トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

転身

saito_yuuki3

【引退!斎藤佑樹】囁かれるスポーツキャスターへの転身...現役時代から視野に?

「今シーズン限りでの引退を決断いたしました。ご期待に沿うような成績を残すことができませんでしたが、最後まで応援してくださったファンの方々、本当にありがとうございました」

こうコメントしたのは、日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手(33)だ。斎藤は球団の公式サイトで、10月1日に現役引退を発表。さらに「約11年間、北海道日本ハムファイターズで最高の仲間とプレーすることができて幸せでした」とも記している。

早稲田実業学校高等部、3年生の夏。斎藤投手は甲子園でエースとして活躍し、決勝では田中将大投手(32・現在は東北楽天ゴールデンイーグルスに所属)擁する駒澤大学附属苫小牧高等学校と対決。そして見事、チームを優勝に導いた。

この大会で斎藤は青色のハンカチで汗をぬぐう姿が話題となり、「ハンカチ王子」の愛称で親しまれることに。ハンカチ王子ブームは社会現象となり、’06年の流行語大賞トップ10にもノミネートされた。

一躍ときのひととなった斎藤は、07年に早稲田大学に入学。そして卒業後は、ドラフト1位で日ハムに入団し、プロとして華々しいスタートダッシュを切った。

「しかし、徐々に活躍に翳りが。’12年11月に右肩の関節唇損傷との診断を受け、’13年から’17年の5年間はわずか4勝。さらに’18年と’19年は2年連続で未勝利という結果に。ここ2年は1軍への登板がなく、昨年10月には右肘の靱帯が断裂していることも判明しました」(スポーツ紙記者)

‘19年10月には早稲田大学で同期だった盟友の大石達也投手(32)が引退を決意した。その翌年1月、斎藤は『Number Web』の取材で「大石が引退すると聞いたときはより一層、緊張感が高まりました」と述べている。仲間の引退にふれ、自身の引き際を改めて考える機会になったのかもしれない。

■「僕にとって野球は人生の相棒であり、先生だから」

プロとしてなかなか結果を残すことのできない斎藤に対して、世論からはときに厳しい声も上がった。それでも彼は、こう話していた。

「いろんな声が入ってきますけど、ただそれは考えてもしょうがないこと。自分ではコントロール出来ないことなので。だから、自分がやらなくちゃいけないことをちゃんとやることが、ファイターズに対して果たさなくちゃいけない僕の責任だと思う。そこに言い訳は、あまりしたくないという感じですね」(’20年12月『日刊スポーツ』)

さらに、今年4月には『FRIDAY DIGITAL』で「どれだけツラいことがあっても、どれだけ叩かれても、野球は嫌いになれないですね。ずっと野球とともに成長してきたし、これからも関わっていくつもりです。僕にとって野球は人生の相棒であり、先生だから」と“野球と添い遂げる覚悟”を語っていた。

■スポーツキャスターになる可能性が。テレビ業界ともたびたび接触

それでは引退後、どのような進路を斎藤は描いているのだろうか?

「球団側は華々しく入団させたこともあり、『それなりのポストを用意する』との考えもあるといいます。ただ斎藤さん自身は、いっときテレビ業界を中心に他分野の人たちと頻繁に接触していた時期が。そのためスポーツキャスターへの転身が囁かれています」(テレビ局関係者)

プレイヤーから、メディアで語る側に。その華麗なる転身に、業界も協力を示しているという。

「テレビ朝日の『熱闘甲子園』でMCを務めていた長島三奈さん(53)は、斎藤さんと今でも交流があるといいます。また日本テレビの番組『news zero』では、スタッフが彼を懇意にしています。斉藤さんは誕生日前後に、番組スタッフらと一緒にいる姿が目撃されたこともあるそうです。

彼は寡黙なイメージですが、話してみると饒舌。会話のセンスもあります。そのため『スポーツキャスターに向いているのでは』といわれた際に、本人も乗り気を見せたそうです」
(前出・テレビ局関係者)

引退発表の当日、会見で「自分が今まで育った環境に恩返しがしたいなと思います。これからいろいろと相談しながら考えたいなと思います」と話した斎藤。“次のマウンド”で活躍する日も近いかもしれない。


(出典 image.news.livedoor.com)
https://news.livedoor.com/article/detail/20961741/


渡部建、芸能界完全引退説が浮上! 調理師や食品衛生責任者を勉強中 豊富な人脈を生かし飲食業界へ転身か


1 牛丼 ★ :2021/09/28(火) 14:27:42.41

 多目的トイレ内での不倫スキャンダルをすっぱ抜かれ、芸能活動の自粛を余儀なくされたお笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建(49)に引退話が囁かれている。

■飲食業界の人脈も豊富

 そうした事情も関係してか、実は芸能界引退を口にしたのは他ならぬ渡部本人だったという。

「経済的には問題ない。一時期、囁かれていた佐々木との不仲話も完全に修復出来たそうです。現在は、調理師や食品衛生責任者の資格を取るべく準備をしている。なんでも自分で飲食店を開くべく準備をしているとか。なんだかんだ言ってもいまだに飲食業界の人脈は豊富でその気になればタニマチも集まるそうです」(さる芸能関係者)

 一方で、一部関係者からユーチューブへの進出が噂されていたが、「バッシングを警戒し、そっち方面はしばらく選択肢には入っていないようです」(放送作家)。

 生き馬の目を抜く芸能界で渡部に居場所はなし。セカンドライフに注力したほうが賢明か。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d15bf62a2dfb5a848f2473552328f3bba7eddf3a



(出典 d35omnrtvqomev.cloudfront.net)

【芸能】石橋貴明の稼ぎは黄金期の3倍 それでも“ぼっちYouTuber”化の哀しき晩年

 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/31(水) 09:27:30.51


3/31(水) 9:06配信
日刊ゲンダイDIGITAL

フトコロとココロの潤いは違うのね(C)日刊ゲンダイ

 YouTuberに転身したと思ったら瞬く間に100万人以上の登録者数を記録したとんねるずの石橋貴明(59)。

「現在130万人以上のチャンネル登録者数を抱えています。驚くのは収入ですよ。テレビのゴールデン&プライム帯で活躍している当時の3倍以上も稼いでいるというんです」(芸能関係者)

 誰もが想像もしていなかった結果に得意満面と思いきや、最近の石橋はすこぶる元気がないという。理由は地上波テレビで唯一のレギュラー冠番組だった「石橋、薪を焚べる」(フジテレビ系)が3月23日の放送を最後に打ち切られたから。その結果、石橋の活躍の場は公式YouTube番組「貴ちゃんねるず」のみとなってしまった。

「収入には困らないだろうが、なんだかんだ言っても石橋はテレビの申し子のような芸人です。『石橋、薪を焚べる』の終了に伴い“とんねるず”や石橋貴明の名前はテレビ番組編成表で見つけることはもはや不可能になってしまいました」(放送作家)

 YouTuberとしても成功を収めた石橋だが、やはり主戦場は地上派という気持ちが強く、いまだに28年間以上も続いたかつての冠番組「みなさんのおかげでした」(フジ系)の楽しかった思い出の日々を引きずっているという。

「『みなさんのおかげでした』は常に100以上のスタッフが動き、おぎやはぎやバナナマン、カンニング竹山らお気に入りの芸人に囲まれロケや収録自体がそのまま趣味になっていたんです。でもいまはスタッフは数人のみ。話し相手はディレクターのマッコイ斎藤だけですからね」(前出の放送作家)

「みなおか」は、視聴率低迷と制作費の高騰が原因で3年前に打ち切りになったが、フジが代替番組として用意した深夜の『石橋貴明のたいむとんねる』も2年持たずに終了。そんな石橋にとって心のよりどころが「石橋、薪を焚べる」だったのだ。

「深夜帯といいながらも石橋は自分の人脈を生かし、テレビには出ないようなその道の達人をキャスティングするなど制作にも協力を惜しまなかったんです。予算のない番組であることを理解していて、一時はノーギャラでもOKだと語っていたそうです。YouTuberとして大成功を収めましたが、本音はテレビ番組に出たい。基本、寂しがり屋ですからね。テレビ局はネットに押されているとはいえ、いまだに多くのスタッフであふれている。あの雰囲気が忘れられないようです」(制作関係者)

■テレビ局は“塩対応”

 しかしながら、石橋の切実なるラブコールにテレビ局は“塩対応”のようだ。

「正直、厳しいですね。最盛期の石橋の武勇伝がいろいろな意味であだになっているんです。ギャラもバカ高いし、悪いイメージしかない。年末年始の某局のとんねるずの特番も打ち切りの方針が決まったそうです。『石橋さんはそのままYouTubeで頑張って』というのがテレビマンの大方の本音ですよ」(編成関係者)

 還暦目前にしてテレビ界からNGを食らった石橋。厳しい現実を突き付けられている。


https://news.yahoo.co.jp/articles/50df1ddaea52ab10a3ca1301b0db1e3052097071



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
【芸能】加藤浩次の狂犬らしからぬ堅実ぶり 実は繁盛店のオーナー「渡部以上のグルメ通」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/16(火) 06:49:54.82 ID:CAP_USER9.net

3/16(火) 5:15配信
東スポWeb

加藤浩次(左)と渡部建

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」加藤浩次(51)は〝渡部化〟で生き残る――。吉本興業とのエージェント契約が3月末で終了。今後の不安は尽きないが、まさかの〝グルメ実業家〟への転身がささやかれている。すでに飲食店オーナーとして実績を持ち、ここ数年の加速するグルメ通ぶりは、「アンジャッシュ・渡部建以上」と評判だ。

 3月末で吉本との専属エージェント契約が終了する加藤の行く末に注目が集まっている。

 自身が司会を務める情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で10日、吉本側からの申し出で契約解除に至ったことを明かし、「ちょっと僕もビックリしている」などと動揺を隠し切れなかった。それでも翌11日、毎日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」では一変。「(独立が)4月からと思ったとき『よし、一からやるか!』と、しっかり全部やっていこうという気落ちになった」と心機一転、再出発へ前を向いた。

 司会を務めていた「この差って何ですか?」(TBS系)が2日に終了し、同じく司会の「スーパーサッカー」(同)も28日に終了する。2年前の闇営業問題に端を発した〝加藤の乱〟に対する、〝粛清〟との見方も浮上している。

 日テレ系「スッキリ」、TBS系の「がっちりマンデー11」「人生最高レストラン」の3番組は継続するが、吉本という後ろ盾がなくなり、今秋の改編期に正念場を迎えるとの観測も。加藤はどれだけ自身が視聴率を稼げるか、真の実力が試される。


 仮に地上波のオファーがなくなったらどうするのか…。実は加藤は知る人ぞ知る芸能界きっての〝グルメ通〟なのだという。

「激戦区といわれる東京・中目黒で、加藤は15年以上前にジンギスカン専門店『成吉思汗 ふじや』をオープン。オーナーとして内装から上質な肉の入手ルートまで開拓し、屈指の人気店へと押し上げた。当時から『芸能界で食べていけなくなったら…』と考えて店を手掛けた経緯もあり、本格的に飲食業界に進出する道が考えられる」(芸能プロ関係者)

 同店には芸能界やテレビ局の関係者らが足しげく通っており、吉本上層部にも噛みつき〝狂犬〟と呼ばれた姿からは想像できない、オシャレでキメ細かい気遣いができる店ということで、デートにも使用されているという。

「近くに清水アキラさんが手掛ける人気の飲食店もあり、加藤さんの経営手腕を認めていた話も聞いてますね」と前出の芸能プロ関係者は明*。

 さらに、加藤の〝グルメ通〟に箔をつけたのが、MCを務める「人生最高のレストラン」だ。食の話題から芸能人を中心にしたゲストの人生を深堀りするグルメトーク番組で、加藤は前MCのチュートリアル・徳井義実が活動自粛した代役として、19年12月から新MCを務めている。

「グルメトークバラエティーのレギュラーMCは初だったが、グルメの知識をどんどん吸収している。自前のラーメン作りにハマるなど料理をすることもあり、予約の難しい店も自ら電話して足を運ぶ。芸能人のグルメ通といえば、かつては渡部でしたが、食べる専門で料理をしなかった。加藤さんの方が〝本物のグルメ通〟かもしれない」(前同)

 同番組で培ったグルメ人脈なども加味すれば、飲食業界に本格進出しても成功は間違いなしか。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/39f8e858f38b18b3ceb20c128a098fecf025c154


このページのトップヘ