トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

違和感

【芸能】『四千頭身』が消えた!? 正月ネタ特番で見かけなかった真相とは… 


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/10(月) 12:44:30.37

2022.01.10 11:00
まいじつ 

最近あまり聞かなくなってきた〝お笑い第7世代〟という言葉。それと共に〝第7世代〟筆頭だったお笑いトリオ『四千頭身』も消えたと心配されている。

『霜降り明星』『ハナコ』『3時のヒロイン』などの人気者にくっついて大ブレークを果たし、〝第7世代〟の中でも特に女性人気が高かった「四千頭身」。しかし「霜降り」らが安定してテレビに出続けているのに対して、「四千頭身」は消えかけているとの指摘が多数上がっている。特にそれを思わせたのは、年末年始のお笑い特番だった。

さまざまな人気芸人が大集結して、各局を飛び回った年末年始だが、「四千頭身」の姿はあまり見られなかったのだ。視聴者の一部もこの違和感に気付いたようで

《最近、お笑い第七世代で四千頭身完全に消えたな。年明けのネタ番組でも全然見かけんやん》
《年越しから年明け、ずっとBGM代わりにお笑い番組観てたけど、もしかして四千頭身ってマジで消えた?》
《ベストワン見てたら そういや最近 四千頭身を見ないなあと ネタ番組に出てないって消えたんか》
《四千頭身ってテレビから消えたな》
《年末年始一度も四千頭身を見ることが無かった》

といった声が上がっている。


北海道に飛ばされていた『四千頭身』

「結論から言いますと、『四千頭身』は実は正月特番に出ていました。『2022年新春! ニッポンふるさとリレー』というNHKの番組で、極寒の北海道で裸になって温泉ロケをしていたのです。一応出演はあったのですが、売れっ子は都内でテレビ局をハシゴして生放送に出まくっているのに対して、『四千頭身』は北海道まで行って、ちょっとしたロケコーナーを担当するだけ。これでは確かに『消えた』と感じてしまう人も多いでしょう」(芸能記者)


「四千頭身」のロケを見た視聴者からも《正月にクソ寒い北海道で秘湯に入らされてかわいそう しかもあんま誰が見てるかわかんないテレビで》といった声が上がっている。

しかしネタの評価がすこぶる低いだけに、ネタ番組に出るよりは良い選択だったかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/326414


【芸能】ユースケ・サンタマリア「ずっと改名したかった」 28年経っても違和感 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/05(金) 13:57:02.88

11/4(木) 11:30
AERA dot.

ユースケ・サンタマリア「ずっと改名したかった」 28年経っても違和感〈週刊朝日〉
ユースケ・サンタマリア [撮影/写真部・高橋奈緒、ヘアメイク/池田真希、スタイリング/藤本大輔(tas)]
 ドラマや映画、舞台、バラエティーと幅広く活躍するユースケ・サンタマリアさん。芸名の誕生秘話や役者を主軸に活動する理由などを明*。

「元ミュージシャンですよね?」と言われることがある。1990年代の前半、大分から上京したユースケさんは、最初、ラテンロックバンドBINGO BONGOのボーカルとして、芸能活動をスタートさせた。「サンタマリア」という芸名はそのときの名残だ。

「ひょんなことからバンドを組むことになって、でも当時の僕はラテンの楽曲なんて興味もなければ、歌ったこともなかった。事務所の人から、『本名が地味すぎるから、カタカナの芸名にしようと思う。“ティト”“ゴンザレス”“サンタマリア”なら、どれがいい?』って聞かれたので、『その3択ならサンタマリアですかね』って答えたら、そのまま28年ぐらい経っちゃって(苦笑)。いまだにこの名前には違和感あります」

 90年代といえば、音楽業界やテレビドラマはメガヒットが量産されていた時期だ。ユースケさんは、バンドのボーカル時代に、今のK-POPブームを先取りしたような深夜の音楽番組「アジアNビート」の司会を2年間務めた。

「マネジャーから、『音楽番組の司会が決まりましたよ!』と言われて、制作会社に連れていかれたので、てっきりスタッフさんとの顔合わせだと思って、『よろしくお願いします!』『頑張ります!』とやる気を見せたら、それがオーディションだった。その怖いもの知らずの感じが受けたのか、司会に抜擢されたんです。当時は、怒られた記憶しかないですね。ラテンバンドのボーカルということで、わけもわからず陽気なキャラクターを演じていました」

 音楽の世界に足を踏み入れてはみたものの、音楽一本でやっていける自信はなかった。すると今度は、日テレの深夜ドラマで主演が決まった。

「すごく実験的な枠だったんですが、なんとなく、芝居もやれるんじゃないかという根拠のない自信はあった。自分のイメージには届かなかったけれど、周りのスタッフさんが、『本当に初めて?』『これがオンエアされたら各局のドラマから引っ張りだこになるよ』とおだてられて。そのときは無知の強みで、満更でもなかったんです。でも、そこから1年ぐらいはオファーがなかった。そうしたら、当時のマネジャーが突然、『フジテレビのドラマが決まったぞ』と」

 それが、後に映画化もされて社会現象を巻き起こした「踊る大捜査線」の真下正義役だった。

「ただ、これには後日談があるんです。マネジャーが『決まった』と言ったとき、実際に決まっていたのは僕がオーディションに参加することだけだった。僕は、普通に顔合わせのノリで、『お願いします!』『頑張ります!』ってやる気満々で挨拶した。後になってプロデューサーの亀山(千広)さんは、『こんなにやる気を見せているやつを落としたら、可哀想だと思ったから同情枠で採用した。(芝居が)ダメだったら、途中で殉職させればいいんだから』と話していましたね」

 そのオーディションのとき、フジテレビ側のスタッフから、「ところで、本当にこの名前でいいの?」と質問された。
>>2へ

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/148967cedd9955fb148995921e7188cdf3e30c8a



(出典 mo-mo-town.com)
【女優】高橋メアリージュン 当たり前になったマスク着用ルールに違和感「マスクって強制だっけ?と不思議に」


1 muffin ★ :2021/08/31(火) 18:08:26.38

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/08/31/kiji/20210831s00041000438000c.html

 女優の高橋メアリージュン(33)が31日までに自身のインスタグラムを更新。マスク着用ルールに対する“心配事”をつづった。

 赤ちゃんが自身のマスクをずらすように見える1枚の写真をアップし、「心配な事があります」と切り出したメアリージュン。「最近いたる所で見かける『マスク装着してない方は入店できません』『マスクは鼻までしっかりと覆って下さい』。当たり前になっているマスク装着」とマスク着用ルールについて触れ、「でも皮膚が過敏症の方だったり、呼吸が浅くて他の体調不良を引き起こしてしまう事実、私も知らない他の不具合があると思います。私も正直、鼻までマスクを覆うと酸欠状態になって頭痛になったり苦しくなるのでなるべく鼻は出しています。すると『鼻まで覆って下さい』と注意される事もあります」とつづった。

 「あれ?マスクって強制だっけ?と不思議に思うわけです。でもそれも言えない空気になっています。『じゃあお店に入らなければ良い』という意見がもしも出たとして、皮膚が過敏な方、酸素不足で体調悪くなってしまう方達(誰がなってもおかしくない)はお店に入れない。制限がかかる。そんな世の中ってどうなんですか?と違和感を感じるんですね」と疑問を呈した。

 「みんなの健康を守るという優しい目的がズレてしまってないかな?と思うんです」と続け、「マスクするなとは言いません。マスク反対派でもないです。私もしてるし。予防できる事もあるでしょう。ただ、選ぶ権利は守られてほしい。マスクする事によって体調を崩しては元も子もない。大人が作った空気で 国内のコロナ感染で死亡率がほぼ0%と言われている子供たちが今からマスク漬けで他の病気になってしまわないかも心配です」と記した。

 「ご飯中に友達とお話もできない。表情もよめない。親に『マスクしなくていいよ』と言われても、『マスクしてないといじめられるから』と付ける子供達がいると聞きました。こんな暑い中でも 私たちが目指してる、生きたい世界ってそんな世界でしたっけ? 分断じゃなくて、マスクする人もマスクしない人も守られてほしい」と訴えた。

 さらに「それは他の事にも同じように思います」とも。「人としての選択の自由、権利、意志が守られる優しい世の中でありますように 【みんなやってるからと前にならえをする優等生よりも、目の前で困ってる人に手を差しのべられる人が優しい世の中を築く】」とつづった。

 さらに「追記」として「でもマナー良くお願いします。(接客されるお店の事情もある事を想像しながら)誰かを責めたりするんじゃなくて。尊重し合いたい。優しい選択をしたい それはマスクをする事でも強要しない事でもそれぞれの優しさで コロナでの死者も出てほしくないし マスクを外せない事が原因での死者も出てほしくない。もちろん他の事が原因でも」と思いをつづった。


【指原莉乃】激変に心配の声「顔パンパン…」「どうしたの?」


NO.9796704 2021/08/30 19:56
指原莉乃の激変に心配の声「顔パンパン…」「どうしたの?」顔が明らかにおかしい。むくんでいるし、二重まぶたも
指原莉乃の激変に心配の声「顔パンパン…」「どうしたの?」顔が明らかにおかしい。むくんでいるし、二重まぶたも
8月26日に、トークバラエティー『トークィーンズ』(フジテレビ系)が放送された。ネット上ではトーク内容よりも、指原莉乃の〝顔〟に注目が集まっている。

この番組には、今やバラエティーで見ない日はないほど引っ張りだこの女性タレントが一堂に集結。最強女性軍団である〝トークィーンズ〟が男性ゲストの素顔をあぶり出していく。指原のほか、いとうあさこ、若槻千夏、朝日奈央、ファーストサマーウイカ、生見愛瑠(めるる)、『3時のヒロイン』、フワちゃんなどが出演。ゲストに中居正広、東京五輪の男子卓球代表・水谷隼、DJ松永(『Creepy Nuts』)などが呼ばれた。

ネット上で話題になっているのは指原の顔。いつものように顔面超美白メークなのだが、心なしか顔がむくんでいるように見え、目もいつもよりパッチリしているように感じられる。

■パタリと止まった自撮り投稿が意味するもの…
番組放送中には、視聴者からも

《指原また顔変わってる。かわいくなったあたりでやめとけばよかったのに》
《指原の二重に違和感。 顔もパンパンじゃない?》
《指原なんか顔パンパンじゃない?》
《あら!? なんか指原… 顔…むくんでる? それとも…》
《指原顔どうしたの?》
《指原の顔が明らかにおかしい。顔の状態がむくんでいるし、二重まぶたも厚すぎて変だし、肌が汚いし髪型が全然似合ってないし…。整形ではなさそうだが、体調が悪そうなのはよく分かる。今日の指原のメークさんどうした?》

など違和感を訴える声が殺到していた。

【日時】2021年08月30日 10:38
【ソース】まいじつ
【関連掲示板】

指原 莉乃(さしはら りの、1992年〈平成4年〉11月21日 - )は、日本のタレント、プロデューサー。女性アイドルグループ・『=LOVE』と『≠ME』のプロデューサーを務める。女性アイドルグループ・AKB48およびHKT48、STU48の元メンバーであり、AKB48の派生ユニット・Not
114キロバイト (15,705 語) - 2021年8月30日 (月) 16:47





(出典 img.fumumu.net)
【芸能】佐藤二朗、“演技派俳優”に「演技のプロが俳優…俳優をバカにした表現」

佐藤二朗(52)が、肩書を紹介する際に使われる“演技派俳優”という表現に違和感を示し、「俳優をバカにした表現」と憤った。

佐藤は17日、ツイッターを更新。「以前、テレビである俳優さんを紹介するのに『演技派俳優』とのテロップ。正直ここまできたかと思った」と、テレビ番組で見かけた表現に言及し、「演技のプロが俳優なんだよ」と自身の考えを示した。

続けて、自身が監督した映画「はるヲうるひと」や、NHKで放送中の主演ドラマ「ひきこもり先生」、映画「ザ・ファブル *ない*屋」など、自身の携わる作品を挙げ、「どうか全部観てください。『演技派俳優』という表現が、いかに俳優をバカにした表現が痛切に分かるはずです」と呼びかけた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3de0ebc0a424a55b1edf76302a6c9e61b4dfb038


このページのトップヘ