トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

16歳


(出典 upload.wikimedia.org)
【社会】 花街告発の元舞妓がメディア初登場! 16歳でハレンチ宴席、騒動後には「京都は怖いよ」と恐怖の“忠告”電話が


1 朝一から閉店までφ ★ :2022/07/12(火) 12:46:00.73ID:6acB8mNV9
社会・政治 投稿日:2022.07.12 06:00FLASH編集部

「私が『桐貴清羽(きりたかきよは)』であり、先斗町の置屋にいた『市駒』です」

 彼女は6月26日の夜、ツイッターで衝撃的な“告発投稿”をした。

「当時16歳で浴びるほどのお酒を飲ませられ、お客さんとお風呂入りという名の混浴を強いられた(全力で逃げたけど)。これが本当に伝統文化なのか今一度かんがえていただきたい」(投稿を一部抜粋)

 芸妓を目指して修業する15歳から20歳までの女性が「舞妓」と呼ばれる。多くは中学校を卒業して「置屋」に入る。住み込みで日本舞踊(日舞)などの芸事を習い、白塗り化粧と華やかな着物姿で踊りを披露し、一日を過ごす。宴席となれば、深夜までかかる日もしばしばだ。

 こうした未成年者を深夜まで従事させることや、桐貴さんが告発した「未成年飲酒」については、後藤茂之厚生労働大臣が6月28日に「芸妓や舞妓の方々が適切な環境で、ご活動いただくことが重要」と見解を示すなど、投稿は拡散され、「花街」の在り方が社会問題になりつつある。

 その話題の人物が、ついにメディアに口を開いたのだ。

https://smart-flash.jp/sociopolitics/191027/1

少年ら逮捕『大麻部屋』に中学生ら10数人が出入り…“見張りをしたら無料で大麻” 大阪


NO.9927847
 2021/10/18 20:34
少年ら逮捕『大麻部屋』に中学生ら10数人が出入り…“見張りをしたら無料で大麻” 大阪
少年ら逮捕『大麻部屋』に中学生ら10数人が出入り…“見張りをしたら無料で大麻” 大阪
集合住宅の一室に「大麻部屋」。そこに中学生ら10数人が出入りしていたことがわかりました。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、大阪府内に住む15歳と16歳の少年ら4人で、今年9月に府内の集合住宅の一室で乾燥大麻約2.3gを営利目的で所持した疑いが持たれています。

この部屋は、少年らのうち1人の自宅で、大麻を販売用に加工して、近くの自動販売機付近に客を呼び出して販売していたとみられています。調べに対して少年らは「SNSを通じて客に大麻を売っていた。見張りをさせた中学生には無料で大麻を吸わせていた」と話したということです。

大麻の加工に使っていた部屋は地元の少年らの間では「大麻部屋」と呼ばれ、10数人が出入りしていたということで、この部屋で大麻を使用したとして中学生4人を含む少年ら5人も補導されました。

(近所の住民)
「このへんで若い子らがたむろしとったんは知っとってん。多いときで5~6人」
「みんな同じ同級生、中学生」


警察の調べに対して少年らは、大麻を売って次の仕入れ分のお金ができたら残りの大麻は自分たちで使っていた、などと容疑を認めているということです。

【日時】2021年10月18日 17:45
【ソース】MBSニュース
【関連掲示板】

大麻(たいま、cannabis)は、アサ(大麻草)の花冠、葉を乾燥または樹脂化、液体化させたもの。マリファナ(marijuana)とも。花から製造された(栽培種の花序からとった)ものをガンジャ(Ganja)、樹脂をハシシ(hashish)、チャラスと呼ぶ。喫煙・飲食で摂取される。含有される約60種
155キロバイト (22,410 語) - 2021年10月3日 (日) 23:00


このページのトップヘ