トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

映画



(出典 news.mynavi.jp)
【芸能】「預金残高717円」霜降り・粗品 映画出演で借金取り立てメールが届く 


「預金残高717円」霜降り・粗品 映画出演で借金取り立てメールが届く
金欠の粗品
 お笑いコンビ「霜降り明星」(粗品=28、せいや=28)らが3日、都内でゲスト声優を務めた映画「トムとジェリー」(19日公開)プレミアムイベントに出席した。

「トムとジェリー」シリーズは、2020年で誕生から80周年を迎えた。

 同作で、粗品はトムの頭に現れる悪魔、せいやは同じくトムの頭の中の天使の吹き替えを担当した。

 粗品は「すごいことなので、周りからいろんな連絡がきて。僕にお金を貸している人からは、吹き替えについての記事の写真が送られてきて『これで、もういけるよな?』って言われた…」と笑わせた。

 粗品は生粋のギャンブラーで、昨年10月にはボートレースや競馬で700万円もの大負けを喫したことで知られる。2日には自身のユーチューブチャンネルで、フトコロ事情を公開。カードローンの利用可能額が「0円」と表示された画像や、預金額が「717円」と記された口座の明細画像などを貼り付け、名曲「オー・シャンゼリゼ」のメロディーに乗せて「オーカネナイ お金がないよ助けて」と熱唱していた。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/4e0704a9c8b830c5f7eeb427d74b6856242f78cf



(出典 www.crank-in.net)

【芸能】草なぎ剛「皆さんの、おかげです!」 ブルーリボン賞受賞に祝福殺到し感謝

1 jinjin ★

草なぎ剛「皆さんの、おかげです!」ブルーリボン賞受賞に祝福殺到し感謝


映画「ミッドナイトスワン」(内田英治監督)で第63回ブルーリボン賞の主演男優賞に輝いた元SMAPの俳優・草なぎ剛(46)が25日、ツイッターを更新。
ファンの祝福に「皆さんの、おかげです!この映画を、好きになってくれて、ありがとうございます!」と感謝の思いをつづった。


映画では女装してショークラブのステージに立つトランスジェンダー役に初挑戦。
同賞を主催するスポーツ報知などスポーツ紙7社の合同インタビューでは「高倉健さん、大杉漣さんのようにお世話になった先輩方に『立派な賞をいただきました』と報告したい。健さん、漣さんからいただいた要素を膨らませて、いろんな役ができている」と偉大な先輩へ敬意を表した。


昨年9月25日の公開以来、異例の超ロングランで現在も全国約20か所の劇場で公開中だ。
複数回、観賞する意味で「追いスワン」という言葉も生まれ、社会現象になった。今回の受賞を受け、SNSには「つよぽん、おめでとう!」「うれしくて号泣しました!」など祝福コメントが殺到。さらに「追いスワン」が続出しそうだ。

同賞は、青空の下で取材する新聞記者が選考し、賞状に青いリボンを巻いて贈呈することに由来。
1950年に創設され、今年で63回目。副賞は新聞記者を象徴する万年筆。映画に取り組む姿勢や人柄も選考対象に含まれるのが特徴だ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/9a676f6521fc28e79f3b6996bbe44f349d0a266c



(出典 www.crank-in.net)

【俳優】窪塚洋介&井浦新『ピンポン』コンビ再会ショットに反響「胸熱です」「最高な組み合わせ」

1 muffin ★

https://www.oricon.co.jp/news/2184790/full/

 俳優の窪塚洋介が16日、自身のインスタグラムを更新。2002年公開の映画『ピンポン』で共演した俳優・井浦新との2ショットを投稿し、ファンから歓喜の声があがっている。

 同作は、松本大洋原作の卓球漫画『ピンポン』を実写映画化。主人公のペコ(星野裕)役を窪塚、ペコの仲間・スマイル(月本誠)役を井浦(当時はARATA)が演じた。

 窪塚は「井浦先生でぁ!」と、井浦との2ショットをアップ。自撮りする井浦の背後で窪塚がお茶目にポーズする仲良しぶりが伝わる1枚で、「思い出話から未来予想図まで、実りあるランチ会話がでけますた」と充実感をにじませた。

 また、井浦も同日、自身のインスタグラムに窪塚との別ショットを投稿。「洋介くんと @yosuke_kubozuka お互いの今のグルーヴでラリーし合った過去・現在・未来のはなしに花が咲く 楽しかったぁ」とつづっている。

 豪華な2ショットにファンからは「ペコとスマイル最強の2人ですね!!」「胸熱です」「これは!ヒーロー見参ですな!」「いいね2万回押したい…!!」「最高な組み合わせ」といった歓喜の声が寄せられた。

h
(出典 instagram.fkix2-2.fna.fbcdn.net)


h
(出典 instagram.fkix2-2.fna.fbcdn.net)


【映画】『プペル』興行収入20億円突破 リピーターが劇場へ

1
 名前:爆笑ゴリラ ★:2021/02/16(火) 17:32:30.53 ID:CAP_USER9.net
2/16(火) 17:30配信
オリコン

アニメ『映画 えんとつ町のプペル』メインカット(C)西野亮廣/「映画えんとつ町のプペル」製作委員会

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けたアニメーション『映画 えんとつ町のプペル』が興行収入20億円、観客動員数150万人を突破した。

 同作は、いつも厚い煙に覆われ、空を見あげることを忘れた「えんとつ町」を舞台に、星を信じる少年ルビッチ(芦田愛菜)と、ハロウィンの夜にゴミから生まれたゴミ人間プペル(窪田正孝)が「星を見つける旅」へと出る物語。大ヒットした絵本では描かれなかった、えんとつ町の“本当の物語”を映画では描き出す。

 昨年12月25日に公開された同作は、公開から8週連続で観客動員数ランキング(興行通信社調べ)にベスト10入りし、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞を受賞。口コミも広がり、11日から始まったスマホアプリを使った「西野亮廣による副音声付き上映第二弾」も好調で、多くのリピーターが劇場に足を運んいる。

 2月15日時点での興行収入は20億8036万6250円、観客動員数は150万5165 人。『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』(昨年10月16日公開)の興行収入は約374億円、『銀魂 THE FINAL』(1月8日公開)の興行収入は約14億円と昨年からアニメ映画のヒットが続いている。

https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20210216-00000386-oric-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3dad29f035eb898a5ad8c6c141de731de9a57ad
20210216-00000386-oric-000-1-view


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613464350

【映画】報酬わずか19円…キンコン西野「プペル」の感想記事“バイト募集”の闇 

1
 名前:鉄チーズ烏 ★:2021/02/15(月) 21:19:09.45 ID:CAP_USER9.net
2021年02月15日 20時55分
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2761647/



 お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣(40)が製作総指揮・原作・脚本を務める映画「えんとつ町のプペル」がまたまたネットで波紋を呼んでいる。

 同映画は大ヒットを記録しており、第44回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞も受賞した。ネットではブログやSNSを通じて連日のように多くの感想がつづられている。

 しかし、中には“サクラ”とも判断されても仕方のないものも存在するようだ。大手クラウドソーシングサービスが「【えんとつ町のプペル】上映中の映画館に関する記事作成!」「『えんとつ町のプペル』の感想を募集しています!」「報酬目当てではなく、『プペルが面白かったから、ぜひみんなにシェアしたい』という気持ちをもった方向けのお仕事です」といった感想記事の作成の業務委託を複数掲載しているのだ。

 その報酬はというと、ある依頼では「1850文字以上の記事で19円」というなんとも厳しい条件。同サービスではシステム手数料として20%が引かれるというから、“プペル絶賛”の記事作成者が受け取れる金額はわずかに15.2円となる計算だ。

 この依頼内容がSNS上で広がると「1記事19円………涙が止まらん」「西野はホント金儲け上手いですよね」「お金をもらってプペルの記事を書けるなんて神案件」と衝撃を受けた声が多くあがっている。


引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1613391549

このページのトップヘ