トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

西野亮廣

西野亮廣『えんとつ町のプペル』が“歌舞伎”に 主人公は市川海老蔵、ぼたん&勸玄と親子共演へ


1 少考さん ★ :2021/10/05(火) 06:32:11.80

西野亮廣『えんとつ町のプペル』が“歌舞伎”に 主人公は市川海老蔵、ぼたん&勸玄と親子共演へ | ORICON NEWS:
https://www.oricon.co.jp/news/2209170/full/

2021-10-05 05:00

お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』が、2022年1月に東京・新橋演舞場にて新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』として上演されると5日、発表された。主人公のプペルは歌舞伎俳優の市川海老蔵が演じる。

本作の原作・脚本、空間・美術演出を務める西野と、歌舞伎界を牽引する海老蔵との強力タッグが実現。日本を代表する伝統芸能である“歌舞伎”として新たな世界を創り上げる。

絵本『えんとつ町のプペル』は、ゴミ人間プペルと少年ル*が登場。父を信じ、友達を信じて飛び出した2人が紡ぐ奇跡のファンタジー物語となっている。今回は衣裳、かつらなど歌舞伎ならではの要素や演出を全面的に取り入れ、新作歌舞伎として上演する。

 主人公のプペルは海老蔵、玄(げん・絵本ではル*)は市川ぼたんと堀越勸玄が交互出演する。また、海老蔵は物語の鍵を握る玄の父親・熊八も務め、ぼたん・勸玄と舞台でも親子役で共演する。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。



(出典 president.jp)
キンコン西野亮廣のオンラインサロンに異変、『プペル』後にあった“信者”の動き


1 愛の戦士 ★ :2021/07/05(月) 17:10:41.37

週刊女性prime 7/5(月) 17:01

《週に一度は炎上するFacebook毎日更新中。フォローしてね(*^^*)》

 この文面をほぼ毎日ツイートする人物。“炎上”の代名詞的な存在だったキングコングの西野亮廣(41)だ。“だった”と過去形にしているのは、ここ最近は週に1度どころか、炎上すること自体が少なく、ネットニュースになることも以前と比べれば少なくなってきているためだ。

なぜ西野はファンを獲得できたのか
「芸人としてのテレビでの活動は少ないですが、'20年に公開された西野さんの絵本を原作としたアニメーション映画『えんとつ町のプペル』は日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。

 ビジネスの面でも興行収入20億円、観客動員数も150万人突破と成功しています。まぁこれは、“信者”とも揶揄される強烈なまでの“西野ファン”が何回も観に行ったことが大きいとも言えますが」
(芸能プロ関係者)

 SNS上では「プペる」(『えんとつ町のプペル』を観に行くこと)、「○プペ目」(○には数字が入り、○回『えんとつ町のプペル』を観に行ったかを示す)などの言葉も生まれた。さらには、有志によって上映直後に「スタンディングオベーションをしよう!」という動きもあった。

 なぜ西野はこれほどまでのファンを獲得したのか。

「西野さんのFacebookでの投稿が始まりでしょう。そこで彼のビジネス論や芸人論、もっと言えば人生論のようなものを語っていた。

 それまでも、人気芸人なのに“チケット手売り”や絵本作家などさまざまな活動をしてきましたが、ビジネス書を出すほどの“作家”となり、さらにまだ日本ではあまり浸透していなかったクラウドファンディングを芸能界でいち早く始めるなどのビジネス的な“早さ”が、いわゆる“意識高い系”のような人からも人気を得るようになった。

 現在の西野さんのファンは、“笑い”のファンではなく、そういった活動のファンが多いでしょう」
(出版関係者)

 しかし今、このコアファンの“西野離れ”が止まらないのだ。

「西野さんは'16年にオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を開設しました。月額980円の会員制で、“西野亮廣の“頭の中”を共有”ということで、Facebookの非公開グループに毎日西野さんがエンタメ論やビジネス論などを投稿し、それが読めるといったことが特典となります。昨年ごろが最盛期で、7万人を超える会員数となっていました」(同・出版関係者)

 しかし、現在'21年の会員数は……。

「今年の春ごろから減少を続け、今に至るまでずっと右肩下がりで、現在は6万人ほど。ここ3か月くらいで1万人ほどの減少となっています。

 月額制のいわゆるサブスクリプションのビジネスは、解約を忘れていたり、解約するのが面倒でそのままにしていたりする人の存在がわりと重要視されるなど、休眠会員が多い。それにもかかわらずこんなにも“積極的に”解約する人が多いのはちょっと……。

 とはいえ、会員数自体は日本トップですから、十分すごい。ちなみに2位はオリエンタルラジオの中田敦彦さん、3位はホリエモンこと堀江貴文さん。このトップ3のサロンに全部入っているという人も少なくないのではないでしょうか(苦笑)」
(同・出版関係者)

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/b49d2a4cf1dece0b7702c6701bf13e65fe16ed44



(出典 encount.press)

【芸能】西野亮廣 新作絵本は初版5万部でも大赤字 「別の収益源で実現させると『詐欺だ』と言われる」

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/01(火) 20:27:48.73

6/1(火) 20:04
東スポWeb

西野亮廣 新作絵本は初版5万部でも大赤字 「別の収益源で実現させると『詐欺だ』と言われる」
西野亮廣
 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が1日、自身のユーチューブチャンネル「西野亮廣エンタメ研究ラジオ」を更新し、「キンコン西野の絵本が〝いつも大赤字〟なのに作られ続ける理由」を明かした。
 
「5000部売れたらヒット」と言われる絵本業界。まもなく発売される自身の最新作「みにくいマルコ~えんとつ町に咲いた花~」は初版5万部。「超異例中の異例。ちょっとあり得ない数字なんですよ」と西野。作家印税10%、制作に2年。さらに分業制のため「初版5万部でも大赤字なんですよ。僕の絵本って毎回大赤字なんですよ」と明かした。

 しかし、コンスタントに新作が発表され続ける理由について「絵本の売り上げで絵本を作ってないから。僕の場合だとですねオンラインサロンの売り上げで絵本を作ってるんですね」と説明。

 さらに大事なポイントとして「絵本の売り上げで絵本を作ると、どうしても絵本の売り上げで作れるような絵本になってしまうんですね。表現に制限がかかっちゃうという話です。面白くないからという理由で会議でアイデアが落とされるのは大賛成なんですけれど、採算が取れないからっていう理由で落とされるのはちょっとイヤなんですね。でも、世の中にある面白いのほんどが『採算が取れないから』という理由で日の目を見る前に終わってしまっている。ここはクリアしたいじゃないですか」と賛同を求めた。

「だから別で収益源を作って、そのお金を面白いを実現させるために使うっていう流れを作っているんですけれども、この話をするとですね『詐欺だ』と言っちゃうのが日本人であると。裏を返すと、みんなと同じ作り方をして、みんなと同じようなものを作れということですね。ちょっとゾッとしますよね。みんな同じようなものが売れるワケないんで」と話した。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/55b764dd26063b7c89c5b3af7d432d41ecd737e0



(出典 img.sirabee.com)


 【芸能】キンコン西野、荒ぶっていた20代 ミスをした放送作家に“パワハラ”「やめてしまえ!!ボケが!!」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/18(火) 16:59:00.06

5/18(火) 16:38配信
スポニチアネックス

「キングコング」の西野亮廣

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が、16日にコンビのYou Tubeチャンネル「毎週キングコング」を更新し、荒ぶっていた20代のエピソードを明かした。

 相方の梶原雄太(40)が、やる気を感じられないスタッフへの接し方について話していると、西野はあるエピソードを話し始める。「(仲間の放送作家が)『この仕事をあんまり好きじゃないんかな?』って思ったときがあって。そんなことはないと思うんだけど、そのミスをするってことは、あんまり考え切れてない」と、叱ることを決意。「そのときは大声で『やめてしまえ!!ボケが!!』って。パワハラもパワハラよ!」と笑いながら振り返った。

 その叱責を受けた放送作家は、当時のことを「(胸に)刺さりまくってますよ。むちゃくちゃ怖かったです」と吐露。梶原も「急にキレるやろ?西野ってさ、キレ方がイヤよな。俺も怒ることあるけど『ホップ・ステップ・ジャンプ』でキレるねん。西野は、ホップせずにいきなりジャンプするよね。いきなり大声上げたりとかさ」と、指摘した。

 西野は「今はないですよ、声を張り上げて『お前!』とかはないですよ。20代の頃はね、そりゃ(芸能界は)そういう世界やもん。やっぱり、社会とは違うからね」と、弁明していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0bccf4942b7ce6e0c5f54990fd669bbc731e0df



(出典 www.moviecollection.jp)
【芸能】手越祐也 キンコン西野の映画に共感で「ジャニーズに恨み節?」


ジャニーズ独立後はYouTuberとして活躍する手越祐也。テレビで姿を見る日は来るのか…(‘19年)

「外に出た人にしかその星の綺麗さは分からない」

元「NEWS」の手越祐也が2月22日、自身のYouTubeチャンネルで、お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣との対談動画を投稿した。

以前から西野をリスペクトしていたという手越は、「オリエンタルラジオ」藤森慎吾に頼んで、西野を紹介してもらったという。連絡先を交換して数日後にその対談に至ったそうだ。

手越は対談をする前にマネージャーと共に西野が手掛ける映画「えんとつ町のプペル」を鑑賞したことを明かし、西野本人を前に映画を絶賛した。プペルや登場人物の環境に非常に共感したようで“刺さった”と表現した。

「“外の世界を見せないように”とか“その先には星があるのに”とか全く同じことを(感じた)。新しいことしたいって人は思うじゃないですか。外に出た人にしかその星の綺麗さは分からない」

と、ジャニーズから独立し、現在は自由に活動する手越らしい発言も。すると、西野が何かを感じたようで

「手越さんになんかそういう圧力とか摩擦とかってみたいなものってあったんですか?」

と聞くと手越は「ないっすよ」と否定した。

「西野さんに虚を突かれて若干あたふたして釈明していましたが、ジャニーズの悪口は絶対に言わないようにしていましたね。しかし手越さんの“外の世界を見せないように”という発言からしてジャニーズに当時は押さえつけられていたと言わんばかりの恨み節に聞こえました。

しかし当時ジャニーズ事務所はアイドルとしての資質が問われかねない手越さんのスキャンダルを数えきれないほど“お咎めなし”にしてきた。しかし最後は“クビ同然”で手越さんが退所しました。今後も和解することはまずないでしょう」
(スポーツ紙記者)

手越はコロナ禍で、複数回女性を伴う飲食を繰り返し週刊誌に報じられた。事務所に怒られた手越は辞めることになったが、退所会見では「辞めると言った以上、(ジャニーズに)いつ切られるか分からなかった」と明かした。そして昨年6月、手越は個人事務所を設立する間もなく“裸同然”でジャニーズを辞めたのだ。

「退所してから手越さんは『世界の果てからイッテQ』(日本テレビ系)などの人気番組も降板し、テレビから完全に消えた。最近の吉本興業では退所した藤森慎吾なども引き続きテレビに出ているが、ジャニーズを退所したタレントの場合、テレビ業界のジャニーズに対する顔色伺いは非常に強い。

ジャニーズから“手越を使うな”などという圧力はないですが、全局が“肌でそう感じている”わけですから、手越さんは今後のテレビ出演は難しいところがあるでしょう」
(テレビ局関係者)

西野は「この先なにするんですか?気になるんですよ」と手越に聞くと

「次から次へ やりたいことは出てくる。好きなことを好きなメンバーとやりたい。やっぱり大手だと距離感ができる」

と話し、それが独立した大きなきっかけだと話した。

たしかに西野との対談もそうだが、連絡先を交換して数日で動画をアップすることなど、ジャニーズ時代ではそう簡単に実現しなかったことかもしれない。

「手越さんは以前から“手越村”を作って日本の農業を盛り上げたいと言っています。すでにでも村を作る場所は用意しているそうです。しかしそれもテレビでやっている“DASH村”などに影響されているのではないでしょうか。

すべてはYouTubeのためのネタ。テレビのように企画をスタッフが用意してくれるワケじゃないので、自分でネタ作りをしなくてはならない。西野さんとの対談もYouTubeの話題作りの一環では」
(芸能プロ関係者)

西野に関しては村ではなく“町”を作るという。クラウドファンディングなどで資金を集め、地元の兵庫県にすでに土地を購入した。プペルの美術館を建てるそうだが、西野いわく“10億円以上不足”しており現在もまだ更地のままだ。

西野や手越のように大手芸能事務所を辞めても独自路線で活躍することができる昨今の芸能界。芸能人の生き方は変わりつつあるようだ…。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1c59a7a49f41fb24d9562c2b3747c6f75b819015


このページのトップヘ