トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

無限列車編


(出典 img2.animatetimes.com)
【アニメ】『鬼滅の刃 無限列車編』放送中止に!? 京王線刺傷事件の余波で…


1 ネギうどん ★ :2021/11/02(火) 11:10:29.15 ID:CAP_USER9.net

10月31日のハロウィンの夜、京王線車内で男が刃物を振り回す事件が発生。この事件を受け、TV版『「鬼滅の刃」無限列車編』(フジテレビ系)が放送中止になるのではないかと心配の声が相次いでいる。

事件は、東京都・調布市の京王線国領駅付近を走行していた特急電車内で発生。報道によると、『バットマン』シリーズに登場するジョーカーの仮装をしていた犯人が刃物で次々に乗客に切りつけ、その後、油のような液体をまいてライターで火をつけたという。事件によって1人が意識不明の重体、16人が重軽傷を負った。

電車内で事件が起きたということで、ネット上では、

《鬼滅の刃、無限列車編は不謹慎とか言い出すのでは…》
《まーた不謹慎に敏感なテレビ局が反応して鬼滅の刃が放送中止なるで…》
《トップニュースが選挙よりも昨夜の京王線なんだけど、これ見ちゃうと鬼滅映画の列車のやつも恐怖にしか感じないね…》
《電車内で刃物を振り回し、火をつける事件が起きたとなると「鬼滅の刃」無限列車編が不謹慎として中止になりそう》


などと心配する声が。現在放送されているTV版「『鬼滅の刃』無限列車編」と同事件を重ねる人が多く見受けられた。

『鬼滅の刃』は不謹慎? 事件に左右されるアニメ
また中には不謹慎なアニメファンもいるようで、京王線の事件のニュースに関するネットニュースには《無限列車編か?》というような書き込みも。これに作品のファンからは、

《京王線の放火事件のニュースに「無限列車」とか言うリプライ送るオタク、マジで品性を疑うわ…》
《京王線の事件を検索してたら鬼滅の無限列車の再現~とか茶化してるクソを見かけたんだが》


といった怒りの声が寄せられている。

余談だが、現実に起こった事件の影響で放送休止になるアニメは意外と多い。2019年7月18日に発生した京都アニメーションの放火殺人事件の影響で、20日に放送予定だったアニメ『炎炎ノ消防隊』が見送りに。その翌週に放送を再開した。

放送中止とまではいかずとも、今回の京王線で起きた事件を受けて放送が見送られる可能性は十分にあり得る。果たしてフジテレビはどのような対応をとるのだろうか…。

https://myjitsu.jp/archives/313072



(出典 appmedia.jp)
【視聴率】アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」第1話10・0% 日曜深夜異例の高視聴率


1 ひかり ★ :2021/10/11(月) 09:17:21.59 ID:CAP_USER9.net

 テレビアニメ「鬼滅の刃 無限列車編」が10日、フジテレビ系列で全国放送され、第1話「炎柱・煉獄杏寿郎」(後11・15~)の平均世帯視聴率は10・0%(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、わかった。

 原作単行本全23巻で累計発行部数が1億5000万部を突破した漫画「鬼滅の刃」(集英社ジャンプコミックスより刊行中)を原作としたテレビアニメ「鬼滅の刃」。2019年4月に「竈門炭治郎 立志編」の放送が開始し、2020年10月には「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が上映され、空前の大ヒット。社会現象化し、映画の国内興行収入は400億円を超えて歴代最高を記録した。

 同局では、9月25日に「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」を「土曜プレミアム」(後9・00)でテレビ初放送。世界最速、全編ノーカット放送で、平均世帯視聴率21・4%をマークした。

 10日に放送されたテレビアニメ版「無限列車編」の第1話は、煉獄杏寿郎が鬼殺隊本部を旅立ち無限列車へと向かう道中の任務を描いた完全新作エピソード。第2話~第7話も、無限列車での任務を約70カットの新たな映像・BGMが加えられ、「遊郭編」に続く物語を丁寧に描く。主題歌は劇場版に引き続きLiSA(34)が担当し、オープニングが「明け星」、エンディングが「白銀」となる。

 初回放送終了後には「煉獄さん」「牛鍋弁当」「うまい!」など関連ワードが続々トレンド入りする反響を見せた。

 アニメ第2期「遊郭編」は、同局で12月5日にスタートし、日曜午後11時15分から30分間(初回は1時間)で放送されることが決まっている。

スポニチ

https://news.yahoo.co.jp/articles/667fad91d91a5ec5469b46aa78f0b7e0be2731c8


NO.9506443 
映画『鬼滅の刃』国内史上初の興収400億円突破 全世界で総興収517億円
映画『鬼滅の刃』国内史上初の興収400億円突破 全世界で総興収517億円
 昨年10月16日に公開されたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の最新の興行収入が発表され、大台となる興収400億円を突破した。日本国内では累計来場者数2896万6806人、興行収入400億1694万2050円を記録し、日本を含めた全世界(45の国と地域)での累計来場者数は約4135万人、総興行収入は約517億円を記録したことが24日、アニプレックスより発表された。400億円を超えた作品は国内史上初めて。

 同作は、公開3日間で興行収入46億円、10日間で107億円、24日間で204億円、59日間で興収300億円、公開16日間で動員数1000万人、45日間で2000万人を記録した大ヒット映画。公開73日間で、『千と千尋の神隠し』の316.8億円(興行通信社調べ)を超え歴代興収1位の記録を塗り替え、記録を伸ばし続けている。

 アメリカ、台湾、香港、オーストラリア、中南米など45の国と地域で上映。4月23日に約1600館で公開となったアメリカでは、5月21日までに累計推定来場者数約351万人、興行収入4395万6487ドル(約47.8億円)を記録している。今後はイギリス、アイルランド、オランダ、トルコなどでの公開も予定されている。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億5000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。


【日時】2021年05月24日 12:31
【ソース】ORICON STYLE

このページのトップヘ