トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

金メダル


(出典 img.sirabee.com)
金メダルを噛じった河村市長、自ら給料3ヶ月カット



1 どどん ★ :2021/08/16(月) 12:03:03.15

 名古屋市の河村たかし市長は16日、東京五輪ソフトボール日本代表後藤希友選手(20)の金メダルをかじった問題で、給料を3カ月カットする処分を自身に科すと発表した。

共同

https://news.yahoo.co.jp/articles/b87cd1064b582c07992acfa9b65c24ad047d0d68


女子ボクサーを揶揄 〝張本失言〟でTBS「サンデーモーニング打ち切り説」加速


1 鉄チーズ烏 ★ :2021/08/12(木) 06:50:42.18

2021年08月12日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3516385/

(出典 img.tokyo-sports.co.jp)


 ボクシング界から野球評論家の張本勲氏(81)に「喝!」だ。

 張本氏は8日に放送されたTBS系「サンデーモーニング」に出演。東京五輪のボクシング女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈に言及した際に「女性でも殴り合いが好きな人いるんだね」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技、好きな人がいるんだ」などとコメントした。

 日本ボクシング連盟の内田貞信会長(47)は同番組に抗議文を送ったことを明かした上で「私も大好きな番組でよく見ている。ボクシングを愛している方々のため、女性のボクサーのためにも誤解されたくないと思って抗議文を出した。(張本氏に)もう少し理解を持って見ていただきたいと思っている」と説明。

 続けて「入江選手にしても(女子フライ級銅メダルの)並木(月海)選手にしても、礼儀正しく気配りできる人格を持った選手。誰に対しても模範となるような女性ですので、ボクシングへの理解をしていただいてサンデーモーニングさん、張本さんにはスポーツの楽しさや価値観を伝えていただけるように要望したい」と切実に訴えた。

 これにより、加速するのがサンモニの打ち切り説だ。毎回、平均世帯視聴率15%前後の人気番組だが、TBS内では危うい立場に立たされている。「世帯、個人視聴率とも良いのですが、問題となっているのはコア視聴率。これがかなり悪い。現在、TBSはもちろんテレビ局はコア視聴率を最重要指標としている。サンモニも世間的には高視聴率というイメージですが、局内では何度も打ち切りがささやかれているのです」(TBS関係者)

 コア視聴率とは子供から49歳までの男女が対象。広告効果が高い層とされている。「サンモニの主な視聴者層は高齢者なので、コアが上がる気配は全くない。今回だけではなく、さまざまな問題を起こしており、早ければ来春の改編期で終わってもおかしくない」(同)

 ここ最近、長寿番組が終わっているのは、コア視聴率の低さが大きな原因。サンモニも同じ道をたどるのか。


83f06_28_d97a54ad_71b6668a
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か


金メダルを獲得した侍ジャパンの稲葉篤紀監督(49)は8日の会見で「素晴らしい選手たちと野球がやれて幸せだった」と語った。メジャーリーガーが参加しない6カ国での大会。「勝って当たり前」といわれる中、5連勝で悲願の金メダルをもぎ取った。「これで少しでも野球をやってくれる人が増えてくれれば」と指揮官。そんな大会で株を上げた選手、下げた選手は誰か。ナ・リーグのあるスカウトがこう明かす。

「まずは千賀滉大(28=ソフトバンク)です。今年4月に左足首の靱帯を損傷して離脱していましたが、予選の米国戦で2回を投げて5奪三振無失点の好投。同じ米国との決勝でも159キロを出して1回無失点だったので安心しました。開幕投手を務めて準決勝の韓国戦でも先発した山本由伸(22=オリックス)はまだ若く、メジャー挑戦は当分先だろうけど、今回の投手の中で注目度はナンバーワンでした。4番の鈴木誠也(26=広島)は準決勝まで1安打と苦しみながらも、予選の米国戦で打った場外に飛び出しそうな特大弾は衝撃的だった。決勝で2安打したし、貴重な四球も選んでいた。右翼の守備力、強肩も含め、評価は変わらない。来オフか今オフか、ポスティングが認められた時の準備は進めている。

日本以外では、米国の主砲オースティン(29=DeNA)は打率・4割以上(.417、2本塁打、7打点)の活躍で打者の中で最も目立っていた。ドミニカ共和国のエース左腕メルセデス(27=巨人)は日本戦で好投。3位決定戦でもリリーフとしてチームを3位に導き、評価を上げました」

メジャー球団は菅野の獲得に消極的

逆に株を下げたのは誰か。

「予選の米国戦で4回途中でKOされた田中将大(32=楽天)は、結局この1試合の登板で終わってしまい、不完全燃焼だったでしょうね。注目された大舞台であの投球では、このオフのメジャー復帰は難しいかもしれない。もうひとりは菅野智之(31=巨人)です。今季は右肘の故障もあって調子が上がらないみたいだし、五輪で状態を確かめたかったのに代表を辞退した。今季中に海外FA権を取るし、今オフの目玉候補ではあるけど、正直なところ、メジャー球団は菅野の獲得について消極的になりつつあります」(前出のスカウト)

青柳晃洋(27=阪神)は中継ぎとして2試合で5失点。五輪防御率27.00と完全に自信を喪失した。阪神では前半戦8勝2敗、防御率1.79のエース格として首位の原動力になっていただけに、後半戦で立て直せるかが懸念材料である。「代表辞退組」でも“得”をしたのは、左第十肋骨骨折からの復帰を目指す中川皓太(27=巨人)ではないか。五輪に出られなかったのは残念だろうが、約1カ月半のリハビリ期間を使い、9日に打撃投手ができるまでに回復した。この間の公式戦はほとんど休止中だった。今季は32試合で2勝2敗1セーブ、防御率3.52。巨人の絶対的セットアッパーだけに、原監督はほくそ笑んでいるに違いない。
日刊ゲンダイ
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か - ライブドアニュース (livedoor.com)

de05a_1110_20210810_144833071u
柔道金メダルのウルフ・アロン 母から「調子に乗るな」とクギを刺される

東京五輪・柔道男子100キロ級で金メダルを獲得したウルフ アロン選手が10日、地元の東京・葛飾区長を表敬訪問。五輪後、実家に帰ると母から「おめでとう」と祝福される一方で「調子に乗るなよ」とクギを刺されたことを笑顔で報告しました。

東京五輪・柔道男子100キロ級で、日本勢としては2000年シドニー大会の井上康生さん(現・日本男子代表監督)以来、21年ぶりの金メダルを獲得したウルフ アロン選手。10日、地元の東京・葛飾区長を表敬訪問し、メダル獲得の喜びを報告しました。金メダルを獲得したウルフ選手は五輪後、実家に帰ると「(母から)おめでとうの言葉はあったんですけど、その後に『これからもっと注目されるんだから、今まで以上に行動に気をつけなさい。調子に乗るなよ』と言われた。だから僕も『調子乗るな』と返しました」と笑顔でコメントしました。
全文以下
柔道金メダルのウルフ・アロン 母から「調子に乗るな」とクギを刺される - ライブドアニュース (livedoor.com)

日テレNEWS24

【芸能】ボクシング金・入江聖奈 タレント性抜群で芸能界に争奪戦勃発か

1
 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/09(月) 07:29:46.11 ID:CAP_USER9.net

8/8(日) 10:02配信
FRIDAY

史上初、女子ボクシングで金メダルを獲得した入江聖奈選手。そのキャラクターは芸能界からも熱視線だ

東京オリンピック「女子ボクシング」フェザー級で、女子史上初の金メダルに輝いた入江聖奈。その強さだけでなく、試合前に見せる笑顔などの“可愛らしさ”も注目された。

「大の“カエル好き”を公言するなど、個性的なキャラクターが大ウケ。また、試合中にレフリーに注意されると、きちんとお辞儀するなど、その礼儀正しさは世界から称賛を浴びましたね」(スポーツ紙記者)

オリンピック前まで知名度はそれほどでもなかったが、

「どの事務所さんも欲しいと思っているんじゃないですか」

と話すのは、ある大手芸能プロダクションのマネージャー。今大会、金メダリストがたくさん誕生したが、入江選手には特に注目が集まっているという。

「やっぱりあの笑顔と会見中に楽しそうに話すキャラクターがいいですよね。“強さ”だけでなく“愛らしさ”と礼儀正しさが備わっている。お茶の間のウケは抜群ですから、すぐにテレビ番組などから声がかかるでしょうね」(前出・芸能プロマネージャー)

現在、入江は日体大の3年生。次のオリンピックで連覇も狙える年齢だが、大学卒業後はボクシングから引退することを公言している。

「卒業後はカエルに関わる仕事やゲーム関連に就職したいとおっしゃっていましたが、是非とも芸能界で勝負して欲しいですね。鳥取県立米子西高校の先輩であるイモトアヤコのように、世界中に珍しいカエルを捕まえにいく番組なんか面白いじゃないですか。

それ以上に芸能プロダクションがアスリートを欲しがるのは、やはりCMオファーが多いということ。入江さんは金メダリストですし、1本3000万円は固いでしょうね」
(別の芸能プロ関係者)

スポーツ選手の持つ努力や清廉性という印象を、自社の企業イメージに重ね合わせたいという会社は多い。だが、最近はそのイメージだけでなく、アスリート特有のタレント性にも注目が集まっているという。

「元スポーツ選手というとCMや講演会などがメインですが、最近はバラエティー番組などでも需要が多いんです。それは女子サッカーの丸山桂里奈さんやレスリングの浜口京子さんの影響が大きい。

芸人さんにはないリアクションが、制作サイドとしては新鮮なんでしょうね。その意味では、入江さんもいいものを持っている感じがするんです。ブレイクは間違いないんじゃないですか」
(テレビ局関係者)

開会式直前の辞任劇や河村たかし名古屋市長の「金メダル噛みつき」問題など、何かと“負の話題”が多い東京五輪。だが、入江選手のようなニューヒーローが誕生するのも、オリンピックの醍醐味だろう。

果たして、彼女は芸能界でも金メダルを獲ることはできるのか。それとも…。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3912668664dad6db92ed691e10013c4c328d93dc


このページのトップヘ