トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

難しい


(出典 i.daily.jp)
長嶋一茂、京王線刺傷事件に「乗り合わせていた男性諸氏、スタンガンで一撃とかなんとかならなかったのかな」問題提起に批判集まる


1 牛丼 ★ :2021/11/06(土) 12:02:47.48 ID:CAP_USER9.net

 5日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)で、10月31日に発生した京王線の列車内での刺傷放火事件について特集。出演者でタレントの長嶋一茂のある発言が問題視されている。

 この日、番組では逮捕された服部恭太容疑者が入念に計画してこの事件を起こした可能性があることなどを報道。今年6月頃に勤めていた職場を退職した直後に通販でサバイバルナイフを購入。さらに、滞在していたホテルにはライター用のオイルの空き缶が20本近く見つかっているという。

 この話題に対し、一茂は「今後も残念ながらこういうことは起こり得る」「模倣犯も出てくる可能性もあるし」と指摘。電車内が密室状態となっていたためにパニックが起きやすい状況になっていたと分析していた。

 また、一茂は身を守る安全策としてスタンガンの携帯などを提案していたが、直後、「個人的には、もうちょっとここに乗り合わせた男性諸氏、なんとかならなかったのかなという思いもあるんだよね」と指摘。これにMCの羽鳥慎一アナウンサーは「まあ、でも車内でドア開かなくて走ってて火が見えたら、やっぱり難しいのかなと思いますね」とフォローを入れていた。

 しかし、この一茂の発言にネット上からは「相手が何するか分からないのに無理だろ」「なんで男だけ命張って他人助けないとだめなんだよ」「安易に言うな」「これ問題発言でしょ」「刃物持ってる相手じゃ格闘家でも無理」という声が集まっていた。

 パニック状態となっていた当時の車内。一茂の無茶な要求に多くの視聴者が呆れていた。
https://npn.co.jp/article/detail/200017270
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1636115814/


83f06_28_d97a54ad_71b6668a
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か


金メダルを獲得した侍ジャパンの稲葉篤紀監督(49)は8日の会見で「素晴らしい選手たちと野球がやれて幸せだった」と語った。メジャーリーガーが参加しない6カ国での大会。「勝って当たり前」といわれる中、5連勝で悲願の金メダルをもぎ取った。「これで少しでも野球をやってくれる人が増えてくれれば」と指揮官。そんな大会で株を上げた選手、下げた選手は誰か。ナ・リーグのあるスカウトがこう明かす。

「まずは千賀滉大(28=ソフトバンク)です。今年4月に左足首の靱帯を損傷して離脱していましたが、予選の米国戦で2回を投げて5奪三振無失点の好投。同じ米国との決勝でも159キロを出して1回無失点だったので安心しました。開幕投手を務めて準決勝の韓国戦でも先発した山本由伸(22=オリックス)はまだ若く、メジャー挑戦は当分先だろうけど、今回の投手の中で注目度はナンバーワンでした。4番の鈴木誠也(26=広島)は準決勝まで1安打と苦しみながらも、予選の米国戦で打った場外に飛び出しそうな特大弾は衝撃的だった。決勝で2安打したし、貴重な四球も選んでいた。右翼の守備力、強肩も含め、評価は変わらない。来オフか今オフか、ポスティングが認められた時の準備は進めている。

日本以外では、米国の主砲オースティン(29=DeNA)は打率・4割以上(.417、2本塁打、7打点)の活躍で打者の中で最も目立っていた。ドミニカ共和国のエース左腕メルセデス(27=巨人)は日本戦で好投。3位決定戦でもリリーフとしてチームを3位に導き、評価を上げました」

メジャー球団は菅野の獲得に消極的

逆に株を下げたのは誰か。

「予選の米国戦で4回途中でKOされた田中将大(32=楽天)は、結局この1試合の登板で終わってしまい、不完全燃焼だったでしょうね。注目された大舞台であの投球では、このオフのメジャー復帰は難しいかもしれない。もうひとりは菅野智之(31=巨人)です。今季は右肘の故障もあって調子が上がらないみたいだし、五輪で状態を確かめたかったのに代表を辞退した。今季中に海外FA権を取るし、今オフの目玉候補ではあるけど、正直なところ、メジャー球団は菅野の獲得について消極的になりつつあります」(前出のスカウト)

青柳晃洋(27=阪神)は中継ぎとして2試合で5失点。五輪防御率27.00と完全に自信を喪失した。阪神では前半戦8勝2敗、防御率1.79のエース格として首位の原動力になっていただけに、後半戦で立て直せるかが懸念材料である。「代表辞退組」でも“得”をしたのは、左第十肋骨骨折からの復帰を目指す中川皓太(27=巨人)ではないか。五輪に出られなかったのは残念だろうが、約1カ月半のリハビリ期間を使い、9日に打撃投手ができるまでに回復した。この間の公式戦はほとんど休止中だった。今季は32試合で2勝2敗1セーブ、防御率3.52。巨人の絶対的セットアッパーだけに、原監督はほくそ笑んでいるに違いない。
日刊ゲンダイ
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か - ライブドアニュース (livedoor.com)

「“UFO”説明難しい現象だ」米情報機関が報告書


NO.9614113
 
「“UFO”説明難しい現象だ」米情報機関が報告書
「“UFO”説明難しい現象だ」米情報機関が報告書
アメリカ情報機関はUFO(未確認飛行物体)について説明が難しいとする報告書を議会に提出しました。

アメリカ情報機関のトップ、国家情報長官室はアメリカ政府の各機関から報告があったUFOとみられる144件の飛行現象について、1件を除いてすべてが説明が難しい現象だとする報告書を提出しました。

UFOが地球外のものだとは断定できないとする一方で、急降下や浮遊など科学的に説明できない特異な動きを示す例があったことも認めています。

UFOとみられる特異現象の報告はこれまでアメリカ軍パイロットなどから多く寄せられていました。

報告書では「無人機や風船」「自然現象」「アメリカ政府の秘密計画」「中国やロシアの新兵器」「その他」の5つの可能性を挙げていますが、確たる結論は得られていないとしています。

今回の報告書は予備的な調査をまとめたもので、今後、さらなる本格的な報告書が議会に提出される見込みです。


【日時】2021年06月26日 15:10
【ソース】テレ朝news



(出典 ao-haru.jp)
東大卒弁護士兼プロゲーマーが語る「司法試験より、トップゲーマーを続けるほうが難しい」 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/17(日) 09:18:30.48


1/17(日) 7:05配信
NEWSポストセブン

弁護士でもあるプロゲーマーのKHU氏が語った

 ここ数年で耳にする機会が急増した「プロゲーマー」という新しい職業。筆者・すいのこもそのひとりだ。給与面などで不安定な部分が多く、特に賞金付き大会の開催が難しい日本では、ゲームの腕前を磨くだけでなく、ネット配信やイベント出演などを通じてお金を稼いだり自身の価値向上に取り組んだりすることも重要な仕事と言える。

【写真】筆者のすいのこ氏。ゲームの大会で戦う様子はかっこいい!

 多くのプロゲーマーが自身のブランディングに頭を抱えている中、「プロゲーマー弁護士」という強烈なインパクトを持つ肩書きで活動している選手がいる。「こへう(KHU)」というプレイヤーネームで活動している、宮本康平さんだ。2009年に設立され、2020年10月にはレッドブルとのパートナー契約を締結するなど日本を代表するプロゲーミングチームである「デトネーター(DeToNator)」に所属し、任天堂から2017年に発売された格闘ゲーム『アームズ(ARMS)』部門で活動している。

 それまでに格闘ゲームなどに打ち込んだ経験のなかった宮本さんだが、2017年に発売されたARMSで彼は才能を開花させた。1年足らずでプロゲーマーになるだけでなく、アメリカ・ラスベガスで開催された世界最大規模の格闘ゲーム大会「EVO 2018」で見事優勝した。その一方で彼は東京大学法学部に大学院まで在籍し、卒業後に司法試験を受験し見事合格、2020年12月から弁護士としてのキャリアをスタートさせている。

 プロゲーマー弁護士という異色の肩書きを持つ宮本さん。元々弁護士を目指すために東京大学を目指したわけではないのだと語る。

「最初は官僚を目指していました。当時、官僚をモデルにしたテレビドラマが放送されていて、魂を燃やしながら働く官僚という仕事に憧れを抱いたのがきっかけです」

 2012年に東京大学に入学した宮本さんだったが、自分のスキルで直接、人の役に立つという弁護士の仕事に魅力を感じ、官僚から弁護士へと進路を変更した。2016年に法学の学士号を取得した彼は、さらにもう一年法学部に在籍し政治学の学士号も取得。2017年に法科大学院へと進むのだが、入学して2ヶ月後に発売された『アームズ』が彼の人生を大きく変えることとなった。

「最初は友達と一緒に買って遊ぶ程度でしたが、インターネットでのオンライン対戦が楽しくてもっと強くなりたいと思うようになりました。強い人の動画を見て研究したり、自分でも攻略動画を作ったりしました。2017年の11月に開催された公式大会『ARMS JAPAN GRAND PRIX 2017』への出場がきっかけで、大会で勝つことの楽しさを知り、本気で一番になりたいと思うようになりました」


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9ac5d56c03771cef8cc0a522c48098c18c79aad
>>2続く


【【プロゲーマー】司法試験より、トップゲーマーを続けるほうが難しい】の続きを読む

このページのトップヘ