トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

緊急事態宣言

 【陰謀論を輸入】700人がデモ行進 「コロナは茶番、本当はただの風邪」 「PCR検査は偽装」 「ワクチンは人を操るために作られた」


1 影のたけし軍団 ★ :2021/09/09(木) 08:55:10.93

科学的根拠のない情報が、人々の負の感情をあおり、社会に断絶を生んでいる。
ネット空間の虚実を考えるシリーズの第4部は、コロナ禍で起きた現象の深部に迫り、教訓を探る。


4度目の緊急事態宣言が東京に発令され、まだ間もない7月の週末。JR新宿駅前に、その一団が現れると雰囲気が一変した。
集まったのは男女700人以上。「新型コロナは国際茶番」などと書かれたボードや横断幕を掲げ、目抜き通りでデモ行進を始めた。


マスクをした人は誰も見当たらない。

「ワクチンによる人体実験をやめろ」。叫び声が何度も街に響く。驚いた様子の通行人に「いつまでだまされているんだ」と言葉を浴びせる参加者もいた。
同じ日、名古屋や京都でも数百人規模のデモが行われていた。各地で連呼される内容は、欧米を中心に広がる陰謀論だ。

こうした言説を「輸入」しては日本語にし、SNS上で拡散するグループが多数あり、連携してデモを行っているという。

「こんなに大勢の人が集まっている。やはり正しい情報なんだと確信した」
3歳の長男を連れ、東京のデモに参加した女性(31)が語った。

昨年は感染におびえ、「ママ友」と公園に行くのも自粛していた。考えが変わるきっかけは、友人に招待されたフェイスブック(FB)グループだった。

<PCR検査は偽装。本当はただの風邪><ワクチンを打たせるのが目的>

飛び交う投稿を見て、最初は半信半疑だった。しかし自宅にこもる生活の中、FBは人とつながる数少ない場だった。
「私も認められたい」と思い、真偽不明の情報をネットで見つけて投稿すると、称賛された。いつの間にか、やり取りにのめり込んでいた。

女性は今も、根拠のない説を固く信じる。

「ワクチンは人を操るために作られた」

接種するかどうかは、個人が正確な情報に基づいて判断することが重要だ。
だがSNS上では、明らかに誤った情報でもフォロワー(登録者)の間では「素晴らしい」「拡散します」と同調する反応があふれる。

公的機関の情報に基づいて誤りを正す意見は、ほぼ目に入らない。
閉じた空間で共鳴しているうちに、「普通の人」が先鋭化していく。そんな危うさが垣間見える。

大切な人に接種をやめさせよう――。こう呼びかける投稿は「画像を見せて怖がらせる」と記し、使用を勧める写真を多数載せている。
外国人らしき男女が、重い副反応に苦しんでいるような写真だが、真偽は不明だ。それでもツイッターでは「これで母親を止めました」「説得に成功」などの声が相次いだ。

関西のグループは、接種機会が増えている大学生を狙い、各地の学生マンションを回ってビラを 投函 している。
根拠なく不安をあおる情報や写真を載せており、4万枚以上が配られたという。

九州に住む元教師の女性(70)も、ユーチューブで見た陰謀論に触発され、街頭でビラ配りを始めた。
女性は「本当のことを知らせないといけないんです」と力説した。

コロナを巡る陰謀論の拡散は、世界的に無視できない脅威となっている。各国でワクチンやロックダウン(都市封鎖)に反対するデモが過激化する一因とされ、
オーストラリアのシドニーでは7月、警察との激しい衝突が発生。数十人が逮捕された。


米国ではワクチン接種の妨げになっており、信じていた人が感染し、死亡するケースが相次ぐ。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20210909-OYT1T50063/#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3


9 (1)

飲食業者「コロナ対策さじ投げたのか」菅首相退陣に怒りとため息

新型コロナウイルスの緊急事態宣言が出されている真っただ中で、菅義偉首相が自民党総裁選不出馬を表明した。酒提供などの自粛要請に繰り返し応じてきた飲食業者からは「無責任だ」などと厳しい声が上がった。 「コロナ対策にさじを投げたのか」。東京・新橋(港区)の焼き鳥店「山しな」の店長、山科昌彦さん(46)は菅首相の不出馬をニュースで知って、ため息をついた。 緊急事態宣言が出される度にテレビで記者会見を見てきたものの、用意された文章を読み上げているだけのように見えた。「自分の言葉じゃないから重みがない。棒読みで『最後の緊急事態宣言にしたい』と言われても、生活がかかっているので胸には響かない」 最初の緊急事態宣言が出された昨春以来、飲食店は営業時間短縮や酒類の提供停止を断続的に求められており、都内では今年に入ってから通常営業が認められた日はない。山科さんも要請を守り続けているが、8月に感染者が増えると客足は途絶え、客が1人だけの日もあるという。「商売としてはもちろん苦しいですよ。だけどコロナ禍でも安心して食べに来られる場所であり続けたい」と語る。 山科さんは菅首相が就任してからの約1年間でコロナ対策に進展はなかったと感じている。「次に首相になるのが誰かは分からないけれど、飲食店への制約に偏った今のコロナ対策を見直し、国民に寄り添った政策を行ってもらいたい」と強調した。 同じ新橋で居酒屋「根室食堂」を構える店長の平山徳治さん(49)は「僕らは居酒屋を続けていけるのか不安をずっと抱えている。課題が解決できていない今、(首相を)辞めるべきタイミングではないのでは。無責任だ」と語った。 同店も酒類の提供停止や時短の要請に従い続けている。刺し身など海鮮料理が自慢の店にとって酒類の提供停止は致命的で、売り上げは例年の1割以下に落ち込んだ。協力金も支給が遅れ、経営が厳しい状況は続く。客足の回復が見込めず本来ならにぎわい始める午後5時ごろに店を閉める日も増えており「この先どうすればいいかとの不安は尽きない」と声を落とす。 平山さんにとって、自民党の次期総裁選を巡る動きは、直視すべきコロナ対策ではなく政局に力が入っているように感じる。「僕らの立場からするとお祭り騒ぎのようにも見えて、あきれてしまう」。首相が交代することについても「あまり期待ができない。何も変わらないのではないか」と不安を口にした。 今後は新橋の店を存続するために、オーナーを務める都内の別の居酒屋を年内で閉めてスーパーで鮮魚の販売に乗り出すことも決めた。平山さんは「現場の声をしっかりと聞いてくれるような政府に変わってほしい」と願っている。【井口慎太郎、木下翔太郎】
毎日新聞
飲食業者「コロナ対策さじ投げたのか」菅首相退陣に怒りとため息(毎日新聞) - Yahoo!ニュース


(出典 www.hbc.co.jp)


もう全国一律にしちゃえ!

1 上級国民 ★ :2021/08/24(火) 19:29:20.16


(出典 amd.c.yimg.jp)
 【政府】北海道・愛知など8道県追加 緊急事態宣言、合計21都道府県に拡大 佐賀と宮崎などにもまん延防止適用へ
FNNプライムオンライン

【速報】北海道・愛知など8道県追加 緊急事態宣言 合計21都道府県に

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20210824-00328938-fnn-pol

政府は、北海道や愛知のほか、宮城、岡山など、新たに8つの道と県に対し、緊急事態宣言を発令する方針を固めた。

菅首相は24日午後、首相官邸で関係閣僚と協議し、宣言の対象を拡大する方針を固めた。

新たに宣言を発令するのは、北海道と宮城、岐阜、愛知、三重、滋賀、岡山、広島。

また、佐賀、宮崎などにまん延防止等重点措置を適用する方針も固めた。


期限は、いずれも宣言が出ている東京都などと同じ9月12日までで、25日の政府対策本部で正式決定される見通し。



【芸能】24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/24(火) 07:44:10.44

8/24(火) 5:15
東スポWeb

24時間テレビ 視聴率下落は誰のせい? 業界内からは「そろそろ本気で考えるべき」の声
くりぃむしちゅー・上田は「孤軍奮闘」を見せたが…
 日本テレビ系恒例のチャリティー番組「24時間テレビ 想い~世界は、きっと変わる。」(21~22日)の世帯平均視聴率が23日に発表され、関東地区で12・0%(ビデオリサーチ調べ)だったことがわかった。昨年の15・5%から3・5ポイント下落した。

 今年は昨年以上に新型コロナウイルスが感染拡大し、13都府県に緊急事態宣言が出される中、ジャニーズの人気グループ「King&Prince」が初めてメインパーソナリティーを務めたが、キンプリファンを除くとネット上には「感動の押し売りに飽きた」「ただの24時間ジャニーズテレビ」といった批判的な声があふれた。

 コロナ禍のためワクチン接種2回を徹底するなど万全の体制での放送だったが、コロナ感染を意識してか全体的におとなしめ。一方、場を盛り上げようと「くりぃむしちゅー」の上田晋也(51)が1人奮闘する場面もあった。

「東京五輪のメダリストらを集めたバラエティー企画では、一部で上田さんが『ごちゃごちゃうるさい!』、『上田は放送事故!』などと批判されていました。ただ、実際はバラエティー慣れしていないキンプリが積極的にトークに絡めないのを察して、上田さんが1人でボケ、ツッコミ、司会の3役をこなして盛り上げていた感じ」(芸能関係者)

 上田はフリーの有働由美子アナとの真剣白刃取り対決で不意を突き、有働アナの大絶叫を引き出すなど、東京五輪直前にコロナに感染して五輪関連番組をすべて降板したツケを払うかのような大奮闘を見せたが、番組の視聴率を押し上げることはできなかった。

 前出の芸能関係者は「毎年のようにマンネリと言われているが、そろそろ本気で考える時では?」と、テコ入れの必要性を訴えた。


https://news.yahoo.co.jp/articles/c19450d02b2de72bb6230373c2bdc31aa93a6a48


このページのトップヘ