トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

過去

【芸能】EXIT兼近大樹が連続強盗事件ルフィとの過去に初めて言及



1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/29(日) 22:06:58.80ID:ez40Pxv39
2023年1月29日 21:52

  お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹が29日、インターネット上を騒がせている件について初めて言及した。

 この日、トークライブ「EXIT陰パリトーク~お前らとの交流~Vol.22」を生配信。その中で「ちょっといいですか」と切り出した。10年以上前に兼近が逮捕された札幌での窃盗事件(兼近は不起訴)では、連続強盗事件の指示役「ルフィ」とされる渡辺優樹容疑者も逮捕されていた。これがインターネット上で大騒ぎになっている。

 直接、ルフィなどの文言は口にしなかったものの「もともとそういう場所にいたので。それはもう4年前に、もともと出ていることなんでアレですけど…。ちょっと皆さんにも悲しい思いをさせているかなと思って、改めてその、ご迷惑をおかけしていますということを伝えさせていただきたいなと思いまして。本当、すいません、その件に関しては」とファンを悲しませていることを謝罪した。
 兼近は2019年にテレビ番組で、過去に窃盗事件で逮捕されたことを告白していた。もちろん今回の事件とは一切関係ないが、あれから4年がたち、まさかこのような形で再びクローズアップされるとは本人も思ってもいなかっただろう。

「皆さんがもし、誹謗中傷とか嫌なものを見て、悲しいなと思った時は、あの、別に本人はそんなに気にしていないよっていう。気にしなきゃいけないことでもあるんですけど、まぁどうしようもないことというか。これから僕がどうしていくかということなんで。それはもう、この先もずっと、ふざけ続けて皆さんを笑わせていこうと思っているので。そこら辺は皆さんはあんまり傷つかないようにっていうか…そこだけは伝えたいなということで」とファンに話した。

東スポWEB
https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/252420


(出典 pbs.twimg.com)
【テレビ】ドランク塚地、山下清役を潰されかけた過去を暴露「ほぼアウト」オードリー春日も驚き


1 湛然 ★ :2021/10/29(金) 05:39:29.67

ドランク塚地、『はねトび』スタッフに山下清役を潰されかけた過去を暴露「ほぼアウト」オードリー春日も驚き
2021年10月28日 19時0分 リアルライブ
https://news.livedoor.com/article/detail/21103261/


 10月27日放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)に、ドランクドラゴンが出演した。そこで塚地武雅が、あの名物ドラマの大役を『はねるのトびら』(フジテレビ系)のスタッフに潰されかけた過去を暴露した。

 塚地は2007年9月、35歳の時に『裸の大将放浪記』(関西テレビ制作・フジテレビ系)の山下清役に大抜擢される。このドラマは、芦屋雁之助さんが長年に渡って同役を演じてきた。だが、塚地は「その入口すらちゃんとさせてもらえなかった」と振り返る。

 ドラマ出演に備え、塚地は頭を坊主にするなど役作りに力を入れていたが、それが『はねトび』でイジられることに。塚地は「芸人が役作りのためにそんなことするんだとイジられた」と振り返り、その後に相方の鈴木拓がスキンヘッドで現れる。鈴木は「お笑いのために坊主にしたみたいな」と振り返る通り、これは塚地を煽るものだった。塚地は「『このままでいいんですか?』とイジられて、眉毛を全剃りするって企画内容だったの」と振り返り、オードリーの若林正恭も「むちゃくちゃですね」と引き気味だった。これには、ネット上で「後先考えてない感じがすごい」「やっぱり2000年代初めのバラエティ番組ってどうかしてた」といった声が聞かれた。

 塚地はそのまま眉毛を剃ったが、『はねトび』スタッフからは「ケツを拭く」と言われていたのに、番宣を期待してスタジオ見学に来ていたドラマのスタッフには「塚地が勝手にやった」と伝えられてしまったという。

 塚地は「そこから特殊メイクじゃないけど、貼り付ける眉毛を作って、次の日にあらゆる角度から透けて見えないようにカメラテストをした。それでOKじゃなかったら、『この話は無しです』と言われた」エピソードを暴露。オードリーの春日俊彰も「危ないというかほぼアウト。ギリギリセーフ」と驚きの様子だった。
 これには、ネット上で「裸の大将やれなかったら塚地どうなっていたんだろう」

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)



(出典 www.sponichi.co.jp)



1 あかみ ★ :2021/10/15(金) 13:45:35.35

 テレビ東京の池谷実悠アナウンサー(25)が14日、オンラインで行われた『~夢のオーディションバラエティー~ Dreamer Z』(24日放送開始 毎週日曜 後9:00)の取材会に出席した。これがバラエティー初登板となる池谷アナは、番組MCを務める木梨憲武(59)から過去に欅坂46のオーディションに受けていたことを暴露され、赤面を浮かべた。

 若い“Z世代”に向けたオーディション番組だが、収録後に行われた取材会でも、還暦目前の木梨のしゃべりがさえた。「(収録中に池谷アナに)オーディションに行ったことある?と聞いたら、『ある』」と明かし、「これもう発表しちゃったらいいんじゃないですか?」とテンション上昇。「どちらのオーディションに行ったんでしたっけ?」とふると、池谷アナは「欅坂46…」と観念した。


 さらに木梨から「今ここにいるということは…」と突っ込まれ、「残念ながら…と言うと語弊がありますけども(落選しました)」と苦笑いの池谷アナ。「オーディション番組をやる側にまわって、どうですか?」と聞かれると、「同じZ世代の人が人生をかけているところを見ると、自分も頑張ろうと。昔の自分を見ている気分…」とはにかみ、オーディション参加者にエールを送っていた。

 伝説のオーディション番組『ASAYAN』枠のDNAを受け継ぐ新番組では、芸能プロダクション「LDH JAPAN」による史上最大規模のオーディション「iCON Z」の密着や、TikTokをいかした弾き語りシンガーの発掘、さらに同局深夜ドラマの主演オーディションなど、多彩な才能を見いだしていく。

https://www.oricon.co.jp/news/2210169/



(出典 binetsu.net)
 【パンティ】高木毅 新国対委員長に「女性下着泥棒」の過去 被害者の妹らが明かした「合鍵を作って侵入」「手には白い手袋をはめて」 


1 ネトウヨ ★ :2021/10/05(火) 16:58:18.19

https://news.yahoo.co.jp/articles/553973b2fa907b0a4138679221cd4a1b8b4ecc33
姉の部屋で箪笥の中とかを物色し

 新総裁に選ばれた岸田文雄氏(64)は党役員や閣僚人事を進めており、野党との国会折衝の要・国会対策委員長に高木毅元復興相が就任した。高木氏には過去、女性宅に侵入し、女性モノの下着を盗んだ過去がある。地元・福井で知らない人はいないというその実態について振り返っておこう。

 第3次安倍改造内閣で復興・原発事故再生総括担当大臣に就任した高木毅衆院議員が以前、下着泥棒に入った一軒家は、福井県敦賀市内の住宅街の一画にある。

 その家を訪ねると、高齢の女性が出てきて、

「何も知りません」

 そう繰り返すばかりだったが、近所に住む彼女の娘さんは、こちらが拍子抜けするほどあっさり事実関係を認めたのである。

――昔、あなたのお宅に下着泥棒が入ったという話を調べているのですが、その時の犯人は、高木氏ということで間違いない? 

「はい。被害者は私の姉です。近所のおばさんが、〝家の斜め前に車を停めて中に入っていく人を見たけど、知り合いか? 〟って。通報したのは私だったかな。警察の人が来て、指紋とか取って。でも、教えてくれた近所のおばさんが車のナンバーを控えとってくれたんで、すぐにやったのは高木さんやと分かった。家に上がり込み、姉の部屋で箪笥の中とかを物色し、帰って行ったようです」

合鍵を勝手に作って侵入

 今から30年ほど前に起こった出来事だ。当時、下着を盗まれた女性は20代、高木氏は30歳前後だった。氏は20代半ばまでに高校の同級生と結婚している。つまり、彼が事件を起こしたのは結婚後ということになる。

 ちなみに高木氏の父親、故高木孝一氏は敦賀市議を2期、福井県議を4期務め、福井県議会議長を経て、1979年から95年まで敦賀市長を4期16年務めた、地元政界の〝ドン〟だった。事件があったのは、敦賀市長を務めていた時期だ。

 息子の毅氏は地元の敦賀高校を卒業した後、東京の青山学院大に進学。卒業後は敦賀に戻り、父親が設立した会社「高木商事」で働いていた。晴れて国会議員になるのは、事件を起こした十数年後のことである。

 被害者の妹が話を続ける。

「当時、姉は(金融関係の)窓口業務をしとった。そこに高木さんは客として来て、姉は一方的に気に入られとった。だから、やったのが高木さんと分かると、姉は〝いややわー。家まで来とったんやー〟と言っていました」

 さらに、高木氏の、家への侵入方法が実に悪質で、

「合鍵を勝手に作っとったんです。田舎やから、無防備に小屋にカギ置いといたりするでしょ。それをいつの間にか持っていって、自分のカギを作っとったみたい。それにしても、どうして勝手に家に上がり込んだりするのか。急に家の人が帰ってきたら、とか思わんかったんかな……」(同)

父親の市長が頭を下げてきた…

 無論、高木氏の行為が犯罪であることは言うまでもないが、少なくともこの件は「立件」されていない。

「姉が〝騒がんといてくれ。勤め先にも迷惑かけたくない〟って。父は〝(高木氏の父親の)市長も頭下げてきた〟〝敦賀でお世話になっとるし〟と言ってて、それで、示談っていうか……。それにしてもあんな人が大臣にまでなって、不思議やなーと思います」(同)

 これら一連の経緯について高木氏に取材を申し込んだが、締め切りまでに回答は寄せられなかった――。

「高木さんについては、政治家になって以来、ずっと〝ある噂〟が囁かれ続けてきた。それは、〝高木さんは過去に女性の下着を盗んだことがある〟という噂で、彼の地元・敦賀や彼の周辺では知らぬ者がいないほど有名な話だったのです」

 と、永田町関係者。

「その高木さんが大臣になったものだから、まず、噂を知っている関係者が騒ぎ出した。〝高木といえばパンツだぞ。大丈夫か? 〟とか、〝下着ドロボーを大臣にするとは、官邸の身体検査はどうなっているんだ〟と。で、内閣改造後、噂は爆発的に永田町じゅうに広まり、〝高木=パンツ〟という奇妙な図式が定着してしまったのです」

 もっとも、永田町じゅうで囁き声が聞かれたその時点では真偽不明の噂話に過ぎず、過去、誰もその噂話の〝ウラ取り〟をきっちり行った者はいない。あるいは、真偽を確かめようとして失敗してきた。

 そこで以下、噂話の出所を探り、真偽を突き止めるまでの経緯に沿って、「下着ドロボー情報」の詳細をご紹介していきたい。


(出典  かわいいフリー素材集 いらすとや)
 【池袋暴走】飯塚幸三 禁錮5年判決で勲章「剥奪」 上級国民から平民へ


1 ネトウヨ ★ :2021/09/03(金) 07:51:41.29 ID:+5Hmpv+a9.net

 2019年に起きた池袋暴走事故で自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の罪に問われた旧通産省工業技術院の元院長・飯塚幸三被告(90)は、〝上級国民〟から転落する? 2日に東京地裁で開かれた判決公判で禁錮5年(求刑禁錮7年)が言い渡された飯塚被告は、過去に勲章を受章した経歴もあって〝上級国民〟と言われることが多かったが、禁錮3年以上の実刑が確定すると勲章ははく奪されるというのだ。

【写真】亡くなった真菜さんと3歳・莉子ちゃん
 これまでの公判を通じて飯塚被告は一貫して無罪を主張し、車の不具合を事故原因として訴えていたが、判決では「車に異常は認められず、故障をうかがわせる事情も一切認められない」と退けた。また飯塚被告が約10秒間にわたってブレーキと間違えてアクセルを踏み続け、最大時速約96キロまで加速させた過失が原因と裁判所に認定された。

 求刑は禁錮7年だったが、「過失は悪質だが、酒気帯び運転などの運転行為に伴うものではない」と禁錮5年が相当とした。

 下津健司裁判長は判決を読み上げた後、被告に向かって「判決に納得するなら、責任と過失を認め、遺族に真摯に謝っていただきたい」と述べると、飯塚被告はうなずいた。

 公判後、事故で妻の真菜さんと娘の莉子ちゃんを亡くした松永拓也さんは記者会見を行い「判決の瞬間、涙が出てきた。これで命が戻ってくるならどんなにいいかと虚しさもあった。でも、判決は前を向いて生きていくきっかけにはなる」と語った。

 松永さんはブログを通じて飯塚被告に対し「一審の判決が出たら、もう辞めにしませんか」とメッセージを送っていた。改めてこの日、「加害者が無罪主張をしたり、控訴したりすることは権利ですので尊重していることが大前提です」としながらも、「人と争っている私は2人が愛してくれた私ではない。あとは被告人が決めることだが、(控訴)してほしくない」と話した。

 飯塚被告が控訴するかどうかに加え、注目されているのが勲章がはく奪されるかどうかだ。飯塚被告は2015年、瑞宝重光章という勲章を受章している。これが〝上級国民〟と呼ばれる一因となったのだが、明治時代に制定された「勲章褫奪(ちだつ)令」という勅令によると、禁錮3年以上の実刑が確定した場合は勲章がはく奪されることになっている。もし控訴せずに禁錮5年の判決が確定すれば、瑞宝重光章を失うわけだ。

 ただ飯塚被告が控訴して、最終的に最高裁まで引っ張ることになったら、いつまで裁判が続くことになるのか?

 法曹関係者は「仮に控訴審となっても1回で結審するのではないか。最高裁まで行くにしても、来年中には終わるでしょう」と指摘する。ネットでは「控訴した場合、刑の確定まで長引くのではないか」と心配する声もあるが、実際は刑が確定するまでそれほど時間がかかるわけではなさそうだ。

 また、たとえ控訴しても、判決の内容もさほど変わらなさそうだという。被害者遺族の弁護士は「控訴となっても判決はおそらくひっくり返らないのではないか」と会見で指摘していた。

 前出の法曹関係者は「たとえ飯塚被告が最初から罪を認めて謝罪していたとしても、執行猶予がつかない実刑だったと思われます。2人が亡くなっているということもありますが、最近は踏み間違いは執行猶予がつかない傾向にあります。どうやっても実刑だったでしょう」と解説した。

 このままいけば、来年中には〝勲章はく奪〟となりそうだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2dc9b6bbb801d219639bd610985cf3a08096dedc


このページのトップヘ