トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

関係


(出典 i.daily.jp)
週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/24(金) 08:23:54.40 ID:CAP_USER9.net

12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

「前山は、若手俳優集団『D―BOYS』のメンバー。2013年に『仮面ライダーウィザード』で注目され、
『刀剣乱舞』などゲームやアニメが原作の舞台に出演する“2・5次元俳優”として活躍しています。
趣味はロック鑑賞。高校時代はバンドを組み、今でもギターを弾いています」
(前山の事務所関係者)

2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。
恋人同士になったのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。

「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。前山も、可愛い上に、情熱的な人柄の彼女に惹かれたそうです。
沙也加さんも35歳。最初から結婚を前提とした交際でした。彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。
それでも、前山は『頑張って薬を減らしていこう』と提案し、そのための計画表を作っていました」
(前山の友人)


前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた


11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演を果たす。

「前山が演じたのは、沙也加演じる主役に恋する役どころです。初日前会見では、前山が稽古中に『恋してます! だってめっちゃかわいいですもん』と“告白”したところ、
沙也加から“エアビンタ”を受けたエピソードを明*など、のろけ放題でした」
(同前)

ところが、12月に入り、沙也加はこう漏らすようになった。
彼に酷い目に遭わされた」

2人の間に一体、何が起きていたのか。

「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

前山の所属事務所に沙也加との交際やトラブルなどについて確認を求めたところ、以下のように回答した。

「前山剛久より、神田沙也加様と真剣に交際しているという報告は受けており、承知しておりましたが、
神田様も前山も、30歳を超えた大人同士による恋愛でしたので、本人達に任せておりました。

突然の訃報に接し、前山も多大なショックを受けている状態で憔悴しきっており、現在本人から話を聞ける状況ではないため、回答を控えさせて頂きます。

ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」


沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。
そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。
そこに綴られていたメッセージとは――。

12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加が綴った「遺書」の中身、
前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE、その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”、沙也加に届いた残酷な知らせの内容、
さらに、沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態などについて、報じている。

https://bunshun.jp/articles/-/51026
https://bunshun.jp/articles/-/51026?page=2


ここから読める(有料)
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2158

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640288979/



(出典 www.yomiuri.co.jp)
 【デルタ株】若い世代に “脱毛”の後遺症も



1 影のたけし軍団 ★ :2021/08/24(火) 18:59:32.21

20代、30代といった若い世代への新型コロナウイルスの感染拡大について、愛知県がんセンター病院の伊東直哉医師は、
まだワクチン接種が若い世代まで行き届いていないことや、感染力の強い「デルタ株」が関係していることが一因ではないかとしている。


8月8日までの1週間、愛知県で新型コロナ感染者に変異株の検査を実施したデータでは、
年代別で20代・30代があわせて43.4%と割合が多くなっていて、デルタ株への置き換わりが進んでいると考えられる。

そのデルタ株の感染力について伊東医師によると、体内でのウイルス量が従来型より1000倍以上多くなり、
周囲にまき散らすウイルス量が増えるのではないかと言われているとのこと。

アメリカCDC=疾病対策センターの報告書では、デルタ株に感染すると感染者1人から平均で5人~9人に感染するとしている。

伊東医師は、ワクチン接種の進み具合にこうしたデルタ株の感染力の強さ、
そこに若い層を中心としたコロナへの意識低下が、現在の爆発的増加の理由ではないかとしている。

さらにデルタ株の影響で、若い世代でも重症化する人が増えているほか、
軽症の人でも、脱毛、味覚や嗅覚の障害、疲労感、呼吸困難といった後遺症に悩まされている人もいるという。

https://www.fnn.jp/articles/-/227144



(出典 www.tokai-tv.com)


(出典 www.tokai-tv.com)



(出典 s.japanese.joins.com)



(出典 jmmaportal.com)


橋爪功、執行猶予明けの息子に「もう面倒見たくない」 険悪の真相を直撃!

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/18(木) 11:05:15.79 ID:CAP_USER9.net

3/18(木) 11:01配信
週刊女性PRIME

 声をかけると笑顔で対応してくれた橋爪功

 多くのドラマや映画で名脇役として活躍する橋爪功。最近の彼は、プライベートで“危機”を迎えている。

 「次男の遼さんとの関係が悪くなっているんですよ……」(橋爪の知人)

 遼はNHK大河ドラマ『八重の桜』やドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)などの話題作に出演し、俳優として将来を期待されていた。しかし、'17年に運命を変える“事件”が起こる。

「覚せい剤取締法違反の現行犯で逮捕され、当時所属していた事務所との契約は解除。その後、東京地裁で懲役1年6か月、執行猶予3年の判決が下されました」(スポーツ紙記者)

 ここ最近の息子の動向は報じられていなかったが、橋爪家では彼をめぐってひと悶着あったようで─。

 父にSOSを出した息子の橋爪遼
「昨年の春ごろ、奥さんが周囲に“あの子が逮捕されてから、家庭内が荒れている。夫と一緒にいたくない”と漏らしていました。遼さんに対する功さんの怒りがおさまらず、家の中がピリピリしていたようです」(前出・橋爪の知人)

 昨年末には執行猶予が明け、遼は再出発しようとしたが、壁に突き当たってしまう。

 「“舞台で俳優としてやり直したい”と知り合いに声をかけていました。しかし、薬物問題でイメージダウンした彼を使いたがる人はおらず、すべて断られてしまったそう」(同・橋爪の知人)

 困った遼は、とうとう父親にSOSを出したのだが……。

 「功さんに相談したところ、激怒されてしまったんです。彼は息子さんの件で、出演予定だった仕事をキャンセルしたり、謝罪行脚に明け暮れるなど、迷惑をかけられました。

 そうした事情を知りながら、改めて自分を頼ってきた遼さんに対して、内心“もう面倒は見たくない”という思いだったのでは」
(同・橋爪の知人)

 一見、親子の間に埋まらないミゾができたように見えるが、そういうわけではない。実際、都内にある橋爪一家行きつけのバリ料理店では、こんな話も。

 「昨年10月に、遼さんと娘さんを含めた家族4人で食事していました。和気あいあいとして、険悪な雰囲気には見えませんでしたけどね」(常連客)

 ときに衝突しながらも、少しずつ前に進んでいるのかもしれない。功は息子に対して、どんな思いを抱いているのだろうか。

 3月初旬の午後、愛車で帰宅したところを直撃した。

─昨年、遼さんの執行猶予が明けましたが、ご様子はいかがですか?

「…………。息子については、ノーコメントだよ」

 息子の名前を出すと表情が曇り、口が重くなった。

─最近、功さんを頼ってきたそうですが、突き放したと聞いています。

「……………」

─いまも息子さんと一緒に住んでいるのですか?

 「何も話せません」

 最後まで遼について語ることはなかった。“事件”から4年がたったが、遼が立ち直ることはできるだろうか。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9b8d28730218710ffbe87946c33eb8331d8a991a




(出典 saga.ismcdn.jp)
【芸能】<元ジャニーズJr.が新たな証言>ジャニー喜多川とジャニーズJr.の「性的な関係」晩年まで?


1 Egg ★ :2021/01/09(土) 22:46:46.52 ID:CAP_USER9.net

ジャニー喜多川氏がジャニーズ事務所の所属タレントに対して行っていたハラスメントに関して、元ジャニーズJr.の前田航気が新たな証言をしている。

前田航気は現在22歳。中学一年生でジャニーズ入りし、2018年に結成したジャニーズJr.のグループ・7 MEN 侍のメンバーでもあったが、同年秋に退所が囁かれるように。
2019年8月にTwitterを開設し、ジャニーズを退所していたことを報告していた。

元ジャニーズという肩書を隠さずダンスなどの活動を継続している前田だが、海外向けに日本のエンタメ情報を提供するwebニュースサイト「ARAMA JAPAN(あらま!ジャパン)」が掲載した2021年1月2日付のインタビューで、
ジャニー喜多川氏のスキャンダルに関する質問に応えている。

インタビューで前田は「ジャニーズのタレントや社内の他の誰かからアイドルの虐待について聞いたり、見たりしたことがありますか?」という質問を受け、ジャニー氏とジャニーズJr.の何人かが性的な関係をもっていたと告白。
自ら望んでジャニー氏と肉体関係を持つJr.もいたという。

そうした状況の背景には、ジャニー氏がタレントのデビューに関して強い決定権をもっていた権力構造があると証言していた(現在、記事の中で該当の質問部分は削除されている)。

ジャニー喜多川氏の性虐待裁判
 
ジャニー氏が所属タレントに対してハラスメントを行っていたという情報は元ジャニーズの中谷良、元フォーリー*の北公次、光GENJIとしてデビューする候補メンバーだった木山将吾らが、退所後に出版した暴露本で語ってきた。
だが、この問題を追いかけたのは「週刊文春」(文藝春秋)だけだった。「週刊文春」は1999年から2000年にかけて複数回ジャニー氏の追及記事を掲載。
合宿所として所属タレントに解放している自宅や、ツアー先のホテルなどでジャニー氏が関係を迫ったと報じた。

被害に遭った少年は複数存在するようだが、彼らがそのハラスメントを拒否できなかったのは、ジャニー氏の機嫌を損なったことによりデビューの可能性が絶たれてしまうのではないかという恐怖があったからだった。

ジャニーズ事務所はこれらの記事によって名誉を毀損されたとして文藝春秋を訴えるが、裁判では逆に、ジャニー氏のハラスメントに関する記述について、
<喜多川が少年らに対しセクハラ行為をしたとの各証言はこれを信用することができ、喜多川が少年達が逆らえばステージの立ち位置が悪くなったり、デビューできなくなるという抗拒不能な状態にあるのに乗じ、
セクハラ行為をしているとの本件記事は、その重要な部分について真実であることの証明があった>と結論づけられた。

前田航気の証言が事実であれば、この裁判以降も、ジャニー喜多川氏の少年たちへの関わり方は変わらなかったということになる。

2021.01.04 16:14 wezz-y
https://wezz-y.com/archives/85276/2


【【芸能】元ジャニーズJr.が新たな証言】の続きを読む

このページのトップヘ