トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

獲得

83f06_28_d97a54ad_71b6668a
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か


金メダルを獲得した侍ジャパンの稲葉篤紀監督(49)は8日の会見で「素晴らしい選手たちと野球がやれて幸せだった」と語った。メジャーリーガーが参加しない6カ国での大会。「勝って当たり前」といわれる中、5連勝で悲願の金メダルをもぎ取った。「これで少しでも野球をやってくれる人が増えてくれれば」と指揮官。そんな大会で株を上げた選手、下げた選手は誰か。ナ・リーグのあるスカウトがこう明かす。

「まずは千賀滉大(28=ソフトバンク)です。今年4月に左足首の靱帯を損傷して離脱していましたが、予選の米国戦で2回を投げて5奪三振無失点の好投。同じ米国との決勝でも159キロを出して1回無失点だったので安心しました。開幕投手を務めて準決勝の韓国戦でも先発した山本由伸(22=オリックス)はまだ若く、メジャー挑戦は当分先だろうけど、今回の投手の中で注目度はナンバーワンでした。4番の鈴木誠也(26=広島)は準決勝まで1安打と苦しみながらも、予選の米国戦で打った場外に飛び出しそうな特大弾は衝撃的だった。決勝で2安打したし、貴重な四球も選んでいた。右翼の守備力、強肩も含め、評価は変わらない。来オフか今オフか、ポスティングが認められた時の準備は進めている。

日本以外では、米国の主砲オースティン(29=DeNA)は打率・4割以上(.417、2本塁打、7打点)の活躍で打者の中で最も目立っていた。ドミニカ共和国のエース左腕メルセデス(27=巨人)は日本戦で好投。3位決定戦でもリリーフとしてチームを3位に導き、評価を上げました」

メジャー球団は菅野の獲得に消極的

逆に株を下げたのは誰か。

「予選の米国戦で4回途中でKOされた田中将大(32=楽天)は、結局この1試合の登板で終わってしまい、不完全燃焼だったでしょうね。注目された大舞台であの投球では、このオフのメジャー復帰は難しいかもしれない。もうひとりは菅野智之(31=巨人)です。今季は右肘の故障もあって調子が上がらないみたいだし、五輪で状態を確かめたかったのに代表を辞退した。今季中に海外FA権を取るし、今オフの目玉候補ではあるけど、正直なところ、メジャー球団は菅野の獲得について消極的になりつつあります」(前出のスカウト)

青柳晃洋(27=阪神)は中継ぎとして2試合で5失点。五輪防御率27.00と完全に自信を喪失した。阪神では前半戦8勝2敗、防御率1.79のエース格として首位の原動力になっていただけに、後半戦で立て直せるかが懸念材料である。「代表辞退組」でも“得”をしたのは、左第十肋骨骨折からの復帰を目指す中川皓太(27=巨人)ではないか。五輪に出られなかったのは残念だろうが、約1カ月半のリハビリ期間を使い、9日に打撃投手ができるまでに回復した。この間の公式戦はほとんど休止中だった。今季は32試合で2勝2敗1セーブ、防御率3.52。巨人の絶対的セットアッパーだけに、原監督はほくそ笑んでいるに違いない。
日刊ゲンダイ
侍ジャパンが金獲得も株を下げた選手 田中将大のメジャー復帰は困難か - ライブドアニュース (livedoor.com)



(出典 toyosu.tokyo)
 【東京五輪】日本は金27、銀14、銅17の計58個メダル獲得 全競技を終え総数確定



1 muffin ★ :2021/08/08(日) 14:07:57.52

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202108080000551.html

東京オリンピック(五輪)の日本選手団は8日に全ての競技を終え、獲得したメダルは金27、銀14、銅17の計58個となった。

すでに大会14日目に、過去最多だった2016年リオデジャネイロ五輪のメダル総数41個を上回っており、8日の最終第17日に女子バスケットボールと自転車女子オムニアムの梶原悠未がともに銀メダルを獲得し、総数が確定した。


侍ジャパン37年ぶり悲願の金メダル!稲葉監督は涙 無傷の5連勝で完全優勝


NO.9728924
 
侍ジャパン37年ぶり悲願の金メダル!稲葉監督は涙 無傷の5連勝で完全優勝
侍ジャパン37年ぶり悲願の金メダル!稲葉監督は涙 無傷の5連勝で完全優勝
 「東京五輪・野球・決勝、日本2-0米国」(7日、横浜スタジアム)

 侍ジャパンが公開競技だった1984年ロサンゼルス五輪以来、37年ぶりの金メダルを獲得した。5投手の継投で米国を完封。今大会無傷の5連勝で頂点に立った。

 正式競技では初、悲願の金メダル獲得。試合終了の瞬間、稲葉監督は歓喜の涙を流した。


 主導権を奪ったのは両軍無得点の三回。1死走者なしで、村上が左中間席へ今大会初アーチとなるソロ本塁打を放ち先制した。八回には吉田正の中前打に相手の失策も重なり、貴重な2点目を追加した。

 稲葉監督が「総力戦」と位置付ける一戦だけに、投手陣もフル回転した。先発した森下は5回3安打無失点と好投。2番手・千賀は制球に苦しみ、2四死球を与えながらも1回を無失点に抑えた。

 七回からマウンドに立った3番手の伊藤もアレンに二塁打を浴びたが、得点は許さず。八回も続投し、先頭のオースティンに安打を浴びたところで降板したが、後を受けた岩崎が三人できっちりと締めた。九回は栗林が危なげなく抑え、歓喜の瞬間を迎えた。

 ▽侍ジャパン今大会の成績

 日本4-3ドミニカ共和国

 日本7-4メキシコ

 日本7-6米国

 日本5-2韓国

 日本2-0米国

【日時】2021年08月07日 22:01
【ソース】デイリースポーツ


(出典 eiga-board.com)
【映画】ホラー映画の金字塔『エクソシスト』新3部作製作決定!デビッド・ゴードン・グリーン監督&レスリー・オドム・Jr.主演


1 muffin ★ :2021/07/28(水) 18:59:52.89

https://eiga.com/news/20210728/6/

ホラー映画の金字塔「エクソシスト」の続編となる新3部作の世界配給権を、米ユニバーサル・ピクチャーズと配信サービスの「ピーコック」が4億ドルで獲得したことが明らかになった。

新3部作は、リブート版「ハロウィン」を大ヒットさせたデビッド・ゴードン・グリーンが監督、人気ホラーを多数手がけるブラムハウス・プロダクションとモーガン・クリーク・プロダクションが製作する。

1973年の映画「エクソシスト」は、ウィリアム・ピーター・ブラッディの同名原作をウィリアム・フリードキン監督が映画化。少女に取りついた悪魔とふたりの神父との戦いを描いてオカルト映画ブームを巻き起こし、アカデミー賞10部門にノミネートされ、脚色賞、録音賞を受賞した。

米バラエティによれば、新作にはオリジナル版で悪魔に取りつかれた少女の母親クリスを演じたオスカー女優エレン・バースティンが同じ役柄で復帰するとのこと。また、我が子が悪魔に取り憑かれたことをきっかけに、救いを求めてクリスを捜し当てる父親役を、「あの夜、マイアミで」のレスリー・オドム・Jr.が演じるという。新「エクソシスト」第1作は、2023年10月13日に全米で劇場公開の予定。第2作以降は、ピーコックでプレミア配信を検討しているという。

「エクソシスト」(ウィリアム・フリードキン監督)

(出典 eiga.k-img.com)


デビッド・ゴードン・グリーン監督&レスリー・オドム・Jr.

(出典 eiga.k-img.com)


【悲報】日本フェンシング史に残る快挙なのに、フジテレビ放送打ち切り ネットで不満の声続出


1 征夷大将軍 ★ :2021/07/31(土) 08:45:35.60

中日スボーツ2021年7月30日 22時25分
https://www.chunichi.co.jp/article/301450

◇30日 東京五輪 フェンシング男子エペ団体決勝(幕張メッセBホール)

 せっかくの快挙なのに…。山田優(27)=自衛隊、宇山賢(29)=三菱電機、加納虹輝(23)=JAL、見延和靖(34)=ネクサス=で臨んだ日本が、決勝でロシア・オリンピック委員会(ROC)に45―36で快勝して金メダルを獲得。ただ、日本フェンシング史上初の快挙にもかかわらず、地上波で生中継していたフジテレビは、メダルセレモニーが始まる前に放送時間終了で打ち切り。ネット上では不満の声が相次いだ。

 「表彰式やらないとかまじか」「フェンシングの表彰式は…??」「あれ、フェンシングのメダルセレモニー 何処で見れるの?!?! 見れないのなら悲しいよ…」「フェンシングのメダルセレモニー見ようと思って待ってたのに放送なし?」。試合後のインタビューも”巻き”で早々に終了。史上初、そして日本フェンシング史を塗り替える快挙だったのに、視聴者にとっては後味の悪さも残ったようだ。

★1が立った日時:2021/07/30(金) 22:28:50.27

前スレ
【五輪】フェンシング快挙なのにフジ中継終了 表彰式見られずネットで不満うずまく「やらないとかまじか」★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627678322/


このページのトップヘ