トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

相方

アンガ田中「彼女ができた、真剣交際」と報告、ケンコバとの“契約”に恐怖も「俺は別れない」


NO.10107655
 2022/01/07 17:00
アンガ田中「彼女ができた、真剣交際」と報告、ケンコバとの“契約”に恐怖も「俺は別れない」
アンガ田中「彼女ができた、真剣交際」と報告、ケンコバとの“契約”に恐怖も「俺は別れない」
お笑いコンビ アンガールズの田中卓志(45)が6日、ニッポン放送で担当中のポッドキャスト番組「オールナイトニッポンPODCAST アンガールズのジャンピン」に出演し、彼女ができたことを報告した。

冒頭で田中は「いやー、彼女できたね」と嬉しそうな声色で伝えた。番組の公式SNSでは「今年最初の配信で、しれっと衝撃の発表!!…」と告知されていた。相方・山根良顕は、あまり興味がない様子で、「ビックリしてない。できてもいいし、できなくてもいいから」と“塩対応”。田中は「おい、興味持てよ!絶対ビックリすると思って言ったのにさ。全然驚かないじゃん、お前」と声を大にした。


「本当にできた」と強調した田中。お相手の詳細を聞かれると「聞いてくんなよ!」と噛みつき、「あんまり言うと…真剣交際だから」と話した。「じゃあ発表するなよ」ツッコミまれ、「いや、でも発表だけしないと。ケンコバさんとかにさ。『地獄契約』があるから」と応じた。

「地獄契約」とは、ケンドーコバヤシと結んでいる約束。田中は「ケンコバさんに彼女がいない時、俺は彼女を作っちゃいけない。ケンコバさんが結婚するまでは俺も結婚しちゃいけないっていう何の得もない契約」と説明した。ケンコバには「彼女がいる」と暴露し、「ケンコバさんが2年前くらいに彼女できたのに結婚しないから怖いのよ。(ケンコバが別れた場合)俺、すぐ別れなきゃいけなくなるかもしれない」と恐れを口にした。

“契約上”の理由で別れるかも?と振られた田中は、「そんなヤツ聞いたことないよ、人間で」と吐き捨て、スタジオの笑いを誘った。「ケンコ..

【日時】2022年01月07日 15:26
【ソース】スポーツニッポン

 【芸能】錦鯉・長谷川 M―1優勝直後号泣した理由「相方が、耳元で…」

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/20(月) 01:49:35.44

12/19(日) 23:54配信
スポニチアネックス

M-1グランプリで優勝した錦鯉(C)M-1グランプリ事務局

 漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2021」決勝が19日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、お笑いコンビ「錦鯉」が優勝し、会見。喜びを語った。

 過去最多6017組の頂点に立ち、第17代王者に輝いた。トロフィーを手に会見場に姿を現した2人は笑顔満開だ。ツッコミ担当の渡辺隆(43)は「まだ実感がわかない」と率直な思いを口にした。優勝直後、号泣していたのは長谷川雅紀(50)。その理由について、「相方が僕に抱きついてきて、耳元で『ありがとう』って言ったんですよね。それで涙があふれてしまって。普段、ありがとうって言わない人間なので」と明かした。

 優勝を誰に伝えたいか問われた長谷川は「相方の渡辺隆に伝えたい」とコメント。相方が驚く中、「(コンビ結成の)声をかけてもらったとき、渡辺は33歳。僕は40歳。僕は前のコンビを解散して『潮時かな』『もうやめようかな』と思っていたけど、あのときから歯車が動き始めた。50歳でこういう形になった」と感謝した。

 「ここからがスタートかもしれない。芸歴こそあるけど」と語った長谷川。「ずっと漫才と向き合っていきたい」と意気込んだ。 今回の決勝の審査員は「オール阪神・巨人」オール巨人(70)、上沼恵美子(66)、「サンドウィッチマン」富澤たけし(47)、立川志らく(58)、「ナイツ」塙宣之(43)、「ダウンタウン」松本人志(58)、「中川家」礼二(59)=五十音順=。2年連続で決勝に出場した錦鯉は1stラウンドで「合コン」をテーマに50代の“あるある”を織り交ぜたネタで655点(巨人92、富澤94、塙94、志らく90、礼二96、松本94、上沼95)の高得点でオズワルドに次ぎ、インディアンスと並ぶ2位タイでファイナルラウンドに進出。ファイナルラウンドでは2番手で登場し、5票(富澤、塙、志らく、礼二、松本)を集めて栄冠をつかみ取った。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ae7287314f1ed271599153c2e0b04b30ec639daa




1 シャチ ★ :2021/08/22(日) 22:23:35.69

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/ccf5a35ab25750f2f09902aa5c528496ffb35e17


 お笑いコンビ「とんねるず」石橋貴明(59)のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が22日更新され、「24分間テレビ~石橋が地球を救うかも。」が放送。動画内には、なんと相方の木梨憲武(59)が登場し、ネット上で話題となった。

 動画は、日本テレビ系列の「24時間テレビ」を模した内容で、石橋が両国国技館まで3キロのマラソンに挑むもの。ゴール地点には加山雄三(84)の物まねをするタレント・ゆうぞう(41)が待ち構えていたが、動画が始まって約7分後に、谷村新司(72)の物まねをした木梨が登場。「噂によると、一人暮らしって聞いているから、焼きおにぎりをゴールしたらプレゼントしようかな」と、ボケだした。

 木梨は動画の中で「石橋君、楽しみだな。もう、かれこれね、10カ月ぐらい会ってないね!会いたいじゃないか!」と話すなど、久しぶりの共演なのは間違いない。ファンも待ちわびていた中、軽快に走りだした石橋だったが、お約束なのか、ゴールまであと1キロ付近で若い女性たちと車で逃走。一方、木梨は加山と谷村の名曲「サライ」を熱唱して、「石橋君、来ないんだろ。じゃあ、帰るよ」などと話し、動画の中では2ショットが実現しなかった。

 それでも20分以上の動画は、ボケ満載のコント風で、ツイッター上では「神回」「ノリさん出てる!」「貴ちゃんねるずでノリさんとの共演 涙が出るほど嬉しい!!」「とてもとても良い時間で笑いっぱなしでした」「共演はならなかったけど、また貴ちゃんねるずに出てほしいなぁ。」と、ファンも楽しんだ様子だった。

 石橋は先月16日に、「貴ちゃんねるず」で妻で女優の鈴木保奈美(54)との離婚を発表するなど話題を呼んでいた。


 【芸能】元「ラーメンズ」片桐仁の俳優活動が大ピンチ! 劇場版「99.9 -刑事専門弁護士-」降板か



1 ひかり ★ :2021/08/03(火) 09:16:25.52

 元「ラーメンズ」の小林賢太郎氏(48)が過去にホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)を揶揄するネタを披露していたことを理由に、東京オリンピック開閉会式のショーディレクター職を解任。その影響をモロに食らっているのが「ラーメンズ」時代の相方の片桐仁(47)だ。片桐は7月24日深夜、TBSラジオ「エレ片のケツビ!」に出演し、同件について改めて謝罪した。

 小林氏は開会式前日の22日に電撃解任されたが、その際、片桐は所属事務所を通じて謝罪コメントを発表。さらに同番組の冒頭で「報道にあった通り、過去のラーメンズの極めて不適切なセリフにより、多くの方々に不快な思いをさせてしまい深くお詫び申し上げます」と語った。

「この件が騒動になるまでは片桐はCM5本とテレビ・ラジオのレギュラー4本を抱えていた。しかし、すでにCMキャラクターを務める乳製品『明治プロビオヨーグルトLG21』の公式サイトの一部のページや動画の閲覧、再生ができなくなってしまった。CMは全て降板になるでしょう」(広告代理店関係者)

 すでに国際問題にまで発展してしまっただけに、片桐の今後の活動への影響も懸念される。

「嵐の松本潤主演でTBS系で放送されたドラマ『99.9 ―刑事専門弁護士―』の映画版が年内に公開され、ドラマ版からレギュラーを務めていた片桐の出演が発表されたばかり。しかし、映画の出資先が黙っているとは思えず、出演シーンの大幅減、もしくは降板もありえます」(映画ライター)

 すでにコンビは解散しているとはいえ、過去からのブーメランが直撃だ。

日刊ゲンダイ

https://news.yahoo.co.jp/articles/0f54c9513bc48dec8b0d32797fd079235f671790



(出典 static.chunichi.co.jp)
 【芸能】片桐仁、青木さやかと即席コンビ結成で『キングオブコント』参戦「楽しくてしょうがない」


1 湛然 ★ :2021/06/27(日) 05:04:51.25 ID:CAP_USER9.net

2021-06-27 01:45 ORICON NEWS
片桐仁、青木さやかと即席コンビ結成で『キングオブコント』参戦「楽しくてしょうがない」
https://www.oricon.co.jp/news/2198269/full/
片桐仁、青木さやかと即席コンビ結成(C)TBS

(出典 contents.oricon.co.jp)

片桐仁、青木さやかと即席コンビ結成 エレキコミックもエール(C)TBS

(出典 contents.oricon.co.jp)



 元ラーメンズで俳優としても活躍している片桐仁が、青木さやかを相方に迎えて“コント芸日本一”を決める『キングオブコント(KOC)2021』に、即席ユニットで参加することが、26日深夜放送のTBSラジオ『エレ片のケツビ!』(毎週土曜 深1:00)内で発表された。

 『ケツビ!』内で、相方を募集したところ、多くの芸人が「片桐仁とコントがしてみたい」と名乗りを上げた。その候補者は『キングオブコント2013』で優勝した、かもめんたるの槙尾ユウスケや、ちゅうえい(流れ星☆)、青木、BOOMERら総勢10組。その中から1組を決めるため、片桐とともに『ケツビ!』のパーソナリティーを務めるエレキコミック・やついいちろうが開催する『YATSUI FESTIVAL! 2021』で相方候補10組が片桐とネタを披露し、最もウケが良かった1組が『KOC』に挑戦することとなった。

 番組へと寄せられた観覧者投票で3位はユウキロックとの「こなおとし」(404ポイント)、2位は高木ひとみ○(まる)との「じん〇(まる)」(811ポイント)。そして青木との「母と母」が906ポイントを獲得して1位となり、『KOC』に1回戦から出場し優勝を目指すことになった。

 片桐は「10組とやったらみんな好きになってしまい自分では選べなかったですが、決まりましたので頑張ります。母と母はリスナーの方からいただいた2分のネタしかないですので、さらに募集したいと思います。なにせこれから1回戦ですから」と述べると、相方の青木は「ネタは苦手な方で20年近くやっていませんでした。片桐さんと組んでコントをやらせていただいたらもう楽しくてしょうがない。お客さんの前でネタを披露するライブ感覚もよみがえってきたようです。すでに新しいネタも考えています」と意欲をにじませた。

 一方、片桐の背中を推すエレキコミックのやついは「4月から番組でやってきましたキングオブコント優勝への道! 2人ともショーレースに出たことが1度もない片桐、青木コンビですからフレッシュです。なにより同じ年ですし、今乗っていますからある意味最強です。まあ落ちてもM-1がありますから(笑)」とやついならではのエール。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


このページのトップヘ