トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

福岡市


 【社会】 「屋内禁煙」で公園にひしめく喫煙者 対応は自治体任せ…どう思う? 

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/04(火) 12:27:30.85

2022/1/4 6:00 (2022/1/4 9:11 更新)

水山 真人、竹中 謙輔、あなたの特命取材班

 「子どもが遊ぶ公園が事実上、喫煙所になっています」福岡市の複数の住民から、西日本新聞「あなたの特命取材班」に、こんな投稿が寄せられた。改正健康増進法が2020年4月に全面施行され、多くの人が利用する施設の屋内が原則禁煙となった。各所で喫煙スペースが姿を消すのに伴い、市民の憩いの場である中心部の公園に喫煙者が集中しているという。灰皿を置けば喫煙者が押し寄せ、置かなければポイ捨てされる-。自治体は困惑している。

 改正法の全面施行後、ビルや飲食店、コンビニ前などの灰皿を撤去する動きが加速した。それに伴い、公園に喫煙所が設置されるケースが目立っている。日本たばこ産業(JT)は自治体が公園に喫煙所を設置する際に灰皿を寄付し、ついたてなどによる副流煙対策も支援している。
 福岡県や福岡市は20年度から天神中央公園、長浜公園、大濠公園(いずれも同市中央区)に灰皿を順次整備した。一方で、吸い殻が散乱するなど利用者のマナーが悪かったとして、同区の他の公園2カ所では灰皿を撤去した。
 取材班は昨年12月、「西日本新聞me」のウェブサイトで意見を募り、120件を超える回答やコメントが寄せられた。喫煙者と非喫煙者で受け止めは真っ二つに分かれている。
 喫煙者は「喫煙所が減り、吸うところがない」「地方たばこ税を支払っている。活用して喫煙所を整備してほしい」と不満を漏らす。ただ医療費などたばこが原因の社会的コストは数兆円規模で、約2兆円とされるたばこ税の税収の数倍に上るとの指摘もある。
 非喫煙者の間では「公共の場にふさわしくない」と、灰皿設置に反対する意見が大半だった。





苦情受け禁煙化進める自治体も
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/856453/


【地域】福岡市の「ららぽーと福岡」に実物大の「νガンダム」立像。2022年春に公開

1 記憶たどり。 ★ :2021/09/15(水) 14:17:29.87

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2109/15/news122.html

バンダイナムコグループは9月15日、福岡に実物大の「νガンダム」立像を設置すると発表した。
商業施設「ららぽーと福岡」の開業に合わせ2022年春に公開する。



実物大の「νガンダム」立像イメージ c 創通・サンライズ

15日に開催した発表イベント「ガンダムカンファレンス」の中で明らかにした。
立像は「RX-93 νガンダム」をベースに富野由悠季さん監修の元、トリコロールカラーの
マーキングを施した新機体。型番は「RX-93ff」となる。

バンダイナムコグループで「チーフガンダムオフィサー」を務める藤原孝史さんは
「μガンダムならではのギミックもあるのでお楽しみに」と話している。

バンダイは福岡を「アジアに向けた情報発信スポット」と位置付け、ららぽーと福岡には
オープンスペースとガンダムをテーマにしたエンタメ施設の要素を持つ新スポット
「ガンダムパーク福岡」を併設する。詳細は随時発表するという。


νガンダムは1988年公開の映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に登場したモビルスーツ。
主人公のアムロ・レイが設計に関与した専用機で、遠隔操作の「フィン・ファンネル」6機を背中に装備している。

この他、ガンダムカンファレンスでは新作映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」と
「鉄血のオルフェンズ」以来7年ぶりとなる新作TVアニメシリーズ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の製作も発表した。

ククルス・ドアンの島は「機動戦士ガンダム」15話に登場したククルス・ドアンの島を
安彦良和監督が新たな切り口で描く作品。22年に劇場公開するという。




(出典 kogusoku.com)
【黙って食え】店では『黙食』を。カレー店が公開したPOPに反響。福岡市南区の「マサラキッチン」


1 記憶たどり。 ★ :2021/01/18(月) 11:31:31.23

https://withnews.jp/article/f0210118003qq000000000000000W02h10201qq000022400A

黙食にご協力ください――。新型コロナウイルス感染対策の一環で、福岡市のカレー店が、
店内では黙って食べる「黙食(もくしょく)」を呼びかけるPOPをツイート
しました。
従来よりも踏み込んだ表現に「言葉狩りにあう」不安もあったと言いますが、ツイッターでは
「分かりやすい」「POP活用したい」などといった反響が客側飲食店側の双方から広がっています。

来店客に対して誠実・健全に

POPを製作したのは、福岡市南区にあるカレー店「マサラキッチン」です。デザイナー出身の三辻忍店長が2014年にオープン。
看板メニューのチキンカレーを始め、「博多スパイス料理」をコンセプトに新メニューの開発にも日々取り組んでいます。

新型コロナの感染拡大以降、マサラキッチンも「入店後の手洗い」「マスク無い場合は入店拒否」
「食事中以外のマスク着用必須」「座席制限」「1グループ1会計」など、対策をしてきました。
三辻さんは「かなり厳しく徹底している方ではないか。始めは嫌がる方も多かった」と言います。


今は、来店者のほとんどが趣旨に賛同してルールを守っているというマサラキッチン。
それでも会話の部分については「ルールを守らない一部の人たちによって対策が無効化されてしまう不合理さ」があったそうです。

福岡県も緊急事態宣言下に入り、テイクアウトやデリバリー、通販なども活用していますが、
「あえてイートインを選んでくれるお客様に対して誠実・健全でありたい」と話す三辻さん。
「ノーマスクでの会話はご遠慮ください。感染対策にご協力を!」という掲示はしていましたが、
「もう少し端的で分かりやすい表現はないか」と考えて黙食に行き着きました。

リスクあったが「意味と目的」を最優先

「黙って食べましょう」を圧縮した黙食は、三辻さんが子どものころ、学校の給食指導で聞いた言葉です。
「黙食にご協力ください」の下には、「お食事中の会話が飛沫感染リスクになります」
「このリスクは外食に限らず、学校や職場でも同様です」
といった言葉が続きます。


ただ、「字面が強すぎるとも思った」という三辻さん。「もう少しマイルドにした方がいいのでは、と
『静食(静かに食べる)』などの意見が相談した人たちからありましたが、意味と目的を最優先しました」


「黙食はかなり強い口調になりますが、静食より解釈の幅がないのでこちらの意図がほとんどそのまま伝わります。
伝わり方次第では反感を買うリスクもありますが、それは『仕方がない』と織り込んで製作しました」


作ったPOPは店内に掲示し、ツイッターやフェイスブックでも発信。その際に、「ご自由にどうぞ」とデータの共有もしました。
「あくまで自分の店のために作ったので、条件にあうならばですが、使用許可を取る必要もないので自由に使っていただければと思います」

客や同業者から反響
15日夕方に投稿したツイートは、2.6万リツイートされ、いいねの数は4万を超えました。同業の飲食店からは「店に貼ろうと思います」
といった声や、「職場に持っていきます」といった反応も。
三辻さんが印象に残ったのは、「黙食を掲げることで入店しやすく感じる一人客」が
一定数いたことでした。


「当店はおひとりさま比率が高いので意識したことがなかったのですが、黙って食べることが前提の空間にしてくれたほうが安心する、
という声が結構ありました」


黙食が注目を集めましたが、店内のメニュー表など三辻さんの感性が光るマサラキッチンは、過去に料理教室やメニュー名の考案も
一緒にするなど、お客さんとの交流を大切にしています。


※以下、全文はソースで。

https://twitter.com/masala_mitsuji/status/1349992499322908675

このまま飲食店が悪者になるのも嫌なので、積極的に黙食を推奨していきます。外食がダメなわけじゃない。
食事中の無防備かつ至近距離での会話がいけないのだから、黙って食べれば問題ないはず。その他の対策を行うのは必須として。
POPを作りましたのでご自由にどうぞ♪


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 pbs.twimg.com)

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【黙って食え】カレー店が公開したPOPに反響】の続きを読む

このページのトップヘ