トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

退社

【芸能】片瀬那奈のSNSが終了 テレビ各局「最高レベル警戒」で復帰絶望 
1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/04(月) 15:59:44.31

10/4(月) 5:15
東スポWeb

片瀬那奈SNS全削除で〝存在抹消〟 テレビ各局「最高レベル警戒」で復帰絶望
片瀬那奈(東スポWeb)
 9月30日をもって大手芸能事務所「研音」から退社した女優・片瀬那奈(39)の公式SNSが予告通り、10月に入って閲覧できない状態となった。跡形もなく、在籍していたという痕跡が消されてしまった形だ。片瀬自身は犯罪をしたわけではないのだが、特にコンプライアンスに厳しいテレビ界では最高レベルの警戒態勢だという。

 研音は片瀬退社の報告の中で「つきましては9月30日をもちまして、片瀬那奈オフィシャルサイト(PC、モバイル共通)、公式SNSを終了させて頂きます」としていた。その文言通り、公式インスタグラム、ツイッター、ブログなどはすべて抹消されてしまった。

〝きれいなおねえさん〟としてブレークした片瀬に暗雲が垂れ込めたのは一昨年のこと。妹のようにかわいがってきた沢尻エリカが薬物事件で逮捕された。さらに今年7月、交際相手で同棲生活を送る会社社長が麻薬取締法違反(コカイン所持)の容疑で逮捕、さらに同棲していた自宅も家宅捜索され、片瀬自身も任意で尿検査を受けて陰性だったと報じられた。片瀬の説明を受けて、研音は一度は家宅捜索と尿検査を否定するも、翌週に撤回した。「片瀬は事実上の解雇ということ」(芸能関係者)

 今後はフリーとなるが、現状ではとてもまともな芸能活動はできそうにない。自身の周辺で起きた薬物事件、研音退社となったせいで、業界内の警戒度は最高レベルに設定されているからだ。「テレビ局の間では、それこそクスリで有罪になった芸能人と同じ扱いと言っていい。それぐらい警戒されている。今後オファーが来ることはまずない」とはテレビ局関係者。今後の片瀬は――。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e167af1c886f2c343a28c67becf3ed2c6623d55d
★1 2021/10/04(月) 11:34:45.73
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1633314885/



(出典 encount.press)

【芸能】森カンナが結婚「嬉しい気持ちでいっぱい」お相手はバスケ日本代表・馬場雄大 事務所退所も発表

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/01(木) 10:44:53.59 ID:CAP_USER9.net

7/1(木) 10:42
スポニチアネックス

森カンナが結婚「嬉しい気持ちでいっぱい」お相手はバスケ日本代表・馬場雄大 事務所退所も発表
結婚したことを発表した森カンナ(左)とバスケとボール日本代表の馬場雄大
 女優の森カンナ(33)が1日、自身のインスタグラムで、バスケットボール男子日本代表の馬場雄大(25=メルボルン・ユナイテッド)と結婚したことを発表した。

 森は直筆のメッセージで「この度、森カンナはバスケットボール選手の馬場雄大さんと入籍した事を御報告させていただきます」と報告。「人の人生に寄り添うということ、結婚とはなんぞやと、今はまだ分からない私ですが、世界が大きく変わってしまった今、いつも心穏やかに笑う彼が隣にいると思うと、私はなんだか強く生きていける気がして、家族ができるとはこういうことなのかと、嬉しい気持ちでいっぱいです」とつづった。

 馬場も自身のインスタグラムを更新。「この度、私、馬場雄大は、俳優 森カンナさんと結婚する運びとなりました」と発表。「一人の男として只々身が引き締まる思いです。こんなにも愛に溢れた彼女と人生を共に歩んでいけることにとても幸せを感じています。そしてこれまで以上に、バスケットボールに対しても全力で向き合い、感謝を忘れず、夢に向かってひたすらに突き進んでいけたらと思います」とつづった。

 さらに、森は所属のSMAを退社し、本名の森カンナとして活動していくことも報告。「何が起こるか分からないこの時代で自分自身がしっかりと地に足をつけ 人生を歩んでいくために、独立し、責任をもって表現の世界で生きようと思いました。私のこの決断を理解し、応援して下さるSMAの皆様に心から感謝いたします」などと記した。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/c3440e847a20096eb9843093e84030eb51e755e7



(出典 geitopi.com)

【芸能】永山瑛太、パパドゥから独立し個人事務所設立 所属20年で決断「生き抜いていくために」

 俳優の永山瑛太(38)が20年間所属した芸能事務所・パパドゥを3月末で退社することが25日、発表された。今後は個人事務所を設立して活動していく。

 同事務所によると、パパドゥに所属して20年の節目ということもあり、今後の活動について双方で話し合った結果、今後は個人で活動していくという決断に至った。昨年夏頃から準備を進め、このタイミングで心機一転の再出発。円満退社であり、今後もパパドゥとしては「応援していく所存」とした。

 同日、永山の公式サイトでは、本人から下記のコメントが発表された。

この度、私、永山瑛太は、20年間所属していた株式会社パパドゥを退社する事になりました。
私がここまで俳優を続けてこられたのも、応援してくださった方々、パパドゥのスタッフの方々に支えられてきたからです。
強い愛で、仕事への活力をもらい、私の足りない部分を支えていただきました。
一言では感謝しきれない想いでいます。

これから先、大変な世の中を生き抜いていくために、自分自身が一人でしっかりと地に足をつけ、責任を持った1人の人間として仕事を全うするため、独立という形をとる決意をしました。
これまで、そしてこれから、お仕事をしていく皆さま方にも新たなる気持ちで仕事を創作出来るよう、日々誠心誠意、尽力していく所存でございます。

2021年3月25日
永山瑛太


 また、パパドゥも「この度、永山瑛太は2021年3月31日をもちまして、弊社との専属契約を満了し、円満に退社する事になりました」と報告。「新たな挑戦をしたいという想いのもと、独立という道を選んだ永山瑛太への変わらぬご声援と共に、更なるご指導ご鞭撻をいただけますよう心よりお願い申し上げます」と呼びかけている。

 永山はモデルとして活動後、2001年10月、ドラマ『さよなら、小津先生』で俳優デビュー。以降、「瑛太」名義でドラマ『のだめカンタービレ』『ラスト・フレンズ』『ヴォイス~命なき者の声~』や、映画『余命1ヶ月の花嫁』『なくもんか』など様々な作品に出演している。20年1月、瑛太から現名称に改名した。妻は歌手の木村カエラ(36)。

 今年4月からは、TBS系ドラマ『リコカツ』(毎週金曜 後10:00)に、主演・北川景子の夫・緒原紘一役で出演することが決定している。

 なお、実弟で俳優の永山絢斗(32)は引き続きパパドゥに所属し、活動を続ける。

オリコン

https://news.yahoo.co.jp/articles/e5ec21cc6ee8ec5055f633c6075aaa917d486275

(出典 www9.nhk.or.jp)



(出典 contents.oricon.co.jp)

ワンオク・佐藤健・神木隆之介、アミューズから3月末で独立 新会社立ち上げを発表 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/16(火) 20:02:54.25

3/16(火) 20:00
オリコン

ワンオク・佐藤健・神木隆之介、アミューズから3月末で独立 新会社立ち上げを発表
(上段)ONE OK ROCK、(下段左から)佐藤健、神木隆之介 (C)ORICON NewS inc.

 ロックバンドのONE OK ROCK、俳優の佐藤健(31)、神木隆之介(27)が、所属していた芸能事務所・アミューズを3月末で退社することが16日、発表された。今後、ONE OK ROCKは海外での活動を中心に据えるべく自身の会社「株式会社10969(読み:ワンオーナインシックスナイン)」を設立し、佐藤と神木はアミューズも出資する新会社「株式会社Co-LaVo(読み:こらぼ)」を立ち上げ活動していく。

 アミューズの公式サイトでは「この度、ONEOK ROCK、佐藤、神木降之介は、新時代に向かって新しいチャレンジをする為、2021年4月1日より、弊社から独立し活動していくこととなりました。彼らと一緒に歩んできた10年以上もの間、長きにわたり支えてくださっている皆様に、改めて厚く御礼申し上げます」と報告。

 ONE OK ROCKについては「かねてよりチャレンジを続けてきました海外での活動に重心をかけ、その動きを加速させていくに、ONE OKROCK自身の事務所を構え、より大きなステージに挑んで参ります」とし、佐藤と神木に関しては、「これまでの活動・経験をもとに、弊社も資本に参加する新会社において、俳優としての活動は勿論、新たなチャレンジをしながら、更なる飛躍を目指して活動して参ります」と伝えている。

 アミューズによると、「10969」はONE OK ROCKのチーフマネージャーが、「Co-LaVo」は同社の取締役・千葉伸大氏がそれぞれ代表に就任。「10969」ではアミューズがソリューション面(ファンクラブ業務、海外ツアーアレンジ、グッズ販売など)でサポートを続け、「Co-LaVo」はアミューズも出資し、同社会長の大里洋吉氏も相談役として参加する。佐藤の公式サイトは、4月以降で新会社のサイトを立ち上げる予定となっており、佐藤と神木のSNS、YouTubeはそのまま継続される。

 ONE OK ROCKは4月と6月に公開される映画『るろうに剣心』の主題歌を担当することが決定し、現在はレコーディング中。佐藤はその『るろうに剣心』で主演を務め、神木も4月期ドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系)や、映画『100日間生きたワニ』への出演が決まっており、人気を極める3組がそろって巣立ち、新天地で飛躍を遂げることとなる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ce57627835d0f63f40a4388a9c3335e3fcb15aca






(出典 static.chunichi.co.jp)
【芸能】オリラジ中田が相方・藤森を“道連れ独立”のウラに、吉本が見限った「個人活動」  


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/06(水) 20:58:14.90 ID:CAP_USER9.net BE:544962953-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

1/6(水) 17:01配信
週刊女性PRIME

オリエンタルラジオ・中田敦彦、藤森慎吾

 昨年末をもって人気コンビのオリエンタルラジオが吉本興業を退社。フリーで活動していくことが発表された。

【写真】オリラジ中田が福田萌とブランド店で子どもの服選び

「12月28日に2人のYouTubeで公開された動画でも話していたように、中田敦彦さんは2018年からテレビの仕事を減らし、YouTubeの活動へシフト。周囲にも近いうちに吉本を辞める意向であることを話していただけに、これといった驚きはなかったですね」(吉本関係者)

 しかし、相方の藤森慎吾は中田の独立を受けて急きょ退社を決めたとあり、業界中が驚いたようだ。

「ごくわずかな人にしか独立の相談はしていなかったため発表で知った芸人仲間がほとんど。今はエージェント契約にしている芸人も多いだけに彼が独立を選んだのが意外でした」(テレビ局関係者)

 現在、藤森は6本のレギュラー番組を抱えているが、独立後も続投することが決まっている。これまで大手事務所から独立した芸能人は、たとえ円満退社であっても番組を降板するケースが多かった。それだけに少し意外な気もするが、今後も圧力を受けずに活動できそうだ。

「昨年の9月下旬、吉本興業はリモートで契約に関する説明会を開催。“移籍や独立をしても、圧力をかけるようなことはない”といった内容の誓約書を作成して、全所属タレントにサインをさせています。吉本は地方自治体との仕事が多いこともあり、闇営業問題でイメージダウンしてしまった信用を回復するほうが先決と考えているようです」(同・テレビ局関係者)

ギャラの配分に異論を唱えた
 独立の決定打は、中田の“個人活動”だという。

「YouTubeやオンラインサロンを開始する際、“事務所に頼らないかわりに、収益はすべて自分が受け取る。内容にもいっさい口出しをしない”という条件で、吉本を説得してスタートさせています」(前出・吉本関係者)

 仮に動画制作にノータッチだったとしても、所属タレントが問題を起こした場合は事務所側もリスクを負うことになる。そのため、通常は吉本側が収益の2割を取ることになっているというが……。

「中田さんは“何もしていない事務所が、ギャラの一部をもらうのはおかしい”と、強引に自分の条件をのませたそう」(広告代理店関係者)

 吉本としても、中田が所属していることのメリットを見いだせなくなっていたのだ。

「ここ最近は吉本を通しての仕事をしていない状態だったため、中田さんが所属していても利益にならないんですよ。さらに逮捕歴のある田口淳之介さんなど、あまり関わってほしくない人物とのコラボを行っているのも事務所は快く思っていなかったとか。だから独立には反対しなかったそうです。藤森さんは俳優業も増えるなど期待していただけに、独立を残念がっていましたね」(前出・吉本関係者)

 オリラジの退社理由が契約内容によるものなのか、吉本に確認するも、

「契約に関することについては、回答を差し控えます」

 才能ある2人なら、事務所の力がなくても“武勇伝”を作っていけるはず。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c7df1522165ffb712b3d933920ffbdf3fd29276


【【芸能】“道連れ独立”のウラに、吉本が見限った「個人活動」】の続きを読む

このページのトップヘ