トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

言及

【話題】米倉英信「土下座しなくて良いですからね」 内村航平の「土下座…」発言に即座にツイート 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/24(土) 18:12:03.54

7/24(土) 17:57
スポニチアネックス

米倉英信「土下座しなくて良いですからね」 内村航平の「土下座…」発言に即座にツイート
米倉英信
 ◇東京五輪第2日 体操男子予選(2021年7月24日 有明体操競技場)

 体操の米倉英信(24=徳洲会)が24日、自身のツイッターを更新。種目別鉄棒に絞って4大会連続の五輪出場を果たした内村航平(32=ジョイカル)が予選落ちし、「(代表を争った)米倉に土下座して謝りたい」と話したことに、言及した。

 米倉は「航平さんがミスしてしまっていろんな思いがありますが、お疲れ様でしたといいましょう!あとは、オリンピックにはいつもと違う雰囲気が流れてたし航平さんも、1人の人間なんだなって思いました」と言及。最後に「土下座はしなくて良いですからね!笑」と締めくくった。

 米倉は種目別の代表をかけ内村と最後まで争っていた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/541d15d2d91d5edfcbf31240de1aebe452983e8d



(出典 img.sirabee.com)
ふかわりょう、小山田問題言及 バラエティーといじめは構造似ている 今後は「その構造利用せずに活動を」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/19(月) 23:19:31.73 ID:CAP_USER9.net

7/19(月) 22:28配信
スポニチアネックス

タレントのふかわりょう

 お笑いタレントのふかわりょう(46)が19日、番組MCを務めるTOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金曜後9・00)に生出演。過去のいじめ問題が発覚し、東京五輪開会式の楽曲担当を辞任すると発表したミュージシャンの「コーネリアス」こと小山田圭吾(52)の問題について言及した。

 番組で小山田辞任について取り上げた際、「私が感じたこと、話してもいいですか?」と真面目な顔で切り出し「直接関係していることではないのかもしれないですけど」と前置きした上で自身の思いを話し始めた。

 「この報道で、自分と重ねる部分がありまして。というのも、私もこのテレビの世界に憧れて入ってもう26年ぐらい経つんですけど、笑いの中でもテレビの中の笑い、いわゆるバラエティーの笑いを生む構造っていうのがいじめの構造と近いところにあるんですね。で、それは、昨今、非常に『容姿をいじるな』とか大分是正されてきてはいましたが、私自身もその、やもするといじめの構造の恩恵を受けながら私はお金を得て、今日(こんにち)まで至っていると思うんですね。もちろん、それが笑いというものにもしかしたら誤魔化されていたのかもしれないですけど、ある種の魔法にかかっていたのかもしれないですけど、今思うと、これからは私は今日までやってきたいじめの構造に近いバラエティーの構造は今後利用してはいけないんだなっていうのを今回の報道で…」

 言葉を選ぶようにしながら、ふかわがここまで丁寧に話したところで、月曜コメンテーターを務める女優の遠野なぎこ(41)が怪訝な表情を浮かべながら「それ、話、一緒ですか?これと」と一言挟んだが、ふかわは「えっと。私が今回の報道で感じたことなので」とし「自分自身が今後は気を付けなければいけないな、と私は思いました」とコメント。「自分自身がバラエティーの構造といじめの構造がすごく似ていたことがあるな、と自分の中であって。それを構造の上に自分のキャラクターが出来てきたから。これからはその構造を利用せずにタレント活動をしなければいけないなというふうに感じました」と終始真面目な顔で話していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/3f512cbbf1ea4839829cfa087a3203093e79b416


【芸能】ホリエモン、小山田問題に言及「一生公の場では何もできなくなったってことが確定した」


1 ひかり ★ :2021/07/19(月) 23:14:49.30 ID:CAP_USER9.net

 実業家の堀江貴文氏(48)が19日、自身のツイッターを更新。過去のいじめ問題が発覚し、東京五輪開会式の楽曲担当を辞任すると発表したミュージシャン「コーネリアス」こと小山田圭吾(52)について言及した。

 「たぶん小山田圭吾を起用した人は彼の過去を払拭しようとチャレンジしたんだと思うけどもう、年齢的に一生公の場では何もできなくなったってことが確定したんだと思います」とツイート。その後、さらに「小山田圭吾全く興味ないけどインタビューしたくなった」とつづった。

スポニチ 全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/2b305066e92dad309dee0234d4f177aa034580f2

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1626698608/


【芸能】 陣内智則、「何のとりえもないスッカスカ」街中に貼られた酷い中傷ビラに呆れ ファンも「かなり悪質」


1 muffin ★ :2021/07/15(木) 14:18:24.22

https://sirabee.com/2021/07/15/20162617157/

お笑いタレントの陣内智則が、15日に自身のツイッターを更新。街中に貼られた自身への中傷ビラに改めて言及した。

ことの発端は、先月5日に投稿された陣内のツイートだった。その内容は、陣内への罵詈雑言がこれでもかと記された中傷ビラについて、陣内本人が言及するというもの。

「給料泥棒」「ポンコツ」などと心無い言葉が書き連ねられているにも関わらず、「君の人生に俺が入りすぎてるね。 俺ももっと頑張るから お前はもっと楽しく生きろ」などと明るく突き放す様子が、「さすが…」とネット上で注目を集めていたのだ。

それから1カ月以上経った今月13日、中傷ビラが別の場所にも貼ってあると、ファンからツイッターで通報があったようだ。撮影したファンのツイートからは、前回と同様のビラが柱に二枚貼ってある様子が分かり、これを陣内が「こんなとこに?!」と引用ツイート。

「コイツの執念にはアッパレ」と呆れ、「コソコソと誹謗中傷するかわいそうな人たち… そのエネルギーを自分に使ってみろ!」とメッセージを送った。

この投稿に、ファンも「ここまでいくと、本当にアッパレ」「かなり悪質ですね」と驚き。「無視無視」「こんなことやって虚しくないのかな?」などといったコメントが多く寄せられていた。


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)



(出典 i.daily.jp)
大雨被災地気遣うも炎上!Koki、ブランドバッグとの2ショットがアダに


1 首都圏の虎 ★ :2021/07/05(月) 20:00:47.32 ID:CAP_USER9.net

俳優の木村拓哉と歌手の工藤静香の次女でモデルのKoki,が、インスタグラムで大雨の被災地に言及したものの、ネットからは批判が殺到している。

 大雨の影響で大規模な土石流が発生した熱海。130棟の家屋も被害を受け、5日朝時点で死者は3人。安否不明者は113人という事態になっている。

 そんな中、発生から3日目となった5日に朝にKoki,はインスタグラムを更新し、「Going to shooting with my coffee and @louisvuitton bag(コーヒーとルイ・ヴィトンのバッグを持って撮影に行く)」と語尾にハートマークのついた文章と車内で撮影した自身の写真を披露。微笑みを浮かべたK?ki,が腕の中でルイ・ヴィトンのバッグを大切そうに抱えているショットになっていた。

さらに、Koki,は英文のあと日本語で「今日も雨ですね」とし、「これ以上被害が出ませんように祈っています」と被災地を気遣うような内容の文章もつづっていた。

 しかし、ルイ・ヴィトンのバッグを抱えた自身の写真と被災地を気遣う文面のあまりのちぐはぐさから、ネット上からは「被災地馬鹿にしてるのか?」「自分のアピールとしか思えない」「全く説得力ないし、響かない」という批判が殺到している。

 「Koki,と言えば、昨年7月にも、姉が撮影した自身のショットを披露しつつ、『I hope everyone is safe in this rain and praying that everything is going to get better soon.』と大雨の被害を受けた九州へのメッセージを発信していましたが、その際も写真と文章の噛み合わなさに疑問の声が集まっていました。その上、今回に関してはブランドバッグを手に『祈っています』発言。死者も行方不明も多数いる中、決して適切な投稿ではないという指摘が集まっています」(芸能ライター)

 一度批判を集めているにも関わらず、再度の投稿。ネットからは「被害を利用してまで自分アピール」「こんな投稿するくらいなら黙ってて」という厳しい声が相次いでいる。

https://npn.co.jp/article/detail/200014511

(出典 npn.co.jp)


このページのトップヘ