トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

死亡


1 蚤の市 ★ :2022/05/08(日) 11:59:02.70

 愛知県警稲沢署は8日、職務質問しようとした警察官に自転車で突っ込んだとして公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した、稲沢市桜木宮前町、会社役員石田秀彰容疑者(56)が、突っ込んだ際に転倒して意識不明となり、その後死亡したと発表した。

 署によると7日深夜、稲沢市小池の路上で、地域課の男性巡査(23)が自転車に乗った石田容疑者に職務質問しようとしたところ、逃げたため追跡。正面に立ち、両手を広げて停止を求めたが、突っ込んできたという。

 外傷性くも膜下出血や頭蓋骨骨折などで意識不明となり、約7時間半後に死亡した。

 自転車は昨年、盗難届が出ていた。

共同通信 2022/5/8 11:06 (JST)5/8 11:11 (JST)updated
https://nordot.app/895851630155907072?c=39546741839462401




(出典 wp2019.jp)
【埼玉立てこもり事件】身勝手すぎるいい分…「自殺しようと思い、先生を殺そうと」容疑者が供述


1 どどん ★ :2022/01/29(土) 11:47:57.21

 埼玉県ふじみ野市の民家で発生した立てこもり事件で、殺人未遂容疑で逮捕された無職、渡辺宏容疑者(66)が「母が*でしまい、この先いいことはないと思った。自*ようと思った時に、先生やクリニックの人を*うと考えていた」と供述していることが29日、捜査関係者への取材で分かった。また、埼玉県警が民家に突入し、立てこもっていた渡辺容疑者の身柄を確保した際の様子も取材で判明した。

 県警によると、夜も明けた28日午前8時前、防弾装備をした県警の捜査員らが玄関ドアの鍵を壊し、閃光(せんこう)弾を発射したうえで突入した。散弾銃を手にした渡辺容疑者が自宅に立てこもってからおよそ11時間後だった。

 渡辺容疑者が連絡に応じなくなり、人質にされていた医師、鈴木純一さん(44)の安否も確認できなかったために、突入を判断した。渡辺容疑者は、捜査員が部屋に入ってきた際に抵抗するようなそぶりはみせなかったという。

 1階の6畳間に置かれたベッドには26日に死亡した渡辺容疑者の母親(92)の遺体が安置され、その脇には銃弾が込められた散弾銃1丁が置かれていた。渡辺容疑者は隠れるような様子でベッドと窓の間にいて、暴れるようなことも特になかったという。

 鈴木さんは、同じ部屋であおむけに倒れており、のちに死亡が確認された。散弾銃で胸の辺りを撃たれたとみられる。


 立てこもりの発生後、県警は固定電話を通じて渡辺容疑者に鈴木さんの解放を呼びかけた。渡辺容疑者は「(人質は)大丈夫。救出してもらいたい」などと話していたが、連絡に応じなくなった。

 県警の佐藤勝彦捜査1課長は28日の記者会見で、鈴木さんの死亡について「今回は、できるかぎりの対応をしたと考えている。結果的に亡くなったのは残念です。我々としては事件の全容解明に全力を尽くします」と述べた。

 在宅医療に携わる鈴木さんは、渡辺容疑者の母親を数年前から担当しており、27日は自宅に呼び出されていた。渡辺容疑者が母親の治療や死亡を巡って不満を募らせ、事件が起きた可能性がある。

 県警は29日、容疑を殺人に切り替えて、渡辺容疑者をさいたま地検へ送検した。当初は県警の調べに対して黙秘していたという。【成澤隼人、平本絢子】

毎日新聞

https://news.yahoo.co.jp/articles/d3ed50f06019b9083e6304d5bf533dff0b18149a


マスクやワクチンを拒否した20代母親が3児を残しコロナで死亡…

NO.10100497 2022/01/04 10:28
「コロナなんか怖くない」 マスクやワクチンを拒否した20代母親が3児を残し死亡
「コロナなんか怖くない」 マスクやワクチンを拒否した20代母親が3児を残し死亡
新型コロナウイルスについて「存在することは理解している」と主張しつつ、マスク着用やワクチン接種については否定的な考え方をしていた女性。しかし、当の彼女がコロナに感染してしまい20代の若さで死亡してしまったことを、『The Sun』など海外のメディアが伝えた。


■マスクとワクチンを拒否
アメリカ・ミシガン州で暮らしていたブリジット・ジャクソンさん(29)には、愛する婚約者と3人のかわいい子供がいた。しかし新型コロナウイルスの感染予防には消極的で、マスク着用とワクチン接種は完全に拒否していた。

ブリジットさんは、ウイルスが存在することは知っていたとのこと。それでも「コロナなんか怖くない」とSNSに書き込み、不安を訴える人たちに苛立つこともあった。


関連記事:「接種しておけばよかった」 ワクチン陰謀論を信じた女性が新型コロナ感染死

■コロナに感染し重症化
そんなブリジットさんが、11月下旬にコロナに感染。体調悪化に苦しみながらSNSを更新し「コロナは最悪」と書き込み、「肺の状態を良くする方法を教えて」と友達にリクエストしたこともあった。

「リスクについては理解している」と投稿することもあったブリジットさんだが、実際には罹患の恐怖を認識していなかったのかもしれない。

■子供たちを残しコロナ死
ブリジットさんの家族は12月21日にSNSを更新し、「どうかブリジットのために祈ってください」「数日前に容体が悪化し、今では完全に人工呼吸器に頼っている状態です」と書き込んだ。

しかしブリジットさんは弱っていく一方で、その日のうちに息を引き取った。愛情深い母親を..

【日時】2022年01月04日 07:30
【ソース】しらべぇ
【関連掲示板】

ミシガン州 State of Michigan の愛称: 五大湖の(The Great Lakes State) クズリの(Wolverine State) ミシガン州ミシガンしゅう、英: State of Michigan)は、アメリカ合衆国中西部に位置する
116キロバイト (13,398 語) - 2021年12月29日 (水) 22:50




【事件】愛知県弥富市の中学校で生徒が刺され死亡。刺した別の生徒を殺人未遂の疑いで逮捕

1 記憶たどり。 ★ :2021/11/24(水) 15:03:16.70

24日朝、愛知県弥富市の中学校で、14歳の3年生の男子生徒が同学年の14歳の男子生徒に包丁で刺され、病院に搬送されましたが死亡しました。警察は刺した生徒を殺人未遂の疑いでその場で逮捕し、今後容疑を殺人に切り替えて捜査を進めることにしています。
24日午前8時すぎ、愛知県弥富市の中学校から「生徒どうしのトラブルで生徒がおなかを刃物で刺された」と警察に通報がありました。
警察などによりますと、校舎内でこの学校に通う3年生の伊藤柚輝さん(14)が、同学年の14歳の男子生徒に包丁で腹部付近を刺され、病院に搬送されましたが死亡しました。
刺した生徒は学校の教諭に取り押さえられ、駆けつけた警察官に殺人未遂の疑いでその場で逮捕されました。
警察によりますと、2人は現在は別のクラスですが去年は同じクラスだったということで、逮捕された生徒は調べに対し「私がやったことで間違いありません」と容疑を認めているということです。
警察は今後容疑を殺人に切り替えて捜査を進めることにしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211124/k10013359041000.html
前スレ
http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1637731554/


(出典 2.bp.blogspot.com)
【クロスバイク】夕刻、塾へと下り坂の歩道を走っていた自転車男(中3)が70歳と正面衝突 死なす・枚方


1 水星虫 ★ :2021/11/13(土) 06:41:27.33

中学生乗る自転車と衝突 高齢男性が死亡

http://www3.nhk.or.jp/lnews/osaka/20211113/2000053811.html
※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

12日の夕方、大阪・枚方市の歩道を歩いていた70歳の男性が、
正面から走ってきた15歳の中学生が乗る自転車にはねられ死亡しました。


きのう午後6時前、枚方市天之川町の歩道を歩いていた
近くに住む熊野俊一さん(70)が、
前から走ってきた中学3年生の男子生徒が乗る自転車と正面衝突しました。
熊野さんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、およそ5時間半後に死亡しました。

警察によりますと、中学生は塾に行く途中で、
クロスバイクと呼ばれるスピードが出やすい自転車に乗っていたということです。

現場の歩道は片側二車線の府道沿いで坂道となっていて、
警察は坂を下っていた中学生がスピードを出しすぎていたり
前をよく見ていなかったりしたことが事故の原因ではないかとみて詳しく状況を調べています。
           
11/13 06:15


このページのトップヘ