トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

活動再開


1 ひかり ★ :2022/05/16(月) 10:30:04.85

 歌手のGACKTの日本エージェント所属事務所「グラブエンターテイメント」が16日、公式サイトでGACKTの病状経過と活動再開について発表した。

「GACKTの病状経過と活動再開につきまして」と題しサイトを更新。

「尚、病状詳細につきましては医療機関より報告されております通りでございます」とした上で、「ファンの皆様ならびに関係者の皆様には大変ご心配をお掛けしましたが、これまでの海外での療養に加えて日本でも治療を開始している事もありGACKTは順調に回復し体力も戻ってきており、エージェント事務所としましては当該医療機関の主治医ならびにGACKT本人と協議を行った上で病状の回復状況に合わせて年内に芸能活動を徐々に再開させて参ります」とした。

 また、改めて「GACKT本人は日常生活に支障がないくらいに回復しており、徐々に仕事への復帰をしてまいります」と報告している。

 同事務所は2021年9月に、体調悪化によるGACKTの無期限活動休止を発表していた。
ENCOUNT編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/3c0d9990d91e4184d2bd20df3b184eff63b02546


木下優樹菜「えっ?本当に反省したんだけど」嘘泣きも否定


NO.9966916
 
木下優樹菜「えっ?本当に反省したんだけど」嘘泣きも否定
木下優樹菜「えっ?本当に反省したんだけど」嘘泣きも否定
芸能界での活動再開を宣言した木下優樹菜が3日深夜、自身のYouTubeチャンネルに動画をアップし、ファンらからの質問に答えた。木下は10月28日に同チャンネルで謝罪動画を投稿していた。

涙の謝罪から6日後、動画の最初の一言は「チョリーッス!!木下優樹菜でーす」。ワンショルダータイプの白のニットで登場した木下は、満面の笑みでポーズを決めて見せた。

インスタグラムのストーリーで届いた質問に答えるという企画で「来年の目標」「落ち着く場所」などに回答。「謝罪動画の時に泣いたのは嘘泣きですか?」という直球には「人それぞれ、受け取り方はしょうがない。いろんな受け取り方はあるじゃん。嘘泣きか嘘泣きじゃないかっていったら、嘘泣きじゃない」と断言した。

さらに「えっ、、、本当に反省してるんですか?」という剛速球質問も。これには、口を大きく開いて驚いた表情を作り「えっ?本当に反省したんだけど」と呼応するように返した。続けて「ずーっと(落ち込んだ口調で)やってなきゃいけない理由もないと思うし」と言い切った。

自身への好き嫌いの評価は、SNSなどで発信していることの「切り取りの部分のごく一部を見て、パッと見で言ってる。それはしょうがない」と分析。その上で「本当に反省したから謝罪をできたと思うし、反省できていなかったらあの動画は撮れてない。これがシンプル・イズ・ザ・アンサー。ん?シンプルアンサー」とあらためて答えた。

【日時】2021年11月04日 07:07
【ソース】デイリースポーツ


【速報】槇原敬之、活動再開を発表!

1 ドルテグラビルナトリウム(福岡県) [CN] :2021/09/06(月) 11:44:08.90


https://news.yahoo.co.jp/articles/83699e2ef2da6936cf73fa241f080b6ffdd9b4c6

槇原敬之が自身のオフィシャルサイトにて活動再開を発表した。

覚醒剤取締法違反と医薬品医療機器法違反容疑で逮捕されたことに伴い、昨年2月より音楽活動を休止していた槇原。

公式サイトでは活動再開にあたり、ファンおよび関係者に向けた挨拶文が公開され、活動再開に際して
「活動を休止し、今後についてよく考えに考えた末、やはり私には音楽しかないという気持ちに気付き、
楽曲制作をすることに決めました」
とコメントしている。

槇原は復帰作となる23枚目のオリジナルアルバム「宜候」を自身のデビュー日にあたる10月25日に配信、27日にCDリリース。
収録曲はすべて新曲で構成され、デビューから現在までを振り返った「ハロー!トウキョウ」や、 松本圭司のアレンジによる
ジャズナンバー「なんかおりますの」、Tomi Yoが共同アレンジで参加した「人は本来的に多様なものである」という
メッセージが込められた「虹色の未来」、須藤晃作詞の「わさび」など全12曲が収録される。また本作はDVDが付属する初回限定盤、
CDのみの通常盤が用意され、DVDには大久保拓朗が監督を務めた表題曲「宜候」のミュージックビデオが収められる。
ジャケットでは航海の様子が描かれており、デザインは大楠孝太朗が担当した。

さらに10月25日には書籍「槇原敬之 歌の履歴書」が発売される。本作では音楽評論家・小貫信昭の取材によって
槇原が自身の楽曲「どんなときも。」やSMAPへの提供曲「世界に一つだけの花」、ニューアルバム「宜候」のエピソードを語る。


深田恭子が活動再開を報告「心と体も回復」 “適応障害”で5月に休養発表


NO.9804544
 
深田恭子が活動再開を報告「心と体も回復」 “適応障害”で5月に休養発表
深田恭子が活動再開を報告「心と体も回復」 “適応障害”で5月に休養発表
「適応障害」と診断され、治療のため休養していた女優の深田恭子(38)が2日、自身のインスタグラムを更新。活動を再開することを報告した。

深田は「突然の休養となり皆様にご心配とご迷惑をおかけしてしまいました。暖かいご声援とご支援に心から感謝しています。誠にありがとうございます。皆様に支えて頂き、与えて頂いた休養により、心と体も回復しまして、これから活動を再開していくことをご報告します」と発表。

「はじめは小さな一歩かもしれませんが、一歩、一歩、皆様への感謝を忘れずに、私が頂きましたように誰かを勇気づけたり、明るい気持ちになって頂ける、そんな姿でお仕事ができたらと思っています。これからもどうぞ宜しくお願いします」とメッセージした。

深田については、「適応障害」と診断され、所属事務所が5月26日に当面の間、治療を優先し、休養することを発表。「関係者の皆様には大変なご迷惑をおかけすることを心からお詫び申し上げるとともに、私どもとしましても、深田恭子をできる限りサポートしてゆきたいと存じます」と伝えていた。

【日時】2021年09月02日 12:01
【ソース】ORICON STYLE


【芸能】佐村河内守が初告白「鬱々としんどい日々……」、騒動から7年 YouTubeでの作曲活動も再開


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/19(月) 20:54:02.56 ID:CAP_USER9.net

7/19(月) 11:01
デイリー新潮

佐村河内守が初告白「鬱々としんどい日々……」、騒動から7年 YouTubeでの作曲活動も再開
騒動当時の佐村河内守氏(2014年)
 ゴーストライター騒動から、およそ7年。佐村河内守氏(57)は昨年秋、YouTubeを舞台に作曲家としての活動を再開していた。楽曲制作への思いや、騒動後の日々について、初めて本人が語った。
 ***
『交響曲第1番“HIROSHIMA”』などの楽曲を生み出し、「NHKスペシャル」を始め、数々の番組で「全聾の天才作曲家」として取り上げられた佐村河内氏。「現代のヴェートベン」と称された彼が、一転、稀代のペテン師として世間から大バッシングを受けることになったのは、作曲家の新垣隆氏(50)が彼に成り代わって作曲を行っていたことを告白した2014年2月のことであった。

 佐村河内氏は会見を開き、一連のゴーストライター騒動を謝罪。その後、数々のバラエティ番組に出演した新垣氏とは対照的に、およそ7年間、ほとんどメディアにも登場しなかった。


 そうした中、佐村河内氏は2018年頃から人知れず作曲活動を再開し、2020年10月からはYouTubeに楽曲を発表し始めた。「MALLEVS MALEFICARVM」というチャンネル名は、1487年に出版された『MALLEVS MALEFICARVM(魔女に与える鉄槌)』という書物にちなんでいるという。これは、15世紀以降、異端者と見なされた多くの女性が拷問の末に殺害されることになった、いわゆる魔女狩りの手引書として使われたものである。

「この本は、聖書を上回り、世界で最も売れた書とも言われています。私の音楽のコンセプトである荒廃した近未来世界の中でも、同調圧力による魔女狩りが横行します。それに立ち向かう象徴として生み出した“Sakura”をテーマにした楽曲を作ったのです」(佐村河内氏)

 今年4月にYouTubeに公開された『MM“Sakura”Apocalypse』の再生回数は、5.3万回を超えた(7月16日現在)。

 この曲を聞いた“ゴーストライター”の新垣氏は、「言えるのは、この作品は約二十年前に彼がベースを作り、私が“お化粧を施して”仕上げた『鬼武者』というゲーム音楽から、化粧部分を取り去ったものと瓜二つだということです。だからこそ、彼のオリジナルだと分かるのです」(『週刊文春』2020年8月13・20日号)と語っている。新垣氏からもオリジナルのお墨付きを得たこの曲は、再出発した佐村河内氏の新たな代表曲ということか。

「代表曲なのかははっきりとは分かりませんが……。1994年に初めて放送されたNHKの『山河憧憬(武蔵野)』の音楽を担当していた頃には、既に能楽、尺八、効果音、オケ、電子音楽の融合という『MM ‘‘Sakura’’ Apocalypse』と全く同じオリジナルスタイルで作曲しておりました。私は、DTM(デスクトップミュージック)の草創期を生きていたわけですが、当時はまだ和楽器とオケと電子音楽といった斬新な融合は認められない時代でした。『こんなヘンテコな融合曲とか、頭大丈夫?』と売り込み先に門前払いをされる日々だったことを懐かしく思い出します。27年前の楽曲と今年になって発表した楽曲が能楽、オケ、電子音楽の融合と全く同じスタイルということから、自分の進歩の無さを反省しつつ、これが私のオリジナリティなのだろうと感じております」(同)

全文はソース元で

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/d296b449a0d8c643c7a0452bb6e26ed3db1e590a


このページのトップヘ