トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

超える


1 どどん ★ :2022/01/05(水) 14:04:25.90

 大阪の吉村知事は記者会見で、新型コロナウイルスのきょうの感染者数が200人を超える見通しであることを明らかにした。(ANNニュース)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0279822a526988b1a26e99ee768c8abeecd8495b



1 少考さん ★ :2022/01/05(水) 07:05:09.70

英、1日の感染20万人超える
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022010500182&g=int

2022年01月05日06時57分

【ロンドン時事】新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」がまん延する英国で4日、初めて1日当たりの感染者数が20万人を超えた。英国ではオミクロン株の影響で、先月中旬ごろから感染者が急増しており、医療現場では警戒が強まっている。

4日に明らかにされた過去24時間の感染者数は、21万8000人以上に達した。ただ、この数字には年始の連休中に報告されなかった分が含まれている。



(出典 blogimg.goo.ne.jp)
 人気洋菓子店で「やりがい搾取」、残業100時間超が常態化…超過分未払いも(読売)


1 蚤の市 ★ :2021/11/03(水) 09:10:27.84

 人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」の運営会社(兵庫県三田市)が、社員らに「過労死ライン」を超える月100時間超の時間外労働をさせていたとして、今年までの3年間に2度にわたって、伊丹労働基準監督署から労働基準法違反で是正勧告を受けていたことがわかった。1度目の勧告を受けた後、改善していなかった。労基署は長時間労働が常態化していたとみている。

洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」(兵庫県三田市で)
 勧告は1月14日付と2018年1月15日付。

 同社の説明によると、同社は、労使の合意に基づき、時間外労働を「月100時間未満」と定めていた。しかし、18年の是正勧告で、製造や販売などに携わる社員ら約100人のうち、半数超の55人が100時間を超える時間外労働をしていたと認定された。その後も改善しなかったとして、今年1月に2度目の是正勧告を受けたという。

 また、同社では、社員ごとに労働時間を定め、固定残業代を支払った上で、所定の労働時間を超えた分を別に支払う仕組みだった。しかし、一部の社員に超過分を払っていなかったという。

 同社広報室は取材に事実関係を認め、「1度目の勧告の後、担当した社員が退職し、是正勧告について社内で共有されなかった。今は改善している」と釈明。2度目の勧告に対する改善報告書を現在作成中で、労使協定の内容を見直し、未払い残業代について、労基法に基づき、過去2年分を今後支払うとしている。


 同社は、1990年代にテレビのコンテスト番組で活躍した代表取締役の小山進氏(57)が、99年に有限会社として設立。2011年に株式会社化された。小山氏は、世界的なチョコレートの品評会で最高位に輝いたこともある有名パティシエで、ロールケーキ「小山ロール」で知られる。三田市にある店舗のほか、ネットでも販売している。

 同社によると、現在の社員と契約社員は計約110人。19年8月期の売上額は約20億円だったが、コロナ禍で20年8月期は約1割落ち込んだという。

 小山氏は「手作りへのこだわりが評価され、魅力を感じてやる気のある人材が集まっていた。だからといって法律に違反していいわけではなく、反省している。今後働き方の改善を進める」と話した。

 ◆ 時間外労働 =労働基準法で定められた「1日8時間週40時間」を超えた労働。労使協定(36協定)を締結すれば「月45時間、年360時間」を上限に認められ、労使が特別条項に合意した場合、年6か月以内に限り「月100時間未満」まで延長できる。ただし、年間720時間を超えてはならない。厚生労働省は、脳や心臓の病気で過労死として労災認定される目安を「発症前1か月に時間外労働がおおむね100時間」としており、「過労死ライン」と呼ばれる。

「パティシエ次々辞める」
 「若いパティシエが使い捨てのように扱われ、次々辞めている」。従業員の一人が、読売新聞の取材に同社の労働実態を打ち明けた。

 同社の製造部門では「 LINEライン 」のグループチャットで、出退勤時刻を管理職と共有する仕組みだった。従業員のLINEの履歴によると、従業員は昨年のクリスマス前、午前4時頃から午後9時頃まで働くこともあった。3日しか休みがない月や、時間外労働が200時間を超える月もあり、月の時間外労働が300時間を超える人もいたという。

 従業員は「みんな疲弊していたが、会社は『嫌ならやめればいい』という雰囲気で、声を上げられなかった」と言い、心身の調子を崩して入社後数か月で退職する社員もいたという。

 従業員は「みんな小山さんに憧れて入社した。ボロボロになっていく姿を見るのはつらい」と訴えた。

「一人前になるまでは修業」の意識根強く
 総合サポートユニオン(東京)の池田一慶執行委員の話「社員の意欲を利用して、長時間労働やサービス残業をさせる行為は『やりがい搾取』と呼ばれる。飲食業界は、労使ともに『一人前になるまでは修業』という意識が根強く、違法労働が横行している恐れがある。長時間労働は命にかかわり、意識を変えるべきだ」

読売新聞 2021/11/03 09:00
https://www.yomiuri.co.jp/national/20211103-OYT1T50061/


【北海道】出頭要請160回以上「スルー」、24歳男逮捕 オービスの写真「人形ではないか」と否認


1 haru ★ :2021/09/30(木) 23:02:23.14

160回を超える警察からの呼び出しに応じず、24歳の男がスピード違反容疑で逮捕されました。

福岡市に住む24歳の男は、2018年11月に北海道南部の長万部町の国道で法定速度を37キロ超える97キロで軽乗用車を運転した疑いで逮捕されました。

警察によりますと、男は当時札幌に住んでいましたが就職のため福岡市に引っ越していて、
地元の警察署に出頭した際スピード違反が測定されたオービスの写真を見て「これは人形ではないか」と容疑を否認したということです。


その後も警察は異例の160回以上にわたり男に出頭を求める電話をかけましたが、男はこれに応じず逮捕されました。
現在は「間違いない」と容疑を認めているということです。


2021/09/28(火) 19:45
https://www.htb.co.jp/news/archives_13298.html



【芸能】竹原慎二のYouTube再生回数がエグい! 800万、700万再生をたて続けに超えることも… 伝説の番組『ガチンコ』風の企画が大人気


1 jinjin ★ :2021/08/15(日) 13:44:13.28

伝説の番組『ガ*!』復活!?
竹原慎二のYouTube再生回数がエグい



「じゃあの」でおなじみの元プロボクサー・竹原慎二が、YouTubeで好再生記録を叩き出していると話題だ。

竹原は今年5月、再スタートと題してチャンネルの内容をリニューアル。
ユーチューバーやケンカ自慢の素人を招き、スパーリングで対決する動画をメインに据えた。


初回のケンカ自慢ヤンキーとのスパーリング企画は、なんと858万回再生という驚異的な数字を記録。
続く素人とのスパーリング動画も736万回再生と、爆発的な再生回数を叩き出している。



その後は、那須川天心や井上尚弥といったプロボクサーのインタビュー動画もアップされたが、こちらは100万回再生以下とあまり奮わず。
しかし、それでも数十万回と充分に好調な数字で、その景気の良さがうかがえる。


竹原のボディブローに素人が耐えられるのかを検証した動画も、160万回超えの人気動画に。
YouTubeという舞台ゆえか、炎上格闘家ユーチューバー・シバターとのスパーリング対決は3日で400万回再生を突破。
一回の爆発力には凄まじいものが秘められている。




ネット上には予想だにしない書き込みが!

芸能人・文化人・人気YouTubeでも、数百万回の再生数を記録できるのはごくわずか。
特に、800万、700万をたて続けに超えた5月の数字には、大きな称賛に値するものがあるだろう。


ネット上でも、この好調さは

《ガ*の焼き直しでこんな稼げるんか》
《すげぇ 令和にガ*がうけるとは》
《朝倉もやけど格闘技系ユーチューバーはやっぱ稼げるんやな》
《こういうプロが素人をシメるみたいなのっていつでもウケるよな》
《普通にトップユーチューバー並やん というかトップでもなかなかいないレベルやん》


とにわかに話題だ。


「竹原は20年以上前に放送された人気番組『ガ*!』(TBS系)で、不良少年をプロボクサーへと転身させる企画『ガ*ファイトクラブ』の講師を担当。腕っぷしに自身があるも素人に過ぎないヤンキー達にも手加減せず、超スパルタ指導で時には胸ぐらを掴み合う一触即発の厳しさを見せてきました。はっきり言って、現在のYouTubeでやっているのは、これの焼き直しのような企画に過ぎません。しかし、YouTubeのメイン視聴者である若い世代は昔のテレビを知らないため、こうした企画が逆に新鮮に見えて興奮をそそるのでしょう」(TV誌記者)


このまま人気を博していくと、業界そのものの勢力図が変わってくる可能性もあるだろう。
YouTubeの未来は、一体、どうなってしまうのか!?


https://myjitsu.jp/archives/297198


このページのトップヘ