共に80年代を代表するアイドルですが、この違いを指摘する声はなかったですね。そんな中で井上陽水は本当に明菜のボーカルにほれ込んでいました。『飾りじゃないのよ涙は』の後も、明菜が出したカバーアルバム『歌姫』(94年)では、陽水自らタイトルを書いて明菜に贈ったほど。しかもこの時に書いたものがアルバムのジャケットになりましたが…」
https://news.yahoo.co.jp/articles/355b8082c9b829436930bdafa49b76da6c5e5065



(出典 i.pinimg.com)
【映画】もう一度映画館で見たい!80年代の名作映画ランキング


1 征夷大将軍 ★ :2021/03/20(土) 08:29:55.32

gooランキング2021年03月20日 00:00投票合計数:1,479票、調査期間:2020年8月24日~2020年9月07日
https://ranking.goo.ne.jp/column/6922/

オンデマンド配信の普及によって、自宅にいながら手軽に映画を楽しめるようになった昨今。しかし、映画館のシートに深々と座り、大きなスクリーンと迫力のある音響で作品を鑑賞するのは、何とも言えず素敵な体験ですよね。
そこで今回は、配信やテレビ放送以外では楽しむ機会が少なくなった1980年代の名作映画で、もう一度映画館で見たいと思う作品はどれなのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

1位 バック・トゥ・ザ・フューチャー 141票
2位 となりのトトロ 128票
3位 天空の城ラピュタ 99票

4位 魔女の宅急便 98票
5位 時をかける少女 96票
6位 風の谷のナウシカ 86票
7位 インディ・ジョーンズ/最後の聖戦 76票
8位 トップガン 55票
9位 E.T. 53票
10位 うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー 48票

11位 ネバーエンディング・ストーリー 42票
11位 スタンド・バイ・ミー 42票
13位 火垂るの墓 37票
14位 フルメタル・ジャケット 30票
15位 ターミネーター 28票
15位 グーニーズ 28票
17位 AKIRA 27票
17位 ビバリーヒルズ・コップ 27票
19位 戦場のメリークリスマス 25票
20位 ダイ・ハード 20票

21位 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還 18票
21位 ゴーストバスターズ 18票
23位 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲 16票
24位 愛と青春の旅だち 14票
25位 ニュー・シネマ・パラダイス 12票
25位 アマデウス 12票
27位 銀河鉄道の夜 11票
28位 レイダース/失われたアーク《聖櫃》 10票
29位 探偵物語 9票
29位 グレムリン 9票

31位以下及び本文はリンク先で


このページのトップヘ