トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

防ぐ

【コロナ】ファイザー、重症化を防ぐ「飲み薬」を開発中 最終段階の臨床試験

1 haru ★ :2021/09/07(火) 01:09:40.62

今週、製薬大手「ファイザー」が、現在開発している治療薬の最終段階の臨床試験を、日本でも始めると明らかにしました。
また、塩野義製薬も現在、初期段階の臨床試験を始めています。


両社とも、開発している治療薬は、軽症者向けの「飲み薬」です。
これについて、川崎医科大学の中野先生は「自宅や宿泊施設など、どんな場所でも飲めるので、医療従事者の負担軽減も期待できる」と話します。

今回の”治療薬”の特徴は、ウイルスが増殖する時に不可欠な、“酵素”を狙い撃ちにすること。
これが、重症化を防ぐポイントなんです。



そもそもウイルスは細胞に侵入すると、自分のコピーを作るため、工場でプラモデルのように部品を大量に生産します。
その部品をバラバラにするのが、ウイルスに含まれている酵素。
つまり、酵素は“ハサミ”の役割を果たすのです。
“ハサミ”でバラバラにした部品を組み立てるとウイルスのコピーが完成!
こうしてウイルスが大量にコピーされ、重症化を引き起こしてしまいます。

ところが、開発中の“治療薬”を飲むと、「部品をバラバラにさせるかー!!」と、ハサミにストッパーをかけ、使えないようにしてしまうんです。
その結果、部品の組み立てができず、ウイルスのコピーは未完成のまま。
これによって重症化を防ぐことができると期待されています。

また“治療薬”は、ただハサミを使えなくするだけなので、例えウイルスが変異して部品が変わっても、治療薬を作り替える必要はないそうです。


(出典 news-pctr.c.yimg.jp)


(出典 news-pctr.c.yimg.jp)



9/4(土) 23:15
https://news.yahoo.co.jp/articles/e88e76d3410df7e66a9609a9fba08606c5f52a90



(出典 www.nagoyatv.com)
【まん防】まん延防止措置、12日から3都府県で開始。通勤混雑、変わらぬ朝


1 記憶たどり。 ★ :2021/04/12(月) 10:46:54.11

https://news.yahoo.co.jp/articles/95116768782bfdea52432d8eddd79ae4de773a75

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ「まん延防止等重点措置」が12日、東京、京都、沖縄の3都府県で始まった。
すでに適用された大阪など3府県と同様、外出自粛や、飲食店への営業時間短縮の要請が対策の柱だが、
首都圏の緊急事態宣言は解除されたばかり。電車の混雑など街中の景色はこれまでと変わらず、
「同じことの繰り返しだ」と懐疑的な声も上がった。

3都府県は不要不急の外出や移動の自粛を要請し、飲食店に対しては、営業時間を午後8時までに短縮するよう求める。

対象は東京が23区と八王子などの6市、京都は京都市、沖縄は那覇市など本島の9市。3府県の6市が先行適用されている。


JR東京駅前を歩くマスク姿の人たち=12日午前
https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhcD1LjPo8yt_iUb5dR3d8r5m8rSD2r1Nf-NxZJIuHs6FmiDIWNGIhEqAhN74G4fFGqqPE_jVMqoHEs9_rfweyiuwkBZMzq2VdBg0x1-dG4Sqf1Ktjdj1hrqihp1A4A47nPi5vvEVFGQOkOd7MjswgH-325NTWh7G7ajYO-U9WsW



(出典 www.nishinippon.co.jp)
【悲報】一方、文明国の中国では「逆go to」春節で移動しなかった人に報奨金&スマホのギガや地元遊戯施設の無料券


1 アッキー ★ :2021/01/27(水) 20:55:52.32

旧正月の春節(2月12日)を控える中国で、帰省しない人に報奨金や特典を用意する地方政府が相次いでいる。
今月28日からの40日間で延べ17億人が移動すると予測される中、帰省ラッシュを抑えることで新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙いだ。
河北省唐山市は農民工(出稼ぎ労働者)が春節期間中に帰省しなかった場合、1人500元(約8千円)の「まごころ祝儀」を支給すると通知。
天津市は市内に働きに来ている人が2月末まで市外に出なければ300元、その間に製造業などの職業訓練を受ければさらに300元を手当てするという。
こうした報奨金を出す都市は沿岸部を中心に20以上に上っている。
報奨金のほか、スマホのデータ通信量20ギガバイトのプレゼント(浙江省義烏市)や観光地や動物園の入場無料(山東省東営市)など特典をつける街もある。
国営中央テレビも「今いる場所で年越しを」と号令をかけるなか、各地がキャンペーンを競い合う状況だ。

ソース
https://digital.asahi.com/sp/articles/ASP1W54J8P1WUHBI019.html


このページのトップヘ