トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

毎日


(出典 www.nishinippon.co.jp)
【サッカー】1年間で出場1分、54歳カズの葛藤 「これではプロとして駄目。ならやめますかって言われたら、そうじゃない」



1 愛の戦士 ★ :2021/11/26(金) 21:13:30.82

神戸新聞next 11/26(金) 19:00

 プロサッカー選手として36年目。神戸では33歳から38歳の4年半を過ごした。三浦知良、54歳。弱肉強食、世代交代が当たり前の世界で、元日本代表FWは今なお愚直にボールを追う。かつてコラムを連載していた神戸新聞の紙齢4万4444号到達に際し、インタビューに応じてくれたので聞いてみた。「カズ」であり続ける意味って何ですか。(小川康介)

 「僕の職業ですからね、サッカーは。続けられる限り続けたいし、理由なんかないですよ、正直言って。情熱が持てなければピッチに立つべきじゃない。情熱がある限りはグラウンドに立っていいと思っていますから。元サッカー選手にならないようにずっと頑張りたい。練習も、練習試合も、本番も、ピッチに立っただけで幸せですよ。一つでも自分が思い描いていたようなプレーができたら、それが幸せですよ。それを一つでも増やしていけたらなぁ。情熱に陰り? ないですね。ますます毎日『全力少年』って感じですね(笑)」

 -今季、Jリーグ1部(J1)での出場は1試合、1分だけ。3月の浦和レッズ戦で最年長出場記録を54歳12日に更新したが、J2降格が決まった横浜FCの中で戦力になれていない自分がいた。

 「これではプロとして駄目。ここでやるのがいいか、僕を必要としてくれて、少しでも長く試合に出られるようなチームでやるべきなのか。葛藤は常にありますよ。ならやめますかって言われたら、そうじゃない。常に試合に出られるように全力を尽くして準備をしている。毎日休まず、単純な作業をずっと」

 「僕を雇ってくれるかは分からないけれど、サッカーのいいところは、Jリーグで駄目でも地域のリーグやJFLがあり、世界中にプロリーグの下のカテゴリーがある。哲学を持ってやっているチームなら、カテゴリーが『J』じゃなくてもいい。プロ選手じゃないと、サッカーをやっちゃいけないっていうのはないじゃないですか。サッカーは世界的で自由なんです」

 -横浜FCに移籍して16年、来年2月には55歳になる。今オフは移籍の可能性も取り沙汰されている。

 「自分を利用して、必要としてくれるところがあれば、そういうところに行ってやりたいなという気持ちは常にある。でも、それが大変だということもよく分かっている。Jと違うところに行けば環境が悪くなるし、ここ(横浜FC)にいればけがの心配もなく、けがをしてもドクターや施設がそろっている。病院との連携もしっかりしている。グラウンド、クラブハウス、食事面、全てカバーできる」

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/9435f858e548c7068f572c1442acdad351f5bfbf
今季のここまでのプレーを振り返り、胸中を語る横浜FCの三浦知良(撮影・鈴木雅之)

(出典 i.imgur.com)



(出典 dot.asahi.com)



(出典 img.jisin.jp)
【芸能】静香Koki,主演映画で付き人宣言!“毎日来る”とスタッフは戦慄


1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/03(土) 09:28:49.83 ID:CAP_USER9.net

7/3(土) 6:11配信
女性自身

Copyright (C) 2021 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 
 
  6月下旬の朝9時前、横浜市内のマンション前に高級車が止まった。運転しているのは工藤静香(51)、助手席に座っているのは次女のKoki,(18)だ。この日は、Koki,が華々しく女優デビューを飾る主演映画『牛首村』のクランクイン当日だった。 
 
  「ホラーの巨匠・清水崇監督がメガホンをとる話題作です。監督は『ミステリアスな存在感と物怖じしない物腰』を感じ、演技未経験ながらKoki,さんをヒロインにしたそうです」(映画誌ライター)

実は静香は、2年ほど前から次女を女優デビューさせようと、周囲に相談していたという。

 「世界を視野に娘たちをプロデュースしている静香さんが今作をデビュー作に選んだのは、米国をはじめ海外で人気が高いジャパニーズホラーで、ハリウッドにパイプを持つ清水監督だったからだそうです」(映像関係者)

娘を現場に連れてきた静香だが、初日だけではないという。

 「静香さんは打ち合わせのときから『毎日、現場に行きます!』と言っていたそうです。それを知った関係者は戦々恐々。一気に『静香さんが毎日来るって!!』と噂が広がりました」(映画関係者)

 最高視聴率25.5%を記録した月9『世界で一番君が好き!』(フジテレビ系)などで“トレンディ女優”としても活躍した静香としては、娘の女優デビューを手助けしたいという母心なのだろうか。

 車を駐車すると、静香がかいがいしく荷物を持ち、Koki,は控室へ。ほかの同行者はおらず、“マネージャー代わり”の静香は首からかける携帯型空気清浄機を身につけ、手厚いコロナ対策も。

■最恐心霊スポットでも撮影予定だが…


 やがて着替えやメークをすませたKoki,が、控室から現場へ移動。ピッタリ寄り添った静香も、一緒に撮影現場に入っていった。

 「最初はどうなるか心配しました。でも、静香さんは何も口を出さず、端っこで様子を見守るだけ。現場のスタッフに気を使ってくれて、みんな拍子抜けです。ただ、現場にいるだけでも存在感は半端ないのですが……」(前出・映画関係者)

この日の撮影は、夜10時過ぎまで続いたが、静香は最後までKoki,に付き添っていたという。

 「撮影は地方ロケを含め8月上旬まで予定されています。北陸でいちばん有名な心霊スポット・牛首トンネルなどでも撮影予定です。ここは、地元の人も恐れて夜は絶対に通らないようにしているほど。地方ロケにも遠路はるばる工藤さんはKoki,さんに同行するようです」(前出・映画関係者)

スタッフには、最恐心霊スポットより「最強の姉御」静香が地方ロケにまで来るほうが怖い!?


(出典 api.tkn.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/174ebea58821cc471aadef400bba48004b59aaa8


このページのトップヘ