トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

逆風

【芸能】アンジャ渡部、アンタ柴田の違い 逆風が追い風になる日はいつになるか・・・


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/03/01(火) 07:16:08.26

3/1(火) 5:15配信
東スポWeb

仕事をえり好みする渡部建(左)と自らの努力ではい上がった柴田英嗣(東スポWeb)

 芸能活動を再開したお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(49)への逆風がやまない。お笑い芸人・千原ジュニアが定期的に開催しているトークライブへの参加をオファーしたが、渡部サイドが断っていたことも判明。仕事を選ぶ渡部に業界からの反発は強く、同じく女性問題で芸能活動休止から復活した「アンタッチャブル」柴田英嗣のような覚悟を求める声が上がっている――。

 渡部は冠番組「白黒アンジャッシュ」(千葉テレビ)のMCに復帰したが、ネット局の一つだった「TOKYO MX」は、渡部が復帰した放送回を待たずに同番組の放送を終了。視聴者の反発もいまだ大きく、逆風にさらされたままだ。

「白黒――」で復帰した際は反省しきりだった渡部だが、その裏では仕事をえり好みする態度は変わらない。千原ジュニアは20日放送のネット番組「ABEMA的ニュースショー」に出演した際に、渡部にトークライブ「千原トーク」へのオファーをしたが、断られたことを明かした。

 ジュニアは「オレはどっかね、芸人やったら覚悟決めて来いよと。(相方の)せいじと2人で土下座させてボロクソやるけどな。俺と(渡部の相方の)児嶋(一哉)君で」と苦言を呈す場面もあった。

 芸人仲間からの〝助け船〟すらスルーする渡部には、業界からも辛らつな意見が出ている。

「渡部が所属する人力舎でなく、吉本のジュニアさんが復帰を手助けしようとしているのに断るなんて、ミスジャッジでしかないですよ。キー局に復帰したければ、吉本絡みの仕事にハマることが最も近道。地方局で後輩芸人と絡むより、よっぽど、タレント業にはプラスなんですが」(お笑い事務所関係者)

 そこで比較されるのが、かつて女性問題で休業していたアンタッチャブル柴田だ。渡部には「柴田を見習い、プライドを捨てて、一から出直せ」という意見も届いているという。

 柴田はかつて交際していた女性との関係がこじれ、警察まで巻き込む大騒動となった。事件性はなかったが、先代の事務所社長が「オレに任せておけ。秘策がある。とりあえず休業しろ」と指示。言われたとおり芸能活動を休止した柴田だったが、先代社長が急逝した。結局秘策は実行されないまま、休業だけが続く形となった。結果として「休業がイメージ悪化につながり、しばらくテレビ復帰できなかった」(前出関係者)。渡部と同じく「女性問題で休業」という状況だったわけだ。

 ところが、そこから柴田は芸人らしく、自らの努力ではい上がった。

「柴田は『何でもやります!』と仕事を選ばずにとにかくガムシャラにやりきった。特に過酷だったのが、多摩川の草を食べて生活するロケ。柴田も『さすがにきつかった…』とぼやいていたそうだが、多摩川の野草を食べて飢えをしのぎ、多摩川の水を煮沸してノドの渇きを潤した。その評判が業界関係者に伝わり、オファーが増えた」(前同)。まさに一から出直したのだ。

 この関係者は「それでも相方・ザキヤマとのコンビ復活は長い年月を要した。柴田とザキヤマの間で『お互い、同じようなレベルで仕事ができるようになったら』という取り決めがあったから。今回のアンジャッシュ復活はそれと比べるととても生ぬるい」と手厳しい。

 渡部も草を食べるぐらいの根性を見せれば、逆風も弱まりそうだが…。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc4f804b283d58b18a801b13b0a77d0637d83f97

【東京五輪】スポーツメーカーも苦境「苦情の電話は来ていますよ」 

1 :爆笑ゴリラ ★:2021/07/18(日) 17:08:34.67 ID:CAP_USER9.net ?2BP(0)
https://img.5ch.net/ico/nida.gif
7/18(日) 16:06
東スポWeb

【東京五輪】スポーツメーカーも苦境「苦情の電話は来ていますよ」 
開幕秒読みにもかかわらず逆風は強まる一方…
 東京五輪の開幕まで5日となった中、アスリートたちをサポートするスポーツメーカーが苦境に立たされている。

 本来であれば、五輪はアスリートに自社製品を使用してもらい、性能や魅力をアピールする格好の場。しかし、新型コロナウイルス禍で1年延期となった東京五輪への風当たりは強く、反対デモが頻発するなど開幕直前になっても中止を求める意見が出ている。

 東京五輪のスポンサー企業の間では「あえて目立たないようにしている。『スポンサーはあざといな』とか言われてしまうから」との声も聞かれるが、スポーツメーカーの商品はいわばアスリートの戦友だ。当然、露出を減らすことはできない。

 そのため、あるスポーツメーカーの関係者は「うちは(商品を)隠そうと思っても隠せない」と頭を抱えた上で「やっぱり苦情の電話は来ていますよ」と顔をしかめた。

 さらに、東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長が「多くのキークライアント(スポンサー)が来場できなくなる」と説明しているように、各スポーツメーカーの来場者数も大幅に制限される。同関係者は「五輪の開幕が間近なのに、マーケティング部の人たちもどこまで現場に行けるかまだ決まっていないと不満をのぞかせた。

五輪貴族への厚遇ぶりが際立つ東京五輪。もはやいったい、誰のための祭典なのだろか…。


https://news.yahoo.co.jp/articles/8af2e13ce24c979b8fb9d59fb9ccc9942db493b5

このページのトップヘ