トレンドニュース速報

今話題のトレンドニュースの速報記事一覧です♪
気になる最新ニュースから話題の美容法までまとめてお届け致します♪

救急車

 【歌手】鬼束ちひろ容疑者 病院での薬物検査終了 渋谷署に戻る 黒マスクでやつれた様子


1 muffin ★ :2021/11/29(月) 03:01:09.81

https://www.daily.co.jp/gossip/2021/11/29/0014877257.shtml
 
 東京・JR恵比寿駅近くの路上で救急車を蹴ったとして、28日夕方に器物損壊の疑いで現行犯逮捕された歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)に対する警視庁の調べは、29日未明に及んだ。

 29日午前0時40分ごろ、鬼束容疑者を乗せた警察車両が警視庁渋谷署に戻った。報道陣が集まり、カメラのフラッシュがたかれる中、鬼束容疑者はワゴン車の後部座席でうつむいており、表情はうかがえず。長い髪がたれた状態だった。

 警視庁は薬物検査を行うと説明し、28日午後11時前に鬼束容疑者を乗せた車が、渋谷署を出て病院に向かっていた。

 同容疑者は「通行人に嫌味を言われ、パニックになった」などと供述している。

 警視庁によると、今後、留置施設がある警視庁東京湾岸署に移送される見込み。

病院での検査を終え、うつむいて警察署に戻る鬼束ちひろ容疑者

(出典 i.daily.jp)


https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202111290000016.html
逮捕の鬼束ちひろ容疑者が渋谷署に戻る 黒マスクでやつれた様子

(出典 www.nikkansports.com)



 オードリー若林「手足が痺れて感覚がなくなり…」ライブ後に倒れ救急車で緊急搬送される


NO.9544240 2021/06/07 21:25
オードリー若林「手足が痺れて感覚がなくなり…」ライブ後に倒れ救急車で緊急搬送される

画像:時事通信フォト

5日放送の「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)。

若林正恭さんが、手足の痺れによりライブ終了後に倒れてしまい、救急車で運ばれたことを報告しました。

若林さんは「俺、精密検査をして、全然OKで、バッチリ大丈夫だったから全然心配しないで欲しいんだけど、『明日のたりないふたり』が終わった後に救急車で運ばれちゃってさ」と報告。

5月31日に東京・下北沢で行われた配信ライブ「明日のたりないふたり」での一幕に言及をしました。

同ライブは、日本テレビが主催するお笑いライブ「潜在異色」のスピンオフとして始まったもので、限定ユニットとして、南海キャンディーズの山里亮太さんとコンビを組んでいます。

この日、若林さんは、ライブ配信終了後に袖にはけた途端、突如として体に重さを感じたそう。

「体に何百キロの鉛がドーンってのったみたいで、ヘナヘナ〜って、仰向けに倒れてしまって」と当時を回顧。

「手の先と足の先が痺れて、感覚がないんだよ」と振り返っていました。

「袖で、これいつもと違うなって分かるじゃん?、それで人、呼ぼうと思って」と、若林さんは助けを求めた際、近くにいたお笑いコンビ・どきどきキャンプの佐藤満春さんことサトミツさんを呼ぼうとしたのですが、「サトミツが下向いて号泣してたんですよ」と、時折笑いを織り交ぜながらトークする場面も。

救急車で搬送される際、手首や足首の痺れが徐々に全身に広がり、体の感覚がなくなって薄れゆく意識の中、若林さんは山里さん「山ちゃんありがとうね」と伝えたそう。

すると山里さんは心配そうな顔で「俺の1人語りが長かったからかな?」と話したそうで、これにはさすがの若林さんも「やっぱコイツ自分の話多いなって思って」と、嬉しそうに愚痴をこぼしており、現場の空気も「今じゃなくない?」となっていたことを明かしていました。

救急車で運ばれたことを発表した若林さん。

放送終了後にはリスナーから、

《若林が過呼吸で救急車で運ばれた件心臓止まりそうになる》

《たりふたライブ後の、若林さん救急車、めちゃくちゃビックリしたよ》

《若林くんサイドのたりないふたりの話を楽しみにオードリーANNを聞いたらまさかのライブ直後に救急車で運ばれてたという衝撃の話》

《若林さんたりふた終わりに救急車で搬送されてたってまじか!!体に鉛が落ちる感覚とか痺れとか怖えな》

《若林さん救急車で運ばれてたの…過換気症候群か…怖すぎでしょ》

《たりないふたりのライブ見ながら「今日死ぬんかこの二人は…」と思ったけど若林ライブ終了直後に倒れて救急車で運ばれてたのか…》

など、心配する声が寄せられていました。

若林さんは病院に搬送され、心電図やCTスキャン、血液検査の結果、「過換気症候群」と診断されたのだそう。

過換気症候群とは、体内の二酸化炭素が減りすぎて体がアルカリ性になり、様々な症状を引き起こす疾患で、めまいや頭痛、吐き気、痙攣、意識障害などを引き起こすのだそうです。

幸いなことに、病院での精密検査の結果は特に異常もなく、健康には全く問題ないとのこと。

病院や救急隊員の方、ライブ関係者などに「ご迷惑をおかけした」と強調した若林さんでしたが、「マジでお前のことは1秒も思わなかった」と、倒れた際に相方である春日俊彰さんのことが一切過ぎらなかったとし、笑いを誘っていました。

(文:服部慎一)

【日時】2021年06月07日
【提供】Quick Timez



【コロナ】自宅療養者3万5000人に急増、死亡相次ぐ 救急車の要請ためらう人も…専門家「我慢せずに連絡を」

1:名無しさん@2ろぐちゃんねる : 2021/01/25(月) 07:16:06.61 ID:2DcKgl/A9

※NHK

新型コロナウイルスに感染し自宅で療養する人の中には症状が悪化しても救急車の要請などをためらう人が出ています。自宅療養中に亡くなるケースも相次いでいて、専門家は「決して我慢せず、早めに連絡してほしい」と呼びかけています。

関西に住む50代の男性は今月8日、高い熱が出たため新型コロナウイルスの感染を疑いPCR検査を受けたところ、陽性と判明しました。

男性は入院を希望しましたが、保健所からは、「受け入れられる病院が見つからない」と連絡を受けました。

家では、50代の妻、それに20代の息子と娘の合わせて4人で暮らしていて、部屋を隔離したうえで自宅での療養となりました。

保健所からは健康状態を確認する連絡が1日に1回来ましたが、医師に診察してもらえないことに不安を感じたといいます。

男性は「悪寒がして体がガタガタ震えるような激しいせきが続いた。基礎疾患はないが、ひょっとすると急変して、死んでしまうのではないかという不安があった」と振り返っています。

しかし、もともと受け入れ先がないと言われていたので救急車を呼ぶことはせず、体調がかなり悪くなっても医師の診察を受けられないままやむをえず自宅で療養を続けたということです。

男性は「搬送先がないという状況が目に見えている状態だったので救急車を呼ぶことはできなかった。自分の体がどうなっているのか分からず、精神的にも追い込まれていた」と話しています。

男性が感染からおよそ1週間後に近くのクリニックを受診したところ、肺に炎症が起きていたということです。

専門家「急激に悪化するケースも 我慢せずに連絡を」

日本感染症学会の理事長で、東邦大学の舘田一博 教授は「呼吸が苦しいとか、唇の色が紫になっているなどの危険な兆候については特に注意して観察する必要がある。中には自宅療養中に急激に悪化するケースもあるため、決して我慢をせず早めに救急や医療機関に連絡することが大事だ」と指摘しています。

また、患者が自分で適切な判断ができない場合も多いことから、医師などが直接自宅に訪問するなど対策を強化するべきだとしたうえで「自宅療養者を積極的に訪問して、顔を見てあげるだけでも安心につながるが、医療従事者が足りず十分な対応ができていない。地域によって感染拡大の状況や医療体制も異なるため、自治体が国と連携しながら対策を講じる必要がある」と話しています。

自宅療養者は3万5000人に急増

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、自宅で療養する人は増え続けています。

厚生労働省のまとめによりますと自宅療養者の数は去年11月4日の時点では全国で1096人でしたが、およそ1か月後の12月9日には6429人に増え、さらに今月6日には1万7484人、20日には3万5394人と急増しています。

自治体によっては症状の悪化に早く気付くことができるよう血液中の酸素濃度を測るパルスオキシメーターの貸し出しや、24時間、看護師や医師が電話で相談に応じる窓口の設置などさまざま対策が進められていますが、依然として十分ではないという指摘も出ています。

2021年1月25日 7時04分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210125/k10012831491000.html


元スレ https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611526566/

このページのトップヘ