トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

現場スタッフ

【芸能】フジ『バイキング』終了に現場スタッフは大喜び「次はTBS『ラヴィット』風のバラエティを」



1 爆笑ゴリラ ★ :2021/12/16(木) 20:24:54.36

12/16(木) 16:02
SmartFLASH

フジ『バイキング』終了に現場スタッフは大喜び「次はTBS『ラヴィット』風のバラエティを」
Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.
 12月13日、俳優の坂上忍(54)が総合MCを務める昼の情報番組『バイキングMORE』(フジテレビ系)を2022年3月に終了すると発表した。

 坂上は「2年ほど前から、どこかで区切りをつけなくてはと思い始めた。動物保護は片手間ではできない。このタイミングが番組を卒業する区切りとしては、ベストなのではないかとお願いした」と、自ら降板を申し出たことを明かした。
 
 この発表に歓喜しているのが、同番組のスタッフだ。
 
「12日、スタッフを集めた場で上層部から説明がありました。『番組は3月いっぱいで終わります。坂上さんから、僕だけ卒業させていただいて、番組は存続してほしいという要望もありましたが、会社と協議を重ねて番組を終了することになりました』ということです。みんなこの発表を聞いたとき、神妙な顔をしていましたが、内心喜んでいるスタッフは多いんですよ(笑)」(番組スタッフ・以下同)

 その原因は、坂上の細かさとパワハラ体質だ。

「坂上さんが台本通りに進行してくれることはありませんし、当日の放送前、放送後はバタバタなんです。その日に扱うニュースは坂上さん自身が選んでいるのですが、ニュースのための資料をお渡しするのが遅いと、『早くしてよ!』『まだなの?』ときつい口調で責められます。本番直前に内容を変更することも多く、とにかくハードな現場でした」

 さらに、ほか出演者からの“苦情処理”もスタッフの仕事だったという。


『打ち合わせ通りいかないと困りますよ。資料もそれのために用意してあるのに・・・』と、苦情を言ってくるゲストが何人かいて、そういう方々に謝ったり宥めたりするのも大変で。もちろん、坂上さんが縦横無尽に話題を変え、ゲストに唐突な“フリ”をするのが『バイキングMORE』の魅力ではありましたけどね。それだけ、スタッフは苦しい思いをしているということです」

 だが今回の番組終了は、一部週刊誌が報じたような“打ち切り”ではないという。
 
「フジテレビは、坂上さんには恩義がありますから。長寿で人気もあった『笑っていいとも!』の後継番組ということで、MCに手を挙げてくれる人がなかなかいなかったんです。なので、当初の『バイキング』は全曜日でMCを交代していました。『いいとも』よりも人気が出る可能性は限りなく少なかったし、批判を受けるのはわかりきっていましたから。そこで、手を挙げてくれた坂上さんには、フジテレビは頭が上がりません」

 気になる後継番組は、バラエティー路線に舵を切る予定だという。

 
「『ラヴィット!』(TBS系)ふうのバラエティー寄りの情報番組にするのではないかという話が出ています。『バイキングMORE』の魅力は、ネットニュースになりやすい過激な議論。注目は集まりますが、そのぶん放送後の苦情対応なども大変でした。今よりは負担は減るんじゃないかと期待しているのですが・・・」

 いずれにせよ、後継番組のMCに大きな期待がかかるのは間違いない。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/83ee39bf58378a0fd213a79ac33bb6b987984681



(出典 i.daily.jp)
【芸能】麒麟・川島も「もっと笑いで攻めたい」と宣言! コロナ疲れ主婦に『ラヴィット!』が刺さり始めた


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/05/25(火) 08:09:48.29

5/25(火) 6:10
SmartFLASH

 麒麟・川島も「もっと笑いで攻めたい」と宣言! コロナ疲れ主婦に『ラヴィット!』が刺さり始めた

 5月17日『ラヴィット!』にゲスト出演した盟友・千鳥について、「一緒に番組やってくれたら嬉しいですけどね」(川島)
「視聴率低迷が取りざたされ続けていますが、現場のスタッフのあいだでは最近、『まだ巻き返せる!』という声が高まってきているんです」


 そう語るのは、朝の情報番組『ラヴィット!』(TBS系)の関係者だ。同番組は “日本でいちばん明るい朝番組” をキャッチフレーズに、ニュースを一切扱わないというスタンスで、2021年3月にスタートした。お笑いコンビ「麒麟」の川島明(42)が、初めて帯番組MCを務めることも、番組開始前から話題になった。

 「ただ、現状は視聴率でかなり苦戦しています。同時期に、同じ朝8時台で始まった俳優の谷原章介(48)がMCを務める『めざまし8』(フジテレビ系)が視聴率5%台をキープする一方で、『ラヴィット!』は、ほとんどが1%台という低空飛行ぶりなんです」(スポーツ紙芸能デスク) 
 
そのなかでの「巻き返せる」とはーー。前出の番組関係者が続ける。

 「番組後半でおこなっている『プロが教えます! ラヴィット! ランキング』のコーナーが、いわゆる “主婦層” に好評なんです。最近はこのコーナーが放送されている時間帯は、30~40代女性の視聴率で『めざまし8』を上回ることが増えてきています」

 ワイドショー色が強い『めざまし8』はいま、新型コロナ関連のニュースに終始している。そのためか、前の時間帯の『めざましテレビ』からの流れで見ていた女性視聴者が、放送時間が進むにつれて離脱していく “右肩下がり” の傾向が強いという。

「もともと、『ラヴィット!』がメインターゲットに考えていた視聴者は主婦層でした。ターゲットに番組が刺さり始めたということです。このまま地道に番組作りを続けていけば、もっと視聴率は伸ばせると踏んでいます」(同前)

 この “兆候” だけでなく、MCを務める川島自身も、番組が成長できる方向性を考えているという。

 「川島さんは番組をよりよくするために、『もっと “おもしろい番組作り” を意識しましょう』と、プロデューサーなどに掛け合っているんです。

 いまの『ラヴィット!』は情報番組に寄りすぎていて、川島さんが想定している “朝のバラエティ” という方向性から遠くなっています。ただ、それを押しつけるのではなく、オンエア後に楽屋でスタッフたちと積極的に意見交換をしています」
(同前)

 世間の厳しい評価から逃げず、『ラヴィット!』への強い愛情を持っている川島。5月21日の生放送前、彼に番組MCとしての決意を直撃した。この日は金曜日とあってか、少し疲れ気味の様子だったが、丁寧に対応してくれた。

ーー「ラヴィット! ランキング」の時間帯は視聴率が好調で、『めざまし8』に追いつかんばかりと聞きました。

  「いやいや、僕というより、ゲストさんやスタッフさんみんなのおかげですよ。主婦層の皆さんの支持を集めているという点についても、まだまだやと思っています」

ーー川島さんとしては、もっとバラエティ色を強くした “おもしろい番組” にしたいと聞きましたが……。

 「その気持ちはありますよ。出演者に芸人さんも多いので、少しずつでも、そういう要素を増やしていければと。やかましいと言われるくらいの番組にしていきたいですね」

ーーやはり、もっともっと “笑い” を生み出せるような番組でないとダメですか?

 「そうです。せっかく僕がMCをやらせてもらっているので、笑いで攻めたいんです」

 漫才、大喜利、トーク術…これらを兼ね備えた “万能型芸人” の矜持だ。笑いものではなく、笑わせる側になってやるーー。

(週刊FLASH 2021年6月8日号) 
 
 
https://news.yahoo.co.jp/articles/78ef5c4db7b28764dd499156986009147207594d


このページのトップヘ