トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

興行収入


ジェーム・スボンドことダニエル・グレイブの
15年間の総集編、最後の007となる。
中高年に比べ若い人たちほど
食いつかないみたいだが
一度見ればその魅力に取りつかれるはず
ぜひ映画館に足を運んでほしい。

1 鉄チーズ烏 ★ :2021/10/12(火) 18:53:34.58

2021年10月12日 11時51分
全米ボックスオフィス考
https://www.cinematoday.jp/news/N0126445

(出典 img.cinematoday.jp)
【映画】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』世界興収346億円突破! 

 先週末(10月8日〜10月10日)の全米ボックスオフィスランキングが発表され、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』が興行収入5,522万5,007ドル(約61億円)で初登場1位に輝いた。海外では全米に先駆けて公開されており、世界興収は3億1,425万3,007ドル(約346億円)に到達している。(数字は Box Office Mojo調べ、1ドル110円計算)

 『ノー・タイム・トゥ・ダイ』は、15年にわたってジェームズ・ボンドを演じてきたダニエル・クレイグの最後の007映画。海外では好発進だったのにもかかわらず、全米ではいまいち伸び悩んだ理由については(予想興収は6,000万ドル〜7,000万ドル・約66億円〜77億円だった)、同シリーズファンは年齢が高い人が多く、まだ映画館へ行くことに慎重になっているのではないかと分析されている。MGMの社内調査によると、『ノー・タイム・トゥ・ダイ』の観客の実に25%が、パンデミック後初めて映画館に赴いた人たちだったのだという。

 同作にとって良いニュースといえば、批評家・観客共に評価が高く息の長い興行が期待できそうなこと、そして29日からは世界最大の映画市場である中国での公開が決まっていることだろう。

 前回、9,003万3,210ドル(約99億円)というコロナ禍で最高のオープニング興収を記録した『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』はワンランクダウンの2位。興収は前週比64.7%ダウンとなる3,175万3,623ドル(約35億円)だった。公開6週目となる『シャン・チー/テン・リングスの伝説』の世界興収は4億ドル(約440億円)の大台を突破している。

 『ミッドサマー』などを送り出してきたA24配給のホラー『ラム(原題) / Lamb』は8位デビュー。アイスランドを舞台に、人間と羊のハイブリッドの生き物を自分たちの子供として育てることにした夫婦が、破滅へ向かっていくさまが描かれる。主演は『プロメテウス』のノオミ・ラパスだ。(編集部・市川遥)

10月8日〜10月10日の全米ボックスオフィスランキングは以下の通り。()は先週の順位。
1(初)『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』
2(1)『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』
3(2)『アダムス・ファミリー2(原題) / The Addams Family 2』
4(3)『シャン・チー/テン・リングスの伝説』
5(4)『ザ・メニー・セインツ・オブ・ニューアーク(原題) / The Many Saints of Newark』
6(6)『フリー・ガイ』
7(5)『ディア・エヴァン・ハンセン』
8(初)『ラム(原題) / Lamb』
9(7)『キャンディマン』
10(初)『メット・オペラ:ボリス・ゴドゥノフ(原題) / Met Opera: Boris Godunov』


2021y07m20d_123610636

【朗報】『竜とそばかすの姫』大ヒットスタート! 公開3日間で動員60万人 興行収入8億9,000万円 細田監督作品史上、興収No.1が確実!
1 muffin ★ :2021/07/19(月) 14:11:07.86 ID:CAP_USER9.net

https://www.cinematoday.jp/news/N0124862

細田守監督の最新作『竜とそばかすの姫』(公開中)の興行成績が19日、配給元の東宝より発表され、7月18日までの公開3日間で動員60万人、興行収入8億9,000万円を超える大ヒットスタートを切ったことが明らかになった。東宝によると、歴代の細田監督作品史上、興収No.1が確実となったという。また公開を記念して、第3弾ポスターも公開された。

先週、第74回カンヌ国際映画祭のカンヌ・プルミエール部門でワールドプレミア上映され、約14分間のスタンディングオベーションを受けた本作。その翌日16日からは日本全国416館(うち、IMAX38館含む)で公開され、18日までの3日間で動員数60万6,684人、興収8億9,166万3,200円を記録。初日アンケートによると、男女比は44.5%:55.5%と女性が上回り、年代は20代が一番多く、次いで40代、僅差で30代、50代と続いた。

併せて公開された第3弾ポスタービジュアルは、夏らしい入道雲が浮かぶ青空をバックに、主人公のすずとベルが笑顔で歌う姿が描かれたもの。細田監督の「すずとベル、2人を青空の下で歌わせてあげたかった……!」という想いのもとで制作されたビジュアルで、細田監督自らがデザインし、作画をかねてより細田作品に欠かせないレジェンドスタッフ青山浩行と山下高明が担当した。

歌姫ベルが、すずの<U>での<As>(分身)ということで、本編では実現しない2ショットとなり、現実パートの作画監督・青山が「すず」を、CG作画監督・山下が「ベル」を描き、現実と仮想世界を超越した美しいビジュアルに仕上がった。同ポスターは今週末より各地区の劇場にて掲出される。

『竜とそばかすの姫』は、母親の死により心に大きな傷を抱えた17歳の女子高生が、“もうひとつの現実”と呼ばれる50億人が集うインターネット上の仮想世界<U>で大切な存在を見つけ、悩み葛藤しながらも懸命に未来へ歩いていこうとするストーリー。主人公すず/ベルの二役を務め、作品の要とも言える「歌」を担う大役に抜擢されたのはミュージシャンの中村佳穂。すずを取り囲むメンバーに成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、役所広司。さらに「竜」役の佐藤健と多彩で豪華なキャストが集結している。(清水一)


(出典 img.cinematoday.jp)

【映画】『プペル』興行収入20億円突破 リピーターが劇場へ

1
 名前:爆笑ゴリラ ★:2021/02/16(火) 17:32:30.53 ID:CAP_USER9.net
2/16(火) 17:30配信
オリコン

アニメ『映画 えんとつ町のプペル』メインカット(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』が興行収入20億円、観客動員数150万人を突破した。

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチ(芦田愛菜)と、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペル(窪田正孝)が「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語”を映画では描き出す。

 昨年12月25日に公開された同作は、公開から8週連続で観客動員数ランキング(興行通信社調べ)にベスト10入りし、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。口コミも広がり、11日から始まったスマホアプリを使った「西野亮廣による副音声付き上映第二弾」も好調で、多くのリピーターが劇場に足を運んいる。

 2月15日時点での興行収入は20億8036万6250円、観客動員数は150万5165 人。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(昨年10月16日公開)の興行収入は約374億円、『銀魂 THE FINAL』(1月8日公開)の興行収入は約14億円と昨年からアニメ映画のヒットが続いている。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210216-00000386-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3dad29f035eb898a5ad8c6c141de731de9a57ad
20210216-00000386-oric-000-1-view


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613464350



(出典 eiga.k-img.com)
速報】かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」実写映画が続編公開決定
    平野紫耀と橋本環奈の共演 

1 1号 ★ :2021/01/05(火) 23:19:15.52 ID:CAP_USER9.net

 人気グループ「King & Prince」の平野紫耀さんと橋本環奈さんの共演で、2019年に公開された映画「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の続編が公開されることが1月5日、分かった。同日にTBS系で放送された「新春初笑い!映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』地上波初放送!」内で発表された。 


 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」は、マンガ誌「ミラクルジャンプ」(集英社)で2015年6月号~2016年2月号に連載された後、「週刊ヤングジャンプ」(同)に移籍した赤坂アカさんの人気ラブコメマンガ。
秀才が集う秀知院学園を舞台に、プライドが高く「自分から告白したら負け」と互いに考えている生徒会長の白銀御行と副会長の四宮かぐやが、いかに相手に告白させるかに知略を巡らせる姿を描く。

 2019年の映画には、佐野勇斗さん、池間夏海さん、浅川梨奈さん、堀田真由さん、ゆうたろうさん、高嶋政宏さん、佐藤二朗さんも出演。興行収入22億円、観客動員数180万人を突破する大ヒットを記録した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210105-00000025-mantan-ent


【【決定】平野紫耀と橋本環奈の共演 「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」続編】の続きを読む

このページのトップヘ