日本企業「空飛ぶバイク作った」「どうせ煩くて遅いんだろ」「時速100km」「それエンドアの戦いやん」


1 タルト(SB-Android) [DZ] :2021/10/27(水) 12:00:10.29

世界初!驚きの“空飛ぶバイク”を発売  最高速度100キロで縦横無尽に 将来は人命救助に活用も

動画
https://news.yahoo.co.jp/articles/aa19399339e93e47b361662f7daea7a4c69d3896

 こちらは静岡県にあるサーキット場「富士スピードウェイ」。

 走っているのは車ではなく…。

 地面から2メートルほど浮いた状態でコースを走るのは、世界初!実用型の「空飛ぶバイク」なんです。

 まるでSF映画に登場しそうなフォルムです。

 この空飛ぶバイクにはタイヤはなく、ガソリンエンジンと電気モーターを使ってプロペラを回し、浮き上がって進む仕組み。

 最高速度は時速100キロで、連続40分ほどの運転が可能です。

 海の上だって飛ぶことができるんです。

 開発したのは産業用ドローンなどを作る東京の会社。

 開発のスタートは2017年。

 ようやく実用化にこぎつけ報道公開となりました!

 開発した狙いは?

 「道路が整備されていない砂漠や湿地などの路面でも、効率よく移動できるモビリティが将来求められるのではないかと」
 (A.L.I. Technologies 片野大輔・社長)

 操縦するには特別な訓練が必要なので、記者がVR技術で、その乗り心地を体験します。

 「ふわっと浮きました!ゆっくりと、プールの上を走っています」
 (宮田記者レポート)

 さて、気になる値段ですが、なんと1台7700万円。

 高額ですが「空を飛べるなんて夢みたい!」と、26日の発売にあわせ、問い合わせが相次いでいるとのこと。

 現在のところ、公道上は移動することはできませんが、将来は道が寸断された地域で、人命救助などに活用できたらということです。

 「新しいモデルを2025年に発売するための計画もしていて。完全に電動化、環境への配慮を意識したモデルを今後開発していきたい」