トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

衣装

水卜麻美、『ボンビーガール』での衣装に視聴者釘付け「胸にしか目がいかん」「さらに成長してない?」

NO.9591842 2021/06/23 17:16
水卜麻美、『ボンビーガール』での衣装に視聴者釘付け「胸にしか目がいかん」「さらに成長してない?」

画像:時事

6月22日放送の「ボンビーガール」(日本テレビ系)。

この日は、水卜麻美アナウンサーが無言で食べ続けるという異色企画の第2弾が放送されました。

コロナ禍で苦しい状況になっている飲食店を応援すべく、食べまくる水卜アナですが、視聴者はそんな水卜アナの胸元が気になってしまったようです。

どのような内容だったのでしょうか。

6月22日放送の「ボンビーガール」(日本テレビ系)。

この日は、水卜麻美アナウンサーが無言で食事を食べ続けるという、異色企画の第2弾が放送されました。

視聴者から好評だった前回に続き、今回も夢を叶えて飲食店をオープンしたボンビーガールのお店のメニューを、水卜アナがひたすら食べまくるというこの企画。

今回は、元保育士のエリカさんが銀行から借り入れた500万円でなんとか開業した下町のカフェが舞台となりました。

やっとお店をオープンしたものの、コロナ禍で売り上げが激減。

このままではあと1年も持たないというお店の状況を聞いた水卜アナは、タラライスやチョコがたっぷりかかったチョコチキンなどお店の看板メニューをひたすら食べ続ける様子が放送されました。

お店の起死回生をかけて考案された一風変わったオリジナルメニューを黙々と食べ、お店の良いところをしっかりアピールした水卜アナでした。

この日、無言で食べ続ける異色企画で飲食店を応援する様子が放送された水卜麻美アナウンサー。

見事な食べっぷりを見せつけた水卜アナですが、視聴者はそんな水卜アナの胸元が気になってしまったようです。

この日の水卜アナは、タイトなトップスに、胸の下で切り替えがついたパンツスタイルという、胸元が強調された服装をしていたこともあり、

「水卜ちゃん、何とは言わないがデカすぎだろ」

「ボンビーガールの録画見てるんだけど水卜ちゃんの胸、さらに成長してない?」

「水卜ちゃんはぽっちゃりキャラで通ってるのに良く見ると細い。。胸も…」

「水卜ちゃん、ちょっとほっそりした?胸以外。」

「水卜ちゃんかわいいよなぁ。てか今日の衣装は胸にしか目がいかん。」

などの意見が集まったようです。

豪快な食べっぷりや、ぽっちゃりしたスタイルが人気の水卜麻美アナウンサー。

このボンビーガールの企画もまだまだ続きそうですね。

(文:Quick Timez編集部)

【日時】2021年06月23日
【提供】Quick Timez



(出典 image.tantora.jp)
【祝】コロナ禍敢行、北九州市の成人式。


1 記憶たどり。 ★ :2021/01/10(日) 16:18:00.71 ID:q/y7bezw9.net

https://news.yahoo.co.jp/articles/22238ebf8716c6ba5b4806f11523ec9bcc66f939

ど派手な衣装の参加者が目立つことで全国的に知られている北九州市の成人式が、
1月10日「北九州メディアドーム」(北九州市小倉北区三萩野3)で行われた。

数年ぶりの大寒波襲来で大雪となった中、新型コロナウイルス感染症対策として、
門司区・小倉北区・小倉南区・戸畑区と若松区・八幡東区・八幡西区居住者の2部制に分けて
式典を開催。市によると、「2000(平成12)年4月2日~2001(平成13)年4月1日の間に生まれた
成人式対象者は9847人で、例年成人式には、新成人の70~80%程度が参加する。
2部制にして開催したのは初」という。

7日から降り続いた雪は10日になっても止まず、幹線道路は凍結し交通は混乱したまま。
同会場前の「三萩野公園」の芝生広場は一面雪で覆われている。大半は振袖姿やスーツ姿の新成人だが、
ど派手衣装の新成人らが、粉雪が舞い散る中、続々と会場に集ってくる。

会場入口では係員によって、マスク着用や手指のアルコール消毒、距離を取ることなどが頻繁にアナウンスされ、
会場内は席同士の距離を大幅に空けるレイアウトとなっており、様々な場面でコロナウイルス感染症対策が取られていた。

コロナ禍、大雪、2部制と異例ずくめの成人式となったが、式典壇上であいさつした新成人で
「九州国際大学」2年生の佐野真望(まなみ)さんは「些細なことでもありがとうを大切にする大人になりたい。
多くの出合いを通じて縁やつながりを大切にする。正解を求めるより、自分自身の選択を正解に導いていく」と、
力強い言葉をつづった。「久しぶりに会った同級生とは食事にも行きたいけど、(感染拡大を避けるために)
『今じゃないよね』と、お互いの気持を確かめ合った」とも。 


自身の名前をプリントした扇子を持つのも「ど派手衣装」のセオリー

(出典 images.keizai.biz)


【【祝】コロナ禍敢行、北九州市の成人式。】の続きを読む

このページのトップヘ