トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

発見

【コロナニュース】モデルナ製ワクチン接種した60代女性経過観察後、翌日接種会場のトイレで亡くなていた。(画像)


NO.9947493 2021/10/26 23:38
ワクチン接種会場トイレで60代女性死亡 秋田、翌朝に発見
ワクチン接種会場トイレで60代女性死亡 秋田、翌朝に発見
 秋田県由利本荘市は26日、新型コロナウイルスワクチン接種会場のトイレで、前日に1回目のワクチン接種をした市内の60代女性が亡くなっているのが見つかったと発表した。

 市によると、女性は25日午後2時ごろ、体育施設「総合防災公園ナイスアリーナ」で、米モデルナ製ワクチンを接種。15分の経過観察を終え、2回目の接種を予約した。26日午前9時35分ごろ、清掃業者がトイレの個室のドアに寄りかかり亡くなっていた女性を見つけた。由利本荘署が死因などを調べている。

【日時】2021年10月26日 21:23
【ソース】河北新報




(出典 www.rbbtoday.com)


【芸能】西川史子、右脳内出血で手術 自宅で倒れ発見

1 ひかり ★ :2021/08/19(木) 11:20:23.45

 女医でタレントの西川史子(50)が17日に右脳内出血のため救急搬送され、手術を受けたことが19日、所属事務所から発表された。

 所属事務所の発表文書によると、西川は17日に9時に病院に出勤するはずだったが10時になっても連絡が取れないことから、勤務先病院がマネジャーに連絡。正午に警察立ち会いのもと部屋に入ったところ、リビングで倒れていた。その時には意識はあり、会話もできていたという。西川によると、入浴後に異変を感じ、倒れてしまったという。


 救急搬送され5時間に及ぶ手術を受け手術は成功。翌日には自ら食事もし、メールを打ったり、会話も出来る状態で、今は仕事や愛犬の心配をしているという。

 ただ病院からは「3週間程度の入院が必要」と言われていることから「しばらくの間、多くの方にご迷惑をおかけるすことを本人に代わりお詫び申し上げるとととも皆様におかれましては、今後とも西川史子を温かくお見守り下さるよう、宜しくお願い申し上げます」と結ばれている。

デイリー

https://news.yahoo.co.jp/articles/ecec48eaefbc8fa3eb47df397d2ca7953a19ba33

Arima_Police_Station
【事件】神戸市 乗用車内から男女4人の遺体  空き地に駐車

20日午後6時45分ごろ、神戸市北区淡河町野瀬の空き地で、土地所有者の男性(70)が駐車中の乗用車内に男女4人が倒れているのを発見し、110番した。4人は既に死亡し、車内に練炭の燃えかすがあった。兵庫県警有馬署は心中の可能性があるとみて、身元の確認を急いでいる。

 同署によると、30~40代の男性が運転席で、20~30代の男性が2列目、10~20代の女性2人が3列目の座席で亡くなっており、いずれも目立った外傷はなかった。車は県外ナンバー。近くの住民が20日朝から止まっていた車を不審に思い、土地所有者の男性に連絡したという。

 現場は神戸電鉄有馬線箕谷駅の北約6キロの山間地域。
【宮本翔平】
毎日新聞
神戸で乗用車内から男女4人の遺体 空き地に駐車、心中か (msn.com)

古代エジプトの「失われた黄金都市」発見 史上最大規模の都市遺構

1: ダイオーちゃん(神奈川県) [GB] 2021/04/09(金) 21:05:56.61 ID:6JMqnWYg0● BE:123322212-PLT(14121)
【4月9日 AFP】(写真追加)エジプトの著名考古学者ザヒ・ハワス(Zahi Hawass)氏率いる発掘チームは8日、南部ルクソール(Luxor)近くで、
同国発掘史上「最大規模」の古代都市遺構を発見したと発表した。「失われた黄金都市」と呼び、少年王ツタンカーメン(Tutankhamun)の墓以来の最も重要な発見の一つだとしている。


 発掘チームの発表によると、砂の中から見つかったこの古代都市は「3000年前のアメンホテプ3世(Amenhotep III)の治世のもので、ツタンカーメンやアイ(Ay)に継承された」とみられる。


 米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)のベッツィ・ブライアン(Betsy Bryan)教授(エジプト美術・考古学)は、「ツタンカーメンの墓に次ぐ重要な考古学的発見」だと述べた。

 遺構からは、指輪などの宝飾品、彩色陶器、スカラベの護符、アメンホテプ3世の印章入りの泥れんがなどが出土した。

 チームは、古代エジプトの墳墓群「王家の谷(Valley of the Kings)」のあるルクソール近郊で2020年9月、ラムセス3世(Ramses III)とアメンホテプ3世の葬祭殿に挟まれた地区の発掘を開始。
数週間のうちに、泥れんがの遺構が出土した。「保存状態の良い大規模な都市遺構で、壁はほぼ完全に残り、各室内には日用品がたくさんあった」という。

 7か月に及ぶ発掘調査で、焼き窯や貯蔵用の陶器を備えた製パン店のある地区や、行政地区、居住地区などが見つかった。

 発掘チームは「数千年間にわたって手付かずの考古学上の地層が、古代の人々によって、つい昨日のことのように残されている」と指摘。
ブライアン氏は、「王朝が最も豊かだった時代の古代エジプト人の生活を垣間見ることのできる貴重な」遺構だと語った。

 チームはまた、王家の谷で見つかったものと同様の「岩に掘られた階段」を抜けた先に墳墓群を発見したことを明かし、
「宝物に満ちた手付かずの墳墓が出土すると期待している」と話している。(c)AFP

https://www.afpbb.com/articles/-/3341261
no title

このページのトップヘ