トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

米倉涼子


(出典 livedoor.blogimg.jp)
【視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第7シリーズ 最終話は17・7%


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/17(金) 09:05:00.54

12/17(金) 9:01配信
スポニチアネックス

米倉涼子

 女優の米倉涼子(46)が主演するテレビ朝日ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(木曜後9・00)の最終話(第10話)が16日に放送され、平均世帯視聴率が17・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが17日、分かった。

 10月14日に放送された初回は平均世帯視聴率19・0%を記録。今年放送された民放の連続ドラマでこれまで最高だったTBS「天国と地獄」(1月期)の初回16・8%を上回る、今年最高のロケットスタート。第2話は15・9%、第3話は16・6%、第4話は15・2%、第5話は16・7%、第6話は15・7%を推移。第7話で全シリーズで初の15%以下となる14・7%を記録したものの、第8話では15・5%で再び15%を回復。第9話は前回から1・3ポイント上昇し、16・8%で初回と並ぶ今期2番目の好視聴率をマークしていた。

 大ヒットドラマシリーズの第7弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは期間平均視聴率20%以上を叩き出し、19年に放送した前作、第6シリーズも初回世帯視聴率20・3%とロケットスタートを切り、期間平均18・5%と好調に推移。第1シリーズから6シリーズを合わせた平均視聴率は20%を超えている。

 シリーズ誕生から今年10年の節目。今作では新型コロナ禍の医療現場をモデルに、前作から引き続き日本最高峰の東帝大学病院が舞台。

 第10話は「感染症から“未来の命”を救いたい」と純粋かつ崇高な理念を貫き通し、ついに念願の「感染研究センター」を「東帝大学病院」内に設立することになった蜂須賀隆太郎(野村萬斎)。ところが、これからという時に、蜂須賀は人知れず、自らが推進していたケミカルサージェリーも功を奏しなかったほど重度のがんを患っていた。しかもその病状は、天才外科医である大門未知子(米倉涼子)ですら“厳しい手術”になると予感するほど。だが、すぐにオペをしなければ命が危ない。蜂須賀から執刀を頼まれた未知子は、100%の成功を誓う…という展開だった。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/70da2fae0b5e4f806a2b092c6a363209779b1df5



(出典 newsimg.oricon.co.jp)
【芸能】米倉涼子「ギャラ半額でいい」制作費高騰で悲鳴の『ドクターX』現場を助けた “男気ある申し出” 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/11/11(木) 07:09:47.33

11/11(木) 6:01配信
SmartFLASH

8月22日、クランクイン初日に今回のライバル役である野村萬斎と初共演を果たした米倉

 現在放送中のドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子』(テレビ朝日系)の第7シリーズが絶好調だ。初回の視聴率は19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマーク。現在も2ケタをキープしている。

 8月の初回ロケで米倉涼子(46)は、同シリーズでは2年ぶりの撮影となったにもかかわらず、カメラの前ではキリッとした “大門モード” に。これぞ大女優の力――。

「じつは、今回の作品に米倉さんは並々ならぬ情熱を注いでいるんです」と語るのは、テレビ局関係者だ。

「『ドクターX』は、医療ものということで、特殊なロケ地や小道具が必要となり、制作費が高いんです。今回は、感染症対策の必要もある。予算の都合上で、一時は制作自体が危ぶまれていました。米倉さんもイメージの固定化を懸念して続投には前向きではなかったはず。

 しかし窮状を見かねた米倉さんは、なんと自分のギャラを半額にして、その分を制作費にまわしてほしいと申し出てくださったんです。米倉さんのギャラは1話あたり800万円でしたが、これが400万円です。ありがたいです」


「私、そんなにギャラいらないので」ということか。なんたる “男気”!


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e33afb5cd08ddfaae1a0c239c645c234d63d2960



(出典 d1e0nou58doauk.cloudfront.net)

【視聴率】米倉涼子主演「ドクターX」第7シリーズも19・0% 貫禄のロケットスタート 瞬間最高は23・0%

1 ひかり ★ :2021/10/15(金) 09:07:50.22

 女優の米倉涼子(46)が主演するテレビ朝日ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・00)が14日に15分拡大でスタートし、平均世帯視聴率が19・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。横並びトップの好スタートを切った。

 瞬間最高は午後10時6分に記録した23・0%だった。

 高視聴率を続けるドラマシリーズの第7弾。2012年に第1弾が放送され、平均視聴率19・1%を記録。第2シリーズから第5シリーズまでは期間平均視聴率20%以上を叩き出し、19年に放送した前作、第6シリーズも初回世帯視聴率20・3%とロケットスタートを切り、期間平均18・5%と好調に推移。第1シリーズから全6シリーズを合わせた平均視聴率は20%超えている。

 シリーズ誕生から今年10年の節目で、100年に一度のパンデミックにより世界中で医療崩壊が起こる中、「私、失敗しないので」の決めゼリフとともに孤高の天才外科医・大門未知子が帰ってくる。今作では新型コロナ禍の医療現場をモデルに、前作から引き続き日本最高峰の東帝大学病院が舞台。東帝大では感染治療と内科が最優先。かつて花形だった外科は別棟の分院へと追いやられ、不要不急の外科手術は激減。感染危機と新たな権力が渦巻く病院内で、どんな困難にも自らの道を突き進む大門の姿を描く。

 主題歌は昨年10月に「うっせぇわ」でメジャーデビューし、大ブレークした顔を明かさずに活動している女性シンガーのAdo(18)の「阿修羅ちゃん」が起用された。

 キャストは米倉のほか、岸部一徳(74)、西田敏行(73)、内田有紀(45)、勝村政信(58)、遠藤憲一(60)らおなじみのメンバーが再集結。新キャストとして狂言師の野村萬斎(55)、女優の今田美桜(24)、杉田かおる(56)、要潤(40)らが加わった。

 初回には、モデルの冨永愛(39)、俳優の岡田将生(32)がゲスト出演した。

 初回は、海外で呼吸器外科医・一木蛍(岡田)と出会った未知子は帰国すると参議院議員・一橋由華(冨永)が主催するパーティーで一木に再会する。その直後、由華が急性胆のう炎を発症して倒れる。未知子は一木と共に、緊急オペを断行しようとするが、院長代理として内科主導の組織改革を推し進める内科部長・蜂須賀隆太郎(野村)が現れ…という展開だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f6ec209ac34808b36c1636208bfaffe46dde57f5


TBS=安住ビル

1 孤高の旅人 ★ :2021/09/25(土) 00:24:40.03

米倉涼子、“仲良し”安住アナを個人事務所に勧誘
9/24(金) 22:30配信
https://article.yahoo.co.jp/detail/92c3f7543980394ec94f7f66e02363e1f87b0f1a

女優・米倉涼子(46歳)が、9月24日に放送されたバラエティ番組「ぴったんこカン・カンスペシャル」(TBS系)に出演。TBSの安住紳一郎アナ(48歳)を自分の個人事務所に誘い、「安住さんだったら一緒にやってもいいかもしれない」と語った。

米倉は2005年に番組に初登場して以来、16年で15回出演し、安住アナとの親密ぶりに交際報道が出たほど息の合ったやり取りを見せてきた。今回も、会社社長となった米倉のために安住アナが万年筆を贈ると、米倉も朝の番組を始める安住アナのためにスニーカーを贈り、仲の良さを見せる。

朝の番組を始めることについて、安住アナが「まだ断ろうとしているんです。局アナで会社員なので、全部口約束なんですよ。契約書交わしてないんですよ」と話すと、米倉は驚いて、「そうですか、Desafio(デサフィオ)に入りますか?」と米倉の個人事務所に勧誘し、「安住さんだったら一緒にやってもいいかもしれない」と語る。  

安住アナが「“挑戦”という名の新しい事務所! 本当ですか? 盛り上げます! アルゼンチンタンゴ(米倉のディナーショー)の前説、一生懸命やらせていただきます。40分でも60分でも話繋げます。司会から何から全部やってすぐやります」と前のめりに話すと、米倉は「ちょっと考えておいてください。フリーになる時はね」と話した。


劇中のパーティー場面で並ぶ179センチの冨永と168.5センチの米倉。まさに迫力のあるスーパーバトルになりそうだ

米倉 涼子(よねくら りょうこ、1975年8月1日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーションに27年間所属し、2020年4月から個人事務所「Desafio」に所属。

冨永 愛(とみなが あい、1982年8月1日 - )は、日本のファッションモデル。UNDER GROUND(東京)、Marilyn(ニューヨーク/パリ)、Why Not(ミラノ)、Storm(ロンドン)所属。2008年現在、日本とパリを拠点に活動中。

「ドクターX」第1話に冨永愛 大門・米倉と「バチバチバトル」

 トップモデル、冨永愛(39)が10月14日スタートのテレビ朝日系「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜後9・0)の第1話にゲスト出演し、政治家&患者役に初挑戦することが22日、分かった。主演女優、米倉涼子(46)とは初共演で、劇中では渾身のバトルを繰り広げたり、病で倒れるシーンで肩を痛めるなど熱い演技で魅了。モデルとは違う表現に「演技は総合芸術。すごく挑戦しがいがある」と〝闘志〟を燃やしていた。

■10月14日スタート 初の政治家&患者役 スーパーモデルがスター女優と迫力満点の壮絶バトルを繰り広げる。

 今回でシリーズ第7弾となる「ドクターX―」は、天才フリーランス外科医・大門未知子が大病院の巨悪に立ち向かう医療ドラマ。2012、13、14、16、17、19年の過去6作がすべて20%前後の高視聴率を記録している超人気作だ。

 中でも初回は、米倉演じる未知子が第3弾の毒島隆之介元理事長(伊東四朗、84)や第5弾の志村まどか病院長(大地真央、65)ら毎シーズン登場する〝敵〟と対決するシーンが見どころで、最新作で彼女に立ちはだかる参院議員・一橋由華役を冨永が演じる。

 脇目も振らずに突き進むあまり、緊急事態を招いて未知子と対立するが、病に倒れるという弱さも持つ難役で、冨永は「政治家としての立ち居振る舞いなどは、リアルな政治家の方々を見ながらイメージを膨らませました」と気合十分だ。

 これまでトップモデルとして世界を舞台に活躍する一方、13年の映画「R100」のSM女王役や19年10月期のTBS系「グランメゾン東京」のグルメ誌編集長役などで独自の存在感を発揮。魅力あふれる女優として制作側は最新作の視聴率を占う〝トップバッター〟の大役を託した。

 ■迫真の演技「まさに〝渾身の倒れ〟」
 米倉とは8年前から面識はあるが、今作が初共演。「初めてお会いしたときから全然変わらずきれいで、とってもパワフルな米倉さんと現場でいろんなお話ができて楽しかった」と喜ぶ一方、8月の撮影では身長179センチの冨永と168・5センチの米倉が対峙。2人が争う迫力満点のシーンもあり、「米倉さんとバチバチのバトルも演じているので、ぜひ皆さんにも楽しんでいただきたい」とほほえんだ。

 また、病に倒れる場面では迫真の演技で肩を痛めるほど熱演。「まさに〝渾身の倒れ〟です」と照れ笑いしつつ、「今後もいろんな役を演じたい。機会があれば、お医者さん役にもぜひ挑戦したい」と〝ドクター冨永〟にも意欲⁉

華やかな2人の豪華共演は、新たなスタートを切る国民的ドラマの起爆剤となりそうだ。

 ★内科と外科の対立 そして激震が… 
2年ぶりに復活するシリーズ第7弾の舞台は、100年に一度のパンデミックにより新局面を迎えた東帝大学病院。内科部長・蜂須賀隆太郎(野村萬斎、55)がかじを取り、メスを使わない「ケミカルサージェリー」を推進する内科が力を持つようになり、大門未知子(米倉)や別棟に追いやられた外科と激しく対立していく。そんな中、参院議員の一橋由華(冨永)が日本を良くしようと突き進むあまり、社会と病院に激震が走る緊急事態を招く。そして、未知子に胆石症のオペを依頼した矢先に急性胆嚢(たんのう)炎で倒れてしまう。

「ドクターX」第1話に冨永愛 大門・米倉と「バチバチバトル」 (msn.com)

このページのトップヘ