トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

謝罪動画


(出典 www.disability-talent.com)

【芸能】『さらば青春の光』東ブクロがYouTuberヒカルに謝罪 「本当に申し訳ございませんでした」 相方・森田が特徴が一致すると指摘

1 jinjin ★ :2022/02/10(木) 06:33:15.39

お笑いコンビ・さらば青春の光が9日、自身のYouTubeチャンネルを更新。

YouTuberのヒカルが、4日に自身のYouTubeチャンネル内で「40歳前後の中堅芸人からこき下ろされた」と告白した動画をアップしたことを受け、森田哲矢が、その芸人の特徴がことごとく一致すると、一方的に相方の東ブクロを“犯人”に仕立て上げ、“謝罪動画”をアップした。


森田は「いやーちょっとヤバいな。あれ、見た? ヒカルさんのネットニュース。飲み会で一緒の席になった芸人にこき下ろされて、名前こそ言わへんけどみたいな、お前で笑ったことないわとか…。あの芸人、たぶんブクロなんですよ」とニヤリ。

「40歳前後の中堅、うまいこと言うだけ、ダウンタウンさんとの共演少なめ、レギュラー数本、まだ消える可能性ある」との特徴を挙げながら「その辺を踏まえると、まぁーブクロなんですよね」と勝手に結論づけた。


その後、遅れてブクロが登場すると、何かを察したように「そのパターンね」と苦笑い。

森田が「あれ見た? ネットニュース。ヒカルさんのネットニュース見た?」と探りを入れながら「お前やろ? この期に及んで、まだしらばっくれるのか? 諸々含めたら、全部パズルがあっていくから」と言いがかりをつけ、本人が全面的に否定する中でブクロ犯人説を唱えていった。


ブクロは「ヒカルさんと飯食う機会もなかったですし。ヒカルさんも困るで。別にあの人じゃなかったのに、なんで名乗り出るのって」とまっとうに否定。

それでも、森田の意志が固いことに観念して「何よ、謝罪したらええんか。ヒカルさんもそうやけど、(こき下ろす発言した)その芸人さんもびっくりすると思うよ」と戸惑いながら、謝罪動画の撮影に応じた。


その後、白シャツに着替えたブクロは「東ブクロよりヒカルさんへ」とのタイトルで、笑いを交えながらも、本気のトーンで謝罪。

森田やスタッフたちが大笑いする中、ブクロは「これが一番炎上すんねん」と嘆いていた。


騒動とは関係ないはずが、あえて飛び込んでいく動画に、ファンからは「フットワークの軽さ、最高!」「ブクロさんが笑わないで謝罪しているの、すごい」「今までで一番反省している」などといった反響が相次いでいる。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b6be10e880349c818674745cb778d1066289c36d

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


【動画】
「今回のヒカルさんの報道について東ブクロからご報告があります」

(出典 Youtube)




関連スレ
ヒカル、食事の席で中堅芸人に嫌味を言われてブチギレ「ちょっと芸能界で売れたくらいで調子乗んなよ」「お前ダウンタウンの何?」★14 [爆笑ゴリラ★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644275980/

ヒカルが激怒した芸人「これ俺ですね」アルピー平子が名乗り出る ★5 [Anonymous★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644406122/


前スレ
【芸能】『さらば青春の光』東ブクロがYouTuberヒカルに謝罪 「本当に申し訳ございませんでした」 相方・森田が特徴が一致すると指摘★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1644414671/



(出典 www.nippon-foundation.or.jp)

 【芸能】ひとり勝ち? 周囲の炎上で株を上げる聖人・HIKAKINの健全性、“人格”に頼らざるを得ないYouTuberの問題点も浮き彫りに

 先ごろ緊急事態宣言下で人気YouTuberたちの宴会が取り沙汰され、参加者たちの“謝罪動画”が次々と投稿され話題に。一方で、このようなYouTuberの炎上騒動があった時に必ず動向を注目視されるのが「同時期、HIKAKINは何の動画を上げているか」ということだ(今回は炎上の裏で巨大バターを揚げていた)。HIKAKINのコツコツ真面目に動画投稿する様は、常人のYouTuberでは到達できない“聖人”の域に。同業者の問題が起こるたびに、株を上げているように見える。

■いまやセイントYouTuberはHIKAKINだけ? 炎上の裏で“絶対的安心”保つ

 他のYouTuberの炎上騒動があった際、HIKAKINが讃えられるという“現象”は過去からあった。例えば2017年3月、はじめしゃちょーの二股疑惑。謝罪動画が投稿され、他YouTuberも一斉にこの事件のコメントを動画にあげて大騒ぎになった。

 はじめしゃちょーの不祥事にYouTubeが沸く中、HIKAKINがあげた動画は…「シュークリーム飲んでみた」。飲むシュークリームの缶詰に舌鼓を打っておなじみの顔芸を披露していたのである。この変わらぬ姿勢に「見ると穏やかな気持ちになる」「さすがの安定感」「殺伐とした空気が吹っ飛んだ」とHIKAKINの株が上昇した。

 次に2021年1月、ワタナベマホト氏が事務所契約解除を発表した際、HIKAKINはファミレスチェーンの「サイゼリヤ」のテイクアウトサービスを利用する動画を投稿。コロナ禍のなかで苦境に立たされる飲食店を応援するものだった。

 さらに今回の宴会報道があった日。HIKAKINは何をしていたか、というと、自宅で黙々と巨大バターを揚げる動画を投稿していた。HIKAKINの安定感を望んで、この騒動の中、彼のYou Tubeを観に行ったユーザーは多かったようで「HIKAKINしか勝たん」「安心感がすごすぎる」「別格すぎる」などの反響が上がっている。

 そもそもHIKAKINは“炎上知らず”で知られている。2018年に、自身の髪の毛をボール状に丸めた通称「毛ボール」と、使用済みの靴下、マスクをフリマアプリ『メルカリ』に出品するという動画が賛否両論になったものの、ほぼ無傷。その姿はまさに聖人=セイントだ。

 HIKAKINのツイートには、ほぼ毎日何かの動画投稿のお知らせが。4つのチャンネルを有し、現在総登録者数は1747.3万人にも及ぶ(2021年7月1日時点)。品行方正でクリーンなイメージを保ち続け、常人には成し得ない所業を今も続けている。

全文はソース元で

(出典 api.tkn.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/a81db14124732757a833b92fe632ae1e04079ddd



(出典 i.ytimg.com)

【芸能】ローランドがパクリ騒動に言及 謝罪動画で明白だったGACKTとの「器の差」

1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/04(木) 23:06:16.27 ID:CAP_USER9.net

あの騒動からも「そこそこ頑張る超一流」と「めっちゃ頑張る二流」、どちらが勝者であったかは明白だった?

 2020年12月18日に宝島社から発売された書籍「ローランド・ゼロ」が10万部を突破し、このほど第2巻となる「ローランド・ゼロ 逆襲篇」の発売が決定した。これを受け、1月31日の『オリコンニュース』が配信したローランドのインタビューが改めて注目を浴びているという。

「記事では、著書の帯に書かれた『俺は天才じゃない。凡人代表なんだ』の言葉の意味についてクローズアップ。サッカーやホストでの挫折経験から『凡人』を自認するローランドは、<「そこそこ頑張る超一流」と、「めっちゃ頑張る二流」がいたら、「めっちゃ頑張る二流」の方が勝つんです>との持論を展開しました。さらにその流れの中で、20年末に自身がプロデューサーを務めたブランドで起きたパクリ騒動についても言及。すぐに謝罪したことを『人として格好悪い生き方をしたくない』『潔く謝れなかったら、超格好悪い』『格好いいって、お金じゃ買えない』と、自身の矜持からだったと振り返っていました」(芸能記者)

ローランドとGACKTの共同プロジェクト『G&R』のデザインが他社の模倣だったことが発覚した際、ローランドはすぐに自身のYouTubeチャンネルで謝罪。その後も、スタッフたちに対し、謝罪行脚を行う様子を公開している。

 ローランドの謝罪には世間も好印象を抱いたようだが、一方で真逆の評価をされていたのがGACKTだった。

「GACKTも同日に謝罪動画をアップしていましたが、まずプロジェクトを任せたデイジー社の悪いところを並べ立てており、責任をなすりつけているようにも聞こえた。謝罪なのにサングラスもかけたままで、自分は悪くないと思っている人の謝り方でしたね。一方のローランドは他人を責めることは一切せずに、商品を買ってしまった消費者に対するケアのことしか話していない。トレードマークのサングラスも外しており、芸能人目線ではなく経営者目線で顧客に対して誠実に感じた人が多かったようです」(前出・芸能記者)

「一流芸能人」失格?GACKT、パクリ騒動を謝罪も販売会社に責任転嫁で批判殺到!

 某番組では「一流芸能人」と持ち上げられているGACKTだが、ローランドは「めっちゃ頑張る二流」が勝者であることを自ら証明して見せたようだ。

2021/02/04 21:00
https://www.cyzo.com/2021/02/post_267321_entry.html


(出典 www.crank-in.net)



(出典 www.sankei.com)
【俳優】またも大バッシングの石田純一 「オレのことを殺そうとしている団体がいる」黒幕暴露で起死回生か


1 鉄チーズ烏 ★ :2021/02/01(月) 06:24:23.63

2021年02月01日 05時15分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2689713/
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2689713/

 俳優の石田純一(67)のユーチューブチャンネル「じゅんちゃんねる」の低評価の勢いが止まらない。

 14日に自身のチャンネルをスタートさせ、31日までに7本の動画を公開済み。

「特徴的なのは、そのすべての動画で低評価が高評価を圧倒的に上回っていること。今回の会食報道への謝罪動画となる生配信の3本目にいたっては、高評価が300台に対して、低評価が約1・2万。厳しい船出となりましたね」(ワイドショー関係者)

 コメント欄も石田を糾弾する言葉がズラリ。昨年、石田本人が重症化したにもかかわらず、自覚なく会食を繰り返せば当然だろう。しかも「現在、石田の親友がICU(集中治療室)で危篤らしく、なおさら擁護できない」と同関係者。

 テレビでも石田への批判は相次ぎ、もはやいかんともしがたい向かい風…。では、この状況を打開する手だてはあるのか。「一つだけありますね」と言うのは芸能プロ関係者だ。

「石田が訴えた、自分の命を狙う団体の存在をぶちまけるんですよ。昨年バッシングの渦中にあった石田は一部週刊誌に『オレのことを*うとしている団体がいる。都知事選(に出馬しようとしていた時)や集団的自衛権の行使に反対したときから狙われている』などと主張していました。コロナの一連のバッシングの背景には黒幕がいるのだと。それが事実ならば、ユーチューブで訴えればいい。石田シンパは急増し、高評価は間違いなしです

 石田は、昨年出演したラジオ番組でも「絵を描いた人の証拠もある。ここまでくると悪質」とまで言い切っていたが、その後この話はうやむやになった。もしぶちまければインパクトは計りしれない。もっとも「事実でなかったときのインパクトも計りしれない」(同)が、流れを変えるには好材料かもしれない!?


このページのトップヘ