トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

現役引退

日本ハム斎藤佑樹が結婚!同い年の一般女性「学生時代からの ...
斎藤佑樹氏「本当にワクワクする」新庄剛志ビッグボスに期待「一ファンとしては楽しみな方」

 今季限りで現役を引退した元日本ハム・斎藤佑樹氏(33)が14日に放送されたフジテレビ「S-PARK(スパーク)」(日曜後11・45)に出演。日本ハムの「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)について語る場面があった。

 番組内では、日本ハムの沖縄・国頭秋季キャンプを新庄ビッグボスが視察する様子を紹介。ブルペンでは吉田輝星投手(20)の投球を視察し、報道陣に「めっちゃ速くね?俺、現役の時、打てないと思う。速っ!」と驚きの声を上げる場面があった。

 斎藤氏は吉田について「輝星のストレートは僕も見てて、ずっと憧れていたので、うらやましいなと思って。そもそも、回転の軸とかがきれいですし、リリースポイントもうまいですし、バッターは打ちづらいと思います」と話した。

 来季は、3年連続Bクラスからの巻き返しを目指す新庄ビッグボス。秋季キャンプではグラウンドに入れたワゴン車の屋根に乗って送球の高さをチェックするなど、新庄ワールド全開で指導。

 斎藤は「いやもう本当にワクワクする、一ファンとしては楽しみな方ですね」と話し、日本ハムをどのようなチームにしてほしいか聞かれると、「それは、もちろん優勝に導いてほしいんですけど、やっぱり1番は選手がやりやすい環境を整えてもらえることが1番だと思います」と答えた。


斎藤佑樹氏「本当にワクワクする」新庄剛志ビッグボスに期待「一ファンとしては楽しみな方」 (msn.com)

【テレビ】松本人志、斎藤佑樹の引退に「ドラフト1位に選ばれる選手でも活躍できないことがあるんだね」

1
 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/03(日) 10:25:37.73

10/3(日) 10:24配信
スポーツ報知

斎藤佑樹

 「ダウンタウン」の松本人志が3日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・午前10時)に出演した。

 番組では、日本ハムの斎藤佑樹投手が今季限りでの現役引退を発表したことを伝えた。松本は斎藤について「俺は全然わからないけど、ドラフト1位に選ばれる選手でも活躍できないってことがあるんだね」と明かした。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9c04fc46caf0b75a5230492676c43086e556ce4a



(出典 irorio.jp)

波田陽区が大ピンチ!? 「もう少しだけ便乗させて!」 卓球・水谷隼が引退の意向表明で…

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/08/07(土) 19:48:25.68

8/7(土) 19:43
スポニチアネックス

波田陽区が大ピンチ!? 「もう少しだけ便乗させて!」 卓球・水谷隼が引退の意向表明で…
波田陽区
 お笑い芸人の波田陽区(46)が土俵際!? 混合ダブルスで日本勢初の金メダル、男子団体でも銅メダルを獲得した水谷隼(32=木下グループ)のそっくりさんとして話題を集める波田だが、その“恩人”が7日に現役引退の意向を表明。天国から一転、仕事激減で地獄へと転落しかねないピンチを迎えた。

 波田は同日、自身のツイッターを更新。「水谷選手ー!まだ最終的な判断ではないらしいですが…長い熱い選手生活お疲れ様でした!」とねぎらいの言葉をかけた。その上で「すいませんが、もう少しだけ便乗させて下さいー!」と懇願。世間の五輪ブームに乗っかって、もうひと仕事の意気込みを示した。

 これにはフォロワーも大盛り上がり。「水谷選手引退を一番残念がっているのは、もしかして波田さん???」「次のネタを探さなきゃですねー」など、波田をいじるコメントが寄せられた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/071cf1a62fe600eeaf49d4430ad32d3abcec4be8



(出典 www.news24.jp)

 【体操】白井健三、早すぎた引退の背景は リオ五輪後の“異変”…「昔は絵に描いたような好青年だったのに」

1 首都圏の虎 ★ :2021/06/30(水) 11:35:46.62 ID:CAP_USER9.net

 24歳の若さで現役引退――2016年リオ五輪で体操団体金メダル獲得に貢献し、個人でも跳馬で銅を獲得した“ひねり王子”、白井健三のことである。

彼が脚光を浴びたのは13年、高校生として日本体操史上初めて世界選手権に出場し、ゆかで金メダルを獲得したときだ。その後も世界選手権で活躍した白井は、17年にはJOCの「シンボルアスリート」に選ばれた。

「異変が目に付くようになったのはその頃からです」

 と、日本体操協会関係者が声を潜める。

「彼は、日体大の先輩の内村航平や、同級生のスキージャンプ・高梨沙羅のように“プロとして稼ぎたい”と大学側に掛け合うも、認められなかったそうなんです」

 翌18年にはこんなトラブルがあった。

「ハウス食品のカレーのCMに出演した際、事前に体操協会に連絡していなかったことが問題になりました。ライバル社の明治が協会のスポンサーだったことも火に油を注いだ。結局、CMは早期で打ち切られてしまいました」(同)

 この年の世界選手権で白井は金メダルゼロに終わる。

 19年、日体大を卒(お)えた白井は同大大学院に進むも、

「所属先として日体大に加えて、父親が経営する体操クラブも併記したため、また日体大の眉を顰めさせた」(同)

 この年は代表落ちし、世界選手権は出場すら叶わず。いずれも成績低下とシンクロする残念な裏話である。

 そして、今年の東京五輪。代表選考で白井は当選圏遥か下位に低迷し、落選した。

「昔は絵に描いたような好青年だったんですが……」

 と、スポーツ紙体操担当記者が嘆く。

「近年は、記者に“何でそんな質問に答えなきゃいけないんですか”と突然キレたり、低得点をつけた審判に対して“理解できない”と感情をあらわにしたり……。実は一時期、記者の間で白井は“黒井”という仇名で呼ばれていました」

 早く咲かば早く散る――を体現した体操人生だった。

「週刊新潮」2021年7月1日号 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/7552755629bb426d17d45e3b69ad9857f2e79086

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


このページのトップヘ