トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

首都圏

【首都圏】プラス数百円でも「密」避けたい 広がる指定席通勤


1 蚤の市 ★ :2021/12/12(日) 08:17:04.77

<まちビズ最前線>
 朝夕のラッシュ時でも確実に座れる通勤列車が首都圏で広がりを見せている。運賃のほかに指定席料金が数百円から必要になるが、鉄道各社によると、「密」を避けたい乗客のニーズが強まり、新型コロナウイルス禍でも一定の乗車率を維持。感染が比較的落ち着いてきた現在は、一部の列車で満席になるなどコロナ以前の活況を取り戻しつつある。(妹尾聡太)
◆電源コンセント、ひじ掛け備え
 11月末の午前8時すぎ。東武鉄道久喜駅(埼玉県久喜市)発、東京メトロ日比谷線直通の「THライナー」に乗車した。コロナ禍の昨年6月にデビューした新顔だ。日中はよく見る通勤型電車だが、全席指定のTHライナーとして走る際には6人掛けロングシートを3分割、回転させて2人掛けシートに変える。
 各席にはコンセントやドリンクホルダー、ひじ掛けが備わり、足元もゆったり。晴れた日は右手に遠く富士山を望む。乗客は新聞を広げ、コーヒーを飲むなどリラックスした様子だ。ノートパソコンのキーボードを打つ音も聞こえる。

◆都心までゆとりを確保
 久喜駅から東京新聞の社屋最寄りの霞ケ関駅まで、直通で所要時間は約1時間20分だった。過密ダイヤの合間をぬうように走るため、さすがに特急並みの速さとはいかないが、ゆとりを確保したい人には指定席料金(今回は680円)分の価値を見いだせそうだ。
◆沿線価値の向上狙う
 「座りたい」という通勤・帰宅客の要望に応える全席指定列車は各社が展開=図参照。「TH」のように通勤型の車両を活用するほか、小田急電鉄のロマンスカーなど特急車両を通勤向けに運行するケースもある。少子高齢化で利用客が減る中、多様なサービスを用意することで「沿線の価値を向上させる」(東武)効果を目指している。

東京新聞 2021年12月12日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/148053


(出典 kirilog.com)


巨大地震は「12月までにやってくる」…首都圏をおそった「震度5」は前兆だった



NO.9969465
 2021/11/05 12:34
巨大地震は「12月までにやってくる」…首都圏をおそった「震度5」は前兆だった
巨大地震は「12月までにやってくる」…首都圏をおそった「震度5」は前兆だった
震度7の激震、大規模な延焼火災、市街を遡上する津波。この冬、歴史と文化が薫る一大観光地が三重の被害によって壊滅するかもしれない。この悪夢のようなシナリオは、目に見える形で進み始めている。

■100年前とまったく同じ
10月7日、首都圏を襲った地震によって都内では電車の運転見合わせが相次ぎ、駅は不安な表情を浮かべる帰宅困難者で溢れた。電気や水道などのインフラも直撃し、都市基盤の脆弱さがあらためて浮き彫りになった。

それだけではない。立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏はこう警告する。

「千葉県北西部を震源とする今回の地震(M5・9)は、首都圏に大災害をもたらすM8クラスの巨大地震の『前震』であると考えています」

実は高橋氏のように、多くの研究者たちが「12月までに大地震がくる」と唱え始めている。

研究者たちによれば、すでに8月から日本列島の地下深くで「異変」が確認されていたという。高橋氏はこう続ける。

「国土交通省は、地殻変動を観測するために全国約1300ヵ所に電子基準点という観測点を設置して調査を続けています。観測結果を見ると、8月中旬から太平洋プレートが活発に動き始めていることが判明しました」

【日時】2021年11月05日 08:02
【ソース】現代ビジネス

地震準備(2分鐘)

(出典 Youtube)

【コロナ】自宅療養中の死亡が相次ぐ、首都圏では7月以降に15人

1 生玉子 ★ :2021/08/18(水) 22:41:16.32

新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからない中、各地で自宅療養中の死亡が相次いでいる。感染者数が連日1000人台を超えている首都圏1都3県は、7月以降で計15人に上っており、特に感染者が急増した8月に入ってからが目立つ。自宅療養者の増加で健康観察など行政の目が届きにくくなっているほか、入院先が見つからないまま死亡した例もある。医療体制の逼迫(ひっぱく)は続いており、今後もこうしたケースがさらに増える恐れがある。

■基礎疾患ない感染者も

東京都内では12日、40代の女性が自宅で死亡した。女性は親子3人で家庭内感染し自宅療養中だった。前日に保健所が健康観察した際は異常がなかったが、翌日、死亡しているのを家族が見つけたという。女性には糖尿病の持病があった。

都では7月に1人、8月は17日までに7人の自宅療養中の死亡を確認。死亡した8人のうち、2人には基礎疾患がなかった。都内では7月中旬以降、感染者急増に比例する形で自宅療養者が増えており、現在は2万人を超えている。

神奈川県は7月に2人、8月は18日までに1人が自宅療養中に死亡。10日に死亡した60代女性は、当初は軽症だったが基礎疾患があったため医師が入院を勧めたものの、本人が自宅療養を希望していたという。気分の悪さを訴え一時救急搬送されたが、退院後に自宅で死亡しているのを職員が発見した。

これまで入院を希望していた感染者が自宅で死亡したケースはないが、17日時点の病床使用率は81・63%に上っており、病床は逼迫。今後は入院が困難になる事態が発生する可能性もある。

千葉県では今月、自宅療養中に2人が死亡した。このほか、60代の男性が入院先が見つからないまま5日目に自宅で倒れているところを発見され、搬送先の病院で死亡が確認されている。この男性は当初は軽症だったが、その後、入院が必要な中等症と診断された。入院先を探しながら酸素投与を続けたものの病状が悪化。県によると基礎疾患はなかったという。

■何よりも感染者抑制

自宅療養中の相次ぐ死亡を受け、4都県は対策に乗り出している。

都は自宅療養中に症状が悪化した人を引き受ける酸素ステーションを新たに210床整備することを決定。軽症~重症に近い患者まで幅広く酸素投与を実施し、入院か引き続き自宅療養かを振り分ける。8月中の開設を目指しており、都の担当者は「少しでも安心して自宅で療養してもらえるよう準備を進めたい」と述べた。

埼玉県も酸素ステーションを県内複数カ所に設置する。また、自宅療養の中等症患者の増加に備え、健康観察や診療にあたる協力医療機関を拡充する。

千葉県は、血中酸素飽和度を測るパルスオキシメーターを自宅療養者向けに追加で確保するほか、民間事業者の活用により健康観察する体制の拡充を検討中だ。県担当者は「医療提供体制に限界があることを考えると、感染者の数を抑えることが重要。徹底的な感染対策の実施を呼び掛けていきたい」と語った。


(出典 www.sankei.com)

https://www.sankei.com/article/20210818-FOYWE7JRTVIDPFBNGSJQ6S64MA/


1: BFU ★ 2021/04/30(金) 08:31:48.99 ID:ZONb5mzi9

緊急事態宣言の発出に伴い、JR東日本をはじめとする首都圏の鉄道事業者らが4月30日、5月6日、7日の運転計画を発表した。朝ラッシュ時間帯を中心とする一部列車で運休や行先変更が生じるほか、一部路線ではGW期間中の休日にも若干の変更が行われる。

JR東日本は朝通勤時間帯の列車を削減し、通常のおおむね8割程度の本数で運行する。対象線区は山手線、京浜東北・根岸線、中央線快速、中央・総武線各駅停車、青梅線、常磐線快速、京葉線。

なお、山手線、京浜東北線・根岸線、中央線・総武線各駅停車では夕方の通勤時間帯においても列車を1割弱削減する。

時刻表やJR東日本アプリなどの乗り換え検索では運転を取りやめる列車も表示されるため、ある程度時間に余裕をもって行動を。
https://tetsudo-ch.com/11408872.html


(出典 image.itmedia.co.jp)

 【芸能】堀江貴文氏がコロナ対策に苦言「夜の文化はズタズタに破壊…元には戻らない」

実業家の堀江貴文氏が18日、自身のツイッターに新規投稿。新型コロナウイルスに伴う首都圏への緊急事態宣言解除後の対応として、東京都の小池百合子知事ら1都3県の知事が飲食店への営業時間短縮要請を午後9時まで緩和する方針で一致したという報道を引用し、今後も時短要請が続くことを受けて「夜の文化はズタズタに破壊されつつある」「元には戻らない」などと苦言を呈した。

 堀江氏は「ナイトタイムエコノミーとか言ってたのどこに行ったんですかね、、夜の文化はズタズタに破壊されつつありますよ。一度破壊されたら元には戻らない」と投稿。コロナ禍によって、特に夜間の文化や経済活動が制約を受けて停滞していることに危機感を示した。

 首都圏1都3県の知事は17日夜にテレビ会議を開き、緊急事態宣言解除後、飲食店への営業時間短縮要請を午後9時まで緩和する方針で一致。神奈川県の黒岩祐治知事は酒類の提供は午後8時までとし、31日まで要請を継続すると説明。千葉県の森田健作知事は、「リバウンドを起こさない行動を呼び掛けなければ」と訴えた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/65b6ccf3fcb58c10941b1a3037660dd288fabe2f


このページのトップヘ