トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

組織委員会

ジョージア柔道銀メダリスト2人が選手村“追放”観光目的で外出か


NO.9710548
 
ジョージア柔道銀メダリスト2人が選手村“追放”観光目的で外出か
ジョージア柔道銀メダリスト2人が選手村“追放”観光目的で外出か
東京五輪・パラリンピック組織委員会は7月31日、観光目的で選手村から外出したとして、選手村に滞在していた大会関係者のアクレディテーションカード(参加資格証)を剥奪したと明らかにした。開幕後では初めて。柔道男子ジョージア代表の銀メダリストで、66キロ級のバジャ・マルグベラシビリと73キロ級のラシャ・シャフダトゥアシビリで、ともに銀メダリスト。それぞれ阿部一二三(パーク24)と、大野将平(旭化成)に敗れた。

2選手は東京タワー観光をしていたとされ、広報担当者が「目に余る事例」とプレーブック(新型コロナ対策ルール集)違反だったと認めた。組織委は「剥奪された方は、東京大会の会場には立ち入ることができない」と“追放”し「一般論として選手村から観光目的で外出することはあってはならない」とコメントした。

管理責任については「各選手団のCLO(各組織のコロナ対策責任者)にお願いしている。所属アスリートを含む全ての関係者をCLOに管理いただくのが本来の形」。選手はプレーブックで競技、練習会場と選手村の往復に行動が制限されており。観光地訪問は禁じられている。【木下淳】

【日時】2021年08月01日 08:42
【ソース】日刊スポーツ
【関連掲示板】


1 BFU ★ :2021/07/23(金) 08:24:26.70

東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会が、前会長の森喜朗元首相を「名誉最高顧問」に就ける案を検討していることが分かった。

 大会開催に果たした功績や、期間中の海外要人の接遇役も念頭に置いたものという。ただ、森氏は「女性蔑視発言」で会長を辞任した経緯がある。国内外で大きな批判を招く可能性があり、政府などに強い反対論も出ている。

 複数の組織委や政府関係者が明らかにした。森氏が2014年から今年2月まで組織委会長を務めた功績を踏まえ、安倍晋三前首相と同じ組織委の「名誉最高顧問」としたい考えで、組織委幹部と政府側が水面下で調整している。組織委幹部は「安倍氏と同じような肩書にどこかで就いてほしいと思っている。ここまでやってくださった方。処遇しないとならない」と話した。森氏が海外の五輪関係者とのパイプを持つことから、大会期間中の関係者との接遇を考え、役職が必要との声も上がっているという。
森氏は23日の五輪の開会式には「功労者」として出席する予定という。21日には福島県営あづま球場(福島市)でのソフトボール競技を視察している。18日には東京・迎賓館であった国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長らの歓迎会に菅義偉首相、小池百合子東京都知事らとともに出席した。加藤勝信官房長官は19日の記者会見で森氏について「元総理の立場で参加をされたと聞いている」と述べている。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20576979/



【東京五輪】五輪関係者、隔離期間でも「15分以内なら外出可能」組織委特別ルール⇒ 内閣官房が撤回を申し入れへ

1 孤高の旅人 ★ :2021/07/19(月) 15:59:30.21

五輪関係者、隔離期間でも「15分以内なら外出可能」⇒ 内閣官房が撤回を申し入れへ
7/19(月) 15:39配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/96931b99088ad2b3af51b0cc5fba725451f881b3

内閣官房は7月19日、野党合同チームのヒアリングで、来日した五輪関係者が14日間の隔離期間中も「15分以内ならば外出できる」とした特別ルールについて、組織委員会に撤回を申し入れる意向を示した。

来日した五輪関係者は、14日間の隔離中も、15分以内であれば監督者の帯同なしで宿泊先から外出できることが明らかになっている。

今日のヒアリングで内閣官房オリパラ事務局は、組織委員会からの聞き取りの結果として、五輪関係者には「15分以内に戻ってください」などと記した案内板が配布されていたと説明。「外出は短時間に済ませて欲しいという趣旨だった。組織委員会にはプレイブックがあくまで基本だと伝えた。再考を促している」と釈明した。

東京新聞によると、プレイブックでは、入国後14日間以内は、事前届出のない外出は原則禁止。宿泊施設などで食事が取れない場合、例外的にコンビニ利用などが認められる。

これに対し立憲民主党の山井和則・衆議院議員は「菅首相も繰り返し、日本人とオリンピック関係者は交わらないと、バブル方式だと言っていた。しかし15分以内ならばバブルから自由に外出して良いとなっていて、菅首相や政府の今までの説明は事実と異なるのでは」と質問。オリパラ事務局の担当者は「ご指摘の通り、誤解を招く表現だったと認識している。プレイブックの記載内容と齟齬があり、見直すよう申し入れをしている」と回答した。

その後、再び「白紙を申し入れるということで、撤回させるということで良いか」と出席者から確認されると、担当者は「おっしゃる通りです」と応じた。



(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
 【東京五輪】ワクチン接種確認、自己申告だけだった 接種証明書も必要なし


1 potato ★ :2021/07/17(土) 18:38:18.19

ワクチン接種確認は自己申告だけ

 組織委員会が提示する基準が曖昧なのは、最大の関心事であるワクチンについても同様だ。

 IOCは、大会開催までに関係者の7~8割がワクチン接種済みと発表している。しかし、その根拠はあまりにも危ういと感じられる。

 6月上旬にIOCからワクチン接種に関するアンケートが筆者にも届いたが、「ワクチンを接種しましたか」という質問にイエスかノーで答える簡単なもので、接種証明書などを添付する必要はなかった。つまり完全なる自己申告制で、虚偽の答えをしてもIOCや組織委員会には分からないのだ。

 イギリス紙「ガーディアン」の記者が、5月頃に「記者証などにワクチン接種済みのマークなどを入れる形にすれば、ボランティアや大会関係者への海外メディアの不安が少しは軽減されるのではないかと思う。それをIOCに提案している」と話していたが、残念ながらその意見は通らなかったようだ。

 オリンピックのアメリカ代表を決める陸上競技の選考会では、記者証を申請する時にワクチン証明書を要請された。もちろんワクチン未接種者や、2回目の接種から2週間が経過していないメディアは記者証は与えられなかった。

 観客も入場の際にワクチンパスポートの提示が必要なほか、ワクチン接種済みの人と未接種者の席を分ける徹底ぶりだった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/baff171aeae50f66c0c723096a4db610a4d04d47


【悲報】東京五輪、『アサガオで酷暑対策』ガチで決行 続々と設置へ  ※組織委「視覚的に涼しい」

1
 potato ★ :2021/07/13(火) 13:55:48.03



(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

http://twitter.com/gendai_news/status/1414801392389169163


関連画像
来場者に涼しい印象を与えるアサガオ

(出典 pbs.twimg.com)



関連ソース
東京五輪が目前に 暑さ対策の「アサガオ」「打ち水」は本気か
https://www.j-cast.com/trend/2021/07/02415239.html
   19年7月25日付のスポニチアネックスによると、五輪のテスト大会ではアサガオが導入され、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の中村英正氏は「視覚的にも涼しくということから、今回暑さ対策の一環として導入した」と説明したという。

(略)

   会場内での暑さ対策については、東京2020大会公式サイトに2021年5月26日付で掲載されている「第45回理事会資料」に内容が記載されている。運営中の適切な休憩の促進や、観客へのうちわの配布などのほか、暑さ対策として「朝顔(アサガオ)」の記述もある。
   植物による暑さ対策の効果について、日比谷花壇大船フラワーセンター(神奈川県鎌倉市)の榎本浩園長に取材した。一般的に、建物の面を覆うような「壁面緑化」や植物をカーテン状に設置する「緑のカーテン」であれば、直射日光を避けられるとともに、風通しの良い部分を作ることで建物の温度を下げるといった効果が期待できる。また、ミスト(霧吹き)や打ち水を用いれば、植物の蒸散作用により周辺の温度低下もねらえる。
   一方で、緑のカーテンの形成や打ち水などをせずに単に植え込みを設置する場合に温度を下げる効果があるかについては疑問を呈した。ただ、アサガオは比較的温度の低い夏の早朝から花が咲く印象があることから、「涼しげなイメージ」を持つ植物ではあるとのことだ。
   組織委員会の戦略広報課に聞くと、大会中には「フラワーレーンプロジェクト」が実施されるという。全競技会場の入り口を花で彩り、観客をもてなす。組織委サイトによると、観客の列を作るためのフェンスの代わりに、小学生らが育てたアサガオなどを競技会場入口に設置する。
   戦略広報課の担当者は「多くの子供達が大会に関わることにより大会全体の盛り上がりに寄与するほか、涼しげなアサガオ等の設置には視覚的な暑さ対策上の効果を期待しております」と説明した。19年にも話題になった時と変わらずアサガオを活用し、視覚的な暑さ対策効果をねらうようだ。
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


このページのトップヘ