トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

発言

bokeaho15
麻生太郎「コロナは曲がりなりにも収束した!」



名もなき老害
麻生太郎副総理兼財務相は7日の閣議後の記者会見で、自民党総裁選に菅義偉首相が不出馬を表明したことに関し、「(新型)コロナ(ウイルス感染拡大)はまがりなりにも収束し、まっとうしたという思いがあったのだと思う。尊重すべき判断だ」と述べた。東京都などの感染者数は減少傾向を見せているが、全国各地で病床逼迫(ひっぱく)が続いており、閣僚が「収束」と発言したことは議論を呼びそうだ。

https://mainichi.jp/articles/20210907/k00/00m/010/067000c

宮迫博之、『雨上がり決死隊』解散ライブ配信で自殺をほのめかす発言をし物議


NO.9760544 2021/08/18 13:45
宮迫博之、『雨上がり決死隊』解散ライブ配信で自殺をほのめかす発言をし物議「絶対に許されないわ」

画像:時事

8月17日放送の「アメトーーク!特別編」(※吉本興業公式YouTubeとABEMAで配信)。

この日は、MCを務めていたお笑いコンビ・雨上がり決死隊が解散を発表したことを受け、「雨上がり決死隊解散報告会」が放送。

宮迫博之さんがYouTubeを始めた理由を語る場面で、自殺を考えていたというエピソードを明かしたことから、視聴者からは厳しい意見が集まったようです。

どのような内容だったのでしょうか。

8月17日放送の「アメトーーク!特別編」(※吉本興業公式YoutubeとABEMAで配信)。

この日は、MCを務めていたお笑いコンビ・雨上がり決死隊が解散を発表したことを受け、「雨上がり決死隊解散報告会」が放送。

2019年に、宮迫博之さんが当番組を降板する理由となった「吉本興業芸人の闇営業問題」や、解散に至った理由などについて、雨上がり決死隊の2人が説明する様子が特集されました。

蛍原徹さんは、宮迫さんの闇営業問題を振り返り「(宮迫さんが)しっかり反省した後は、舞台からちょっとずつ地道いけたらいいと思ってました」と、当時はコンビを継続する意思があったことを説明。

しかし、「年明けてYouTubeやると聞いて、その時期にYouTubeやるってこと自体が疑問でした。」と、騒動のほとぼりが冷めぬまま、YouTubeを始めた宮迫さんに疑問を抱くようになったことを明かしました。

これを受け、宮迫さんは「おとなしく反省してたら良かったのかもしれないけど、一番アカンことを考えてしまってた。『消えてしまった方がいいのかな』とか。」、「そこでYouTubeという話をいただいたので(やってみようと思った)」と、YouTubeを始めた理由を説明。

しかし、この宮迫さんの釈明に視聴者からも疑問の声が。

《自殺を考えたからじっとしてられなくてYouTubeを始めましたって…ん?》

《アメトーーク見てたけど、宮迫が自殺ほのめかしちゃだめだろ。こういうところだと思うなぁ。》

《宮迫が自殺を盾にしてモノを言って正当化しようとしたのは許せんな。本当かもしれんが、聴く側の感情論になるかもしれんが絶対に許されないわ》

《自殺を仄めかす時点で卑怯。自殺とYouTubeになんの関係がある?》

など、自殺を言い訳に使ったような発言だったことを批判する意見が集中してしまったようです。

この日、「アメトーーク!特別編」に出演したものの、自殺を言い訳にするような発言をしたことで視聴者から批判が集まった宮迫博之さん。

コンビを解散する理由も、この宮迫さんのYouTubeがきっかけになったようで、蛍原さんは「宮迫さんに対する気持ちにズレが生じてきました。宮迫さんがYouTubeをやり始めてから、方向性(のズレ)がどうも大きくなってきたような。」と明かしました。

特に、「(同じく闇営業問題で渦中の中心人物であった)ロンドンブーツ1号2号の田村亮の復帰の会見の時期と宮迫のYouTubeチャンネル始動時期が被っていた」ことが許せず、「僕の方から解散しよ、と切り出しました」と語った蛍原さん。

宮迫さんも、「僕が説明をしないまま始めてしまったのは完全に僕のミスなのでそこに関してはやっぱり僕がコミュニケーションをあまりとれてなかった」と、コンビ解散の理由は自身のコミュニケーション不足であることを明かし、改めて謝罪する場面も放送されました。

雨上がり決死隊は、この日の放送をもって正式にコンビ解散に。

1989年の結成以来32年に渡ってコンビ活動をしてきた2人ですが、不祥事がきっかけによる解散という、ファンにとってはなんとも悲しい最後となってしまいました。

(文:Quick Timez編集部)

【日時】2021年08月18日
【提供】Quick Timez

宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber 、実業家 、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点に活動している。
42キロバイト (5,288 語) - 2021年8月18日 (水) 07:12




張本勲氏、生放送で入江聖奈への発言を謝罪「反省しています。以後、気を付けます」

1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/08/15(日) 09:12:58.18 ID:CAP_USER9
8/15(日) 9:09
スポーツ報知

張本勲氏、生放送で入江聖奈への発言を謝罪「反省しています。以後、気を付けます」
張本勲氏
 野球評論家の張本勲氏が15日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜・午前8時)にリモート生出演した。

 張本氏は、先週放送の同番組で東京五輪女子フェザー級で金メダルを獲得した入江聖奈について「女性でも殴り合いが好きな人がいるんだね。見ててどうするのかな?嫁入り前のお嬢ちゃんが顔を殴り合ってね。こんな競技好きな人がいるんだ」とコメントした。この発言について日本ボクシング連盟が10日に「ボクシングを愛している方々のためにも、女性ボクサーを誤解されたくない」とTBSへ抗議文を送った。

 TBSは12日に文書で同連盟へ謝罪した。その中で張本氏自身は「私は元々ボクシングが大好きで、白井義男さんやファイティング原田さんが世界チャンピオンになった時に、飛び上がって喜びました。今回、入江選手が金メダルを取った時も、飛び上がって喜んでいました。今回の私の発言は言葉が足りませんでした。入江選手の快挙を称えると共に、自分も金メダルを取れるのではと思って、ボクシングをやる女性が増えてほしいということを本当は言いたかったのです。言葉足らずで反省しています」とコメントを寄せていた。

 この日の番組で張本氏は「今回は言い方を間違えて反省しています。以後、気を付けます」と謝罪した。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/74ded348bdd68f91d1552f4fceae9f1ed7e77adb

 【芸能】長嶋一茂の実は緻密なキャラ設定 絶対に「事前打ち合わせ」をしないワケ 


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/07(土) 05:36:07.00

8/7(土) 5:15配信
東スポWeb

クレバーな長嶋一茂

 元プロ野球選手で現在はタレントの長嶋一茂(55)が、〝骨太コメンテーター〟として存在感を発揮している。

 最近の一茂は、コメンテーターを務める情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)での鋭いコメントが、しばしば話題となっている。「中等症患者は自宅療養」との政府方針を伝える特集の中では、知人が遺書を書いていると告白。「中等症の先が人工呼吸器やECMOになるわけで。『意識がなくなるから、遺書を書けないから中等症の段階で書きましょう』と。こういうことを家でやらなければいけない状況ということ」と政府との認識の違いを強調した。

 バラエティーにも多数出演する一方で、政権批判もいとわない姿勢だが、驚くのは「事前の打ち合わせは一切なし」ということ。

「一茂さんは『事前に人の意見を入れてしまうと、それはそれで偏りが出る』と打ち合わせを一切しない。もともと人の話を聞かないキャラにも見えますが、実は意外と考えているんですよ」とはテレビ局関係者。

 コメンテーターとしてのポリシーは「冷静に相手の立場を考えながらも、最終的には自分の思ったことを言う」だとか。

「一茂さんは『100人いれば100の意見があるのは当たり前』と、人と違うことを恐れない。絶対の自信を持って言い切るので、言葉に力があるんですよ」(同)。

 テレビタレント転身時は〝天然ボケ解答〟でお茶の間を沸かせたが、「あれもちゃんとバラエティーの空気を読んで発言している。クレバーですよ」(同)。

 そのおかげで、プロ野球選手の時よりも現在の方がはるかに稼いでいるのだからたいしたもの。これからも世相をズバズバと斬ってくれそうだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/2fece52db647c61483aef338521913ca7c1107a3


 【芸能】サンド富澤、開会式中継「炎上した人で聖火を」発言、NHKから怒られていた


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/27(火) 09:32:19.93

7/27(火) 6:05配信
SmartFLASH

ネットでは大ウケの発言だったが……

 相次ぐスタッフの辞任劇で混迷をきわめた五輪開会式が7月23日、国立競技場でおこなわれた。国民が固唾を飲んで見守るNHKの生中継で注目を集めたのが、サンドウィッチマンの富澤たけし(47)だ。

 富澤は番組内で「辞任・解任した人を勢揃いさせ、その炎上の炎を聖火台へ」と発言。*なジョークに、SNSでは大ウケだったが……。


「富澤さんは放送終了後、案の定NHK側から怒られたそうです(笑)。現場にいたスタッフは『よく言った!』とおもしろがっていましたけどね」(番組制作関係者)

 もう燃え上がるのは聖火だけで十分だ。

(週刊FLASH 2021年8月10日号)


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/15070591d42786db466065b91c58b1b513799f85


このページのトップヘ