トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

神田沙也加

【文春】神田沙也加さん、急逝直前に交際相手の前山剛久から「死ね」などと罵倒されていた 音声が存在 【モラハラどころか…?】


1: Anonymous ★ 2022/01/05(水) 16:34:45.82 ID:CAP_USER9
https://bunshun.jp/articles/-/51247?page=1
 昨年12月18日に急逝した女優の神田沙也加(享年35)。亡くなる直前に、交際相手の俳優と激しく口論する音声が存在していることが、「週刊文春」の取材でわかった。中には、「死ね」などと罵倒を受ける場面もあった。

最初から結婚を前提とした交際だった

 沙也加が交際していたのは、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」でも共演していた俳優・前山剛久(30)。前山も沙也加の急逝を受け、「真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」とするコメントを発表した。

 2人は、昨年8月から上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。交際をスタートさせたのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。
「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。最初から結婚を前提とした交際だった。精神的に不安定な面がある沙也加さんを、前山は支えていました」(前山の友人)

 当初は順調だった2人の交際。ところが、次第に前山と元カノの関係、将来の結婚などを巡って、口論が絶えなくなる。

前山からの繰り返される厳しい言葉に…

 問題の音声は、同棲生活を始めることを決めていたにもかかわらず、前山が沙也加に無断で契約した別のマンションを巡って、2人が口論する様子を収めたものだ。
 音声には、「死ね」という表現も複数回出てくる。前山からの繰り返される厳しい言葉に、沙也加は涙声で応じていた。


 前山の所属事務所に事実関係の確認を求めたところ、期日までに回答はなかった。
 なぜ前山は、恋人だったはずの沙也加に罵るような言葉を浴びせるようになったのか。沙也加はそれをどう受け止めたのか――。

 1月5日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び1月6日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加と前山が口論する音声データ、沙也加と前山が口論に至った経緯のほか、沙也加と母・松田聖子との紆余曲折、聖子と距離を置いた沙也加が最も信頼する男性の存在、前山の妹が明かす兄が育った環境、沙也加の恩人が語る彼女の素顔などについて報じている。


(出典 i.daily.jp)
週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/24(金) 08:23:54.40 ID:CAP_USER9.net

12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

「前山は、若手俳優集団『D―BOYS』のメンバー。2013年に『仮面ライダーウィザード』で注目され、
『刀剣乱舞』などゲームやアニメが原作の舞台に出演する“2・5次元俳優”として活躍しています。
趣味はロック鑑賞。高校時代はバンドを組み、今でもギターを弾いています」
(前山の事務所関係者)

2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。
恋人同士になったのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。

「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。前山も、可愛い上に、情熱的な人柄の彼女に惹かれたそうです。
沙也加さんも35歳。最初から結婚を前提とした交際でした。彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。
それでも、前山は『頑張って薬を減らしていこう』と提案し、そのための計画表を作っていました」
(前山の友人)


前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた


11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演を果たす。

「前山が演じたのは、沙也加演じる主役に恋する役どころです。初日前会見では、前山が稽古中に『恋してます! だってめっちゃかわいいですもん』と“告白”したところ、
沙也加から“エアビンタ”を受けたエピソードを明*など、のろけ放題でした」
(同前)

ところが、12月に入り、沙也加はこう漏らすようになった。
彼に酷い目に遭わされた」

2人の間に一体、何が起きていたのか。

「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

前山の所属事務所に沙也加との交際やトラブルなどについて確認を求めたところ、以下のように回答した。

「前山剛久より、神田沙也加様と真剣に交際しているという報告は受けており、承知しておりましたが、
神田様も前山も、30歳を超えた大人同士による恋愛でしたので、本人達に任せておりました。

突然の訃報に接し、前山も多大なショックを受けている状態で憔悴しきっており、現在本人から話を聞ける状況ではないため、回答を控えさせて頂きます。

ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」


沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。
そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。
そこに綴られていたメッセージとは――。

12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加が綴った「遺書」の中身、
前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE、その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”、沙也加に届いた残酷な知らせの内容、
さらに、沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態などについて、報じている。

https://bunshun.jp/articles/-/51026
https://bunshun.jp/articles/-/51026?page=2


ここから読める(有料)
https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2158

前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640288979/



(出典 www.seikomatsuda.co.jp)




1 牛丼 ★ :2021/12/24(金) 04:20:02.24

18日に札幌市内のホテルで急逝した神田沙也加さん(享年35)の母で歌手の松田聖子(59)が、大みそかの「第72回紅白歌合戦」に予定通りに出場する可能性の高いことが23日、分かった。

関係者によると、沙也加さんの死を知った際には、周囲が心配するほど憔悴(しょうすい)し悲嘆に暮れていた。だが、1人娘を荼毘(だび)に付し、最後の別れをしっかりとすることができたことで、現在は「娘のためにもしっかりと歌わないと。娘に恥じないようにしないといけない」と、仕事に前向きな思いを口にしているという。


紅白のステージには沙也加さんとの思い出がつまっている。11年にはテレビでの親子初共演として「上を向いて歩こう」をデュエットし、肩を抱きあい、手を握りあいながら歌唱した。最後にほおを寄せあったほほえましいシーンは多くのファンの記憶に残っている。

22日に行われたNHK放送総局長の定例会見では、担当者が「(聖子さんには)引き続き状況を確認させていただいている」と説明。出場について「聖子さんサイドのお気持ちを最大限尊重していく」と話していた。

ファンの間にも「聖子さんが再び元気に歌う姿をみたい」「今は無理をしないで」との声があるが、沙也加さんのためにも聖子は前を向くことを決めた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6197c44518b6c8e34bdf10faee817ac9c21d0f05


(出典 myjitsu.jp)
【芸能】谷原章介の神田沙也加さんへの報道を「終わらせたい」にSNSで共感の声が続出…「めざまし8の決断を支持します」


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/22(水) 10:26:23.56

12/22(水) 9:48
スポーツ報知

谷原章介の神田沙也加さんへの報道を「終わらせたい」にSNSで共感の声が続出…「めざまし8の決断を支持します」

 俳優の谷原章介が22日、MCを務めるフジテレビ系「めざまし8(エイト)」(月〜金曜・午前8時)にスタジオ生出演した。

 番組では、俳優・神田正輝と歌手・松田聖子が21日、長女で女優の神田沙也加さん(享年35)が18日に急逝したことを受け、北海道・札幌市内の斎場で報道陣の囲み取材に応じたことを報じた。

 この会見を受け番組では沙也加さんの誕生から歌手としてデビュー、女優として成長する姿をVTRでしのぶなど、冒頭から8時50分まで50分間に渡って放送した。谷原は最後に「神田正輝さん、松田聖子さん、このたびは騒ぎ立てて本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げて謝罪した。

 続けて「まずは2人でごゆっくりされて神田沙也加さんのことをしのんでいただきたいと思います。そして改めて神田沙也加さん、ご冥福お祈りしたいと思います」と頭を下げた。さらに「今日で神田さんのことへの報道、めざまし8では一線を引いて終わらせたいと思います。本当に失礼いたしました」と約束していた。

 谷原の言葉にSNS上では、すぐに数多くの感想が書き込まれた。その中で「配慮の鑑だと思いました。どうか他の報道番組も退いて貰いたいって思います」「神田正輝、松田聖子への気遣いが溢れていて感動した」「ここでもうこの報道は一区切りすると決断しためざまし8の決断はすごく好感がもてる」「今日でこの報道は、しないというコメントして、良かったです。メディアとして詫びていたね。そう…もうそっとしてあげてください」「谷原章介さんの宣言は称賛すべきだと思います。様々な気持ちを抱えての言葉であったと受け止めました」「神田正輝、松田聖子への気遣いが溢れていて感動した」「同じ芸能人として親として谷原さんがどれほど胸を痛めて報道していたのかと思うと涙が出てきました めざまし8の決断を支持します」など共感する意見が多数を占めていた。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/f99538e72b3dface5d2ee3a50b7b52cecd23d172



【芸能】前山剛久が〝沙也加ショック〟で引退危機! 即削除された心ない書き込み


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/23(木) 06:19:45.75


12/23(木) 5:15配信
東スポWeb

傷心の前山剛久(東スポWeb)

 急逝した神田沙也加さん(享年35)と交際していた「D―BOYS」のメンバー・前山剛久(30)が俳優生命の危機に瀕している。

 前山は一部で沙也加さんと交際報道が出たことを受け、コメントを発表。「この度、神田沙也加さんのご訃報に接し、心から哀悼の意を表します。私、前山剛久は神田沙也加さんと真剣なお付き合いをしており、将来を見据えたお話もさせていただいておりました」と告白した。

 続けて「『王家の紋章』『マイ・フェア・レディ』にて同じ舞台に立たせていただき、女優としても、人としても、大変尊敬する存在でした。ただ今は、神田沙也加さんが天国でも、あの素敵な笑顔のままいてくれる事を願い、心よりご冥福をお祈りいたします」とした。

 前山の業界内の評判は驚くほどよい。テレビ局関係者は「頭の回転の速い優男って感じでしょうか。スタッフへのあいさつもしっかりしているし、ちゃんと若いスタッフの名前も覚える。爽やかな好青年で、業界関係者のファンも多い」(芸能関係者)

 2・5次元俳優として様々な舞台に上がり、ミュージカル「マイ・フェア・レディ」のフレディ役にも抜てきされた。しかし沙也加さんの急逝を受けて、所属事務所のワタナベエンターテインメントは「前山剛久は、現在突然の悲報に多大なるショックを受け、憔悴しきっている状況」と公式サイトで説明。「弊社といたしましては、医師の指導のもと前山のメンタルのサポートをして参ります」とした。

 前山がコメントを発表する前々日くらいから沙也加さんの交際相手として名前が浮上し、22日には文春オンラインが前山と元カノの関係に沙也加さんが悩んでいたという記事を配信した。前山は口さがないネット民から早くも誹謗中傷を受けたという。

「前山さんのインスタグラムのコメント欄には『あなたが神田さんのホテルに行って、何か言ったのでは!?』といった趣旨のコメントが書き込まれたんです。前山さん側はそれを削除。22日夕方にはコメント欄自体が閉鎖されました」(テレビ局関係者)

 強いショックを受けている前山は舞台を降板。「本人や周囲の状況を考えると戻って来られないのでは。このまま引退となる可能性もある」(芸能プロ関係者)

 天国の沙也加さんは何を思うか――。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/385a51fc0fae432c17419c4d0b2747050aeda418


このページのトップヘ