トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

1週間

コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が

NO.9728742
 2021/08/07 22:29
コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が
コロナワクチン接種後1週間は激しい運動をしてはいけない 国内外で心臓障害の報告が
「どのくらい経てば運動してもいいのでしょうか?」――。新型コロナワクチンの接種が進む中、医療機関ではこんな質問が増えているという。厚労省は「接種当日は激しい運動を控えるように」としているが、それで問題はないのか。東邦大学名誉教授で循環器専門医の東丸貴信氏に聞いた。

 7月上旬、中日ドラゴンズの木下雄介投手(27歳)がワクチン接種後に行ったトレーニング中に倒れ、治療が続けられていたが、今月3日に亡くなっていたことがわかった。接種から数日後、練習場でハードな運動をしているさなかに倒れて大学病院に搬送。心臓にトラブルが起こって脳にも影響が及び、人工呼吸器を外せない状態だったと「週刊新潮」で報じられていた。

 現時点ではワクチンとの因果関係はわかっていない。ただ、海外でもワクチン接種後に激しい運動をして倒れたケースが報告されている。シンガポールでは、6月27日にファイザー社製のワクチンを接種した16歳の男子生徒が、7月3日にスポーツジムで負荷の大きなトレーニングをしているさなか、心不全を起こして倒れたという。

 こちらもワクチンとの関連は検証中というが、ほかにもワクチン接種後に心臓障害を起こしたケースが12件報告されていて、そのうち7件が30歳以下の男性だった。これを受け、シンガポール保健省は「ワクチン接種後1週間は運動や激しい身体活動を避ける必要がある」と勧告した。それまで運動を控える期間は12~24時間としていたが、大幅に延長されたことになる。

 日本でも、ファイザー社製のワクチン接種後に心不全、虚血性心疾患、大動脈疾患、不整..
【日時】2021年08月07日
【ソース】日刊ゲンダイ

【舛添要一】小池百合子都知事に苦言 「過労くらいで1週間も休むのは政治家失格」「理解不能」


NO.9620928 2021/06/29 11:36
舛添要一さんが小池百合子都知事に苦言 「過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格」「理解不能」
舛添要一さんが小池百合子都知事に苦言 「過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格」「理解不能」
 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏(72)が28日、ツイッターを更新。過度の疲労を理由に入院中の小池百合子都知事(68)に「1週間も休むのは政治家失格」「理解不能」と痛烈に批判した。

 小池氏は22日に入院し、当初は週内いっぱいの静養予定だったが、27日に「疲れがとれていない」と医師の判断で、入院延長となった。入院を巡っては、重病説や都議選から逃亡説、自民党の裏取引説など憶測が飛び交っている。

 舛添氏は「全国の選挙に駆り出され、体力の限界で倒れ緊急搬送された経験のある政治家として言うと、過労くらいで1週間も戦のときに休むのは政治家失格であり、私ならもう戦線復帰している。政治家にとっては選挙が一番大事だからだ。たとえばコロナといった病名を医者が正しく公表すれば万人が納得するのだが」と小池氏の都議選最中の長期入院に疑義を呈した。

 さらに小池氏は病室から副知事らに指示を出しているというが、都のモニタリング会議にリモートなどで参加はしておらず、コロナの感染者が増加傾向にある中、トップ不在の影響が懸念されている。

 舛添氏は「(全身麻酔した股関節の)手術の翌日からパソコンで病室から指示を出すなど公務を行い、また広い病室に会議スペースを作り、都の幹部を毎日集めて会議をした。リモートでも大半の公務はできる。小池都知事の動きは、私には理解不能である」とクギを刺した。

【日時】2021年06月28日 17:01
【ソース】東スポWeb




(出典 www.travelvoice.jp)
【正論】11日の解除は絶望的か? 専門家「それまでに流行が収まるとは思えない」


1 ボラえもん ★ :2021/05/01(土) 20:31:48.43

 3回目の緊急事態宣言が始まって、2日で1週間になる。政府は宣言で感染者を一気に減らそうとしているが、効果はまだ見えていない。
重症者の急増で医療現場は逼迫(ひっぱく)するばかりだ。宣言の期限は11日だが、「延長は避けられない」との見方が専門家の中で強まっている。


 宣言は4月23日に出され、東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に25日から対策が始まった。
飲食店への時短営業の要請を中心とした「まん延防止等重点措置」では感染者の増加がとまらず、今回の宣言では居酒屋や大型商業施設、テーマパークなどに幅広く休業を求めた。


 過去7日間の平均で1日あたりの感染者数をみると、30日は東京で773人、京都で137人、大阪で1111人、兵庫で483人。1週間前と比べ、東京、京都は1割増、大阪、兵庫はほぼ横ばいだ。

 新型コロナウイルスは感染から5日ほどで発症することが多く、検査、公表までにさらに時間がかかる。
直近の感染者数は1週間ほど前の感染状況を表している。宣言の効果はまだ判断できる段階ではない。

 ただ、過去2回の宣言では発症日ごとの感染者数で見ると、宣言が出る前に流行のピークが過ぎていた。
感染状況の悪化に反応して、多くの人が外出の自粛を始めていたためだ。今回は宣言から間もないため、発症日ごとの感染者数ははっきりしない。

 いま、人流はどうなっているのか。東京都医学総合研究所の西田淳志・社会健康医学研究センター長によると、
ここ数日で東京と大阪の主要繁華街の人流は急激に減り、「酒類を提供する飲食店の休業要請など宣言に一定の効果は見られている」と話す。

 同研究所が携帯電話の位置情報をもとにした東京大学発のベンチャー企業「ロケーションマインド」のデータを解析したところ、
24日に都内では「駆け込み会食」と見られる人出の増加があったものの、4月30日までの1週間とその前週の人出を比べると、
昼(正午~午後6時)は23・1%減、夜(午後6時~午前0時)は27・8%減った。西田さんは「とくに感染リスクの高い夜の時間帯に滞留人口が下がっているかが大事になる」と指摘する。

 大阪でも25日と30日を比べると各時間帯とも2~3割減。人出の減少が見られてから1カ月ほどたつという。だが感染の収束は見えてきていない。
感染力の強い変異ウイルスが影響している可能性もあり、西田さんは「感染の減少には時間がかかる可能性がある。
しっかり下がるのを見てから解除を判断してほしい。リバウンドすれば人流抑制に協力している人の努力が水の泡となってしまう」と話す。


 東京の人流が減る一方、周辺の埼玉、千葉、神奈川の3県では減る傾向が見られないといい、「大型連休明けに一気に感染者数が増えないか心配だ」と話す。

 宣言の解除は、政府の分科会が示した6指標が、最も深刻な「ステージ4」から脱することが目安になる。
指標の一つの病床使用率は50%未満が基準だが、内閣官房のまとめでは、大阪は29日時点で95%。
使える病床は使い尽くしている状況だ。治療や療養が必要な人もステージ4の基準の7倍。兵庫も病床使用率が88%。治療や療養が必要な人は基準のほぼ3倍だ。

 東京の病床使用率は32%で、関西と比べれば逼迫度は低い。しかし、変異株が急拡大しており、予断を許さない状況だ。

 全国の重症者は30日時点で1020人と、「第3波」のピークの1043人に迫る。変異株は20~30代でも重症化しやすい懸念もある。
感染者を一気に減らさなければ、コロナ以外の医療も立ちゆかなくなり、宣言が長引くことで経済も甚大なダメージを受ける。
連休中は検査数が少なくなる傾向にあるため、感染状況を正確に把握するのが難しいとの指摘もある。

 東京医大の濱田篤郎・特任教授(渡航医学)は「連休中にステイホームする人が増え、ある程度は感染者は減るかもしれないが、
11日の期限までに流行が収まるとは思えない。延長する場合、単に今の対策を続けるのではなく、次の手を考えておく必要があるだろう」と話す。(阿部彰芳、石塚広志)
https://news.yahoo.co.jp/articles/da4ef892c3599c6af4b3206385c88057364e1776



(出典 www.sponichi.co.jp)


【芸能】綾瀬はるか ストイックな役作りに「すごい!綾瀬はるか!」と中居も感心 7キロ減を1週間で戻す

1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/19(金) 18:05:07.13 ID:CAP_USER9.net


(出典 i.imgur.com)


女優の綾瀬はるか(35)が16日放送の日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」(火曜後9・00)に9年ぶりに出演。ストイックな役作りを明かし、MCの中居正広(48)らを驚かせた。

 劇場版「奥様は、取り扱い注意」の19日公開を控え、共演する俳優の西島秀俊(49)とともにゲストとして番組に出演した綾瀬。中居からこれまでしてきた美容について話を振られると「すごいやせないといけなくて…」と切り出し「腕立て伏せを一日に200回。7キロやせて」と役作りにおける壮絶な努力について話し始めた。これだけでもスタジオは驚きの声に包まれたが、綾瀬は続いて「でも、1週間後に回想シーンを撮るから戻してって言われて」とさらに驚きの告白。中居は思わず「すごいですね、綾瀬さん。すごい!綾瀬はるか!」と声をあげた。

 「病気の役ですごいやせないといけなくて…」という綾瀬に中居が「“世界”のやつだ」と指摘すると「はい」と綾瀬。7キロ減を一週間で元の体重に戻すのは並大抵のことではないと思われるが「一日4食ぐらい食べたらポイン!と戻りました」と笑顔で当時を振り返った。そして「炭水化物抜いてたんですよ、4カ月ぐらい。だからその1週間は我慢していたものを書いて、それを全部食べつくして。すごい楽しい1週間でした」とあっけらかん。さすがのプロ根性を見せて共演者を感心させていた。

3/16(火) 22:26
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210316-00000203-spnannex-ent


このページのトップヘ