トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

片瀬那奈

「研音」退所の片瀬那奈に大手芸能事務所が接触? 疑惑を払拭し再スタートを切れるのか


NO.9909119
 2021/10/11 10:27
「研音」退所の片瀬那奈に大手芸能事務所が接触? 疑惑を払拭し再スタートを切れるのか
「研音」退所の片瀬那奈に大手芸能事務所が接触? 疑惑を払拭し再スタートを切れるのか
片瀬那奈(39)が、9月30日をもって芸能事務所「研音」を退所した。このニュースが流れると、マスコミは一斉に"事実上のクビ"、"芸能界からの引退も"などと辛辣な言葉を並べた。所属事務所の大きな後ろ盾を失い、テレビに出演しようにもスポンサーがそれを許さないだろう……というのが大方の見立てだ。片瀬は本当にこのまま消えていくのか。ベテラン芸能マネージャーに聞いてみた。

「薬物に関するニュースが度々報じられてきた彼女に対する印象は確かに限りなくグレーですが、ひとりのタレントとして客観的に彼女を見れば、まだ十分に活躍する余地は残されていると思います。良くも悪くも全国に名前が知れ渡っているわけですから。片瀬レベルのタレントをこれからイチから育てようと考えれば、とてつもない時間とお金と労力が必要になってきます。それを考えれば、既に完成品である彼女にアプローチをかける事務所が現れても不思議ではありません。実際、すでに接触した事務所もあると聞きます」

 2019年11月に片瀬が妹分として可愛がっていた沢尻エリカ(35)が薬物所持で逮捕されたときも、片瀬の名前が何度となく取り沙汰された。にもかかわらず所属事務所が何らかのアクションを起こさなかったのは、いたずらに彼女を刺激したくなかったからかもしれない。さらに取材を進めてみると、今度はドラマ関係者の間からこんな声が漏れてきた。

■13年公開の映画「変態仮面」の妖艶な役柄で評価を高めた

片瀬は、演出家たちの間では"バイ・プレイヤー"としては非常に高い評価を得ています。彼女をキャスティン..
【日時】2021年10月11日 09:06
【ソース】日刊ゲンダイ
【関連掲示板】

【芸能】片瀬那奈のSNSが終了 テレビ各局「最高レベル警戒」で復帰絶望 
1 爆笑ゴリラ ★ :2021/10/04(月) 15:59:44.31

10/4(月) 5:15
東スポWeb

片瀬那奈SNS全削除で〝存在抹消〟 テレビ各局「最高レベル警戒」で復帰絶望
片瀬那奈(東スポWeb)
 9月30日をもって大手芸能事務所「研音」から退社した女優・片瀬那奈(39)の公式SNSが予告通り、10月に入って閲覧できない状態となった。跡形もなく、在籍していたという痕跡が消されてしまった形だ。片瀬自身は犯罪をしたわけではないのだが、特にコンプライアンスに厳しいテレビ界では最高レベルの警戒態勢だという。

 研音は片瀬退社の報告の中で「つきましては9月30日をもちまして、片瀬那奈オフィシャルサイト(PC、モバイル共通)、公式SNSを終了させて頂きます」としていた。その文言通り、公式インスタグラム、ツイッター、ブログなどはすべて抹消されてしまった。

〝きれいなおねえさん〟としてブレークした片瀬に暗雲が垂れ込めたのは一昨年のこと。妹のようにかわいがってきた沢尻エリカが薬物事件で逮捕された。さらに今年7月、交際相手で同棲生活を送る会社社長が麻薬取締法違反(コカイン所持)の容疑で逮捕、さらに同棲していた自宅も家宅捜索され、片瀬自身も任意で尿検査を受けて陰性だったと報じられた。片瀬の説明を受けて、研音は一度は家宅捜索と尿検査を否定するも、翌週に撤回した。「片瀬は事実上の解雇ということ」(芸能関係者)

 今後はフリーとなるが、現状ではとてもまともな芸能活動はできそうにない。自身の周辺で起きた薬物事件、研音退社となったせいで、業界内の警戒度は最高レベルに設定されているからだ。「テレビ局の間では、それこそクスリで有罪になった芸能人と同じ扱いと言っていい。それぐらい警戒されている。今後オファーが来ることはまずない」とはテレビ局関係者。今後の片瀬は――。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/e167af1c886f2c343a28c67becf3ed2c6623d55d
★1 2021/10/04(月) 11:34:45.73
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1633314885/



(出典 frf-en.jp)


 【芸能】片瀬那奈は事実上のクビだった ドラマ関係者から「一緒に仕事はできない」との声が噴出


1 爆笑ゴリラ ★

10/2(土) 10:00配信
デイリー新潮

片瀬那奈

 女優の片瀬那奈(39)が9月30日をもって所属する大手芸能事務所・研音との契約を解消した。7月上旬に同棲相手が*取締法違反容疑=コカイン所持=で逮捕され、片瀬も尿検査を受けたことに端を発するもので、事実上のクビ。片瀬を受け入れる新たな事務所は今のところなく、フリーの立場になる。

 研音の片瀬のスタッフが発信しているファン向けのツイッターの更新は7月21日を最後に止まったままだった。その日、片瀬がフジテレビのバラエティー「突然ですが占ってもいいですか?」に出演することを告知したのが最後。ツイッターの更新をストップした時点で研音は片瀬との契約を解消する腹を固めていたと見ていい。

 文春オンラインが片瀬の5年半前からの同棲相手で、元IT企業社長・岡田英明容疑者(39)の逮捕を報じたのは翌22日だった。2人の自宅が家宅捜索されたことや片瀬も薬物使用の有無を確かめる尿検査を受けたことが併せて報じられた。

 片瀬は2019年11月に妹分の沢尻エリカ(35)が同容疑=合成*所持=で逮捕された時も名前が取りざたされた。さらに同棲相手の逮捕。もはや研音内に居場所がなくなった。

今後の仕事の可能性は
 片瀬は9月14日までは、関西テレビが制作しフジが放送している連続ドラマ「彼女はキレイだった」(火曜午後9時)に出演していたが、新たな仕事の予定はない。これから新たな仕事が入る可能性も低い。7月下旬の時点でドラマ関係者やほかの事務所から「もう片瀬さんとは仕事が出来ない」という声が噴出していた。

 なぜなら、片瀬に万一のことがあったら、何もかも台無しになってしまうから。ドラマ、映画は撮り直しや制作中止になる。ほかの事務所は役者のスケジュールを狂わされる。

 最後まで放送された「彼女はキレイだった」も研音が万が一の時のことを保証していたという。片瀬に何かあったら、責任を取ると約束していたのだ。

 今後、ドラマが片瀬を起用しようとすれば、スポンサーからクレームが付く可能性が高い。商品のイメージを上げるために大金を払ってドラマを提供するのに、商品のイメージを落とす恐れのある役者の出演を歓迎するスポンサーはいない。視聴者の声に敏感なNHKへの出演はもっと難しい。

 7月下旬の時点で別の事務所の幹部たちは、契約解除は既定路線と語っていた。

「事務所にも会社のブランドというものがある。片瀬のような役者がいると、ブランドが傷つき、ほかの役者のイメージも悪くなってしまう。また、片瀬も*をやっていたと断定する記事を週刊文春が載せており、これは絶対に見過ごせない」(芸能プロ幹部)

 違う芸能事務所のスタッフも片瀬の契約解除は避けられなかったとした上で、こう話した。

「もし、研音が片瀬を信じ、守るつもりだったら、薬物を使用していると書いた文春に法的措置を講じたはず」(違う芸能プロの社員)

クリーンな「研音」
 だが、研音にその動きはなかった。

 研音は競艇専門紙「研究出版」の音楽事業部として1973年に設立された。1982年には中森明菜(56)をデビューさせ、売れっ子に育て上げたものの、1990年代以降は役者が中心の芸能プロに舵を切った。

 その戦略は成功。今や山口智子(56)、天海祐希(54)、菅野美穂(44) 榮倉奈々(33)、唐沢寿明(58)、反町隆史(47)、竹野内豊(50)、沢村一樹(54)ら大物や売れっ子がズラリ。

 そろってクリーンな印象を持たれているのも特徴だ。だからCM契約が多い。片瀬の存在は異端だった。ほかの役者たちの足を引っ張ってしまう恐れがあった。

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/56837071f85385bf554b037022714784da8472ba


このページのトップヘ