トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

現場


(出典 bunshun.ismcdn.jp)




1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/01(木) 07:19:42.72 ID:CAP_USER9.net

7/1(木) 5:15
東スポWeb

麒麟・川島明がピリピリ、イライラ…低迷「ラヴィット!」で企画にダメ出しも
プレッシャーのかかる麒麟・川島明
 お笑いコンビ「麒麟」川島明(42)のイライラが止まらない。原因はMCを務める朝の情報番組「ラヴィット!」(TBS系)だ。マジメな性格であるがゆえに低視聴率に責任を感じ、川島は現場でもずっとピリピリしているというのだ。企画に次々とダメ出しするほど追い込まれている。

 今春始まったばかりの「ラヴィット!」だが、世帯視聴率は一時1%台に落ち込むほど低迷し、放送開始から連日、低視聴率がニュースになったほど。日に日に川島の顔から明るさが消えていったという。

「低視聴率のため、1年半で終わった『グッとラック!』の後番組とあって並々ならぬ思いだった川島だが、まさかの前番組以下の数字を叩き出してしまい顔面蒼白に。元気がどんどん無くなり、いつも思いつめた表情でスタジオにいますよ」(TBS関係者)

 確かに「ラヴィット!」は「グッとラック!」と同様、時にはそれ以下の視聴率だが、その一方で「コア視聴率は『グッとラック!』より上がった」と言うのは別のTBS関係者。ただ「それを川島に伝えても焦りがなくなることはなく、声を荒らげて企画にダメ出しすることも。それほど追い込まれています」

 コア視聴率とは、主に子供~49歳を対象にした視聴率のこと。ダウンタウンの松本人志がツイッターで「コア視聴率はスポンサー的にも局的にも世帯視聴率より今や重要な指標なんです」と言及したことで、世間的に一気に広がったワードだ。

 確かにいま、テレビ各局は世帯視聴率よりもコア視聴率、個人視聴率を重視している。もちろん川島もそれは分かっているのだが、いくら「グッとラック!」以上といっても低いことには変わらず、責任を痛感してどうしてもイライラしてしまうようだ。

 秋にスタートする、安住紳一郎アナがMCを務める新番組「THE TIME,」(金曜MCは香川照之)と番組合併なんて話まで出ていた「ラヴィット!」だが、これまで通りの形で番組存続は決まった。

「安住の新番組の放送枠を延長し、『ラヴィット!』の開始時間を遅らせるという報道もあったが、これまで通り午前8時開始のままです。そういう案がTBSで持ち上がったのは確かですが、安住があまりにも長い枠は嫌がったみたいです」(前同)

 川島は先月、自身のラジオ番組で、医師の診察の後に薬剤師からも「どうされました?」と重ね聞きされると、怒ることではないのにブチ切れてしまうと告白し、炎上してしまった。こんな小さなことでもイライラしてしまうのも、「ラヴィット!」の低視聴率が原因となっているのだろうか? 小さなことにも腹を立てず、リラックスした日々を過ごすには視聴率のV字回復しかなさそうだ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/0cd4be83e536501d35e17813079288e2dabda0a2




(出典 plus.paravi.jp)
【芸能】石原さとみへの激怒報道を一蹴!綾野剛が現場で見せた男気


2月中旬、寒い中撮影に励む石原/Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved.

関東近郊で、石原さとみ(34)がドラマ撮影しているのを本誌が目撃したのは2月中旬のこと。

「その日は、4月スタートのドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)の撮影ですね。綾野剛さん(39)とW主演のラ*トーリーです。石原さんは魚オタクの海洋学者を演じています」(テレビ誌記者)

石原といえば、1月中旬に新型コロナウイルスの陽性が判明。

「無症状ではありましたが自宅療養を経て、2月に入ってから仕事に復帰しています」(芸能関係者)

石原の感染がすぐに公表されず週刊誌報道で明らかになったことから、綾野サイドが怒っているという一部報道もあった。さぞ緊迫感のある現場かと思いきや……。

「綾野さん本人は、怒っているどころか、現場で冗談を言って石原さんを笑わせたりしていますよ」

そう語るドラマ関係者は、そこに石原への気遣いがあると見る。

「石原さんの療養で撮影日程を多少、動*ことになりました。ご本人に非はないですが、石原さん自身は“自分のせいで……”と気にするかもしれない。綾野さんは、彼女の負い目を軽くしようと、現場の雰囲気を和らげる盛り上げ役を買って出ているように見えます」

新型コロナウイルスが理由のハラスメントを“コロハラ”というが、“コロハラNG!”とばかり綾野は男気を発揮しているのだ。

「綾野さんは新しいスタッフが入ってもすぐ気がつくし、現場になじめていない共演者がいたら積極的に話しかけるタイプ。現場全体を見ることができる方なんです。それに今作に懸ける意気込みは半端じゃない。これまで縁のなかった本格的なラ*トーリーですから、撮影をすごく楽しみにしていたといいます」(制作関係者)

作中で恋に落ちる石原と綾野は、演者としても“相思相愛”だそう。

「頬をくっつけるシーンがあったんですが、石原さんが『綾野さんの肌の水分量、好きです! 』と、番宣の番組で話していました(笑)。綾野さんも、石原さんが撮影前ににんにくを食べたことを反省すると『基本、全部愛おしいんで全然気にならない』と笑っていましたね」(テレビ局関係者)

コロナ感染を乗り越えた石原は、頼もしい相手役に恵まれ、撮影に没頭する日々を送っている。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/1093176e52829b18a7bf42077d1cb8d117880da5




(出典 quizjapan.com)
【芸能】浜田雅功「ここ座っとけ」 近寄りがたかった中山美穂を一変させ、スタッフも驚き  


1 朝一から閉店までφ ★ :2021/01/18(月) 07:15:52.79 ID:CAP_USER9.net

https://japan.techinsight.jp/2021/01/sekihara01171215.html

エンタがビタミン 2021.01.17 16:42 NEW! writer : sekihara

【エンタがビタミン♪】浜田雅功「ここ座っとけ」 近寄りがたかった中山美穂を一変させ、スタッフも驚き

ダウンタウンの浜田雅功(57)と女優・中山美穂(50)が27年来の仲良しというと、特に若い世代では接点が思い浮かばないかもしれない。近年はMCとして活躍中の浜田だが、1990年代にはいくつもの連続ドラマで主役やメインキャストを務めていた。その浜田と過去にドラマで共演してから親交が続いている中山が、このほどバラエティ番組で当時を振り返りトークを弾ませた。

1994年放送のTBS系連続ドラマ『もしも願いが叶うなら』で、兄妹を演じた浜田雅功と中山美穂。浜田がゲストとロケをしながらトークを繰り広げる『ごぶごぶ』(MBS毎日放送)には前回に続き12日放送分でも中山美穂が登場した。歌手と女優を両立していたアイドルだった中山は、もっとも多忙な時期は「一日分刻みのスケジュールでお風呂入りにおうちに帰るぐらい。それでまたすぐ出発という感じ」だったそうで、そのような激務が続き体調を崩したことがきっかけで少し仕事をセーブするようになったという。

浜田とのドラマの撮影時期も合間に別の仕事をこなす忙しさだったが、「(ドラマの台本を)覚えるのって不思議なことに慣れちゃうと1回読んだだけでも覚える脳になる」と中山。これに浜田は「すっげぇーなー。俺、必死で覚えてた、ホンマに」と感心していた。アドリブが効く漫才を覚えるのとは勝手が違うそうだ。

しかしそんな中山に浜田がアドバイスしたこともある。“コケ方”や“間”を中山に直接指導した浜田だが、他にも中山が現場に溶け込むきっかけを浜田は作っていた。「ちょっと近寄りがたい空気を出していたと思うよ」と当時の中山の印象を浜田が語ると、中山も「あったかもしれないですね」と応じた。当時は「人見知りで黙っていると怒っているふうに見られた」という中山は、

ドラマ撮影の間に共演者たちが前室やそのあたりで待機しているのに、中山ひとりだけ毎回楽屋に戻っていたそうだ。これを知った浜田は次に中山が楽屋に戻ろうとするところを捕まえて、「ここ座っとけ」と浜田の隣に座らせたのだ。「そっから(楽屋に)帰らなくなった」と浜田が明かしたが、スタッフたちもこの中山の変化に相当驚き、これをきっかけに中山は周りと打ち解けたと浜田は振り返った。中山が「私いまだに楽屋は使わなくなりました」と口にすると、浜田も「本当? そうなんだー」と感じ入っていた。

https://japan.techinsight.jp/2021/01/sekihara01171215.html/2


【【浜田雅功】近寄りがたかった中山美穂を一変させ、スタッフも驚き】の続きを読む

このページのトップヘ