トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

議論

【テレビ】長嶋一茂、少年野球の「盗塁禁止」検討に持論「ゼロから百にするのは違う」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/10(金) 11:51:45.98

12/10(金) 10:08
デイリースポーツ

長嶋一茂、少年野球の「盗塁禁止」検討に持論「ゼロから百にするのは違う」
 
 元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂が10日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に出演。少年野球で「盗塁禁止」を巡って議論になっていることに「ゼロか百にするっている議論はちょっとどうかなと思います」と持論を述べた。

 番組では、全日本軟式野球連盟が「盗塁禁止」をルール化することを検討していることについて取り上げた。禁止賛成派は子供達の肘の故障防止や、少年野球レベルでは投手や捕手の肩が弱いため、強いチームがどんどん盗塁を重ねる「無限ループ」状態が起き、結果としてワンサイドゲームが増えると指摘。一方の反対派は、野球の魅力が「走攻守」であることや、足の速い選手や肩の強い捕手が個性を発揮できず、やる気を損なうことを挙げている。

 一茂は「僕が(少年野球を)やってたころは、まず(走者の)リードはありませんでした。スタートするタイミングも投手の投げたボールがホームベースを通過した後でした。それでも盗塁していた人もいましたし、ワンサイドになることはなかった」と自身の経験を明かした。

 番組で流した実際に盗塁のシーンをするのを見て、「リードもあって、投手の投球動作で動いちゃっているように見えたので、これだったらキャッチャーが刺すのは難しい。ただでさえ小学生の体力差って1年違うだけで相当あるし」と現状のルールでは、盗塁の無限ループになるのも無理のないことを指摘。

 その上で、「野球の醍醐味ってスピードの部分を見せる、走ることなんです。野球の根本的な楽しみを奪っちゃう。ギリギリになるタイミングを模索するということです。今のままでは完璧にセーフ。どんなに強いキャッチャーでも無理」と、盗塁する際のルールを作ることで、禁止せずに済むと話した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f0bdf89803b360750b732175b16b301e8eaa6ff3


【芸能】加藤綾子アナ「レジ袋有料」見直し議論に強く反対主張「折角始めたのに…続けたほうが良い」進次郎大臣推進 


1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/07(木) 06:33:32.04

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/10/06/0014738977.shtml

 フリーアナウンサーの加藤綾子が6日、キャスターを務めるフジテレビ「ライブニュースイット」で、小泉進次郎前環境相が推進したレジ袋の有料化が、小泉氏の退任を受け、見直しを求める議論が起こっていることに、反対意見を述べた。

 番組では、桜田義孝元五輪相がツイッターで、要望を受け新環境相の山口壮氏に相談したと投稿したことなどを伝えた。

 その後に加藤アナがカメラに向かって「せっかく始めたのに大臣が変わったからと、すぐにやめてしまうのでは、何のために始めたのか分からないですし、環境に対する意識改革は進んでいると思うので続けたほうが良いと思います」と述べた。

 「どれくらい効果が出ているのか、一方で問題点はないのか、そこは示してほしい」とも語った。

 レジ袋の有料化は昨年7月にスタート。進次郎大臣はプラスチックゴミ削減への問題意識を持つきっかけとして位置づけて、PRしていた。 
 
 
★1:2021/10/06(水) 22:06:32.69

前スレ
【芸能】加藤綾子アナ「レジ袋有料」見直し議論に強く反対主張「折角始めたのに…続けたほうが良い」進次郎大臣推進 ★2 [muffin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1633530720/



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

徳光 和夫(とくみつ かずお、1941年(昭和16年)3月3日〈戸籍上は3月10日〉 - )は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者。元日本テレビアナウンサー。本名:德光 和夫(読み同じ)。 日本ドッジボール協会顧問、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ顧問、日本司会芸能協会顧問、海原会
 【芸能】徳光和夫が「24時間テレビ」で失言か 銀座ホステスの生態を勝手に決めつけ


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/25(水) 05:41:13.51 ID:CAP_USER9.net

8/25(水) 5:15配信
東スポWeb

悪気はないが…

 フリーアナウンサー・徳光和夫(80)の〝キワドどい発言〟が議論を呼んでいる。サポーターを務めた日本テレビ系チャリティー番組「24時間テレビ44 想い~世界は、きっと変わる。」の中で、銀座のホステスについて語ったくだりが「女性に対する決めつけだ」と物議を醸しているのだ。

 ネットがザワついた徳光発言は主に2か所。1つは、東京五輪レスリング女子50キロ級で金メダルに輝いた須崎優衣選手が出演し、10年後の自分へ向けて書いた手紙を読み上げたシーンでのひと言だ。

 須崎が読み上げた手紙には「次のオリンピック、またその次のオリンピックも金メダルを獲得することができたのは、周りの方々への感謝の思いと最高の恩返しをしたいという思いがあったからだと思います」などと書かれていた。

 これを聞いた徳光は「彼女のレスリングは素晴らしい。32歳でも十分に第一線で戦っていらっしゃるんじゃないかなと思います」と絶賛。ここまでは良かったが、続けて「結婚されてお子さんが誕生したら、ぜひあなたのレスリング、あなたの生き方を教えてあげてください!」と明るく語りかけた。

 須崎選手は「ありがとうございます」と感謝したものの、一部ネットユーザーの間では「なんか嫌な感じ」「結婚、出産が当たり前という価値観なのかな」と疑問の声が上がった。

 もう1つはコロナ禍の中、東京・銀座でホステスとして働くひとり親を特集した時のこと。

 総合司会・羽鳥慎一から感想について問われた徳光は「夜の街というのは、子供たちに少しでも豊かな思いをさせたいという気持ちで働く方がいる」としたうえで「かなりの数がそうだと思う」と勝手に断定した。

 これにもSNS上で「ホステス=シングルマザーではない」「イメージで決めつけすぎ」「ひとり親のことを何もフォローしていない」などと批判の声が相次いだ。

 テレビ関係者は「本人に悪気は一切ありませんが、それが逆に厄介。このご時世で何がアウトかわかっていないのかもしれません」と指摘する。

 似たようなケースで言えば、東京五輪の前組織委員会会長・森喜朗氏(84)が2月にJOC臨時評議員会で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと発言。大炎上し、職を辞することになった。

 直近では野球評論家の張本勲氏(81)が、今月8日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、東京五輪ボクシング女子金メダリストの入江聖奈に「女性でも殴り合い好きな人がいるんだ」「嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね」と言い放ち、謝罪に追い込まれた。

 同関係者は「徳光さん、森さん、張本さんに共通するのは全員が傘寿(80歳)オーバーであること。この世代の多くは昔の価値観から抜け出せずにいます」と話す。

 他方で、元プロレスラーでタレントの北斗晶(54)は17日、TOKYO MX「5時に夢中!」で張本氏に言及。「よくよく考えてよ、81歳のじいさんだぜ。こういうことを言う人はいっぱいいるから。目くじら立てて言う必要もないかなと思うけどね」と解釈してみせた。

 今さら〝矯正〟は難しいのかもしれない。


https://news.yahoo.co.jp/articles/fb60cc5c5f5bcd24ff4c0652a031e8398f80c040



(出典 img.jisin.jp)
【芸能】松嶋尚美、“炎上発言”連発でも『バイキング』で重宝される理由 「みんなが考える機会になるのであればそれでいい」


1 jinjin ★ :2021/07/05(月) 00:04:31.55 ID:CAP_USER9.net

松嶋尚美“炎上発言”連発でも「バイキング」で重宝される理由


7月1日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演したタレント・松嶋尚美(49)の発言が物議を醸している。


前日6月30日、東京都では新規感染者が714人確認された。
前週よりも増加傾向にあることが番組内で伝えられたが、松嶋は「700の訳ない。ちゃんと調べてみ!」と声を大にして否定。
続けて「ずっと言ってるけど、このPCRの数、絶対おかしいと思うから。700の訳ないでしょ!」と訴えた。


東京都の発表を全否定するかのような松嶋の発言に、ネット上では《真面目に仕事してる都の職員に失礼だ松嶋》《何の根拠もなしに煽るのやめてよ》など非難の声が続出。

松嶋の発言に非難が集まるのは、今回だけではない。4月に小室圭さん(29)が公表した“金銭トラブル”の説明文書をめぐるコメントでも、波紋を呼んでいた。

小室さんは文書で、母・佳代さんの元婚約者の「返してもらうつもりはなかった」という言葉を根拠に、約400万円の金銭的援助は「借金」ではないと主張していた。


そのことについて松嶋は「ホンマに小室圭君はそういう風に純粋に取ってて」とフォローし、
「(周囲に)『違うぞ。返してまえ』みたいに言われるから、そこは『ホンマに違うかってんでーっ!』ていう気持ちはしっかり入ってるとは思った」と語っていた。

この発言にも視聴者から、《今までの流れとか理解してないでしょ?》《情報追えていない》といった指摘が相次いでいたのだ。

「松嶋さんの発言は、過去にもたびたび炎上していました。ただ、現在は新型コロナの感染状況も深刻化しているなか、五輪開催も差し迫っています。国民の暮らしや健康が不安視されている状況において、日々のニュースに敏感になっている視聴者も多いようです。松嶋さんのような具体的根拠が判然としない持論は、視聴者の不安やストレスを膨らませてしまっているように見受けられます」(テレビ誌ライター)


■「みんなが考える機会になるのであれば」

昨年9月に改題し、放送枠が1時間拡大された『バイキングMORE』。
リニューアル以前の16年4月から現在に至るまで「曜日レギュラー」のポジションに留まり続ける松嶋だが、“炎上発言”が続いても起用されるのはなぜだろうか。あるテレビ局関係者は、「番組のコンセプトに理由がある」と語る。


「同時間帯に放送されている他局の情報番組と差別化を図る狙いもあり、『バイキング』では出演者が各々の価値観で自由に話すことを大切にしています。必ずしも視聴者から共感を得られるような、“優等生”であることは求められていないのです。MCの坂上忍さん(54)も『トークが跳ねた方が面白い』と、台本通りに進まなくても良いと捉えているといいます。2児の母親でもある松嶋さんは、曜日レギュラーの中でも“現役育児ママ”。
男性ゲストが多いなかで、主婦の視点も持ち合わせている松嶋さんの存在は貴重なのでしょう。また松嶋さんの“何を言い出すかわからない”要素も、トークを盛り上げるのに一役買っているようです。バラエティ豊かな価値観が展開されることによって、制作陣も『議論のきっかけとなれば』と期待しているようです」


今年4月5日に配信された「ORICON NEWS」のインタビューでは、コメンテーターとしての活動について次のように述べていた松嶋。

《自分の勘違いや理解不足で言ってしまった後に、“しまった”と思うことはあります。アホみたいなこと言ってしまったなって反省しますけど、私の意見に対して「間違ってる」って議論が沸いて、みんなが考える機会になるのであれば、それでいいと思っています》

度重なる“炎上発言”には反省しつつも、視聴者から誤りを指摘されることは想定済みだったようだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/8420fc11b8bfd9ba3adc0f72cf63ed729c8d2f92


(出典 www.sponichi.co.jp)



(出典 news.mynavi.jp)
 【マツコ】小学生の登下校は「ジャージにすべき」大胆提案の真意は 共感の声集まる


1 首都圏の虎 ★ :2021/05/18(火) 20:16:23.17 ID:CAP_USER9.net

5月17日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、小学生の服は制服にすべきか私服にすべきかが出演者の間で議論が交わされた。

 制服を選んだ場合、小学生は成長が早いので何度か買い換える必要がある。私服の場合は毎日のコーディネートなどに労力がかかる。さらに、毎日違う服を着られる児童と、同じ服ばかり着ている児童などに分かれ、貧富の差や格差が明らかになってしまう懸念もある。

 そこで、マツコ・デラックスがジャージの活用を提言した。マツコは「だからジャージでいいのよ。最近おしゃれよね。町歩いているとびっくりする」と最近の小学生の服装のオシャレ化に驚く一方で、自身が子どもの頃に愛用していたジャージを取り入れるべきではと考えを示した。

 マツコは「もうウチらの頃なんてナイキとかもなかったわよね。アシックスかミズノか。プーマがちょっとあったくらい。プーマなんてハイカラよ。お前の家金持ちだなっていう」と自身の思い出も語っていた。これには、ネット上で「プーマは小学生の頃に憧れたな。懐かしい」「プーマはバッタモノとかもあったから確かに金持ちブランドだったかも」といった声が聞かれた。

 ?>>マツコ「サボってたヤツをリストラしても、2割サボるのは変わらない」会社員の育て方巡り“262の法則”に言及<<???

 さらに、マツコは「登下校もジャージでいいよってしたら、お父さんお母さんもラクだし、変な見栄も張らなくていいし、そうすれば」とあっさりとコメント。これには、アシスタントを務める元テレビ東京の大橋未歩アナウンサーも「中高私服だったんですけど、毎日遅刻してました。決まらなくて服が」と実体験を語り、ジャージなどラフな決まった服があればラクではと、提案したマツコの意見に同意していた。

 これには、ネット上でも「これはマツコの言う通りだな」「小学生って親の買ってきた服着てるだけだから、確かにジャージでいいかも」といった共感の声が聞かれた。

https://npn.co.jp/article/detail/200013414

(出典 npn.co.jp)


このページのトップヘ