トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

東京オリンピック


深イイ話「銀メダルをお金に換えて重病の赤ちゃんに…」 五輪女子選手のやさしさにポーランド国民ただ涙

NO.9770581 2021/08/21 22:09
深イイ話「銀メダルをお金に換えて重病の赤ちゃんに…」 五輪女子選手のやさしさにポーランド国民ただ涙
深イイ話「銀メダルをお金に換えて重病の赤ちゃんに…」 五輪女子選手のやさしさにポーランド国民ただ涙
東京オリンピック「女子やり投げ」で見事銀メダリストに輝いた、ポーランドのマリア・アンドレイチク選手。

汗と涙と努力の結晶であるメダルは、一生の宝物となることだろう。

ところが彼女はそれを手放すことを決意した。


一体何が起きたのか…。

感動のストーリーを『New York Post』ほかが伝えている。

銀メダルを、なんとオークションに出品することを決意したというアンドレイチク選手。

彼女は11日、自身のFacebookのページで「銀メダルをお金に換え、生後8ヶ月のミロシェク・マリサ君を重い心臓病から救いたい」と綴った。


病名は『総肺静脈還流異常症』。

これは先天性の心疾患で、肺静脈が左心房に還らず上大静脈、門脈、右心房などの体静脈に還流するため、新生児からチアノ-ゼを示すといい、1日も早く外科手術による治療が必要だそうだ。

ミロシェク君にアメリカのスタンフォード大学医療センターで手術を受けさせたい両親は、その渡航費、滞在費、医療費などで、日本円にして4,204万円ほどを準備しなければならない。

すでに2,000万円ほどがクラウドファンディングなどで集まっているといい、アンドレイチク選手はその残りについて自分も役に立ちたいと考えたという。

アンドレイチク選手はなぜ、それほどまでに病人に親切に寄り添おうとするのか。

それは自身が過去に経験した大病が大きく影響していた。

2018年に骨肉腫を患い、またやり投げで世界を相手に闘いたいという必死の思いで、治療を続けてきたのだった。

健康を取り戻すことの幸運と有難さをかみしめている彼女は、ミロシェク君の話を聞いて居ても立っても居られない気持ちになったそうだ。

「この銀メダルをケースに入れてクローゼットの奥深くにしまいこむか、それともこれをお金に換えて誰かの命を救うか」悩むのに、そう長い時間はかからなかったというアンドレイチク選手。

メダルはオークションに出品され、ポーランドのコンビニエンス・ストア大手であるŻABKA社が、1,370万円ほどの値で落札に成功した。


受け取ったお金を、さっそくミロシェク君を救う募金窓口に送ったアンドレイチク選手。

SNSでは「彼女ほど素晴らしいアスリートを見たことがない」「この話は金メダルにも匹敵する」などと褒めたたえるコメントが続出している。

そして、この話題にはもう1つ感動すべき続きがあった。

なんと、アンドレイチク選手がお金を必要としている理由を知らなかったという「ŻABKA」。

重病の赤ちゃんを救いたいという動機を知った同社は、その後に銀メダルを彼女に返してあげたそうだ。


そのFacebookをみると、ŻABKAの社員たちはアンドレイチク選手の美しい心にひたすら感動しており、彼女のおかげで貴重な経験をシェアできたことを深く感謝している様子だ。

競技での勝利ばかりか温かいハートでも感動を与えたアンドレイチク選手に、ポーランドの人々はもちろん、世界が心からの拍手を送っている。

Kochani,Ruszyła licytacja: https://t.co/igGezxSp8aCałość odbywać się będzie na moim profilu na FB.@AlekthePole @Polsport @Marcin_Rosen @chmiielewski @KamilKolsut @Tomasz_Kalemba @RysOpiatowski @Canizares85 @LukaszJachimiak @SzymonBorczuch @BorekMati @TSmokowski @maras400 pic.twitter.com/bvykkeF8EN— Maria Andrejczyk (@MariaAndrejczyk) August 11, 2021画像:Maria Andrejczyk@MariaAndrejcz『Twitter』Całość odbywać się będzie na moim profilu na FB.(朝比奈ゆかり/エトセトラ)【こちらもどうぞ!】・20代美女vs妖艶なアラフィフ美魔女 「どっちが親か分からない」と話題に 米・「ガリで爆乳が最高にセクシーなのよ!」 バストをこの2倍にと望む女性に美容整形手術医2名が警告・洪水で水が入り込みエレベーターが停止 首の高さまで浸かった3名やっと救出・「コロナ禍で自由を語る奴はバカだ」 シュワが感染予防に無関心な国民に物申す 米・「ボディビルで鍛えても女性にモテず腹が立った」 インセル男の無差別殺人事件こんどは英国で★海外仰天ニュースほかにもいっぱい!★
【日時】2021年08月21日
【提供】エトセトラ・ジャパン


(出典 illust8.com)
【朗報】河村市長がかじった金メダル交換決定 交換費用は市長の自腹に



1 ネトウヨ ★ :2021/08/11(水) 21:42:03.94

名古屋市の河村たかし市長が東京オリンピックの金メダリストのメダルをかんだ問題で、このメダルが新たなものに交換されることに決まったことが、日本テレビの取材でわかりました。

この問題は今月4日、名古屋市の河村市長が、ソフトボール日本代表として東京オリンピックで金メダルに輝いた後藤希友投手の表敬訪問を受けた際、突然マスクを外し、後藤投手のメダルをかんだものです。

関係者によりますと、後藤投手はかまれたメダルについて、チームで勝ち取って表彰式で授与されたものだとして、新しいメダルとの交換を辞退する意向を示していたということです。

しかし、萩生田文科相が「教育上非常に良くない。人の大切なものを口にいれるなんて」と問題視するなど、各方面からメダルの交換を求める声が高まり、交換が決まったということです。また、メダルの交換にかかる費用は、河村市長に請求する方向で調整しているということです。

この問題をめぐっては、後藤投手が所属するトヨタ自動車が「不適切かつあるまじき行為」とのコメントを発表したほか、名古屋市に多数の苦情が寄せられ、河村市長が謝罪する事態となっていました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d73d44532f86898addb4a768291e969c4c573061



(出典 thumb.ac-illust.com)
【速報】東京五輪選手村で初のクラスターが発生か!


1 ネトウヨ ★ :2021/08/04(水) 12:03:28.65

 東京オリンピックの選手村で初めてクラスターが発生した可能性が出てきました。

 大会組織委員会は、さきほど選手村に滞在するギリシャ代表のアーティスティックスイミングの選手ら5人に新型コロナの陽性が確認されたと発表しました。選手団12人のうち、残る7人は検査で陰性だったということです。これで選手団は、東京大会への出場が叶わなくなりました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a25a7ac223710ab571b981abc8b49fb8364cef32


3b1a3774
(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

【視聴率】サッカースペイン戦 惜敗の準決勝30・8% 瞬間最高は43・3%


3日夜に日本テレビで生中継された「東京オリンピック サッカー男子準決勝 日本×スペイン」(後7・40~10・45)の平均世帯視聴率は30・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが4日、分かった。初の決勝進出を懸け、強豪スペインと激闘を繰り広げたイレブンに注目が集まった。

瞬間最高視聴率は午後10時23分の43・3%。

今大会男子サッカー日本戦の世帯視聴率では7月31日にNHKで生中継した「準々決勝 日本―ニュージーランド」に記録した26・9%がこれまでの最高。1次リーグ3試合も同22日にNHK放送の初戦「日本―南アフリカ」の後半には25・1%も高視聴率記録。25日の第2戦「日本×メキシコ」(後7・50)を含めたテレビ朝日「東京オリンピック」は18・7%、同28日にフジテレビで中継された第3戦「日本×フランス」は18・5%だった。

U―24日本代表は埼玉スタジアムでU―24スペイン代表と対決し、延長戦の末0―1と惜敗し、初の決勝進出を逃した。

試合は0―0で突入した延長後半10分に失点。MF久保建英(20=Rマドリード)ら攻撃陣が不発に終わり、主将のDF吉田麻也(32=サンプドリア)、GK谷晃生(20=湘南)を中心に粘り強く守ったが、最後に力尽きた。

6日の3位決定戦は1次リーグ第2戦で下したメキシコとの再戦。日本が唯一メダルを獲得した1968年メキシコ五輪の3位決定戦と同じカードとなった。

スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/67f0f97a5663cd9b2add6c525f54908ca2471901

 五輪ボランティアのPCR検査“ずさん”な実態 これが安心安全なのか?


1 KingFisherは魚じゃないよ ★ :2021/07/29(木) 19:53:10.64


(出典 news.tbs.co.jp)


政府が「安全安心」をアピールする東京オリンピックで、選手らと接触するボランティアの人たちに義務づけられている新型コロナのPCR検査について、ずさんな運用の実態がJNNの取材で分かりました。

オリンピックの選手村などで活動するおよそ7万人のボランティアは、組織委員会のガイドラインで、活動開始前のPCR検査が義務付けられています。

選手と接触する人については、活動中も毎日、検査することになっていますが・・・

「PCR検査自体は1回も受けてないです。(Q.組織委員会からは連絡なかった)そうですね。検査を受ける案内とか、今のところ一度も声がかかったり、説明とかがない」(ボランティアの男性)

義務付けられているはずの検査を一度も受けていないと証言するのは、ボランティアの運転手として選手らの送迎を担当している男性。

選手村で選手らの通訳などを担当している女性も・・・

「(Q.検査を受けたことは)受けたことないです。1回も受けたことないですね。複雑な気持ちで、ボランティアしていますね」(ボランティアの女性)

この女性は、活動が始まっても検査の連絡がないため、組織委員会にメールで検査を要望すると、こんな回答がきました。

「活動中または活動後に検体提出場所にて検査キットをお受け取りいただき、検体を提出しただくこととなっております」(組織委からのメール)

会場ごとに置かれている検査キットを各自でピックアップし、唾液を入れて提出するという形。

活動を始める前の検査はなく、選手と接する人たちに義務付けられる毎日の検査についても、強制力も実施したかの確認もない自主的な検査になっているというのです。

「結構ラフな感じでやっているなという印象は受けました。活動が終わってから、PCRやるってことも可能なので、ウイルスを持ったまま活動するいうことも、理論的にはできる」(ボランティアの女性)

こうした実態の一方で、オリンピックの「安全安心」を強調する政府は、検査の徹底をアピールしてきました。

 「安全安心な大会の実現に向けて、選手や大会関係者の徹底した検査や、行動管理を行う」(菅 義偉首相)

総理官邸を訪れたバッハ会長も・・・

 「検査体制はしっかりと執行され、そして成功している」(IOC バッハ会長)

なぜ、感染対策の要である検査すら、指針通りに運用されていないのか。

検査現場を担当する組織委員会の職員がJNNの取材に応じ、「個別の検査義務が果たされているか確認する体制がない」と証言しました。

「『安心安全に検査を確実にやる』ということだけが先走って、そこに人員も、追加で何かあるわけではないし、予算についても、当然ながら限られる。

(実質的な自主検査で)その人が本当に唾液の検体を持って、ちゃんと回収ボックスに入れたか、我々も確認はできない」(大会組織委員会の職員)

きょう、組織委員会に検査の現状認識を聞くと・・・

「ルールはルールなので、それを基本的に守っていただくように、お願いはしていますが、どうしても前日までに受けられない場合には、当日ご対応いただくケースも、当然、存在している」(大会組織委員会 高谷正哲スポークスパーソン)

オリンピック開催地の首都圏を中心に、感染の急拡大に歯止めが利かない中、関係者に対する最低限の検査体制すら整っていない実態が浮き彫りとなっています。

(全文)
https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4326018.html


このページのトップヘ