トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

日本代表

【五輪】堀米雄斗金メダル、スケートボード・男子ストリート、初代王者


1 征夷大将軍 ★ :2021/07/25(日) 14:00:43.24

スポニチ2021年7月25日 13:38
https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2021/07/25/kiji/20210719s00107000439000c.html

堀米雄斗が初代金メダル 五輪新種目のスケートボード男子ストリート

五輪の新種目、スケートボード男子ストリートの堀米雄斗(22=XFLAG)が金メダルを獲得した。

予選で33・75点の6位となり、8人が争う決勝に進んだ。決勝では、ベストトリック1回目で9・03点、同3回目で9.35点、同4回目で9・50点の高得点をマーク。最終滑走でも9・30で、上位4本の合計で37・18点を叩き出し、圧倒した。

昨秋には「スケボーで稼いでアメリカで家を買う」という幼少期からの夢を実現。米国を拠点として練習に励んでおり、「アメリカでプロになって家を買うことが夢だったので、実現できていることがうれしい」と喜びを語った。購入した家はガレージと庭が付いた4LDK。広大な裏庭にはコンクリートの練習場をつくり上げ、手すりやボックスなどを配置した。「朝起きてウオームアップができたり、練習時間が増えた」と競技生活も以前より充実したという。

「誰もやったことがないオリジナルの技」にこだわってきた堀米にとって、スケートボード競技が新種目として、採用される東京五輪の金メダルは大きな夢の一つ。高校卒業後に日本を飛び出したが、リリースしたボードには富士山、日本食をデザインするなど母国愛は誰よりも強い。初採用、そして地元開催。「五輪では誰も勝ったことがない。誰も成し遂げていないことを、自分が成し遂げたい」と初代王者に懸ける思いを口にしていた。

五輪前最後の実戦、今年6月の世界選手権では初優勝。絶対王者のナイジャ・ヒューストン(米国)を下し「自分の自信にもつながったし、ナイジャの勢いも少し止められたかなと思っている」と手応えをつかんだ。同大会の表彰式で流れた君が代に「本当に日本を背負うんだと思った」と改めて日本代表としての自覚を強め、臨んだ五輪本番。一番輝くメダルを手にした。

◇堀米 雄斗(ほりごめ・ゆうと)1999年(平11)1月7日生まれ、東京都出身の22歳。父親の影響で6歳からスケートボードを始め、高校卒業後に本格的に渡米。17年にストリートリーグ(SLS)に初参戦し3位。18年にはSLSロンドン大会でアジア選手として初優勝。同年のSLSは3戦3勝。19年の五輪予選対象大会では2勝。世界選手権は銀メダル。今年6月の世界選手権では36・75点をマークし初の金メダル。XFLAG所属。1メートル70。

▼スケートボード競技 五輪で行われる種目は、街なかにある坂や手すりに似せた障害物を設置したコースで競う「ストリート」と、複雑な窪地状のコースで競う「パーク」の2つ。ジャンプや回転などの技(トリック)に挑み、トリックの難易度や成功率、スピードの他に、全体の流れやオリジナリティーなども考慮して審査員が得点を付ける採点競技。技の順番は自由で、途中で転倒しても時間内であればそのまま競技は続けられる。

NHK 7/25
https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/skateboarding/
https://sports.nhk.or.jp/olympic/sports/skateboarding/event/men-street/phase/skm010900/

★1:2021/07/25(日) 13:38
【五輪】堀米雄斗金メダル、スケートボード・男子ストリート、初代王者
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627187882/



(出典 www.asahicom.jp)
【才媛】女の子(17)が京都大学医学部に飛び級入学 オリンピック日本代表

1 和三盆 ★ :2021/05/22(土) 21:26:38.32

 林璃菜子さん(17)は今春、京都大学医学部医学科に飛び級で入学した。

 国際化学オリンピック日本代表としてメダルを獲得するなど、数々の大会で優秀な成績を収めてきたが、飛び級合格は予想外だったという。「ノーベル賞受賞者が多く、医学の研究が強いイメージ」だった京大で、研究医になることをめざす。

  京都大学への合格を知ったときは、まだ高校2年生だった。今春、多くの同級生より1年早く、医学部に飛び級で入学した。

 「学べる時間が長くなる。チャンスがあるなら受けてみよう」と挑戦したものの、合格は予想外だった。「本当に受かるんだ、と自分が一番びっくりしました」

 化学の知識や技能を高校生が競う「国際化学オリンピック」の日本代表として、60カ国・地域の若者が参加する世界大会に出場し、銀メダルを獲得。「特色入試」として同学部が2016年度入学の試験から設けた資格を満たした。

 塾には通わず「集中力が続く限り」机に向かう。他科目の大会でも優秀な成績を収め、物理では代表候補になったが、なかでもやはり化学が好きだ。「反応式を書くのがすごく楽しそう」と思ったのが最初にひかれた理由だという。
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20237266/

(出典 image.news.livedoor.com)



(出典 i.ytimg.com)
【圧勝!】サッカー日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新!


1 豆次郎 ★ :2021/03/30(火) 23:04:05.70

3/30(火) 21:19
配信
SOCCER DIGEST Web
大迫がハットトリック!

日本代表、モンゴル相手に予選最多得点更新の14発!! W杯2次予選5連勝で最終予選進出へ王手!
3ゴールを挙げた大迫。大勝に貢献した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部/JMPA代表撮影)
 カタール・ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル代表対日本代表の一戦が3月30日、フクダ電子アリーナで行なわれ、14-0で日本が勝利を収めた。

 モンゴルのホーム扱いで行なわれた無観客開催の試合は、立ち上がりから日本が主導権を握り、13分に松原からの折り返しを受けた南野が左足で蹴り込み先制点。日本が南野のワールドカップ予選5試合連続ゴールとなる得点でリードする。

 日本はここからゴールを量産。23分に南野のスルーから、受けた大迫がゴール前に持ち込み2点目をゲット。26分には鎌田が松原からのクロスを冷静に押し込み3点目。さらに33分には守田が代表初ゴールとなる4点目を決め、39分にはオウンゴールで5点目を奪った。前半は、日本が大量5ゴールを奪って折り返した。

 後半に入り、最初のゴールは大迫が決める。55分、CKの流れから鎌田がドリブルで仕掛けて折り返すと、大迫が合わせてゴールネットを揺らす。日本が6-0とした。さらに、68分には大迫のポストプレーから最後は途中出場で代表デビューを果たしたばかりの稲垣祥が冷静に右足で沈め7点目をゲット。稲垣の代表デビュー戦ゴールでリードを広げる。

 日本の勢いは止まらない。73分にはゴール前の浮き球を処理した伊東純也が押し込み、8点目を奪うと、78分に途中出場の古橋亨梧が頭でねじ込み9点目。直後の79分には再び伊東がドリブルで持ち込み右足で蹴り込み10点目を決めた。日本はこれでワールドカップ予選での最多得点記録に並んだ。さらに、日本は86分、古橋がこの日2点目を奪い11-0とし、予選での最多得点記録を更新した。

 終了間際には、浅野拓磨が12点目、さらに大迫がハットトリックとなる13点目、稲垣が14点目を追加。結局、試合は14-0でタイムアップ。日本がワールドカップ・アジア2次予選5連勝とし、勝点を15に積み上げて最終予選進出に王手をかけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/85f766ead90c2553b629245cd9107fb6dc3792e8

※前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1617107814/

内田篤人『報ステ』で“スポーツキャスター”デビュー 目標は「松岡修造さん」

1: 名無しさん@恐縮です 2021/03/28(日) 07:57:18.61 _USER9
 元サッカー日本代表の内田篤人氏(33)が、テレビ朝日系『報道ステーション』(月~金 後9:54~11:10)のスポーツキャスター(毎週水曜出演)に就任した。

 第2のキャリアをスタートさせる内田は「『報道ステーション』に出演できるのが非常にうれしくて、『僕でいいならぜひ!』と即答しました」と感激しきり。「緊張感もありますし、最初は分からないことやできないことだらけだと思います」と謙虚に自己分析しつつも「“とりあえずやってみよう精神”で取り組みたい」と意欲を燃やす。

 
今後、サッカーのみならず、他競技の取材も積極的に行っていく。「僕自身サッカー以外のことについても勉強したいとちょうど思っていた」といい、「仕事としていろんなことにチャレンジできる場をいただけて、すごくありがたいです。現役を引退した選手が誰でもいただけるような話ではないですし、今後に生かせるように頑張ります」。内田はただ客観的に取材するだけでなく、33歳という若さを生かして“実際に競技を体験するロケ”にも挑戦する予定だ。

 目標とするスポーツキャスターに松岡修造氏を挙げた内田は「修造さんからは熱が伝わるじゃないですか。スポーツの根本はそこだと思っているので、あそこまで激しくできるか分からないですけど、スポーツの良さやアスリートの人間性、競技の素晴らしさを伝えていきたい。僕らしくやりたいと思います」と決意新たに語っていた。

スポーツキャスターに挑戦する内田篤人氏 (C)テレビ朝日
no title
オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/88614bf289d28437f52b5ca1518543da0196e626



(出典 static.chunichi.co.jp)
【サッカー】南野拓実、サウサンプトン初陣で初ゴール! 絶妙トラップから左足一閃…相手GK動けず


1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/07(日) 00:53:03.23 ID:CAP_USER9.net

0-2の劣勢から反撃の一撃を奪う

 サウサンプトンの日本代表MF南野拓実は現地時間6日、プレミアリーグ第23節ニューカッスル戦に移籍後初先発を果たし、0-2で迎えた前半30分にいきなり初ゴールを決めた。



 南野は今冬の移籍市場最終日となった1日に、土壇場でサウサンプトンへの期限付き移籍が決定。チームは前節、マンチェスター・ユナイテッドに0-9と歴史的大敗を喫しリーグ戦4連敗。4試合1ゴールと深刻な得点力不足に陥っており、テコ入れが必要な状況下でラルフ・ハーゼンヒュットル監督は敵地ニューカッスル戦で南野のスタメン起用に踏み切った。

 新天地デビューとなる南野は、左サイドハーフで先発。チームが前半16分、26分と失点するなか、同30分に大仕事をやってのける。左サイドのDFライアン・バートランドからのグラウンダーのアーリークロスをニアサイドで絶妙なタッチで受けて相手DF間を突破すると、トラップしたボールがやや前方に流れたものの踏ん張り、左足を一閃。強烈な一撃がニアサイドを破り、相手GKも反応しきれなかった。

 サウサンプトンのデビュー戦でいきなり結果を残した南野。新加入の日本人アタッカーが反撃の狼煙を上げる一撃を奪っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b5852ee5c79d9f266a63d17bcb37f7877c13f1de
2/7(日) 0:46配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20113915
試合スコア


【【サッカー】南野拓実、サウサンプトン初陣で初ゴール! 絶妙トラップから左足一閃…相手GK動けず】の続きを読む

このページのトップヘ