トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

浮上


(出典 www.yumeyado.jp)

【GoTo…】「GoToトラベル」上限に減額案。利用者殺到での感染懸念に配慮、大幅減額しつつ年末まで延長も。政府検討

1 記憶たどり。 ★ :2021/02/22(月) 09:55:49.25

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d28fefa7fe7b5c155f6b7e62e19c15a28e1c77d

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い全国で停止中の観光支援事業「Go To トラベル」をめぐり、
再開する場合には1人1泊2万円の補助上限を減額する案が政府内で浮上
していることが分かった。


上限を1万円に見直し、さらに段階的に引き下げる案や、5000円に大幅減額しつつ
期間を秋から年末まで延長する案が出ている。複数の政府関係者が21日、明らかにした。


トラベル事業は旅行代金の35%を割り引き、15%分は買い物などに使える地域共通クーポンとして利用者に配る。
補助額の上限は1人1泊2万円。2020年度第3次補正予算では事業費約1兆円を盛り込んだ。
しかし、新型コロナの感染拡大を受け、昨年12月から全国で停止している。


1月の緊急事態宣言再発令後、感染拡大に一定の歯止めがかかりつつあるとみて、政府は事業再開が可能かどうか検討。
トラベル事業について、宣言が全面解除された場合をにらみ、早ければ月内にも政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会で
議論する見通しだ。

政府内では、事業を再開する場合、各都道府県の感染状況が「ステージ2」程度となることを条件に、
当初は県内発着に限定する案が浮上。現行2万円の補助上限額については、利用者が殺到して感染リスクが高まる懸念があることや、
これまで高級宿泊施設に利用が偏っているとの指摘を考慮し、減額が検討されている。


具体的には、補助上限額を1万円に改めた上で、さらに数カ月単位で段階的に引き下げる案がある。
財務省では、5000円に減額しつつ、事業期間は3次補正で想定した「6月末まで」から延長し「秋から年末まで」とする案も出ている。
財務省幹部は「感染対策との兼ね合いも重要だ」と指摘する。

トラベル事業をめぐっては、地域経済の刺激策として早期再開への期待がある一方で、感染拡大への懸念から
慎重な対応を求める意見も出ている。政府は事業再開が可能かどうか慎重に検討する方針だ。 



(出典 www.satoiko.jp)



(出典 hochi.news)

【芸能】加藤浩次がついに粛清か 今春2番組終了で思い出される「加藤の乱」の顛末

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/22(月) 06:29:33.78 ID:CAP_USER9.net BE:273216514-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

2/22(月) 5:15配信
東スポWeb

闇営業騒動で直撃される加藤浩次

 極楽とんぼの加藤浩次(51)のレギュラー番組がこの春、立て続けに終了する。1993年のJリーグ開幕から放送枠や地域を変えながら続いてきた長寿番組「スーパーサッカー」(TBS系)に続いて、「この差って何ですか?」(TBS系)も終了することが明らかになった。闇営業騒動に端を発した吉本興業上層部批判から1年半。いよいよ〝粛清〟が始まったのかと業界中がザワついている――。

 大のサッカー好きとして知られる加藤は、2001年から「スーパーサッカー」のメーンMCに起用され、TBSサッカー番組の顔として活躍してきた。しかし4月以降、同番組は枠を拡大したスポーツニュース番組「S☆1」に吸収される形となり、消滅することになった。

 さらに一部で、加藤と川田裕美アナウンサーがMCの情報バラエティー番組「この差って何ですか?」も打ち切られることが報じられた。

「昨年秋にテレ朝の『やべっちFC』が終了したことからも分かるように、サッカーニュース番組は存続が難しい時代に入った。また『この差って何ですか?』も、かつては2ケタ視聴率だったが、最近は1ケタに落ち込んでいた。打ち切りもやむなし、といったところ」(TBS関係者)

 確かに視聴率を見ると、番組が終わるのも無理はないのだが、よりによって加藤がMCを務める2番組ということで、不穏な空気が流れているのだ。

一昨年に巻き起こった一連の闇営業騒動の時、加藤は日テレの『スッキリ』で吉本の大﨑洋会長ら幹部を糾弾。いわゆる〝加藤の乱〟を起こした。加藤が吉本とエージェント契約を結ぶことで一応の決着は付いたが、この時のことを吉本幹部は許しておらず、すぐにではなくタイミングを見て仕事を減らしていくのでは?とみられていたと言うのは芸能プロ関係者だ。

 先日、写真週刊誌「フライデー」の直撃を受けた大﨑会長は、テレビ復帰を願う「雨上がり決死隊」宮迫博之に対し「テレビ局と直接やったらええやん。吉本がテレビ局に圧力かけたり、逆にテレビ側が気をつかって降ろすとか噂されてるけど、そんなんあるわけない」と明言していた。

「まあ一つだけ言えるのは、吉本としては加藤のレギュラー番組が減ろうが、もはや守る必要はないということ。加藤は自身が望んでエージェント契約を結んだ。またテレビ局としても吉本に気を使うことなく、数字が悪いという理由で加藤の番組を切れるようになった」(テレビ局関係者)

 また、加藤がMCを務める平日朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の裏番組「グッとラック!」(TBS系)が3月26日で終了。29日から新番組「ラヴィット!」がスタートするが、MCはお笑いコンビ「麒麟」の川島明と田村真子アナウンサーが務める。

「この枠は1996年から『はなまるマーケット』が放送されたが、MCは昨年亡くなった岡江久美子さんと薬丸裕英、その後の『いっぷく!』と『ビビット』は国分太一、続く『グッとラック!』は立川志らくと、吉本にはあまり縁がなかったが、ここに来て吉本の川島がMCの座をゲットした」(同)

「スッキリ」の裏番組に川島のMC起用したウラには〝加藤潰し〟の意図があるとの見方も浮上している。

 現時点で「スッキリ」が終わるという話は出ておらず、加藤がテレビから姿を消すという日は当面来ない見込みだが…一寸先は闇だ。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/9b31f02bbba90c688727b9bca99f75f8ae646346



(出典 innovation.mufg.jp)
【東京五輪】「観客は国内在住者のみ」案 政府内で浮上 1/28(木) 6:38配信


1 孤高の旅人 ★ :2021/01/28(木) 07:17:42.28

東京五輪「観客は国内在住者のみ」案 政府内で浮上
1/28(木) 6:38配信 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/887edc39463f86cffdc6822c694be97e18a3bf9e

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックの観客について政府内で、国内在住の観客に限定する案が選択肢として浮上していることが27日、複数の大会関係者への取材で分かった。国内外で新型コロナウイルスの感染が拡大しているのに加え、新たな変異種も広がりを見せる。五輪開催へ、国民の不安を解消するための手段として国内客限定の案が浮上緊急事態宣言が延長されるなど感染拡大が収まらない事態となれば、観客の上限規制を決める今春を待たず、海外からの観客の入国見送りを前倒しで決断する可能性が出てきた。

   ◇   ◇   ◇

コロナの感染拡大で逆風が強まる五輪に危機感を募らせる政府内では、海外客の受け入れを見送り、国内在住者に限定する案が浮上した。開催に不安を抱える国民や、逼迫(ひっぱく)する医療現場を考慮し、政府内や組織委の中には海外客を諦め、海外からは選手だけを受け入れると早期に国民に示すべきとの考えがある。

政府、東京都、大会組織委員会は昨年12月、コロナ対策の中間整理を発表。海外選手の対策を万全に取る一方で、外国人観客は14日間の隔離免除、公共交通機関の利用を認めることを軸に対策を講じるとした。大会関係者は「隔離なしで公共交通機関を使えるなど、現状を見てありえない」と話す。

コロナ禍でも国内ではプロ野球やJリーグ、バスケットボールBリーグなど多くの競技が観客を入れて実施してきた。その実績を踏まえ、国内在住者に限定すれば五輪でも観客を入れられるとの考え。中止、約900億円のチケット収入がゼロになり、公金を追加投入する可能性が出てくる無観客を避ける狙いもある。

海外向けチケットは100万枚近くを販売。政府関係者は「何十万人という外国人観客が日本に来て感染が広まったら政府は責任を負えるのか。飲酒して公共交通機関に乗り、騒ぐなどしたら国民も怖いだろう」と漏らす。

一方、政府内には五輪をコロナが終息した先のインバウンド復活のきっかけにしたいと考えるグループもある。感染状況が落ち着き緊急事態宣言が解除されたり、ワクチン接種が始まれば世論の雰囲気も変わるとし、判断を焦るべきではないとの考えだ。

昨年12月のコロナ対策の中間整理では外国人観客を含めた観客の取り扱いについて今春に最終判断するとしている。だが、政府関係者の中には緊急事態宣言が延長されたタイミングで、観客の「国内限定案」を具体的に検討する時期になるとの見方もある。国際オリンピック委員会(IOC)との話し合いは必要になるが、「外国人観客の在り方」について前倒しで決定した後、観客の上限規制を決める2段階方式を採る可能性が出てきた。

<東京五輪の観客に関する発言>

▼20年11月 IOCバッハ会長が来日して国立競技場を訪れた際、「開会式で満員のお客さんが入ることを誰もが望んでいる」とフルスタジアムを熱望した。

▼21年1月1日 日刊スポーツのインタビューで組織委の森喜朗会長が「中止はできない。無観客でもやるべきだ」と発言。

▼同22日 バッハ会長がメッセージ動画で「(感染)状況への対処で必要な手段を適切な時期に決める。それは観客の問題にも及ぶ。何人か、観客は入れられるのか」と述べ、無観客も選択肢になりうるとした。


(出典 upload.wikimedia.org)



(出典 i.pinimg.com)




(出典 prtimes.jp)

【芸能】加藤シゲアキの小説が直木賞受賞逃すも高評価 ジャニーズ総出の映像化であの人がシレッと復帰か 

1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/21(木) 05:36:25.03 ID:CAP_USER9.net BE:741322939-2BP(0)


(出典 img.5ch.net)

1/21(木) 5:15配信
東スポWeb

「オルタネート」の高評価にジャニーズ事務所関係者も驚いた

「第164回芥川賞・直木賞」が20日、発表され、直木賞にノミネートされたNEWSの加藤シゲアキ(33)の「オルタネート」は惜しくも受賞を逃した。とはいえ選考会では高く評価する声が多く、業界内では早くも映画やドラマなど映像化の話が浮上。実現した場合、ジャニーズの所属タレントが数多く出演するとみられている。そうしたなか「『オルタネート』のドラマか映画で、〝あの人〟がシレッと復帰するのでは?」との見方が浮上している――。

「第164回芥川賞・直木賞」の選考会が日、東京・築地の「新喜楽」で行われ、芥川賞は宇佐見りんさん(21)の「推し、燃ゆ」、直木賞は西條奈加さん(56)の「心淋(うらさび)し川」に決定した。

 直木賞の候補作には、高校生限定のマッチングアプリを通した高校生の青春群像劇を描いた、加藤シゲアキの「オルタネート」も名を連ねた。加藤は2012年に「ピンクとグレー」で作家デビューし、これが5作目の長編小説となる。

 アイドル初の文学賞受賞者誕生か、と注目が集まったが、今回は惜しくも受賞を逃した。だが選考委員の北方謙三氏は、最初の投票で加藤の作品を含む4作品が残り、決選投票で受賞作が決定したことを明かした。

 加藤の作品について北方氏は「面白くて個人的には非常に推した。青春小説として非常によく書けている。強く推す委員は他にもいた」とし「決選投票になる前、加藤シゲアキに直木賞を受賞させようという機運を作ろうという意思が2、3あったが、もう1作待とうとなった」と話した。

 作風については「欠点がない」と話し「小説の最後にこだわるのではなく、どこかの表現をバッと突き抜け、深いところにボーンと入っていくような小説を書いていただきたい。私はそう切望した」などとアドバイス。

 さらに選考会の様子について「最後に『なんとしても加藤シゲアキに入れてくれ!』と私が頼んだような、そんなところがあった」と吐露した。

 普段は辛口な評価をすることで知られる北方氏がここまで絶賛したことは、受賞を逃したとはいえ加藤の作品がいかに優れていたかの証明になったのは間違いない。

 テレビ局関係者は「アイドルが直木賞の候補になったことで、『文学をなめんな』といった冷ややかな意見もあった。だが、デビューから長く書き続けていることを評価され、最近は徐々に内容などがレベルアップしているという声が多い」と指摘する。

 また「選考委員から高評価だったことに、出版関係者だけでなく、ジャニーズ事務所の関係者も驚いたそうだ」(同)。

 芸能人の文学賞受賞といえば、「ピース」又吉直樹(40)が「火花」で芥川賞を受賞したことが有名だ。同作はその後、映画や舞台、ドラマ化され、より多くの人に知られるようになった。

 ちなみに「火花」の映画版は板尾創路が監督を務め、舞台版では「NON STYLE」の石田明が出演。またNetflixで配信されたドラマ版でも、吉本興業所属の芸人が出演している。

 ある芸能プロ関係者は「今回の直木賞での高評価を受け、『オルタネート』も映画やドラマ、舞台になる可能性が高い。『火花』では、又吉が所属する吉本の芸人が数多く関わったが、『オルタネート』がジャニーズが総出で出演するのでは」と指摘する。

 そうした状況に「あの人の復帰に打ってつけ」という見方も。

「昨年、不倫報道で無期限芸能活動自粛となったマッチこと近藤真彦ですよ。ジャニーズの功労者であるマッチに謝罪会見させるわけにもいかないけど、ジャニーズが総出で出演するなら、そこにシレッとマッチが出ていてもおかしくはない(同)

 作家としての加藤の評価が高まることは、マッチにとっても朗報かもしれない!?

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a37a117a77712fb1e63c94bbb2603f3e25f6d66


【【加藤シゲアキ】小説が直木賞受賞逃すも高評価】の続きを読む

このページのトップヘ