トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

視聴者

【芸能】『四千頭身』が消えた!? 正月ネタ特番で見かけなかった真相とは… 


1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/10(月) 12:44:30.37

2022.01.10 11:00
まいじつ 

最近あまり聞かなくなってきた〝お笑い第7世代〟という言葉。それと共に〝第7世代〟筆頭だったお笑いトリオ『四千頭身』も消えたと心配されている。

『霜降り明星』『ハナコ』『3時のヒロイン』などの人気者にくっついて大ブレークを果たし、〝第7世代〟の中でも特に女性人気が高かった「四千頭身」。しかし「霜降り」らが安定してテレビに出続けているのに対して、「四千頭身」は消えかけているとの指摘が多数上がっている。特にそれを思わせたのは、年末年始のお笑い特番だった。

さまざまな人気芸人が大集結して、各局を飛び回った年末年始だが、「四千頭身」の姿はあまり見られなかったのだ。視聴者の一部もこの違和感に気付いたようで

《最近、お笑い第七世代で四千頭身完全に消えたな。年明けのネタ番組でも全然見かけんやん》
《年越しから年明け、ずっとBGM代わりにお笑い番組観てたけど、もしかして四千頭身ってマジで消えた?》
《ベストワン見てたら そういや最近 四千頭身を見ないなあと ネタ番組に出てないって消えたんか》
《四千頭身ってテレビから消えたな》
《年末年始一度も四千頭身を見ることが無かった》

といった声が上がっている。


北海道に飛ばされていた『四千頭身』

「結論から言いますと、『四千頭身』は実は正月特番に出ていました。『2022年新春! ニッポンふるさとリレー』というNHKの番組で、極寒の北海道で裸になって温泉ロケをしていたのです。一応出演はあったのですが、売れっ子は都内でテレビ局をハシゴして生放送に出まくっているのに対して、『四千頭身』は北海道まで行って、ちょっとしたロケコーナーを担当するだけ。これでは確かに『消えた』と感じてしまう人も多いでしょう」(芸能記者)


「四千頭身」のロケを見た視聴者からも《正月にクソ寒い北海道で秘湯に入らされてかわいそう しかもあんま誰が見てるかわかんないテレビで》といった声が上がっている。

しかしネタの評価がすこぶる低いだけに、ネタ番組に出るよりは良い選択だったかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/326414


【芸能】西川貴教が“歌下手”に!?『FNS歌謡祭』出演に「声出てなさすぎでしょ」



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/10(金) 14:49:16.40

2021.12.10 11:02
まいじつ

12月8日に放送された『2021 FNS歌謡祭 第2夜』(フジテレビ系)に、西川貴教のソロプロジェクト『T.M.Revolution』が出演。圧倒的な歌唱力で知られている西川だが、視聴者から「歌が下手になった」という指摘が相次いでいる。

この日の番組で西川が披露したのは、『WHITE BREATH』。1997年にリリースされた楽曲で、1993年から2007年まで放送されていた音楽番組『ポップジャム』(NHK)のオープニングに起用されていた、西川の代名詞といえる楽曲だ。


しかしこの日は、「凍えそうな季節に君は愛をどーこー云うの?」というお決まりのフレーズを歌唱しても、どこか抑揚がないようにも感じた。その後も全体的に声を張り上げている歌い方で、決して下手ではないものの、1997年のころの西川と比べると、どうしても見劣りしたようにも思える。


西川貴教の歌が下手になった? 視聴者から辛辣な声

やはり視聴者からも、

《西川貴教ボディメイクばっかして、歌下手なってない?》
《西川くんは当時より下手に…。キーが違うのか?》
《西川さん歌下手になった? 生でライブしてなさすぎて感覚が取り戻すの難しいか?》
《西川貴教が下手になった…。声出てなさすぎでしょ》
《あれ? 西川ってこんな下手だったっけ?》
《肺活量足りてないよね? 以前の声量は一体どうしたんだ…!》

など、西川の歌唱に対して厳しい意見が寄せられている。声量に定評のある西川だが、この日はあまり調子が良くなかったようだ。

ちなみに西川は、2020年頃からボディメークにハマっている様子。周りから「前の方がよかった」などと言われているようだが、自身のツイッターでは、《ガタガタ言いたいならこの体か、これ以上になってから言ってくれ。話はそれからだ》などと反論している。

もしかするとトレーニングに熱を入れすぎたために、歌唱の方が疎かになってしまっているのかも。現にこの日の衣装も襟ぐりの深いタンクトップで胸元を見せつけていた。西川は、歌よりも鍛え上げられた身体を視聴者に見せたいのだろうか。

歌唱力に反比例して、たくましくなっていく西川の身体。はたして西川はどこを目指しているのか…。

https://myjitsu.jp/archives/321064



(出典 taishu.jp)
【芸能】櫻井翔“選挙特番”でのウソ発覚!? ざわつく視聴者「演技なのかも…」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/02(火) 14:52:16.24 ID:CAP_USER9.net

まいじつ
2021.11.02 11:05

『嵐』の櫻井翔とフリーアナウンサーの有働由美子がメインキャスターを務めた選挙特番『zero選挙2021』(日本テレビ系)が、10月31日に放送された。番組では櫻井がExcelに触れる一幕があり、大卒らしからぬ発言で視聴者をザワつかせていたようだ。

この日、番組の中で櫻井は「デジタル就活」を行うシングルマザーを取材。コロナ禍によって休職を余儀なくされた彼女は、子育てもあって在宅ワークを希望しているという。そこで彼女が取り組んでいるNPO支援のパソコン講座についても紹介されていく。

そして櫻井も実際にパソコン講座を体験。「パソコン経験ほぼなし」と櫻井にテロップが表示され、まずはExcelの表計算を学ぶことに。ドラッグ操作だけで日付や曜日などを簡単に入力できる「オートフィル」を教わると、櫻井は「おぉ! 知らない!」「めちゃくちゃ便利」と大興奮。他にも初歩的な操作を教えられ、たびたび「おぉ!」と驚きの表情を浮かべていた。

慶應義塾大学ではExcelが不要なのか?

ちなみに櫻井は慶應義塾大学の経済学部を卒業している。そんな彼がExcelを知らないという意外な事実に、ネット上では、

《櫻井くんがExcelの初歩的な操作に驚いてることに驚いた》
《Excel使った事ないのか。大卒なのに!? んな訳ねーだろ!》
《彼のようなトップアイドルの世界はExcelとか不要なんだろな》
《嵐の櫻井くん、ExcelやWord知らないのに政治を語っとったんか?》
などのツッコミが巻き起こっている。一方で櫻井の反応はあくまで〝キャスター〟としての対応と捉えるファンもいて、

《オートフィル機能「知らない」って言っててヤバイなってなった。まぁ演技なのかもだけども…》

《取材者としてあの対応は正解よね。本当はできる人ってことは、櫻井担はみんな知ってる》
《櫻井さんはパソコンもエクセルも使えます! テレビ的な嘘はやめてください!》

といった声もあがっていた。

「櫻井は2009年ごろに行われた雑誌取材で『友だちの出欠もエクセルで管理』と話していたようです。もしもこの情報が本当であれば、パソコン経験ほぼなしというのはウソの可能性も。出欠を管理できるのにオートフィルを知らないとは、さすがに考えられないでしょう」(芸能ライター)

上級者テクニックではなく、初歩的な操作に驚いていた櫻井。ドラマでの棒演技がよく話題になるが、果たして番組を盛り上げるためのウソだったのだろうか…。

https://myjitsu.jp/archives/313056



(出典 謝罪している人たちのイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや)
【不適切】テレ朝、不適切演出で関係者を処分


1 夜のけいちゃん ★ :2021/10/26(火) 17:13:53.96 ID:vvQWrEn99.net

2021/10/26 15:47


テレビ朝日は26日、平日昼の情報番組「大下容子ワイド!スクランブル」で不適切な演出が行われていた問題で、番組のチーフプロデューサーとプロデューサーに減給1カ月、管理監督責任として情報番組センター長にけん責の処分を行ったと明らかにした。番組を制作した「テレビ朝日映像」でも関係者の処分が行われたという。

同番組では今年3月以降、視聴者からの質問に答えるコーナーで、事前に準備した想定質問を視聴者の質問として放送に使う不適切な演出があった。


亀山慶二社長は26日の定例会見で、「番組への信頼を大きく損ねる許されない事案であり、視聴者の皆さま、関係者の皆さまに深くおわびを申し上げます」と謝罪した。

ソース https://www.sankei.com/article/20211026-FIEYJCW6NVM67ARAESETHJPSWQ/



(出典 i.ytimg.com)
【ドラマ】『相棒 season20』古参ファンから不満殺到!「昔の方が好きだった」「つまんねー」


1 Anonymous ★ :2021/10/18(月) 15:53:25.59

今年で20年という大きな節目を迎えた国民的ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)。10月13日からは『相棒 season20』がスタートしたのだが、視聴者からの反応は思わしくないようだ。

「season20」は、警視庁特命係の杉下右京(水谷豊)と、相棒の冠城亘(反町隆史)が巨悪に挑んでいくという展開に。第1話で杉下は、過去に自身が追いつめた元官房長官の朱雀武比古(本田博太郎)の仮出所を知る。これをキッカケに、朱雀を師として崇める現官房長官・鶴田翁助(相島一之)が行ったであろう悪事に近づいていくのだった…。

「ちなみに第1話は『season19』に登場した事件の続きが描かれており、一連の黒幕である鶴田が再び2人の前に現れます。また物語の要となった朱雀は、『season3』のエピソード『双頭の悪魔』に初登場した人物で、今作で17年ぶりの復活を遂げました。過去の伏線が続々と回収される『season20』は、長年追っているファンにはたまらない展開なのではないでしょうか」(芸能ライター)

コミカル要素が消えた? シリアス路線の『season20』

ところが同作の古参ファンは、今回の「season20」に納得がいかない様子。というのも、「相棒」シリーズはほとんどが一話完結で、テンポの良さやコミカルな描写によって人気を博していたからだ。それが「season20」では、前作や過去の登場人物にスポットが当たったり、2人が巨悪に立ち向かうという展開によってシリアスな描写が多くなっている。
そのためネット上にも、

《ほぼ1話完結だった時が懐かしい。よくわかんない大富豪とか胡散臭い政治家とかついていけないよ…》
《初回だから久々に見てみたけど、これだけ見ても話がさっぱり分からない。昔はそんなことなかったのに》
《相棒、どんどんダークになってく。昔のほうが好きだったし、なんかユーモアがなくなった》
《相棒つまんねー! 巨悪とか胸*悪いのどうでもいいから昔の相棒やってくれ!》
《シーズン3くらいから毎年見てる自分でも、今回の事件はちょっと複雑すぎた》


などと不満を漏らす視聴者が少なくない。

第1話の平均世帯視聴率は15.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好スタートを切った「相棒」。第2話以降の視聴率が急落しないといいのだが…。

https://myjitsu.jp/archives/309765


このページのトップヘ