トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

要請

「密フェスのせいで…」千葉市がスパソニ後援取り消しで音楽業界から怨嗟の声

NO.9826288
 
「密フェスのせいで…」千葉市がスパソニ後援取り消しで音楽業界から怨嗟の声
「密フェスのせいで…」千葉市がスパソニ後援取り消しで音楽業界から怨嗟の声
千葉市で18、19日に開催予定の大規模音楽フェス「スーパーソニック」(ZOZOマリンスタジアム)が、〝密フェス〟のせいで冷ややかな視線を浴びている。

主催者によると、各日約1万3000人分のチケットは販売済みで、要望があれば払い戻しに応じる予定だという。

新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、延期を求めていた千葉県の熊谷俊人知事は9日、記者会見を開催。人流増加による感染リスクに懸念を示し、来場者の直行直帰など感染対策の徹底を主催者側に改めて要請したことを発表。

スパソニ側は感染防止策を徹底した上で予定通り開催する意向を示したが、これを受け千葉市は9日付で「後援」を取り消したという。


ネットでは開催をめぐり賛否両論。やはり8月29日に開催された野外ヒップホップフェス「NAMIMONOGATARI2021」(愛知県常滑市)の影響が大きい。

同フェスは酒類の提供、ノーマスクでの密状態が発生するなど、事前の説明とは違いコロナ対策が徹底されず。さらに、翌日の早朝までアフターパーティーが行われたことも発覚し、イベント関連の感染者数は9日時点で29人。クラスターとして認定された。
 
しかも密フェス主催者は雲隠れ状態。芸能プロ関係者は「開催前から、密フェスのSNSには大量のクレームが寄せられ、主催者のものとみられるツイッターは閉鎖に追い込まれた」と明かした。

音楽業界への影響は甚大だ。レコード会社関係者は「スパソニは海外からのアーティストも複数参加する予定。多大なギャラが発生する中、土壇場で知事からの事実上の〝中止要請〟は..
【日時】2021年09月10日 05:15
【ソース】東京スポーツ

【医療】コロナ対応への協力要請、開業医では「協力できない」が最多 


1 上級国民 ★ :2021/09/05(日) 12:38:04.53

コロナ対応への協力要請、開業医では「協力できない」が最多
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/961185/?category=report

 国と東京都が、感染症法に基づき患者受け入れや人材派遣を要請したことを受け、医療機関への協力要請についてm3.com会員に尋ねたところ、勤務医は「協力する」が最多となった一方で、開業医では「協力できないのでしない」の回答が最も多い結果となった。
また、回答した医師からは「人的余裕が全くない」「民間に利益度外視は不可能」など、協力が難しい様々な背景が意見として寄せられた。


Q ご自身が勤める・又は経営する医療機関に、国や自治体から今回のような要請が出された場合、協力すると思いますか(東京都の医療従事者は、今回の要請についてお答えください)。

勤務医の42.5%が「協力する」と回答し最多となった一方で、開業医では「協力できないのでしない」の回答が42.8%で最も多い結果となった。
また、「人的余裕が全くない」「民間に利益度外視は不可能」、「その他疾患の患者さんはどうするのか」など、具体的に協力が難しい様々な背景が意見として寄せられた(後述)。

Q 「正当な理由なく応じない場合、勧告や公表の対象」になることは、協力への動機づけになると思いますか。

医師・医師以外ともに「思わない」が最多となった。一方で、「残念ながら、ある程度の強制力をもって臨まなければ協力は得られないのが実情。ただし、明確な経済的支援が必要不可欠」という意見も寄せられた(後述)。...



1 記憶たどり。 ★ :2021/07/17(土) 22:22:49.72

https://news.yahoo.co.jp/articles/77854663c42e10774ab319d7d8cb19f895225c8d

鳥取県は17日、29人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの発表としては過去最多。
県西部でデルタ株(インドで確認された変異株)による感染が急速に広がっているため、
県は米子市の繁華街の飲食店などに対し、近く営業時間短縮を要請する方針を固めた。
県内での時短要請は初めてとなる。


この日の発表は、県西部での確認が26人、県中部が2人、県東部が1人。
県は同市の飲食店で9人の感染を確認し、デルタ株によるクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。


菅首相、西村大臣の「酒類提供を続ける飲食店に金融機関からも働きかけ」発言の法的根拠を問われ「発言を承知していない」

1
 記憶たどり。 ★ :2021/07/09(金) 10:33:38.25

https://times.abema.tv/news-article/8665643

菅総理が先ほど記者団の取材に応じ、きのう、西村大臣が酒類の提供を続ける飲食店に対して、
取引先の金融機関からの働きかけを要請することを示した。その発言について法的根拠の有無を問われた菅総理は
「西村大臣がどういう発言をされたかは承知していない」と前置きしたうえで
「いずれにせよ、飲食の皆様に今回も大変ご迷惑をおかけする。政府とすれば、従来のように支援金など
そうしたものについては先払いも辞さないという形でお願いをするということを決めている」
と応じた。

さらに記者団から「(西村大臣の)発言について後々、確認されると思うが、発言自体が事実だった場合、
優先的地位の濫用に繋がらないのか」
などと認識を問われた菅総理は「仮定のことについて答えることは控えたい」
としたうえで「西村大臣というのは、そうした主旨での発言というのは絶対にしないと私は思っている」と述べた。

西村大臣はきのう「金融機関は日常的にやり取りを行なっていると思いますので、これは法律に基づく要請、
命令でありますから、しっかり遵守して頂けるように、金融機関からも働きかけを行って頂きたいと考えております」

などと話し、酒の販売事業者にも取引停止を依頼するほか、命令や罰則を厳しく適用する考えを強調していた。



(出典 www.m3.com)

【大阪】阪大病院で全ICUがコロナ病床に 心臓病やがんの手術を停止

1 かも ★ :2021/04/30(金) 12:49:36.05

心臓病やがんの手術を停止 阪大病院で全ICUをコロナ病床に 「府はコロナを診てくれと言うだけ」
4/29(木) 18:41

新型コロナウイルスの感染拡大で、大阪では他の医療に深刻な影響が出ています。

【大阪大学附属病院・土岐祐一郎 病院長】
「大阪中で移植以外も大きな心臓の手術とか大きながんの手術ができなくなっている病院が、たくさんあります」

大阪大学附属病院には、専属の15人の医師と約100人の看護師が、すべての治療を行う国内でも数少ない集中治療室があります。

本来は、重い心臓病やがん、臓器移植などの処置に使われる集中治療室。
その機能が今、失われつつあるのです。

【大阪大学附属病院・土岐祐一郎 病院長】
「ICUを使う診療を止めてICUをできる限りをコロナに回してほしいとGW期間だけでもICUをコロナ診療に提供してもらえないかと」

ゴールデンウィーク中も新型コロナの重症患者が増加すると見込んでいる大阪府。
府内の5つの大学病院にきょうから来月9日まで予定していた入院や手術を延期して、重症病床を確保するよう要請しました。


これまでに集中治療室の30床のうち23床で重症患者を受け入れていた大阪大学附属病院。
大阪府からの要請を受け、5月1日から10日まで集中治療室30床を全て、コロナの重症患者用に切り替える決断をしました。
この影響で、重いがんの手術などを停止する初めての事態となったのです。


【大阪大学附属病院・土岐祐一郎病院長】
「病院がお前ら病床を出せばコロナなんかいくらでも診れるだろうと世間はそう思っているかもしれないが、病床を出すということは確実にある医療ができなくなる。その判断を日々僕らはしているが、大阪府はとにかくコロナを診てくれと言うだけで、ほかのことに全然指示はくれない」

他の医療を守るため一度は要請を断ろうとした大阪大学附属病院。
受け入れた背景には、大阪の医療が直面する危機的な状況がありました。

軽症・中等症の患者を受けいている大阪府堺市の病院では、日々、危機的な状況の中で治療が続いています。

「酸素ボンベもらっていいですか?」
「サーチ((酸素飽和度)いくつですか?」
「90!」

大阪の重症患者は、28日時点で、379人。
そのうち、6分の1にあたる62人が、本来重症患者を受け入れる予定ではなかった病院で治療を受けています。

入院先が見つからず、自宅療養をしていた30代の男性。
基礎疾患はありませんでしたが、この堺市の病院に入院してわずか2日で人工心肺装置・ECMO(エクモ)での治療が必要になるほど症状が悪化しました。

【看護師】「救急隊こられました」

30代の男性はECMO治療ができる大きな病院に転院することができましたが、受け入れてもらえなければ、本来、重症患者を診ない病院で治療をしなくてはならなかったのです。

【大阪大学附属病院・土岐祐一郎病院長】
「大阪府がいう『中等症の病院でも診れるじゃないか』というのは、そんなに簡単にはいかない。そうすると大学病院のベッドを差し出さないと救えない人がいる。簡単に病床を増やせないのは、病床を増やすことは、ほかの医療を切り捨てている。僕らはそれを順番に天秤にかけてやっている」

大阪の医療は、今経験したことのない局面を迎えています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a4b6261fb9eccfc5001eb6b8eefc037b62ee4d82


このページのトップヘ