トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

起用

 【芸能】浜田雅功の『出前館』CMを惜しむ声「ユーチューバーに変わって残念」



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/27(土) 18:17:31.80

2021.11.27 17:30
まいじつ 

11月から、宅配ポータルサイト『出前館』がユーチューバーのHIKAKINとはじめしゃちょーを起用した新CMを放送開始。ネット上では、これまで放送されていた『ダウンタウン』浜田雅功によるCMを惜しむ声が続出している。

「出前館」は2020年7月から浜田を起用したテレビCM『Demae-canの歌』を放送。内容は浜田が『スーダラ節』の替え歌で出前館の魅力を紹介するというもので、かなり好評だった。

「浜田を起用した『Demae-canの歌』の効果は凄まじく、放送直後に『出前館』の新規顧客数は大幅にアップしたそう。なんでも、このCMを制作するために、それまでメインだったWEB広告を半分に減らしたのだとか。同CMで『出前館』の存在を知ったという人も多いため、惜しむ人が多いようです」(芸能ライター)


新CMは不評? 浜田から抜け出せない『出前館』

HIKAKINとはじめしゃちょーバージョンのCMが放送されると、ネット上では、

《出前館のCMハマダいなくなって寂しい》
《浜田の出前館の歌って好きでもなかったんだが、いざ終わって出演者がユーチューバーになると、とても残念に感じる》
《浜田が降ろされたなら、出前館使うのも考えものだな》
《出前館のCMが浜田じゃなくなってつらい…。頼むから戻して》
《出前館のCMパンチ無くなったなー、浜ちゃんの方が全然よかったやん》
《広告でずっと出前館のCM流れてる…。浜ちゃんの流してくれ》

など悲しみの声が続出。ユーチューバーを起用しているため若い世代のウケは良いものの、物足りなさを感じている人も多いようだ。

浜田の相方である『ダウンタウン』松本人志も浜田版の「出前館」CMを惜しんでいるようで、11月21日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で「『出前館』は浜田が辞めたんで取らなくなりました」とコメント。意外なところでコンビ愛を見せつけていた。

浜田版の「出前館」CMは、一部地域でまだ放送されている様子。放送されなくなる前に、見納めしておきたいところだ。

https://myjitsu.jp/archives/317997



(出典 d1e0nou58doauk.cloudfront.net)

【視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第7シリーズも19・0% 貫禄のロケットスタート 瞬間最高は23・0%

1 ひかり ★ :2021/10/15(金) 09:07:50.22

 女優の米倉涼子(46)が主演するテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)が14日に15分拡大でスタートし、平均世帯視聴率が19・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。横並びトップの好スタートを切った。

 瞬間最高は午後10時6分に記録した23・0%だった。

 高視聴率を続けるドラマシリーズの第7弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは期間平均視聴率20%以上を叩き出し、19年に放送した前作、第6シリーズも初回世帯視聴率20・3%とロケットスタートを切り、期間平均18・5%と好調に推移。第1シリーズから全6シリーズを合わせた平均視聴率は20%超えている。

 シリーズ誕生から今年10年の節目で、100年に一度のパンデミックにより世界中で医療崩壊が起こる中、「私、失敗しないので」の決めゼリフとともに孤高の天才外科医・大門未知子が帰ってくる。今作では新型コロナ禍の医療現場をモデルに、前作から引き続き日本最高峰の東帝大学病院が舞台。東帝大では感染治療と内科が最優先。かつて花形だった外科は別棟の分院へと追いやられ、不要不急の外科手術は激減。感染危機と新たな権力が渦巻く病院内で、どんな困難にも自らの道を突き進む大門の姿を描く。

 主題歌は昨年10月に「うっせぇわ」でメジャーデビューし、大ブレークした顔を明かさずに活動している女性シンガーのAdo(18)の「阿修羅ちゃん」が起用された。

 キャストは米倉のほか、岸部一徳(74)、西田敏行(73)、内田有紀(45)、勝村政信(58)、遠藤憲一(60)らおなじみのメンバーが再集結。新キャストとして狂言師の野村萬斎(55)、女優の今田美桜(24)、杉田かおる(56)、要潤(40)らが加わった。

 初回には、モデルの冨永愛(39)、俳優の岡田将生(32)がゲスト出演した。

 初回は、海外で呼吸器外科医・一木蛍(岡田)と出会った未知子は帰国すると参議院議員・一橋由華(冨永)が主催するパーティーで一木に再会する。その直後、由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に、緊急オペを断行しようとするが、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村)が現れ…という展開だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6ec209ac34808b36c1636208bfaffe46dde57f5



(出典 www.tvlife.jp)
 【芸能】『千鳥』と『かまいたち』にはウンザリ!? 露出急増で嫌われコンビに…「もういらない」「見飽きた」



1 Anonymous ★ :2021/07/03(土) 21:28:20.47 ID:CAP_USER9.net

2021.07.03 10:32
https://myjitsu.jp/archives/290269

6月29日に『日刊スポーツ』が、人気番組『有吉反省会』(日本テレビ系)が9月いっぱいで終了すると報道。ネット上では悲しみの声が広がっているが、後番組を巡って、さまざまな意見が寄せられている。

「有吉反省会」は、2013年から放送されている有吉弘行が司会のトークバラエティー。安定した視聴率を誇っていたが、大物芸能人の起用や再現VTRの収録により、番組全体のコストが高額に。そのため秋の改編をもって、打ち切られるそうだ。

後番組は『かまいたち』と『千鳥』を起用した『千鳥VSかまいたち』が予定されているという。

千鳥&かまいたちにうんざり? 寄せられる厳しい声

この情報にネット上では、

《千鳥もかまいたちも好きだが、彼らのMCで回している番組は微妙に面白くない。イジられてる時の彼らの方が良い》
《またまた吉本芸人の番組が増えるんかい。かまいたちも千鳥も露出過多で見飽きた感が出てきてやしないか?》
《千鳥出し過ぎでしょ。千鳥とかまいたち出しとけばイイみたいな感じで、作成側が手を抜き過ぎだわ》
《後番組で、吉本の芸人がズラリなんてやめてくれよ。ますますTV離れが起きる。TVは視聴者の方を向いていない》
《テレビの傾向として千鳥に頼りがちだが、これは過大評価であり、もう少しキャスティングは考えた方がいいと思う》
《千鳥の番組ももういらないでしょ。彼らはヒットメーカーではなく単に居心地の良いパーソナリティーでしかないわけで。そういう作り方してるとますますテレビが飽きられますよ》


などと批判的な意見が多く見受けられた。
「『千鳥VSかまいたち』は、2021年1月24日から3月28日までの間、日本テレビ系で放送されていたバラエティー番組。日曜日の昼という時間帯でありながら、若者の支持を得ていました。今年頭ごろまでは支持を獲得していた『千鳥』と『かまいたち』ですが、半年の間にここまで嫌われてしまうとは本人たちも思ってなかったでしょうね」(芸能ライター)

テレビ業界も不景気なのか、昨今は長寿番組が次々と打ち切りに。「有吉反省会」の後番組は、生き残ることができるのだろうか…。


 (出典 www.news-postseven.com)


【芸能】宮迫博之はだから嫌われる…今度はボートレース広告塔の高額ギャラが波紋、吉本出戻りの可能性ゼロ

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/23(火) 10:07:38.97

3/23(火) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL

宮迫博之(C)日刊ゲンダイ

 ヤミ営業問題発覚から2年半……。ユーチューバーとして順調な宮迫博之(50)だが、今度は長崎県大村市のボートレース大村の広告塔に通常のギャラの20倍、2000万円で起用され、波乱が巻き起こっている。ネット上では「ヤミ芸人を広告塔にするのか」という起用側に対する批判のほか「宮迫自身が断るべき」という声も上がっている。

「そもそも“ヤミ営業”の対応がアウトやった。余興に呼ばれて謝礼ゼロなんてありえへん。『すみません、もらいました』と言えば、それ以上追及されなかったはず。それを年長者の宮迫が“全くもらってない”なんて平気で口裏合わせする考え方が問題」と言うのは吉本の関係者。

 先月10日、自身のユーチューブ番組で島田紳助(64)がゲリラ電話出演すると、再生回数300万回超えの神回に。ところが、ユーチューブでの紳助出演や“吉本に戻りたい芸人”と自己紹介している宮迫に対し、吉本の大崎洋会長からは「もう戻らんでええ」と突き放される始末。吉本との溝はますます深まっている。

「さんまさんの事務所に入れてもらって、“テレビで使ってください”とお披露目会まで開いてくれたのだから、ダマって待っていれば仕事が来るはずなのに勝手にユーチューブを始め、さんまさんの顔にも泥を塗った。さんまさんや紳助さんのような大御所に許可なしでやらかすような芸人は地上波では危なくて起用できない」(テレビ関係者)

「宮迫コラボ禁止令」も時間の問題か

島田紳助(左)と明石家さんま(C)日刊ゲンダイ

 カジサックら吉本芸人とのコラボは順調なようだが……。

「カジサックとのコラボはカジサック側が吉本に了承を得ているから実現しているだけ。宮迫からは連絡はないそうです。本人的には再生回数で返せているから“結果オーライ”どころか“俺のおかげ”だと思っている。吉本も今は大目に見ているけど、そろそろ“宮迫コラボ禁止令”が出るともっぱらです」(前出の吉本関係者)

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「田村亮さんが地上波に復活できたのは、相方の淳さんが逐一吉本に確認して進めているから。外部の人間が吉本の名前を利用していることは吉本的には不愉快なこと。ユーチューブを始めて1年以上になるのだから、もう吉本ネタから卒業すべきでは。宮迫さんは古巣に仁義を通さず、自ら復活の道を閉ざしているとしか思えません」

 自業自得か。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8110bc7d160ae56566e1cb523d853f1a35dfa0c

このページのトップヘ